このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

河内名所図絵の二上山・鹿谷寺跡・岩屋

2014年05月22日 19:00

竹内街道を歩く 2
二上山に寄り道すべし
日本にもあった石窟寺院

7D2_0609.jpg
孝徳天皇陵です。

7D2_0620.jpg
孝徳天皇は、都を飛鳥から難波長柄豊碕宮へ遷都し、大化の改新とよばれる政治的改革を行った天皇です。

(この地形図は、カシミール3Dで作成した地形図に、近江俊秀氏の「壬申の乱のころの大和・河内の道路網」と日下雅義氏の「6~7世紀ころの摂津・河内・和泉の景観」の図を重ね合わせたものです。)
kando_7seiki.jpg
難波に居を構えた事もあり、難波と飛鳥を結ぶ官道とも深い関わりがあったのかもしれません。竹内街道沿いに陵墓が造られたのもそれと関係があるのだろうか。

7D2_0623.jpg
周辺は「王陵の谷」とも呼ばれており、聖徳太子や、推古天皇、用明天皇、敏達天皇などの陵墓が集まっている特別な場所でもあります。

7D2_0631.jpg
高台で見晴らしがいい。

7D2_0634.jpg
陵墓の坂を下ると旧山本家です。ふたたび竹内街道を歩いていきます。

7D2_0654.jpg
いい町並みです。

7D2_0671.jpg
これは街道沿いの斜面にあった石の祠。

7D2_0674.jpg
かなり古そうですが、全体が古墳のように石で造られているのが興味深い。

7D2_0695.jpg
昔の風情が残っている。

7D2_0703.jpg
村の入口にある地蔵尊。

7D2_0706.jpg
道標が2つ並んでいました。田んぼ道と合流する場所です。

7D2_0727.jpg
ここからは交通量の多い道路になります。

7D2_0729.jpg
この辺りは歩道と道路の境目にガードレールがあって歩きやすいのですが、

7D2_0754.jpg
途中でガードレールがなくなる場所があります。歩く時は注意してください。

7D2_0786.jpg
釣り堀がありました。
ここから竹内街道を離れ、二上山の登山道へ入って行きます。

nijozan_map.jpg
目的は鹿谷寺(ろくたんじ)跡と岩屋です。

7D2_3037.jpg
鹿谷寺跡に行くには、この地蔵尊の横の山道を入って行きます。

7D2_2450.jpg
このような坂道をしばらく歩くと、

7D2_2765.jpg
突然石柱が現れました。

7D2_2471.jpg
石仏なのでしょうか。表面の傷みが激しく何が彫られているのかわからない。よく見ると下の岩と一体になっているようです。なにげにすごい。

7D2_2495.jpg
さらに坂道を上ると岩場が見えてきた。

7D2_2501.jpg
正面に現れた白い岩の塊。

7D2_2599.jpg
石仏が刻まれているか探してみましたが見つけられなかった。

7D2_2726.jpg
その横の広場に史跡 鹿谷寺(ろくたんじ)跡の碑がありました。

nijo_01.jpg
これは河内名所図絵の鹿谷寺跡です。六谷とも呼ばれていたのだろうか。十三重石塔と石窟に刻まれた三尊坐像、さらに手前には先ほど見た石柱でしょうか、仏像のシルエットが見える。その奥の岩場にも石仏が2体。さらに岩の向こうに岩のような仏像のようなシルエットが見える。

7D2_2549.jpg
鹿谷寺跡(ろくたんじ)
この遺蹟は、凝灰岩(ぎょうかいがん)の石切場跡に造られた8世紀頃の寺院の跡です。寺の中心部は、石切場跡の尾根を幅10m程度南北に切出して造成されています。遺構としては凝灰岩製の十三重多層塔と浅い石窟に線刻された三尊坐像、及び西側岸壁寄りの小岩塊に浮彫された仏立像一体があるのみです。十三重多層塔は、地山を堀り残して造成されたと伝えられています。また塔の南面には、舎利孔が穿たれています。石窟内の三尊坐像は、比較的保存状態もよく光背や衣の襞、蓮華座も認められます。

7D2_2554.jpg
当時のイメージイラストです。

7D2_2535.jpg
この十三重石塔はここに設置されたものではなく、この場所にあった巨大な岩から削り出されてできた石塔だそうです。ですので地面と一体化しており、地震が起きてもびくともしません。だから1300年以上も崩れずに残っているのでしょう。

(追記)
20140523.jpg
府立近つ飛鳥博物館にはレプリカが展示されています。てっぺんには九輪があったようですよ。

IMG_4794.jpg
実物を見てきました。で、でかい。

IMG_4796.jpg
岩をこのように削って造っているのだそうです。すごい。

7D2_2537.jpg
こちらが石窟です。

7D2_2538_2.jpg
うっすらと三尊坐像が確認できます。

7D2_2538_3.jpg
簡単にトレースしてみました。

7D2_2618.jpg
岩の上から見渡すとこのような所。奥の山は二上山の雌岳です。

7D2_2570.jpg
石窟横の岩から見るとこのような感じ。周囲が岩で囲まれている空間です。

7D2_2557.jpg
この地は、加工しやすい凝灰岩(ぎょうかいがん)の石切場だったので、あらゆる場所に石仏や石塔を彫る事ができました。ここに大陸の石窟寺院の流れをくむ山岳宗教遺跡ができたのは必然だったのかもしれない。

7D2_2638.jpg
さて、最初にあった白い岩の塊の向こうに道が続いています。

7D2_2647.jpg
緩やかな坂を上ると

7D2_2732.jpg
展望台にたどり着きます。

7D2_2660.jpg
ここからの見晴らしが素晴らしい。

7D2_2748.jpg
歩いてきた竹内街道がよく見えます。

7D2_2675.jpg
展望台から振り返ると二上山の雌岳が目の前に。

nijo_03.jpg
河内名所図絵です。二子山と記され、男嶽(岳)と女嶽(岳)になっています。細かく見ていくと鹿谷塔や岩屋、竹内峠の文字が見えます。

7D2_2792.jpg
さて、最初の登り口に戻り今度は岩屋へ向かいます。もしかすると鹿谷寺跡からも歩いた方がよかったかも。下から上るとかなりきついです。

7D2_2857.jpg
途中に石切場跡がありました。上っていきましょう。

7D2_2806.jpg
石切場跡
ここから産した石材は、二上山凝灰岩(ぎょうかいがん)です。古墳時代終末期に奈良県明日香村高松塚古墳、マルコ山古墳の横口式石槨の石槨材として利用されています。また、古墳や石棺のほかにも寺院や宮殿の基壇化粧石などにも利用されています。二上山の岩屋、鹿谷寺跡もかつて凝灰岩石切場の跡を寺院に利用したものと言われています。この石切場跡は、凝灰岩の露頭が剥き出しになっており、岩塊には矢の跡が多く残り方形の切り出し痕跡が認められます。

7D2_2808.jpg
当時のイメージイラストです。

7D2_2844.jpg
山道を数分上ると石切場跡にたどり着きます。

7D2_2830.jpg
これは切出す途中の石なのだろうか。

7D2_2824.jpg
高松塚の文字も確認できる。

7D2_2878.jpg
さて、再び坂を上りしばらく行くと岩屋への入口が現れます。

7D2_2864.jpg
岩屋
この遺蹟は、西向きに開口する大小2基の石窟で構成され、附近から出土する須恵器等から、8世紀奈良時代の築造といわれています。大石窟の内部中央の3層の凝灰岩製多層塔(高さ約3m)の石塔台座下部には、湧水を溜める小抗があります。北壁面には三尊立像を浮彫にしていますが、剥落が著しく光背部分が識別できるに過ぎません。石窟上部の壁面には数ケ所の円形の水平坑が穿たれており、木造の覆屋構造があった可能性が強い。また、当麻寺に所蔵される当麻蔓陀羅を中将姫が、この岩屋で織ったとする伝説が残されています。

7D2_2866.jpg
当時のイメージイラストです。

7D2_2889.jpg
いきなり前を遮る巨大な倒木。

7D2_2892.jpg
これは岩屋杉と呼ばれており、平成10年(1998)に台風で倒れたそうです。

7D2_2910.jpg
こちらが史跡 岩屋。

7D2_2977.jpg
なんかすごい場所です。大きな石窟と小さな石窟が見える。

nijo_02.jpg
河内名所図絵の岩屋(窟)です。
大きな石窟の中央に石塔があり、左の壁面に複数の仏像。これは壁に刻まれているようです。中央に穴も見える。右の小さい石窟に置いてあるものは何だろう。

7D2_2957.jpg
柵の中を見てみましょう。

7D2_2934.jpg
中央の石塔はツタが絡んで見えにくいが、塔の凹凸がわかる。左の壁面はよく見えないが、その前には複数の石仏が並んでいる。

7D2_2956.jpg
三重塔のようです。

7D2_2954.jpg
石窟の上部には穴が複数開いています。何らかの木造の建物がここに造られていたのかもしれない。

7D2_2952.jpg
図絵にもあった正面の壁にある穴。

7D2_2913.jpg
この岩屋ができたのは西暦700年頃ということは約1300年前です。すごいものが残っていますね。

7D2_2748_2.jpg
展望台からの見晴らしがとても新鮮だったのでミニチュア風にしてみました。いい感じです。

今回は二上山の一部しか歩きませんでしたが、1300年も前の石窟に残る坐像はちょっと驚きでした。十三重石塔も岩から削り出したというのが凄い。すばらしいものが残っています。二上山がこんなに面白いとは思いませんでした。今回は山頂を目指しませんでしたが、いつか雄岳、雌岳に登ってみたい。

竹内街道を歩く時は、
二上山に寄り道すべし ですよ。


(関連記事)
竹内街道を歩く 1 日本最古の官道」 2014.05.17
竹内街道を歩く 2 河内名所図絵の二上山」 2014.05.22
竹内街道を歩く 3 竹内峠、鴬の関跡、綿弓塚」 2014.05.27
竹内街道を歩く 4 王陵の谷」 2014.06.03


より大きな地図で 竹内街道 を表示


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/823-98b7b299
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。