このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

生駒山地の磐座めぐり③ 岩戸神社・高御座神社の磐座

2016年01月17日 15:12

太陽が昇る高安山

古来より太陽信仰は日本各地に根ざしていたが、カワチやナニワも例外でなく、いまでも四天王寺では春と秋の彼岸の中日に日想観の法要が行われている。古代の大阪平野に暮らした人々は、生駒山地から登る太陽の位置で季節を知り、種まきや収穫の時期の目安にしていた。生駒山地にはその目印になる山がいくつか想定できるが、中でも高安山は神の山として信仰の対象になっていたのである。

P1047185.jpg
高安山の麓に岩戸神社がある。奥に見える鳥居は高御座神社だ。

P1047187_2.jpg
日本最初 岩谷辨財天とある。

kawachi_benten.jpg
河内名所図絵には「崫(いはや)」と書かれており、大きな岩の上に小さな祠が描かれている。

P1047190.jpg
参道の階段を上がると、

P1047189.jpg
拝殿がある。ここからは岩の上の祠は見えない。

P1047242.jpg
下から見るとこのようになっている。
岩の穴の中に弁財天 市杵島姫大神が祀られているのだ。

P1047240.jpg
河内名所図絵に描かれていた滝はこれであろう。滝行の場所になっている。

naniwa_toji.jpg
これは、カシミール3Dで冬至の日の出をシミュレーションしたものである。
わかりやすいように上空から見たアングルにしているが、上町台地の先端、難波宮から見るとちょうど高安山から太陽が昇ってくるのがわかる。

naniwa_toji_2.jpg
高度を下げてみた。見え方がすこしリアルになる。

sumi_syun.jpg
住吉大社からはいつの季節に太陽が昇るか調べてみた。すると春分日に高安山から太陽が昇ることがわかる。

naniwa_syun.jpg
ちなみに、春分日に難波宮から見ると生駒山から太陽は昇るのである。

P1047244.jpg
さて、こちらは岩戸神社の奥にある高御座神社だ。

P1047217.jpg
階段を上がると拝殿があり額束には天照大神社とある。

P1047212.jpg
後ろの岩の上に祠があるが、こちらに祀られているのは天照大神であろう。

P1047235.jpg
実はこの二社は同じ巨大な岩に祀られている。

P1047229.jpg
この大岩は、古代から磐座として信仰の対象になっていたのであろう。

P1047274.jpg
木々で覆い隠されて岩の全貌がわかりにくいが、神が宿る場所に相応しい磐座である。


(生駒山地磐座めぐり)
高尾山の磐座 2016.01.04
磐船神社・星田妙見宮 2016.01.11
太陽が昇る高安山 2016.01.17
交野山の磐座 2016.05.05

(巨石の関連記事)
古代の祭祀場・保久良神社 2013.10.15
古代の祭祀場・甑岩・越木岩神社 2013.10.20
六甲山上の古代祭祀場とストーン・サークル 2013.11.08
六甲山の天狗岩 2013.11.10
西宮市北山公園の磐座・前編 2013.11.11
西宮市北山公園の磐座・後編 2013.11.18
西宮の巨大なローリングストーン 2013.12.5


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/856-70b45821
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。