このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸アースダイバー・西求女塚古墳・処女塚古墳

2013年10月07日 06:00

神戸・阪神間古代地形散歩
神戸アースダイバー
1. 西求女塚古墳と処女塚古墳

太古の時代、神戸・阪神間はどのような場所だったのだろう。
奈良や大阪に比べてこのエリアの古代の情報は少ないように思う。ただ、国道43号線を車で走っていると、測道沿いに西求女塚(にしもとめづか)古墳や処女塚(おとめづか)古墳があることに気づきます。おそらく有力な豪族が古墳時代にはいたのでしょう。
資料を見ると、旧石器時代や縄文時代の遺跡は低地からはほとんど発見されておらず、詳しい事はあまりわかっていないようです。ただし、縄文前期初頭ぐらいから縄文人は海岸低地まで生活圏を拡大していたのではないかといわれています。その時代は、海水面が今より2~3メートル高い縄文海進といわれる現象が起きている。縄文人はその時どのような風景を見ていたのでしょう。そんなことをイメージしながら古代の地形を想像し歩いて行きたいと思います。

kobe_ed_06.jpg
カシミール3Dで海水面を数メートル高くした大阪湾の地形図です。埋立地エリアは意図的に薄くしています。あくまでもイメージですが、なんとなく縄文海進時代の海岸線が見えてきますね。その地形図に現在も残る代表的な古墳と有力な神社をプロットしてみました。

kobe_ed_07.jpg
神戸・阪神間の拡大です。西求女塚古墳、処女塚古墳、東求女塚古墳が海岸線に沿って並んでいます。神社を見ると、西宮神社のみが標高の低い場所にあることも興味深い。元々海だった場所に砂が堆積してできた砂州に鎮座しているのでしょう。

kobe_ed_04.jpg
カシバードで上町台地上空から神戸方面を見てみました。難波津や住吉津と務古水門(むこのみなと)がほどよい距離にあることがわかる。神功皇后にゆかりのある港でもあります。

kobe_ed_03.jpg
西宮上空から神戸方面を見た縄文海進時代の海岸線のイメージです。縄文人がこのエリアでどのような生活をしていたか想像するのも面白い。おそらく山麓エリアが居住地であり、狩りや木の実を食料にしながら、海岸では魚や貝を採っていたのではないでしょうか。

kobe_ed_08.jpg
神戸市垂水区の上空です。海岸に近い高台に兵庫県下最大の前方後円墳である五色塚古墳がありますね。

kobe_ed_09.jpg
神戸市灘区の上空です。西から西求女塚(にしもとめづか)古墳、処女塚(おとめづか)古墳、東求女塚(ひがしもとめづか)古墳が並んでいる。作られた順番も西からで、西求女塚古墳は阪神間で最も古い古墳でもあります。

さて、
E7D_4209.jpg
国道2号線と国道43号線が交わる岩屋交差点です。

E7D_4214.jpg
そのすぐ側に西求女塚古墳があります。

E7D_4213.jpg
公園の名前は求女塚西公園。ちょっとややこしいですね。

E7D_4215.jpg
林を上っていくと

E7D_4237.jpg
円形の場所が現れました。

E7D_4221.jpg
これが前方後方墳の後方部。

E7D_4224.jpg
芝生が伸びきってふかふかだ。

E7D_4226.jpg
後方部から前方部を見たところ。

E7D_4247.jpg
前方部には遊具が置かれています。

E7D_4232.jpg
古そうな石柱。昭和30年のもので求女塚と刻まれている。

E7D_4234.jpg
裏の文字が読みづらいが菟原処女(うないおとめ)の伝説のひとつであることが書かれているようです。

E7D_4240.jpg
この古墳で最も注目すべき点は、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)7面を含む青銅鏡12面が出土していること。

E7D_4242.jpg
三角縁神獣鏡といえば、「魏志倭人伝」で、魏の皇帝が倭の女王に「銅鏡百枚」を与えたことが記しているあれのことです。倭の女王とは言うまでもなく卑弥呼のことで、この地でそれが7枚も出たという事は、ヤマト王権と深い関わりがあり、この地を支配していた豪族の墓である可能性が高い。

E7D_4250.jpg
この古墳は国の史跡でもあります。

E7D_4248.jpg
側面から全体を見たところ。盛り土で凹凸が少ない形状になっているが、わずかに前方後方墳のカタチがわかる。

kobeed_05.jpg
パノラマで見るとこのような感じ。

さて、江戸時代の摂津名所図絵には3つの古墳が描かれています。

tsuka_04.jpg
西求女塚古墳が敏馬(みぬめ)神社と龍泉寺に並んで求塚として描かれています。

tsuka_05.jpg
ここには本住吉神社の参道横に東求女塚古墳が描かれている。現在の東求女塚古墳は、塚は崩されて公園になっています。

tsuka_02.jpg
これには処女塚古墳と東明八幡神社が描かれている。東明八幡神社の境内には大きな松の木が描かれていますね。

E7D_4274.jpg
処女塚古墳です。

E7D_4285.jpg
角地にあるので全体が見渡せる。

E7D_4290.jpg
史跡處女塚古墳。「處」は「処」の旧字です。

E7D_4294.jpg
文字は辛うじて読めますが、「整備する前の古墳の形」がまったく見えない。形状は前方後方墳になります。

E7D_4297.jpg
古墳の上に上がってみました。

E7D_4306.jpg
後方部の上はきれいに整備されています。

E7D_4304.jpg
後方部から前方部を見たところ。

E7D_4307.jpg
階段の所にこんな解説板がありました。

E7D_4315.jpg
古くから処女塚と東西の求女塚には悲恋の「菟原処女(うないおとめ)の伝説」というものがあります。葦屋の美女をめぐる恋の悲劇で2人の男の求愛に板ばさみになり、美女は命を断ち、男たちもその後を追うという話。そんな3人が実在したとは考えにくいですが、伝説として今の時代にも残っているという事に深いものを感じる。

E7D_4343.jpg
さて、処女塚古墳の隣にある東明八幡神社です。ゴールドの鳥居がなかなかパンチがあってよろしい。

E7D_4321.jpg
由緒には、神功皇后(じんぐうこうごう)が朝鮮半島へ船出の際、武内宿禰(たけのうちすくね)大臣が、その健勝を祈って此の地に松を植えられた。とある。

E7D_4329.jpg
現在の境内にはその松はないようですが、先ほどの摂津名所図絵が描かれた寛政年間(1796〜1798)には大きな松の大木があったようですね。

E7D_4326.jpg
この祠にその武内松の一部が保存されている。

E7D_4324.jpg
これを読むと明治時代に枯れたようです。

E7D_4328.jpg
このような立派な石碑もある。

E7D_4333.jpg
ところで、話はまったく変わってしまいますが、境内にあったこの石柱のキズがとても気になった。

E7D_4334.jpg
これって、戦時中のグラマン戦闘機による機銃掃射の弾丸跡ではないだろうか。かなり生々しく残っています。とても貴重な戦争遺構です。

E7D_4337.jpg
神戸・阪神間にはまだまだ興味深い古代遺跡が眠っていそうです。アースダイビングするには意外と面白いエリアかもしれません。これから少しずつ古代の地形を歩いて行きたいと思います。


より大きな地図で 神戸アースダイバー を表示


【神戸アースダイバー】
1. 西求女塚古墳と処女塚古墳 2013.10.07
2. 古代の祭祀場・保久良神社 2013.10.15
3. 古代の祭祀場・甑岩・越木岩神社 2013.10.20
4. 六甲山上の古代祭祀場とストーン・サークル 2013.11.08
5. 六甲山の天狗岩 2013.11.10
6. 西宮市北山公園の磐座・前編 2013.11.11
7. 西宮市北山公園の磐座・後編 2013.11.18
8. 海民と五色塚古墳 2013.11.28
9. 西宮の巨大なローリングストーン 2013.12.5


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. 靱公園しんかろん | URL | cn5nWwe.

    元芦屋市民です

    興味深く読ませていただきました。
    「おそらく山麓エリアが居住地であり、狩りや木の実を食料にしながら、海岸では魚や貝を採っていたのではないでしょうか」とのご意見は正しいと思います。
    ご意見と少年の頃に習った記憶とが結び付きました。
    私は元芦屋市民ですが、阪急芦屋川駅を少し北に上がった会下山に、「会下山遺跡」という、弥生時代の集落遺跡があります。
    また、宮川の上流にあたる朝日が丘町には「朝日が丘遺跡」という、縄文時代の集落遺跡があります。
    これらの存在が、ご意見の正しさを裏づけするものだと考えます。
    会下山遺跡は、山を登れるはずですので(芦屋市立山手中学校の中を通らないと行けませんので、近頃ですと事前に断りを入れる必要があるかもしれません)、そこから大阪湾を見下ろす風景が、太古の人々が見た風景と重なるかもしれません。

  2. Empizzo | URL | X/aoCwEI

    大阪湾周辺フォルム

    立体地図がかっこよすぎて、ほれぼれ、です。よく知っているはずの阪神間、そして六甲山地とその周辺地形の特徴の理解をあらためて
    【まぎれもないかたち】で押さえてくれます。
    すばらしい六甲の地塁と南側に広がる沖積エリア、それは生駒や上町台地が
    従える南北の大阪シティの沖積エリアとともに大阪湾の周辺構造を形作っている特徴として理解できます。
    そうした山地地形と貫入する淀川などの川の産物としての地形が
    不思議にも大阪湾周辺地形の【形態感覚】としてイメージできます。
    こちらで紹介される立体地図はそのアングルといい、高低に準拠する意味合いといい、強く私の心をくすぐります。
    すばらしいです。

  3. ロケットロニー | URL | uoSKjgR6

    なぞのかけら

    いつも面白く読ませてもらっています。
    タイムリーに西求女塚古墳がニュースになっていて驚きました。
    何か落ちていませんでしたか?
    神戸アースダイバーも楽しみにしています。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. masa | URL | -

    神戸の歴史は古代に関しては全く分からずでしたが、最近の報道で注目しておりましたところ、タイムリーに取り上げていただきありがとうございます。非常によくわかりました。
    報道とは別にかつて神功皇后を調べた折、全国の住吉神社の総本社は住吉大社でなく、本住吉神社という説もあると知りました。
    兵庫の地は大和政権と敵対勢力でなく、身内や有力者の領地のようですね。
    又、神話の部分があるとはいえ古代人の例えば神功皇后の活動地域の広さ、飛鳥、大阪、兵庫、北九州、三韓に驚いています。
    今後も期待しています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/788-e8ab1486
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます