このエントリーをはてなブックマークに追加

ミードの森

2008年02月27日 01:50

ミードの森も大きく育ちました。

明治41年(1908)、ラビニア・ミード女史によってバプティスト女子神学校が設立されました。それがミード社会館の始まりです。

続きを読む前にクリック。→ [人気ブログランキング] ←今日は何位かな?
いつもクリック ありがとうございます。


明治41年頃の十三周辺は、新淀川の開削工事が終わろうとしていた時代です。それにともない、旧中津川の埋め立てが進んでいます。新淀川がこの地の南側でとてつもない規模で出来ようとしているのです。ミード社会館は地理的には、旧中津川の堤防の近くで、昔から残る森の横になります。大正5年(1916)には神愛幼稚園を開設、昭和12年(1923)に旧ミード社会館が完成します。会館の横にある森はミードの森として地域の人たちに親しまれました。

現在のミード社会館は、ミード保育園と大阪コミュニティワーカー専門学校を有し、専門学校では地域実践活動の中で、介護福祉の人材養成を行っています。日本で一番の歴史を持つ介護福祉士の養成校だそうです。また、在宅介護やデイサービスなど地域の高齢者とも深く関わっており、地域にはなくてなならない施設のひとつとして大きく育っているのです。

map06.jpg
明治42年の地図
旧中津川の埋め立てが進み、明治40年、その地に修徳館が建設されます。翌41年には生徒2名を収容したとあります。ちょうどその時代にバプティスト女子神学校が設立されることになるのです。

map05.jpg
現在の地図(Googleマップ)より

map04.jpg
昭和10年から20年頃 「思い出の十三 イラストマップ」より
この頃は敷地内には、テニスコートや女子寮があったようです。ミードの森は現在の十三公園ですが、よく見るとプールの文字が見えます。公園内にプールがあったようですね。

ミード03
昭和30年代のミード社会館 「東淀川区史」より
現在の建物にいつ頃建て替えたかわかりませんが、私の子供の頃はこんな建物だったように思います。

ミード01
十三公園から望むミード社会館(昭和30年代) 「淀川今昔写真館」より
大阪神愛(しんあい)教会は、大阪新町教会と淀川教会が合併してできた教会です。1945年の大阪空襲により、両方の教会の礼拝堂が焼失し1948年に二つの教会が合同して新たな出発をしました。この頃は、十三公園との境に塀がなく生垣でした。開放的でいいですよね。

ミード02
昭和30年代の大阪神愛教会 「東淀川区史」より
あらら、ブロック塀ができちゃいました。

ミード05
現在の大阪神愛教会。後ろの緑は十三公園の樹木です。

ミード04
現在のミード社会館の全景。
道路の向こうに見える屋根は空楽寺です。空楽寺も明治41年にこの地に移ってきました。この地域の中津川があった時代の地図は、2007年11/24の「消えた中津川3 十三篇」を参照ください。

mori.jpg
ミードの森は大きく育ちました。十三公園では、毎朝数十人の人が集まってラジオ体操をされています。朝早くこの辺りを通ると、ラジオ体操の音楽が聞こえてきますよ。みなさん健康的です。私はダメですけど…

P1050169.jpg
このお猿さんも十三公園に昔からありますよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    おさるさん

    このお猿さんは昔は噴水の上にいてました
    何年か前 久しぶりに十三公園に行ったとき 昔とはまったく違った噴水になっていて お猿さんの行方が気になって探しました
    隅っこにいてるのを見つけてうれしかったです
    冬の寒いときは 噴水の上で寒そうでした
    凍っているときもありました

    毎日通学時(朝)に十三公園を突っ切っていました
    わき目も振らずに走っていたので ミード社会館まったく記憶にありません
    帰りは 住友銀行のところからバスに乗っていました

    いま大きくなっている木は 其のころ失対事業で植樹されていたものだと思います

  2. kikuko | URL | EQuk4h4w

    ミードの森

    なんとも懐かしい写真ありがとうございました。
    今日は朝から青春時代に戻っています。

    私は4年間 ミード保育園(昔は神愛保育園)でお仕事しました。
    高校時代は 三津屋から歩いて 公園は大概走って学校へ飛び込みました。

    今 は昔の面影もなく 結婚後西宮や神戸に住んで50年・・・
    ほとんど行くことはありませんでした。

    同窓会館ができてから年に2、3回は出かけますが、それでもゆくり歩くことはないので、またゆっくり歩きたいです。

    このブログ参考にさせていただきます。

  3. 新之介 | URL | -

    TOSSY様

    猿は噴水の上にいたんですね。
    昔から知ってるサルのような気がしていたのですが
    こんな隅っこにあったかなーと思っていたんです。
    噴水の上にいたのであれば、知らず知らずのうちに
    目にしていたのでしょう。
    だから、どこか懐かしい感じがしていたのかもしれません。

    猿がいたときの噴水の写真を探したくなりました。

  4. 新之介 | URL | -

    ミードのおもいで

    kikuko様

    コメントありがとうございます。
    ミード保育園にお勤めでしたか。

    私が小学校の頃、友達が「ミードのバザーにいってきてん」といって
    楽しそうに言っていた言葉がいまだに忘れられません。
    「なんやそのミードのバザーって!」
    塚本の鼻を垂らした小学生には、
    その言葉が外国語のように聞こえたのです。
    ミードの前を通るといまだにそのことを思いだします。

    これからもよろしくお願いします。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    噴水の猿

    TOSSY様

    >サルのいた噴水は 北野の前の出口の近くでした
    >今の噴水の場所ではありません
    >広場になったのでしょうか
    >上に吹き上げるのではなく 柱というか壁の上にサルがいて 
    >上から水が流れ落ちる形だったと思います

    >毎朝 お猿さんにオハヨウといって通って行ってました

    んー、昔の猿が思い出せませんが、TOSSY様の記憶にはいつも驚かされます。きっと、昔の猿のいた噴水を思い出しながら、懐かしく読んでくださる方々がいらっしゃると思います。

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. けろけろ | URL | 1iIYGaWE

    ミード(神愛)保育園へ通っていました。

    今から40年ほど前に、私は塚本に住んでいました。
    近所にも幼稚園があったのですが、私の両親は、まずは躾や感謝
    の心を持った優しい子どもに育って欲しいと言う事から、わざわざ、
    ミード保育園まで通っておりました。
    最初の頃は、あまりに遠く感じて、毎朝、私の母親が保育園まで
    連れて行って、保母さんに預かってもらう時に、寂しくなって、よく
    泣いたものです・・・。
    でも、いつの間にか友だちが何人もできて、保育園に通うのが楽し
    みになりました。
    昼食の前にはイエス様への感謝のお祈りをしたり、クリスマスや
    感謝祭、バザーなどキリスト教ならではの習慣や行事は、今でも
    覚えています。
    特に食べ物に対する感謝の気持ちと言うものは、ミードで育まれた
    様な気がします。
    今は、JR難波の近くに住んでいますが、また、訪れてみたいものです。

  9. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    感謝のお祈り

    けろけろさん

    40年前の近所の幼稚園は塚本幼稚園でしょうか。
    私の行ってた幼稚園です(笑)。
    塚本からミードまではちょっと距離がありますね。
    5、6歳の子供には遠かったでしょうね。

    やはりイエス様に感謝の祈りをしていたのですね。
    塚本幼稚園はそういうのはなかったですが、
    ひかり幼稚園はお寺系なので、仏様に感謝の祈りをしています。
    違いはあれ、感謝の気持ちを小さい内から学ぶのはいいことですね。

  10. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  11. ルージュ | URL | A65klpDY

    昭和29年生まれでミード神愛保育園(当時)に2年間通っていました。上記にあの頃の懐かしい門扉を見て大変懐かしく当時の事を思い出しました。私は塚本5丁目(当時)今は3丁目に住居表示が変りましたが仲の良い友達が毎朝我が家にお母さんと一緒に来てくれて一緒に行き帰りしていました。今は結婚し千葉に住んでいます

    昭和29年生まれでミード神愛保育園(当時)に2年間通っていました。上記にあの頃の懐かしい門扉を見て大変懐かしく当時の事を思い出しました。私は塚本5丁目(当時)今は3丁目に住居表示が変りましたが仲の良い友達が毎朝我が家にお母さんと一緒に来てくれて一緒に行き帰りしていました。今は結婚し千葉に住んでいますがたまに帰阪すると姿の変わった新しい門扉を眺めながらあの通りを十三駅へ向かう事もあり、あの教会で過ごしたクリスマス会のキリスト生誕の劇などを記憶している私が今もいます。

    あの4歳から6歳までの2年という幼児期の短い期間に教えられたキリスト教の教えは結局クリスチャンにはなりませんでしたが今でも人生観に大きな影響を受けている自分に驚かされます。例えばドイツ人の友人を訪ねてドイツやヨーロッパを旅行する時も、必ず教会へ行くのですが、あの空間に身を置くと気持ちが落ち着き浄化されるような気がいたします。当時の先生とは卒園後も交流が続き、数年前に入所しておられる神戸の老人施設でお目にかかりました。ミードとは大阪を離れた今でも関係を絶ち切れず、聖書を読み生活の中であの当時に受けた教えが生き続けているのを感じる日々です。十三公園のおさるさんですが、細長く背の高い台座の上に乗っていて、水は他の方が仰るようにチョロチョロと下へ流れ落ちていました。

    それから今でも覚えている歌があります。

    ♬ ほっほほっほ~、フクロウよ、フクロウ
      お前のおうちは ミードの森よ~ ♬

    どなたか記憶していらっしゃる方はいらっしゃいませんか?覚えているのは1番の歌詞だけなのでその後の2番、3番があったはずですが・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/93-24dadcd3
この記事へのトラックバック