このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

懐かしい町、下新庄

2009年03月21日 07:30

どこか懐かしい町、下新庄

下新庄を歩いて思ったことは、古い町並みが結構残っているということと、新しい住宅がどんどん出来ているということ。新旧の入れ替わりがすごい勢いで進んでいるという感じがしました。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

shinjo_003.jpg
私が歩いた場所は旧下新庄村の辺りです。

P1130202.jpg
大通りから一歩中に入るとこんな町並みが残っています。

P1130210.jpg
旧道沿いに歩いていくとお寺が見えてきました。

P1130205.jpg
浄土真宗本願寺派 明教寺。創建は文明年間(1469~1487)だそうです。旧新庄村で一番古いお寺です。

P1130204.jpg
「親鸞聖人石枕木像御安置」という石碑に「寄付 北大阪電気鉄道」と刻まれていました。大正11年です。下新庄駅が出来た翌年のようですね。

P1130235.jpg
綺麗に剪定された境内です。

P1130200.jpg
堂々とした門構えのお屋敷沿いを歩いていき、

P1130218.jpg
迷路のような場所に迷う込んで歩いていると、向こうに大屋根が見えました。

P1130225.jpg
こちらは浄土真宗本願寺派 覚林寺。東淀川区史を見ると、明治29年に本堂再建と書かれていました。

P1130238.jpg
奥に梵鐘の屋根が見えますが、戦時中に供出され、昭和29年に新鋳されたものです。除夜の鐘を鳴らしているのかな。

P1130257.jpg
また少し歩くと、こんな土塀が残っていました。きっと昔はこんな風景がこの地域のいたるところにあったのでしょうね。

shinjo_004.jpg
で、緑の○の場所なのですが、ここは車が線路を越えれる数少ない場所なのです。

P1120972.jpg
下新庄駅が奥に見えますが、ラッシュ時には開かずの踏み切りになるのではないでしょうか。

P1130336.jpg
普段でもこんなに渋滞していました。駅を含めて高架化するのはこの交通渋滞の緩和が最大の目的です。

P1130281.jpg
線路を越えるとまたこんな町並みになります。

P1130289.jpg
ここも立派な門構えです。下新庄はお屋敷が多い地域です。

P1120977.jpg
でもこんな銭湯もありました。

P1120987.jpg
この地域の子供達は元気そう。コマで遊ぶ子供達は久しぶりに見かけました。うれしいな。私も結構上手ですよ^^

P1120950.jpg
で、地図にある一番左端の赤○の場所です。木が植わっている場所に古い道標を見つけました。

P1120941.jpg
右 あまがさき
左 そうぜんじ  と刻まれているのでしょうか。
この道も街道だったのでしょうか。何街道なんだろう。

P1120945.jpg
古そうな灯篭もありました。

P1120952.jpg
その前の古い塀にこんな住所のプレートが。この時代の仁丹はすごい。もしかして大阪市中のプレートにこのロゴが入っていたのかな?

P1120955.jpg
ん?隣で何やら物々しい音がします。

P1120957_20090320223946.jpg
土地を更地にしているようです。後でGoogleマップを見てわかりました。ここには立派なお屋敷があったのです。この地域でも古いものはどんどんなくなっていくんですね。


大きな地図で見る
この建物がなくなったのです。これも時代の流れなのかな。


■人気ブログランキング■へ ぽちっとな
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

このエントリーをはてなブックマークに追加

上新庄と下新庄

2009年03月19日 11:30

上新庄と下新庄

阪急電鉄の連続立体交差事業によって、下新庄駅は高架化されることが決まっています。下新庄駅って降りたことがないんですよね。で、上新庄と下新庄がどんな町なのか歩いてみました。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

新庄村が上下にわかれたのは元禄十三年(1700)だそうです。中川清兵衛という人が出城を築いたところから起こったようで、新庄とは新城の転じたものであると「東淀川区史」には書かれています。この地は地理的に亀岡街道がちょうど真ん中を通っています。昔から人の往来が多かった地域だったのですね。

shinjo_003.jpg
明治18年頃の測量地図です。黄色い線が亀岡街道です。上新庄村と下新庄村が亀岡街道で左右に分かれているのがわかります。下新庄村を分断するように鉄道らしきものが通っていますね。阪急電鉄の前身のひとつ北大阪電気鉄道と思ったのですが、それが開業するのは大正10年です。この線はどうもJRの前身である官営鉄道の線路のようです。大阪と京都を結ぶ線路は当初こんな所を通っていたのですね。どこかの時代にルート変更をおこなったのでしょうが、もしかしたらJR下新庄駅ができていたかもしれんませんね。そうそう、この時代は電車がまだ発明されていませんので、蒸気機関車ですよ。

shinjo_002.jpg
昭和4年の地図です。この時代には下新庄駅が出来ていますね。これは京阪電気鉄道の駅です。京阪電気鉄道とは阪急電鉄の前身のひとつ。京阪電気鉄道の上新庄駅もできていますね。ここは昭和3年に開業しています。おそらくこの時代、田園風景が広がる中を一両編成の電車が行き来していたのでしょう。近くに2つも駅があるこの地域はとても便利な町だったのだと思います。

shinjo_004.jpg
で、現在の街です。○が付いている場所は神社仏閣と道標があった場所です。ちょっとうろうろしてみましょう。


P1130134.jpg
ここは上新庄駅の近く、春日神社です。上新庄、下新庄ともこの神社の氏子になっています。

P1130135.jpg
あれ、なんか洗濯もんがいっぱい干していますよ。

P1130137.jpg
ん?こんなポスターも貼ってある…。

P1130139.jpg
もうわかったでしょ。ここに相撲部屋が来ていたんです^^

P1130138.jpg
部屋は中村部屋。元関脇の富士桜さんの部屋です。

参考ホームページ
『中村部屋のゆかいな仲間たち』

P1130151.jpg
まだ幕内の力士はいないようですが、地元にお相撲さんが来ると応援したくなりますね。
「大阪場所頑張ってくださいね^^」
この地域が人がうらやましいな。

P1130136.jpg
ちなみに境内はこんな感じです。とても古い神社だそうですよ。

P1130159.jpg
春日神社の近くに立派なお寺がありました。浄土真宗本願寺派の信覚寺。創建は元禄年間だそうです。こちらも古いお寺ですね。下新庄にもお寺が2つありますが、共に浄土真宗本願寺派です。

P1130162.jpg
町を歩いていると大きなお屋敷が目立ちます。昔は村のまわりに田園が広がっていたので庄屋さんも多かったのではないでしょうか。下新庄にもお屋敷がいくつも残っています。

P1130170.jpg
ところどころで、茅葺き屋根であったであろう民家が、きれいにリーフォームされていました。

P1130164.jpg
こちらもリフォームなのかな?新築みたい…

P1130181.jpg
階段の上の道は上新庄と下新庄を繋ぐ川沿いだった道で亀岡街道でもあります。

P1130185.jpg
おそらく堤防の跡だと思うのですが、かなり高低差がありました。

P1130191.jpg
で、下新庄の入り口(?)に地蔵尊があります。グーグルマップにも載っている平和地蔵堂。地図でいうとちょうど真ん中にある○です。

P1130189.jpg
ここは亀岡街道でもあります。下新庄も古いものが残っているところです。それは次回に…。


■人気ブログランキング■へ ぽちっとな
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。