このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・四天王寺

2012年12月23日 14:30

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
9. 四天王寺と谷底

oed_uemachi_029.jpg
上町台地の中心辺りに位置する四天王寺。西側が崖のようになっており、南側にも谷のような場所がある。

oed_uemachi_030.jpg
その谷の西の延長線上に茶臼山の川底池があります。もしかすると縄文時代は水路のようになっていて、大阪湾と東側の河内湾がここで繋がっていたのかもと想像が膨らむ。

OED_uemachi_02.jpg
念のため広域の地図で見てみた。中心部の青い場所が川底池。東側の緑色の低地部分が入江のように奥まで入り組んでいるのがますます怪しい…。

EOS_4623.jpg
さて、国道25号線です。この坂は天王寺七坂の逢坂でもあります。四天王寺の西大門から見て真西になる。

EOS_4612.jpg
四天王寺の西門石鳥居。その向こうに西大門(極楽門)がある。かつてはこの門から難波の海が一望でき、海に沈む夕陽が見えたといいます。中世以降、その夕陽を拝しながら極楽浄土を思い浮かべる「日想観(じっそうかん)」の一大行場になりました。現在も秋分の日に伝統行事である「日想観」が行われています。上町台地で太陽信仰が盛んになるのはとても自然なことかもしれない。

EOS_4616.jpg
托鉢する修行僧。

EOS_4463.jpg
中心伽藍の金堂と五重塔。

EOS_4496.jpg
四天王寺の創建は飛鳥時代、推古天皇元年(593)。

EOS_4476.jpg
聖徳太子により日本最初の官寺として建立されました。

EOS_4511.jpg
境内にはその聖徳太子を祀るお堂があります。前殿には十六歳像・太子二歳像が、奥殿には太子四十九歳像が祀られている。

EOS_4506.jpg
とてもすっきりした砂庭。

EOS_4472.jpg
境内案内図です。

EOS_4488.jpg
南側の仁王門(中門)。

EOS_4514.jpg
奥に五重塔。その奥に金堂がある。

EOS_4440.jpg
ハルカスも見えますね。

EOS_4449.jpg
こちらは石舞台と六時礼讃堂。共に国の重要文化財です。

EOS_4438.jpg
亀井堂と亀井不動堂。右側の亀井堂には金堂の地下より湧く白石玉出の水があり、供養を済ませた経木を流せば極楽往生が叶うといわれています。撮影禁止の表示があったので撮りませんでした。前はあんなのなかったよな…

EOS_4430.jpg
こちらは亀井不動堂。参拝者が絶えないお不動さんです。

EOS_4479.jpg
南大門の手間に気になる場所が。

EOS_4484.jpg
この石は熊野権現礼拝石というようで、熊野詣に向かう人は、まず四天王寺を詣で、ここで熊野の方向に礼拝し、熊野までの道中安全を祈ったといわれています。

EOS_4483.jpg
熊野権現礼拝石の解説板。

EOS_4521.jpg
日本最初庚申尊(こうしんそん)。そういえば、石鳥居の横にも「大日本佛法最初四天王寺」の碑がありましたね。

EOS_4522.jpg
気になりますね。行ってみましょうか。

EOS_4533.jpg
南大門です。こちらにも「大日本佛法最初四天王寺」の碑がありました。

EOS_4537.jpg
南にまっすぐ行くと下り坂になっています。ここからが地図にあった谷の辺りです。

EOS_4547.jpg
谷底に位置する場所に庚申堂の山門がある。

EOS_4551.jpg
本邦最初庚申尊。

EOS_4553.jpg
四天王寺庚申堂です。
「南大門より南へ200m。四天王寺庚申堂は日本最初の庚申尊出現の地といわれ昔から日本三庚申の一つとして知られております。庚申の日に本尊に祈れば必ず一心叶えられるといわれております。境内の三猿堂には見ざる聞かざる言わざるの三猿が祀られ、病にまさる魔が去るとして信仰されております。(四天王寺HPより)」

ん?百度石の上にもお猿が。

EOS_4554.jpg
言わざる。

EOS_4556.jpg
右が見ざる。

EOS_4558.jpg
聞かざる。

EOS_4560.jpg
四天王寺庚申堂と深く刻まれた水盤。

EOS_4563.jpg
何やら気になる場所が。

EOS_4567.jpg
なぜか七福神と大黒さんが祀られていました。

EOS_4582.jpg
さて、庚申堂の山門近くにこのような場所があります。

EOS_4585.jpg
清水地蔵尊とその奥に清水の井戸。

EOS_4573.jpg
「谷の清水」と呼ばれている場所です。

EOS_4576.jpg
水の水面が高かった。柄杓ですくえます。

EOS_4589.jpg
ここはすり鉢状の谷底の辺り。南側は隆起している。

EOS_4591.jpg
北側も隆起しています。

EOS_4600.jpg
谷底沿いを西の方へ歩いて行きました。公園にも段差がある。

EOS_4605.jpg
ゆるかやな隆起。

EOS_4606.jpg
地形の変化を楽しみながら歩くのがアースダイビングの面白さでもあります。



より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. おおさかぶらりん | URL | -

    はじめまして、こんばんは。

     はじめまして、こんばんは、『おおさかぶらりん』と申します。『大阪あそ歩』でガイドを3年程やっています。

     『熊野遥拝石』は、石棺の蓋石だといわれています。四天王寺の山号は『荒陵山』といいますが、その名の通り古墳があったそうです。そして、その古墳の石棺の蓋石を使ってできたものだそうです。

     谷の清水のあたりから河底池、堀越神社付近、南河堀町、北河堀町、河堀口付近は、730年に和気清麻呂が開削しようとした『河内川』の名残です。続日本紀(だったとおもいますが)によると、30年たっても開通することができなかったので、工事が取りやめになったという話です。

     

  2. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    河堀は運河のこと?

    南大阪線の駅名は「こぼれぐち」、そうきかされて難読駅名の一つくらいにしか、
    考えていませんでした。
    大阪湾と、右側の古代の河内湾(海水が来ていたのですかね?)を繋げていたら、
    四天王寺は古代の交通の要で、夕日を見て補陀落渡海の夢を見たではなく、
    実際に西海に出航する、船出の場所であったかもしれません。

    それを祈るかのように、山門に付けられた轉法輪の意味が、仏教的であるより
    ずっと海事の守護神の羅針盤か、現在の船の丸い操船舵のように思えます。
    大阪の海運会社、商船三井の転法輪奏さんという会長の名前に記憶があるので
    ここに立つといつもそんな想像をしていました、

    四天王寺がモンサンミッシェルのような光景であったと、勝手に想像するのも
    面白く、和気清麻呂の難工事は地形ではなく妨害があったのでは、これも勝手な
    想像ですが、東部市場駅はむかし、百済って言ってましたよね。
    古代の各氏の勢力争いを思いながら、この稿を読ませてもらいました。

  3. Empizzo | URL | X/aoCwEI

    輪切り はたまた断層スキャン

    上町台地という極上のテーマを下から上へ向かって輪切りにされるようなシリーズ。すごい情熱ですね。
    CTスキャンやMRIが人体などの断層を上から下へ見事に状況表示させるのに似ています。とどまる所には難波宮跡や大阪城があるのですから、
    いかなる場所とシリーズ途中にあってもクライマックスがじんじんと迫ってくる気がします。
    地誌を一部範疇とした分野で、かつネット史上でも稀有のブログと思います。
    今回の坂の数々にあまりにも知らなさすぎる、歩かなさすぎる自分に気づきます。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    おおさかぶらりんさん
    なるほど、とても興味深いです。
    いろいろ調べたくなりました。ありがとうございます。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    kotaroさん
    面白いです。和気清麻呂の河内川も興味深いし、当時の四天王寺の姿を想像するのも楽しい。大阪の歴史の面白さがこの時代にあるような気がしてきました。

    Empizzoさん
    ありがとございます。
    たぶん、私がいちばん高低差を楽しんで歩いているのだと思います ^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/741-26cb6c5f
この記事へのトラックバック