このエントリーをはてなブックマークに追加

グリコを食べて大人になった。

2008年02月04日 01:00

グリコを食べて大人になった。

子供の頃よく遊んでいた場所から国鉄の線路の方を見ると、向こう側にグリコの工場が見えていました。江崎グリコが御幣島(現歌島)に大きな工場を作ったのは、昭和6年です。創業から10年ほどしか経っていませんでした。

続きを読む前にクリックお願いします。 → <人気ブログランキング>
いつもクリック ありがとうございます。


創業者の江崎利一氏は、大正10年に40歳の年齢で大阪に出てきて、ゼロから菓子会社を起こしました。昭和48年まで社長として江崎グリコを引っ張ってきた大経営者です。グリコの始まりは、利一氏が地元の有明海で大量にゆでる牡蠣の煮汁を目にした時にさかのぼります。それに多く含まれるグリコーゲンを広く世の中に広めることはできないだろうか。構想を練るうちに到達した答えは、薬にするのではなく、グリコーゲンを一番必要とする育ち盛りの子供に、それも子供が喜ぶ菓子の中に入れてはどうかというものでした。

昭和6年大阪工場
昭和6年、竣功間もない大阪工場(江崎グリコ70年史より)
豊崎工場が手狭になり、新たな工場の場所を御幣島(現歌島)に決めました。国道から離れていて、周辺は農地しかない不便な場所であったが、国鉄沿いで電車内からよく見え、宣伝効果があると考えたからだそうです。利一氏は創業当初から宣伝効果をたえず考えておられた方です。

昭和6年大阪工場2
昭和6年の大阪工場(江崎グリコ70年史より)
電車の窓からグリコの巨大な看板が見えました。このシンボルマークも一粒三百メートルというキャッチフレーズも利一氏のアイデアです。アイデアだけでなく、マーケッターでもありました。ちゃんと小学校で子供に意見を聞いて検証していたようです。

昭和7年包装
昭和7年の包装をしている工場内の風景(江崎グリコ70年史より)
当時は塚本駅がまだ開設されていませんでした。通勤は十三駅と歌島方面が近道であったと記されています。

昭和10年大阪工場野球大会
昭和10年頃の野球大会(江崎グリコ70年史より)
家族主義的経営を目指しており福利厚生も当時から充実していたようです。

グリコポスター
昭和7年の新聞広告(江崎グリコ70年史より)
「斯界に雄飛する新工場の偉容 神戸より 見える見えるグリコの工場 やがて大阪」
原稿の右下にある看板から線で引き出して「日本一の人形大看板」と書かれているのがとってもチャーミングです。

昭和20年大阪工場
昭和20年6月 空襲で全焼した大阪工場(江崎グリコ70年史より)
利一氏は従業員全員を集めて次のように述べられました。「グリコは破産同様になってしまった。しかし、私は悲観していない。工場も機械も焼けてしまったが、さすがの戦火にも焼けなかった資産がある。それはグリコの名前であり、マークであり、ノレンである。われわれが過去20年以上かけて、精魂こめてつくりあげた信用は人々の記憶の中に残され、焼けもせず、なくなっていないはずである。」

昭和29年ラジオ体操
昭和29年 大阪工場でのラジオ体操(江崎グリコ70年史より)
戦後は乾パンの製造からスタートし、昭和22年には玩具菓子グリコを復活させました。そして昭和29年3月に大阪株式市場に上場を果たします。

昭和42年
昭和42~48年のパッケージ(江崎グリコ70年史より)
グリコキャラメルではなくグリコです。これも利一氏のこだわりです。「グリコはキャラメルではなく栄養菓子であり、先発各社(森永、明治)と違う点を強調する名前でないと先発2社を追い越せない」  すごいことを言われる方です。

子供の頃、散髪屋さんで散髪の後にグリコのキャラメルをもらうのが楽しみでした。

昭和44年GAC
昭和44年のグリコアーモンドチェーン(江崎グリコ70年史より)
こんなお店は見たことないですが、当時は駄菓子屋さんでグリコを買った印象がないんですね。おそらく子供のお小遣いで買うには高かったのかな?グリコは買ってもらうものだったような気がします。

P1040419.jpg
現在の工場はこんな看板です。



ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    グリコ、日清、武田、いずれも創業者の方は事業家としての能力や資質はもちろんのこと、人に希望を与えて引っ張ってゆく力強さと、この人についていけば何とかなるという安心感がありますね。

    私の母が昭和40年代から50年代にかけてここの工場でパートとして働かせて頂いてましたので、社内販売でお菓子やカレーをよく買ってきました。
    私の体はグリコでできていると言ってもいいかな。
    あした会社の購買でグリコ製品を何か買います。

  2. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    グリコのかたち

    小さいころ グリコは 確かキャラメルのかたちはしていなかったと思います
    丸くて平べったいような形 いわゆる”あめちゃん"でした

    小さな箱に入っているおもちゃが楽しみで キャラメルの味としては 明治のクリームキャラメルが好きだったのですが よくグリコを買ってもらっていました
    多分グリコのほうが安かったのではないでしょうか

    おまけつきとしては カバヤキャラメルもありました
    本までおまけにして(カバヤ文庫 点数をためてもらう) つぶれてしまいました
    2年ほど前 中国地方の旅行をして 車窓からカバヤキャラメルの工場があるのを見て とても懐かしかったです

    グリコは 一粒300m 冬の淀川堤防のマラソンのとき いつもポケットに入れて走っていました
    今年は 9日土曜日ですよ

  3. 新之介 | URL | -

    グリコの体

    ゆきひろ様
    おっしゃるとおり、すばらしい創業者の方々がたくさんいらっしゃいましたね。
    お母様がグリコでパートをされていたとはびっくりです。私の体は、ぼんちと黒棒とチョコベーと三ツ矢サイダーでできていると思います(笑い)

  4. 新之介 | URL | -

    グリコのかたち

    TOSSY様
    グリコのかたちは最初はハート型だったようです。それも利一氏のこだわりで、幼児が口に入れても角がないから舌ざわりがいいからだそうです。そこから徐々に今の形になっていったのかな?

    カバヤはジューCかな。よく買いました。

    恒例の北野高校のマラソンですね。9日ですか。そういえば朝、堤防を授業で走ってますね。寒そうです。でも汗だくになるんですよね。

  5. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    懐かしの車窓風景

    大阪駅を列車が出て塚本を過ぎると、下り列車の左側に
    グリコの工場とネオンが見えてきます。
    昭和40年頃は在来線の時代で岡山、広島、九州方面に
    向かう際はいやでもこの看板が目に入り、子供の頭の
    中にはテレビの「グリコ、グリコ、グリコ~」の
    CMがカチッとスイッチが入ったと思います(笑)
    あれは鉄人28号だったかな。

    夜汽車の時は特に嬉しく興奮していました。
    (当時浜寺在住)

  6. pinboke_planet | URL | EBUSheBA

    タイムスリップグリコ [思い出のマガジン]

    3年くらい前、なにかでふと見かけて欲しくなり、ネット上を探したら残り1個だけ、どこか地方のお店でプレミアム無しで入手できました。
    「CAR GRAPHIC」や「鉄道ファン」はポスターまで、手抜きの無いつくりに驚きました。

    タイムスリップグリコ [思い出のマガジン]
    http://www.ezaki-glico.net/chara/tsg_magazine/index.html

    1950年代のはじめ、園田中学校へ2年間通学しましたが、近くの森永製菓塚口工場の煙突から、ミルクキャラメルの甘い香りがいつも風に乗ってきましたが、決して不快なことはありませんでした。



  7. 新之介 | URL | -

    車窓風景のグリコ

    kotaroさん

    私はグリコの看板を車窓から見た記憶がないんですよね。
    電車には乗ってるんですけど…。

    カチッとスイッチが入ったのはこれかな?

    ♪グリコ、グリコ、グリコのおまけ。グリコのおまけがランラララン♪
    http://www.glico.co.jp/kinenkan/ad/ad4_5.htm

    kotaroさんにもちょっと古すぎますか?
    グリコさん、昭和40年代後半のコマーシャルもアップしてくれないかな。

  8. 新之介 | URL | -

    グリコはレトロが似合う

    pinboke_planetさん

    こんなキャンペーンをやってたんですか。
    知らなかった。
    グリコはレトロなキャンペーンが似合いますね。
    「続・三丁目の夕日」の公開時にセブンイレブンでいろんな商品を当時のパッケージにして売っていましたが、私も「ポッキー」と「プリッツ」と「ビスコ」を買ってしまいました。普段買わないのに…。

    塚口の森永製菓の工場は、この間子供が社会見学で行ってました。「なんで、グリコにいかないの?」と素朴な疑問がわきましたが、社会見学にしたら近すぎるのかな…。

  9. pinboke_planet | URL | EBUSheBA

    赤いグリコの箱のモデルのお話

    2-3日前、鈴木杏樹がラジオで言っていました↓

    赤いグリコの箱のモデルは第5回ストックホルムオリンピックにマラソン選手として出場した金栗四三選手だそうだすが、こんな話が・・・

    金栗四三を表彰したヨーロピアン・スピリットについて
    http://susumuito.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_fe89.html

  10. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    金栗四三選手

    pinboke_planetさん

    スウェーデンのオリンピック委員会のお話はいい話ですね。ウィキペディアで金栗さんの写真がありましたが確かに似ています。

    グリコの箱のモデルについてのエピソードは読んだ記憶があるのですが、モデルが金栗四三選手だというのは、もしかすると書いていなかったかもしれません。うろ覚えで自信がありませんが…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/86-8ec69db6
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます