このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・大阪城

2013年03月02日 17:00

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
18. 大阪城周辺を歩く

osakajo_01.jpg
大阪城の高低差地図です。
ここは上町台地の北端、本丸の標高が一番高く、その北側が崖のように低くなっている。

osakajo_02.jpg
大阪城周辺には、難波宮や法円坂遺跡、大阪府庁舎など、重要な施設が集中していることがわかる。

EOS_7965.jpg
谷町4丁目から歩いていきます。あのビルはNHKです。

EOS_7995.jpg
途中にある大きな楠。石積み部分もゆるやかに傾斜している。

EOS_7990.jpg
何やら石碑がたくさん。

EOS_7982.jpg
ここは大阪府の史跡で舎密局(せいみきょく)跡。舎密とは、オランダ語で化学の意味で、舎密局とは政府が創設した物理化学の学校です。その後、名称、場所を変えて現在の京都大学教養学部に繋がっているのだそうです。

EOS_7973.jpg
この像は K.W.ハラタマ博士。

EOS_7974.jpg
明治二年(一八六九)五月大阪府によりオランダ人化学者クーンラート・ウォルテル・ハラタマを教頭とする舎密局(せいみきょく)がここから二百メートル北の大手前通一帯に開設された。舎密とは化学の意である。舎密局は明治時代のわが国で最初に開かれた理化学校でハラタマによりこの国の近代化に必須の自然科学の教育が行なわれた。日本の初期の化学研究の多くはこの舎密局に端を発している。舎密局はその後、理学校と改称され、明治五年に閉校されてその任を終えたが、その流れから京都舎密局、大阪司薬場、第三高等学校が生まれた。日蘭交流四百年を記念して、ここに日本の化学の父ハラタマ博士の像を遺し、その功を永世に伝えたい。

さて、
EOS_8016.jpg
NHKと大阪歴史博物館がある敷地に復元された高床式倉庫。敷地全体がまさに法円坂遺跡で、5世紀後半、ここに大型高床建物が16棟以上も建ち並ぶ巨大倉庫群であったそうです。

EOS_8024.jpg
この近くには、難波津があったと推測されますので、貿易の際の物資を貯蔵していた貯蔵庫という説もあるようです。

EOS_7435.jpg
その近くにある大阪府庁舎。この重厚な建物は大正15年(1926)に竣工しています。

EOS_7433.jpg
大阪府の庁舎としてあるべき場所にある建物かもしれませんね。

この地形図は国土地理院の数値地図5mメッシュ(標高)をカシミール3Dで制作している。
osakajo_03.jpg
ところで、上町台地の先端部は大阪城のイメージが強いですが、その前の時代はどういう場所だったのでしょう。

應永丁酉大阪地圖(難波津之図)」の部分です。上が東。
osakajo_20130228235832.jpg
この古地図は応永24年(1417)に描かれたものを寛政11年(1799)に書写したものです。こういう古地図は想像やイメージで描かれることもあるのですべて正しいと判断するのは危険なのですが、地形図として見ると興味深い部分が多数あります。

osakajyo_06.jpg
2つの地図を重ねてみました。鵲森、玉作村、熊野一ノ辺王子を現在も存在する鵲森宮、玉造稲荷神社、坐摩神社行宮の場所と想定して位置合わせの目印にしてみました。石山御坊や生玉(王)社、小坂(おさか)村等の位置関係がとても興味深い。

osakajyo_04.jpg
石山御坊のまわりに崖が描かれているのがとても興味深い。元の地形が想像できます。ちなみに地図下部に描かれている東西に流れる堀は架空の堀だと思われます。

osakajyo_05.jpg
石山御坊、生玉社、小坂村などの位置関係が興味深い。

IMG_1802.jpg
修道館横にある石山本願寺地推定地の碑。
ただ、石山本願寺の正確な場所は確認されていません。

IMG_1805_1.jpg
石山本願寺は石山城とか石山本願寺城などと呼ばれるほど防備を固めていたようで、摂州第一の城だったといわれています。

IMG_1832.jpg
梅林の南側にある蓮如自筆とされる六字名号碑。

IMG_1838_1.jpg
蓮如は「大坂」という地名の名付け親であるともいわれています。

IMG_1834.jpg
名号碑の裏にこんな場所がある。

IMG_1835.jpg
蓮如上人袈裟懸の松。
古地図にも蓮如松が描かれていますが同じ物なのかな。

IMG_1833.jpg
現在は根っこの一部しか残っていません。

EOS_7449.jpg
ここは大手前芝生広場の隅にある生国魂神社お旅所跡。

EOS_7445.jpg
古地図にも生玉(王)社が描かれています。この土地自体が摂州東成郡生玉之庄という地名だったようですね。

IMG_1829.jpg
さて、大阪城内の地形に目を向けてみましょう。左は本丸、右が梅林のある坂道です。

IMG_1826.jpg
この坂道、上町台地の断面を見ているようですね。

IMG_1849.jpg
東側の低地には梅林があり、南側は崖になっています。築城前からある高低差を利用して斜面を削り石垣が作られたのかもしれません。

EOS_7560.jpg
ちなみにこの坂道は

EOS_7553.jpg
雁木坂というようです。

EOS_7554.jpg
昔は長い石段だったようですね。

EOS_7519.jpg
崖は直角に曲がり南北に続いていますが、こんな階段(B)がある。

EOS_7515.jpg
かなりの高低差。ここも自然の地形を削って作られた斜面かもしれない。

EOS_7494.jpg
音楽堂横にある階段(A)。

EOS_7483.jpg
ここもかなりの高低差です。

IMG_1840.jpg
再び雁木坂横の空堀です。この堀の形状も自然の地形を利用して出来ているような気がします。

EOS_9194.jpg
本丸の北東角です。豊臣時代の天守はこちら側にありました。

EOS_9190.jpg
徳川時代に石垣をかなり拡張していますが、石山本願寺が出来る前から上町台地の崖がこの辺りまであったのではないでしょうか。

EOS_9252.jpg
極楽橋の西側です。

EOS_9264.jpg
石垣を剥がし、盛り土を除けば元の上町台地がそこにあるはず。ここがおそらく上町台地の北の端です。

EOS_9282.jpg
上町台地の丘が緩やかに傾斜しているようにも見える。

EOS_9307.jpg
石垣の内側にある台地の姿をイメージするのが面白い。

EOS_7461.jpg
ここは南外壕。生駒山がきれいに見えました。

EOS_9110.jpg
北外壕です。

EOS_9142.jpg
この辺りは築城当時から低地だったと思われます。壕を掘る際に出る土を土塁にし石垣で覆ったのでしょう。

EOS_9324.jpg
外堀越しに見た本丸。標高の高さがよくわかります。
縄文時代のこの場所は、海に突き出た岬の先端で、縄文人の聖地だったのかもしれません。また、石山本願寺が出来る前の時代には古墳があったのかもしれない。大阪城をそんな地形の視点で見るととても面白い場所だと思います。



より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ミナミのJIRO | URL | -

    「古地図は飽きない」

    重ね合わせた地図は興味深く拝見いたしました。原本の地図も見ましたが、ほとんど今の場所とリンクが出来ました。

    生玉神社も坐間神社も、大阪城築城の際に現在の場所に移されたんで、この地図が描かれた室町時代はここにあったんでしょうね。

    貴殿が仰る「架空の堀」は長堀の延長ではないでしょうか?
    前掲されていた、真田山から玉造神社に向かう道中の玉造通りの低さ。下水道が整備されていなかった当時は、堀とまで言わなくても、溝のような物があったんだと思われます。


    追伸
    原本の手書き地図は拡大して右90度回転させて、端から端まで心行くまで見させていただきました。
    ご掲載、ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/753-beb92fe1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。