このエントリーをはてなブックマークに追加

ひょうたん形の双円墳・金山古墳

2014年10月25日 17:00

かわいい古墳

7D2_4881.jpg
古墳の形に一目惚れし、絶対に見に行きたいと思っていた南河内郡河南町にある金山(かなやま)古墳。

7D2_4773.jpg
数年前に整備されて形がきれいに整い、なんといっても形がかわいい。

7D2_4769.jpg
上から見ると、大小の円墳が2つ重なったひょうたん形をしているんです。このような形を双円墳といいます。

7D2_4746.jpg
これは整備される前の表示板。

7D2_4756.jpg
まわりは田んぼに囲まれたのどかな場所です。

7D2_4760.jpg
北丘といわれる小さい方の円墳が2段。

7D2_4748.jpg
向こうの大きい南丘は3段の円墳です。

7D2_4810.jpg
のぼってみましょう。

7D2_4809.jpg
北丘の手前に柵があるのですが、

7D2_4782.jpg
これは墓道を復元したものです。この先に石室があります。

7D2_4788.jpg
ここから石室の中がのぞける。

7D2_4778.jpg
入口はこんな感じ。

7D2_4791.jpg
中には家形石棺が2つあります。

7D2_4806.jpg
照明が設置されているのでよく見えます。

7D2_4826.jpg
北丘の上にのぼってみたました。向こうが南丘で、延長線上にある山は金剛山です。

kanayama_1.jpg
反対側にはあべのハルカスが見える。

kanayama_2.jpg
拡大すると古市古墳群も見えますね。

kanayama_3.jpg
更にズーム。ハルカスの左の山は六甲山です。季節によってはここに夕陽が沈んでいくのでしょう。

kanayama_4.jpg
古市古墳群も。

7D2_4834.jpg
南丘からです。とてもいい眺め。

7D2_4739.jpg
金山古墳の説明はこちらで。

7D2_4742.jpg
6世紀末から7世紀初頭に築かれた古墳のようで、葺石(ふきいし)はごく一部にしかなかったようです。

7D2_4743.jpg
発掘調査時の写真。

7D2_4862.jpg
発掘調査時の古墳全体。この時からひょうたんの形をしている。

7D2_4863.jpg
発掘調査される前は畑だったようです。

国土地理院より】←最初に「同意する」を押すと日本地図がでます。それを一旦とじて再びこのリンクを押すと航空写真が現れます。
kanayama_5.jpg
ちなみに昭和60年の航空写真です。

7D2_4811.jpg
駐車場が横にあるので車が便利ですが、近鉄「富田林」駅からバスを利用しても行けます。まわりには何もありませんが、とてもいい古墳です。おすすめ。

(関連サイト)「河南町ホームページ


より大きな地図で 大阪高低差学会・古墳部 を表示


より大きな地図で 大阪高低差学会・古墳部 を表示


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/842-caa7b6dd
この記事へのトラックバック