このエントリーをはてなブックマークに追加

飛鳥アースダイバー(9)橘寺・川原寺跡・聖徳太子

2013年07月19日 12:00

飛鳥アースダイバー
聖徳太子誕生の地周辺

E7D_0218_20130702112045.jpg
亀石の前を通る旧道、このまままっすぐ進むと

E7D_0230.jpg
右手に参道が現れる。

E7D_0232.jpg
聖徳太子御誕生所の石碑。

E7D_0234.jpg
ここにも聖徳皇太子御誕生所の石碑がある。

ところで、最近の高校の教科書では「聖徳太子」はあまり使われなくなってきたようですね。厩戸王(うまやどおう)や厩戸皇子(うまやどのみこ)と書かれている教科書が増えてきています。歴史家の中では以前から聖徳太子の存在を疑う説がいろいろ出ていましたが、教科書にもその波がきたようです。

E7D_0239.jpg
奥に見える大屋根は橘寺。この龍神王の碑は昔ここに祀られていた時の名残でしょうか。

E7D_0248.jpg
聖徳太子が生まれたのはこの辺りにあったとされる欽明天皇の別宮、橘島宮です。

E7D_0249.jpg
橘寺は、その後太子七ヶ寺の一つとして建立されました。
ちなみに七ヶ寺とは、法隆寺、四天王寺、法起寺、広隆寺、中宮寺、葛木寺、そして橘寺です。

E7D_0244.jpg
参道を歩いて行きます。

E7D_0283.jpg
西門です。

E7D_0282.jpg
ちなみに拝観料が必要。

E7D_0268.jpg
こちらが本堂(太子殿)。

E7D_0261.jpg
こちらが観音堂。

E7D_0280.jpg
創建当時の伽藍は四天王寺式伽藍配置で、中門、塔、金堂、講堂が一直線に並んでいたといいます。

E7D_0250.jpg
この配置図を見ると、東から中門、五重塔、金堂、講堂が並んでいる。

「飛鳥資料館のジオラマ」より
E7D_1328.jpg
手前にある寺院が当時の橘寺。右端から中門、五重塔、金堂、講堂が並んでいる。

E7D_0266.jpg
いまも残る五重塔跡です。

E7D_0267.jpg
珍しい形の心礎石が残っています。

E7D_0262.jpg
聖徳太子ゆかりの寺ということもあり、三光石とか阿字池という池がある。

E7D_0255_20130702112254.jpg
これは有名な二面石。悪面と善面を表しているといわれていますが、個人的にはもっと感覚的に彫られたものではないのかな?と思ったりしてます。

さて、
E7D_0281.jpg
橘寺の北側に川原寺跡があります。

E7D_0286.jpg
途中の道路脇にも聖徳皇太子御誕生所の石碑がありました。

E7D_0290.jpg
その向かいにある広い敷地。
手前に礎石があります。ただしレプリカっぽい。

E7D_0297.jpg
こちらが川原寺跡にある弘福寺(ぐふくじ)。

E7D_0298.jpg
弘法大師ゆかりの寺とありますが、川原寺は空海が京都と高野山の往復に宿所として賜ったと伝えられています。

E7D_0299.jpg
史跡 川原寺跡。

E7D_0291.jpg
天智天皇の時代(662〜671)に建てられた大寺院です。

E7D_0306.jpg
当時の復元図。

「飛鳥資料館のジオラマ」より
E7D_1327.jpg
ジオラマからもその大きさが伝わってきます。

E7D_0294.jpg
この礎石はおそらく中門があった場所で、

E7D_0296.jpg
ここには塔があったのでしょう。

E7D_0308.jpg
敷地の角に庚申と刻まれた石碑があった。

E7D_0301.jpg
その奥に見える森は板蓋神社。川原寺の裏にあった森です。

E7D_0310.jpg
石段を上がっていく。

E7D_0321.jpg
境内のさらに小高い場所に社がある。

E7D_0316.jpg
この森の周辺を発掘調査した時に、大量の塑像やせん仏の破片が出てきたそうです。

E7D_0328.jpg
川原寺は何度か火災で焼失しているのですが、
おそらくその瓦礫が裏山周辺に捨てられたのでしょう。

E7D_0711.jpg
田んぼの脇にまたまた聖徳皇太子御誕生所の石碑がありました。

E7D_0708.jpg
かつて私達が学校で教わった聖徳太子は、冠位十二階を定め憲法十七条をつくり、遣隋使を派遣し、10人すべての話を聞いて的確な助言をしたというスーパーマンのような存在でした。しかし研究が進むうちに、それらは聖徳太子個人の事績ではなく、推古天皇、蘇我馬子と厩戸王の3人が中核をなしていたという見方が強くなっているようです。研究がさらに進めば聖徳太子像はもっと変わっていくかもしれませんね。

(追記)
suiko.jpg
参考までに、飛鳥時代の年表に推古朝の出来事を入れてみました。


より大きな地図で 飛鳥アースダイバー を表示

【 飛鳥アースダイバーシリーズ 】
1. 猿石・鬼の俎・鬼の雪隠・檜隈坂合陵・檜隈大内陵
2. 益田岩船
3. 亀石
4. 人頭石・二面石・猿石・石人像・須弥山石・マラ石・弥勒石
5. 岩屋山古墳・石舞台古墳
6. 飛鳥寺、蘇我入鹿首塚、飛鳥坐神社、水落遺跡、石神遺跡
7. 豊浦宮跡、小墾田宮跡、飛鳥板蓋宮跡、飛鳥稲淵宮殿跡
8. 亀形石造物、酒船石、高松塚古墳
9. 橘寺、川原寺跡
10. 稲淵棚田、飛び石、甘樫丘展望台


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/773-3222eeb9
    この記事へのトラックバック