このエントリーをはてなブックマークに追加

十三大橋の架橋工事 1

2008年01月20日 00:00

十三大橋の架橋工事 1

十三大橋の架橋工事は、昭和5年1月着工し、昭和7年1月に竣功しました。旧十三橋と阪神急行電鉄橋梁との間に架かり、長柄運河に架す十三小橋と合わせて架けられ、全長736メートル、幅員20メートル、大阪を代表する橋の一つです。

お手間でなければ<人気ブログランキング>をクリックお願いします。

橋の土台部分は、大林組が手がけました。橋脚と橋台工事の工期は昭和5年1月6日から同年12月30日まで。この期間の作業員は52,302人。全体の工期の約半分を橋台と橋脚の工事にかけています。橋脚の間隔は、岸に近い部分は33メートル、アーチの部分では65メートルです。これは河川水流の抵抗を少なくするため、すぐ上流の阪神急行電鉄の橋脚と位置を合わせるようにしたためだそうです。ただし、電車の橋脚と比べて、間隔は2倍だそうです。

01.jpg
昭和5年8月1日 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
タイトルに「洪水の景」と書かれています。かなり水位が高いですね。基礎?が出来上がったところのようです。その後、この上に鉄筋コンクリートの橋脚が造られることになります。

02.jpg
低水敷橋脚工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
写真の右手前から橋脚まで、仮設の橋が見えます。これで人が移動していたのですね。左端に小屋がありますが、ここにコンプレッサーが設置されています。

05.jpg
コンプレッサー台船と病院船 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
川の中の橋脚工事は水対策が一番大変だったのではないかと思います。危険な作業現場なので病院船も必要だったんでしょうね。
私は、個人的にこの写真の後ろの風景が気になっているんです。後ろにある森は塚本の八坂神社跡の森だと思います。八坂神社の写真はずっと探しているんですが、なかなか見つかりません。いつか八坂神社の写真に出会いたいものです。

06.jpg
コンプレッサー 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
この狭い空間にこれだけ大きなコンプレッサーが設置されていると、稼動しているときはかなりの騒音と熱気だったのではないかと思います。

03.jpg
洪水敷橋脚工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
中津側の河川敷はかなりの面積を埋め立てていたんですね。敷地内に線路が見えますね。工事の材料はトロッコで運んだのでしょう。十三橋を渡る人は多いですね。

04tate.jpg
大橋橋台工事(下部鉄筋) 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
コンクリートが流し込まれています。この時代は当然ミキサー車などはないですから、人力で作業をしていたのでしょうか。

P1020856.jpg
今の十三大橋です。完成後約75年経ちます。この時代の橋の耐久年数ってどれくらいなんでしょうね。まだまだ大丈夫そうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. たんばの人 | URL | USldnCAg

    丹波には
    橋が無駄にたくさんあります。
    いろんな人々の思いが
    詰まった橋を将来
    架けていきたいものです。

  2. 新之介 | URL | -

    丹波の橋

    たんばの人様
    ブログの「丹波の橋」を拝見しました。
    確かに丹波にはたくさんの橋が架かっていますね。
    私には、それが無駄かどうかまではわかりませんでしたが、どこかの地域では、無駄な公共事業が問題になっていたりします。地域の人達にとって有意義な橋は大歓迎ですけど、無駄な橋を作って、自然を壊すのは悲しいですね。私は鮎釣りをしているのですが、川の護岸工事や道路の工事で川が死んでいくのをいくつか見ました。川の中の石が土で埋まったりすると、鮎には住みにくい環境になってしまいます。外から見てもわからないんです。潜ってみると川の底が砂利になってたりするのです。そういうのを見ると悲しいです。

  3. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    八坂神社かミードの森の方角ですね。
    私は淀川区内はよく歩きますが、塚本神社の辺りは空白地域です。
    暖かくなれば80年前に思いを馳せて歩いてみます。

    川の開削・付け替え、架橋など大きな土木工事が淀川流域では数百年間続けられてきていますが、淀川大橋の工事はさぞかし壮大だったでしょうね。
    私ならお茶とおやつを持って出かけて、工事をずっと眺めていたでしょう。

  4. 新之介 | URL | -

    八阪神社かミードの森

    ゆきひろ様
    私もミードの森(十三公園)か八阪神社かと思ったのですが、十三公園の森は今でこそ、うっそうと生い茂った森ですが、戦後の写真をみると、意外と若い樹が多かったんです。八阪神社の森は戦前にはなくなっていますが、敷地も広く、大木が多かったようです。なので、八坂神社跡の森かなと思っているのです。その右にも樹らしきものが見えます。そこがミードの森かなと思っています。

    今の時代と違い当時の工事現場は「人が作っている!」って感じがします。お茶とおやつ、私も同感です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/80-9c419265
この記事へのトラックバック