このエントリーをはてなブックマークに追加

三津屋のお地蔵さん

2008年02月01日 00:00

三津屋のお地蔵さん

歴史のある町を歩いていると必ずお地蔵さんに出会います。お地蔵さんがあるということは、地域の人達がお世話をしているということです。お世話ができなくなると祠もぼろぼろになってしまいます。お地蔵さんを見ると、地域の人たちの人となりが見えるような気がするのです。

続きを読む前にクリックお願いします。 → <人気ブログランキング>
いつもクリック ありがとうございます。


三津屋は、もと三社(みつやしろ)村と呼んでいましたが、みつや村と呼ぶようになり、のちに文字を改めて三津屋としたようです。三社とは八幡社が三ヶ所あったということのようで、長楽寺と光専寺、三社浅衛門宅にありました。そういえば、町をうろうろしているときに、「三社」という表札のかかった邸宅を見かけました。そこのことかもしれません。

mitsuya01.jpg
三津屋の町で一番最初に出会ったお地蔵さんです。この道の先に香具波志神社御旅所があります。

mitsuya02.jpg
最初のお地蔵さんのある所を右に曲がって歩いていくとこのお地蔵さんがあります。土台は石組みでしっかり造られています。

mituya03.jpg
民家の下から大きな木が生えていて、その脇の塀に囲まれた中に祠は見えます。

mitsuya04.jpg
中をのぞくと、お地蔵さんではありませんでした。

mitsuya05.jpg
民家にへばりつくように寄り添っているお地蔵さん。すだれを掛けてもらっていいですね。(この写真は秋口に撮影しました)

mitsuya06.jpg
ブロック塀にめり込んでいますね。でも曲がり角ですけど、人や自転車にぶつからずにいいかもしれません。

mitsuya07.jpg
寿光寺の塀に祀られているお地蔵さん。ご近所の方が直前に拝んでいました。

mitsuya08.jpg
お地蔵さんではないですが、町になじんでいたので…

mitsuya09.jpg
こちらもお地蔵さんではないのですが、町になじんでいたので…。この祭神は堀上愛宕大神といって、明和元年(1763年)に堀上村が大火災になった後、京都嵯峨愛宕町にある愛宕の大神をお祭りして、村の火除の守護神として信仰されているということです。

mitsuya10.jpg
雨に濡れずにいい場所ですね。

mitsuya11.jpg
こちらも屋根付です。

mitsuya12.jpg
こちらは家の塀の中にあるお地蔵さん、ちょっとめずらしいですね。祠はありませんが、いつもお姿が見れていいかもしれません。

mitsuya13.jpg
長楽寺の前の広場にある北向延命地蔵尊。広場で遊ぶ子供達を見守ってくださっているのでしょうか。

mitsuya15.jpg
三津屋霊園 にある六地蔵。この墓地も敷地内に入ると時間が止まったような感じになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    三津屋では町会ごとに自前の会館があって、私はそれが普通なのだと思ってましたが、木川には無いようです。
    町会からの連絡事項があれば、どんなことでも会館横の電柱に取り付けてあるスピーカーから役員さんがアナウンスしてくれてました。
    今みんな同時にこれを聞いているという一体感がありましたね。

    堀上愛宕神社の横は堀上南一会館ですが、写真に写っている会館の倉庫の中には小振りながらも立派な山車が保管してあり、今でもお祭りになると子供4人が乗り込んで太鼓を叩き、大人が引いて町を練り歩いていることと思います。

    私の実家であった家は、この会館の前に立つとすぐそこです。

  2. 新之介 | URL | -

    町会の会館

    ゆきひろ様
    町を歩いていて会館があちこちにあるのが気になっていました。スピーカーでアナウンスがあるというのはすばらしいです。母親の田舎では農協の放送が全ての家で流れていました。いいなーと思っていたのです。地域と繋がっている感じがあります。都会にはないですよね。回覧板もなかなかスムーズに届かなくなりました。

    子供の山車はいいですね。塚本のだんじりも小学生が乗ります。青年の乗るだんじりもかっこよくて好きですが、子供が乗るだんじりが好きです。私も小学校の頃、塚本四丁目のだんじりに乗っていました。今でもいい思い出になっています。

  3. シーソー | URL | -

    地蔵尊名 所在地についてのお願い

     淀川区の郷土史を拝見させていただき、ありがたく思っております。
     地蔵尊訪問を楽しみにしております。できますれば、掲載の写真で所在地の書かれていないものについて、「○○1丁目3番」か「○○中学横」などのように、所在地をお書き願えないでしょうか。

  4. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    地蔵尊

    シーソー様

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおりですね。少しずつ所在地を書き足していくようにします。
    地蔵尊のページは興味をもたれている方が少ないかな?と勝手に思い、手抜きをしていました(笑)。興味をもって見ていただけてうれしく思います。個人的には、各地域に残っている地蔵尊ってすごく興味があるんです。これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/84-f8af6708
この記事へのトラックバック