このエントリーをはてなブックマークに追加

三津屋とクスノキ

2008年01月30日 23:00

三津屋とクスノキ

三津屋は十三の隣町で、中国街道沿いにある町です。その昔は、十三の渡しと神崎の渡しの中間に位置することから、旅人の往来も多くにぎわったことだと思います。

続きを読む前にクリックお願いします。 → <人気ブログランキング>
いつもクリック ありがとうございます。


三津屋には古い町並みが残っています。旧三津屋村の辺りは、道もくねくねしていて、まるで迷路のようです。所々にお寺やお地蔵さんが点在しており、お寺では保育園や幼稚園を営んでいるところも多く、三津屋小学校も町の中心にあるので、夕方ともなるとあちこちから子供が湧いてきます。子供が多い町です。

mituya_map.jpg
明治19年の地図。

光専寺
光専寺(ひかり保育園)
おそらく三津屋で一番有名なお寺ではないかと思います。一般的には、三津屋城址として紹介されることが多いようです。築城は室町時代の1345年頃、楠木正行(まさつら)によって築かれました。楠木正行とは、戦国武将で「太平記」の中でも活躍しています。

光専寺02
光専寺の敷地内に大きなクスノキがありました。古代より日本では高い木の上に神が降り立ってくると考えられていたようです。その木の一つが楠(クスノキ)です。楠木一族と縁があるのでクスノキがあるのでしょうか。

喜光寺
寿光寺(ふたばこども園)
寿光寺の創建は1548年、460年前です。このお寺の敷地内にも大きなクスノキがありました。ひときわ高いのがそうです。手前の木は柳です。

大恩寺
大恩寺(みつやめぐみ幼稚園)
大恩寺は、もとは弘法山大恩寺という真言宗の寺院でしたが、応永年間(1394~1428)の兵火によって焼失し、天文10年(1541)に大内義興の子である祐了が、真宗寺院として再建したと伝えられています。みつやめぐみ幼稚園は有名で、十三や塚本地域からも通っている子供が結構います。写真には写っていませんが、このお寺の敷地内にも大きなクスノキがあります。

御旅所
香具波志(かぐはし)神社御旅所
香具波志神社は加島にある神社です。楠木一族とも縁のある神社で、境内には立派なクスノキがあります。大阪市指定保存樹も2本指定されています。この御旅所にもクスノキがありますね。

HI360108.jpg
町を歩いているとあちこちにクスノキがあります。駐車場の真ん中にもありました。この木を切ったらもう一台車が止めれるのに、木を大切に残しているのですね。

P1020383.jpg
「高圧線通り」のクスノキ。この道は抜け道なのか、交通量が多いです。ここにも立派なクスノキがあります。


(追記)地図の今昔です。
mituya_map01.jpg
明治19年の地図。
がたがたの太い道が中国街道です。

mituya_map02.jpg
現在の地図(Googleマップより)
明治19年の地図を重ねると中国街道がわかります。


ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。


スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    迷路

    三津屋はまるで迷路ですね
    あれは中世の戦略的な街づくりと聞いたぽぼえがあります
    寺は砦になったのでしょう
    出石にも戦略的に重要だったお寺がありますね

    同窓で 三津屋のお寺さんがいます
    どのお寺かな・・

    香具波志(かぐはし)神社にあった楠は 楠木正行駒つなぎの楠木で 戦前は 大阪府の天然記念物だったそうですが枯れて今は切り株だけです

  2. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    昭和は遠く...

    私が生まれ育った家は大恩寺の敷地に建てられていた10坪長屋です。
    堀上村の外れにあたる所ですが、近所の大人は三津屋と言うよりまだ”堀上”と言ってましたね。
    もう誰も言わないでしょうけど。

    家も町工場もとても多くて賑やかでした。
    工場から鉄くずを拾って売りに行こうとしたところ親に見つかり叱られたこと、野原で火遊びをしていて大延焼させてしまったこと、斜め向かいの木造アパートが火事になり隣の工場から人がいっぱい出てきてバケツリレーで消し止めたこと、宮原操車場に回送される日立ポンパ号にみんなで手を振ったこと、子供グループ同士のいざこざには必ず親分格の子が話し合いで決着をつけてくれたこと、よく覚えています。

    昭和40年代前半の三津屋は毎日楽しいことばかりでした。

  3. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    自分のコメントを見て思ったのですけど、”野原延焼事件”と”アパート火事騒動”はまったく別の場所・時期です...。

    写真を拝見するとどのお寺のクスノキも昔と違ってこじんまりとしていますね。
    私が小さかったから大きく見えていただけなのか、それとも今の時期は枝払いしているのか。
    大恩時の裏はかつて森のように木が茂っていましたし、昭和30年代はフクロウもいたそうです。

  4. 新之介 | URL | -

    砦の町

    TOSSY様
    たしかに旧三津屋村を歩いていると石垣あちこちにありました。砦と言われると確かにそんな感じがします。面白いですね。当時は水路とかも村の中にあったのかもしれませんね。香具波志神社も見てきました。すごく大きな切り株でびっくりしました。後日アップする予定です。

  5. 新之介 | URL | -

    昭和30年代後半から40年代

    ゆきひろ様
    ゆきひろ様の少年時代を楽しく読ませていただきました。昭和30年代後半から40年代は十三も一番活気にあふれていた時代だったそうです。三津屋の商店街もその頃が一番賑やかだった聞きました。田川や三津屋の工場も景気がよくて、仕事のあと十三で一杯飲んで帰る人達も多かったようです。どうすればまた以前のような活気あふれる町に戻れるのでしょうか。このブログが少しでも十三の魅力づくりに貢献できればと最近思うようになりました。

    大恩寺の裏の森は今でもあります。S邸だと思います。現在は大阪の保存樹林に指定されていておそらく昔と変わらない森が残っているのではないかと思います。でもフクロウはいないかもしれませんね。

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/83-26db5c2d
この記事へのトラックバック