このエントリーをはてなブックマークに追加

五色塚古墳(千壷古墳)

2013年11月28日 06:30

神戸アースダイバー(8)
海の王と五色塚古墳

PA172985.jpg
明石海峡大橋です。

PA172994.jpg
向こうに見えるのは淡路島。淡路サービスエリアの大観覧車が見えますね。

PA172992.jpg
で、振り向くと五色塚古墳が高台の上に見える。
ということで、神戸アースダイバーの8回目は、神戸市垂水区にある五色塚古墳をアースダイビングしてみようと思います。

PA173000.jpg
JR垂水駅から国道2号線沿いを歩いて約10分強ほど、霞ヶ丘南交差点から鉄道の下をくぐります。線路を越えるトンネルがなかなかなくてかなり遠回りをしてしまった。

PA173003.jpg
そこからなだらかな坂を上っていきます。
ん?左手のポストの所に気になる階段が。

PA173004.jpg
どうやらここはスリバチ地形のようになっている。
ただ今回のテーマではないので残念ですが先を急ぎます。

PA173009.jpg
山陽電車の踏切を越え、線路沿いを行くと

PA173012.jpg
突然現れました。

PA173017.jpg
おお〜、美しい。

PA173026.jpg
ここが史跡 五色塚〈千壺〉古墳です。

PA173058_1.jpg
これは敷地内の建物に展示されていた写真。五色塚古墳は明石海峡に面した丘陵にあり、別名千壺古墳とも呼ばれる前方後円墳で、西隣に小壺古墳という円墳があります。この写真はまだ海が埋め立てられる前のものですね。

PA173055_1.jpg
このパネルは位置関係がよく分かりますね。

PA173035.jpg
敷地内ではここで出土した埴輪が展示されていました。
レプリカと記されていなかったので本物なのでしょう。

PA173029.jpg
これらの埴輪は、平成23年度に国の重要文化財に指定されています。

PA173060.jpg
さて、上に上ってみましょう。

PA173165.jpg
古墳の詳しい解説はこちら。1965年から10年掛けて発掘調査と復元整備工事が行われたようです。ちなみに埋葬施設は発掘調査がされなかったようです。

PA173072.jpg
周囲には丸い石が敷き詰められています。ここは比較的小さい石。

PA173160.jpg
こっちはちょっと大きめですね。

PA173156.jpg
規則的に並べられている。

PA173074.jpg
さて、円墳に上がりましょう。

PA173078.jpg
当時はこんな階段はなかったのかも。

PA173080.jpg
上には何があるかというと、

PA173083.jpg
何もない。ただ周囲に埴輪がずらりと並べられています。

PA173088.jpg
前方部。真正面は淡路島の中心辺りをむいているのだろうか。

PA173112.jpg
ぐるっと360度回ってみましょう。

PA173096.jpg
西側に小壷古墳。

PA173094.jpg
後ろはこんな感じで開けている。

PA173090.jpg
東側には鉢伏山が見える。

PA173085.jpg
当時、古墳全体で約2200本の埴輪がめぐらされていたと想定されています。

PA173133.jpg
誰が葬られているかはっきりわかっていませんが、4世紀後半に明石海峡エリアを治めていた地方豪族の墓であると考えられています。おそらく当時のヤマト政権との関わりもあったのでしょう。

PA173097.jpg
小壷古墳はプリンのようなきれいな形をしてますね。

PA173177.jpg
簡単に入れそうなのですが入っていいのかよくわからなかった。

PA173182.jpg
こちらも史跡になります。

PA173184.jpg
造られたのもほぼ五色塚古墳と同じ4世紀後半ごろと推定されています。

PA173193.jpg
五色塚古墳のまわりをぐるっとまわってみましょうか。周囲はこのように壕に囲まれています。

PA173162.jpg
埴輪にきれいに並んでいて壮観です。

PA173204.jpg
手元にある兵庫県史を見ると、日本書紀にこのような一文があります。
「乃(すなわ)ち天皇の為に陵を作るといつわりて、播磨に詣(いた)りて、山陵を赤石に興(た)つ。仍(よつ)て船を編みて、淡路嶋にわたして、その嶋の石を運びて造る。」
この文献に記載されているとおり、葺石には淡路島産の石も多く使われていた様です。

PA173199.jpg
淡路島にはほとんど古式古墳がみあたらないのだそうです。それは淡路島が古くからヤマト政権の勢力圏にはいり、その管轄地的な性格をもっていたのではないかといわれています。

PA173230.jpg
この古墳が淡路島に向かって造られているのもそれに関係しているのかもしれません。ヤマト政権にとって明石海峡は重要な海上交通の要衝でした。被葬者はおそらく明石海峡を支配していた海の豪族で、海民の王だったのかもしれない。



より大きな地図で 神戸アースダイバー を表示


【神戸アースダイバー】
1. 西求女塚古墳と処女塚古墳 2013.10.07
2. 古代の祭祀場・保久良神社 2013.10.15
3. 古代の祭祀場・甑岩・越木岩神社 2013.10.20
4. 六甲山上の古代祭祀場とストーン・サークル 2013.11.08
5. 六甲山の天狗岩 2013.11.10
6. 西宮市北山公園の磐座・前編 2013.11.11
7. 西宮市北山公園の磐座・後編 2013.11.18
8. 海民と五色塚古墳 2013.11.28
9. 西宮の巨大なローリングストーン 2013.12.5


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. 義一 | URL | hSCFVYi.

    お久しぶりに書き込ませていただきます。 m(_ _)m

    五色塚古墳からの眺めは、海が、近くて 好きだったんですが・・
    今では 遠くなってしまって 残念でなりません。
    明石海峡大橋は、ともかく ここまで 埋め立てを広げる必要が、あったんでしょうか? 景色の美しかったウェザーリポートも失くなり
    2号線海岸通りの魅力が、劣化した気がしてなりません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/798-df8159de
この記事へのトラックバック