このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さよならびわ湖タワーの大観覧車・イーゴス108

2013年09月22日 23:30

さよならイーゴス108

E7D_2917.jpg
解体が進む「イーゴス108」を見てきました。

E7D_2919.jpg
ここに来るのは20年ぶりくらいでしょうか。
私がまだ若かった時に一度だけこれに乗っています。見晴らしが素晴らしかったことを今でもかすかに覚えている。

E7D_2965.jpg
遠くからは何度か見ていたのですが、
9月から解体が始まったという事で、ずっと気になっていました。

E7D_2991.jpg
カニとのツーショットもこれが最初で最後かも。

E7D_2997.jpg
真正面にまわってみた。わずかにかつてのカラフルな色が残っている。

E7D_3005.jpg
琵琶湖大橋の西のたもと、ここにかつてびわ湖タワーという遊園地がありました。その場所に当時世界一の高さ(108m)を誇る大観覧車「イーゴス108」が完成したのが平成4年(1992)。いまから21年前です。

E7D_3013.jpg
来るのが少し遅かったようでゴンドラはすでに取り外されていました。

E7D_3014.jpg
カラフルな色でかわいかったのに。

E7D_3017.jpg
どこかの倉庫に運ばれたのでしょうね。

E7D_3018.jpg
2001年にびわ湖タワーは閉園しましたが、その後もこの「イーゴス108」は解体されず、2ヶ月に1回は点検のために動かしていました。それが、ベトナムに渡り再び稼働するのだとか。さびしいですが、うれしいニュースです。

20130921.png
京都新聞 2013.08.24

E7D_3015.jpg
閉園から12年。
さすがに錆が目立っています。

E7D_3024.jpg
このびわ湖タワーのプレートは解体後どうなるのだろう。

E7D_3030.jpg
当たり前ですが乗り降りする所も曲線なのですね。

E7D_3036.jpg
真横から見てみた。

E7D_3039.jpg
このタイヤを回して大輪を押し出すように回します。

E7D_3062.jpg
観覧車の下まで来ました。当然中には入れません。

E7D_3056.jpg
足下はこのような状態。解体のためにクレーン車と高所作業車が入っています。

E7D_3063.jpg
これはチケット売り場?

E7D_3052.jpg
哀愁を感じるボックス。

E7D_3077.jpg
むかしよくありましたね、おみくじの自動販売機。

E7D_3110.jpg
ブルーのベンチにUNIMATの文字が

E7D_3121.jpg
この池は何だったのかな?

E7D_3122.jpg
子供用ののりものがあったのかも。

E7D_3067.jpg
作業員の方がいまからこのゴンドラに乗るようです。

E7D_3114.jpg
クレーン車はゴンドラに人を乗せるためのものでした。

E7D_3095.jpg
解体するだけでなく、ベトナムに運んで組み立てる必要があるので、解体作業も簡単ではないのでしょう。

E7D_3134.jpg
どういう作業をしているのかまったくわかりませんでしたが、解体前の準備作業なのでしょうか。

E7D_3102.jpg
これをどのような順序でどのように解体していくのか気になりますね。

E7D_3092.jpg
解体には3ヶ月ほどかかるようなので、もう一度来てみようかな。

E7D_3159.jpg
田んぼの中の大観覧車。こんなシーンもこれで見納めですね。

E7D_3179.jpg
住宅地越しの大観覧車も見納めです。

E7D_3157.jpg
21年間、この地でランドマークとしても存在していた「イーゴス108」。これがなくなると車を運転していて目印を失う人も多いのではないでしょうか。今回の解体はちょっとさびしいですが、ベトナムで稼働するというのは嬉しいニュースでもあります。

さよならイーゴス108。
ベトナムで人をいっぱい乗せて人気者になってください。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. HAM | URL | 4eK1O7cM

    ようこそ滋賀へ

    巨大な廃墟と化していたイーゴスですが
    嫁ぎ先が決まって良かったです
    各所に錆びが浮いていましたが
    海沿いではないので深刻な状況ではなさそうですね

    びわ湖タワーの往時の面影を伝えた観覧車が無くなる
    のは寂しいですね

    かつては対岸(現ピエリ)にレークびわハイランドという遊園地が
    あり夜になると琵琶湖に設えた噴水がライトアップされて
    幻想的な雰囲気を醸し出していたものです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/786-c5f7a0bd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。