このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪アースダイバー・太陽の女神と上町台地

2012年11月25日 00:00

大阪アースダイバーを歩く(2)
太陽の女神を祀る神社

「大阪では、東から西に向かう軸線の上に有力な神社や寺院の並んでいるのを見出すことができる。住吉大社と生駒山系の高安山を結ぶ線上には、合邦辻(がっぽうがつじ)、喜連(きれ)・瓜破(うりわり)などが並んでいる。鶴橋の比売許曾(ひめこそ)神社や、平野の古社で赤留比売(あかるひめ)神社は、その名がしめすとおり、太陽の巫女を祀った神社であるが、いずれも生駒山の山々から朝の光を受ける位置に設定されている。それだけではない。上町台地の突端部に立って、冬至の朝の日の出を待つと、高安山の頂上から新しい太陽は出現する。その場所に、古代には坐摩(いかすり)の巫女の住まう神社が、設けられていたと言われる。坐摩神社は上町台地そのものの土地神でもあり、神話風に言えば、冬至の日に大地の生命を託された巫女は、すっかり弱まっていまにも死を迎えようとする太陽から精を受けて、新しい命を身籠るのである。」(中沢新一『大阪アースダイバー』講談社)

(弥生時代後期〜古墳時代前期の地図)
oed_map_04.jpg

「女神たちは、いかにも「ここから上陸しました」とでも言わんばかりの痕跡を残して、五世紀の頃、古代大阪の上町台地にたどり着いている。女神を祀っていたいくつかの集団は、上町台地とその東側に広がる扇状台地に散っていき、気に入った場所を見つけては、そこに女神の神社を建てて住み着いた。そして彼らは、大阪の基礎をつくる人々となった。(中略)この古い来歴をもつ女神たちは、「アカルヒメ(赤留比売)」や「シタテル(下照)」の名前で呼ばれ、女神を祀る神社は「ヒメコソ(比売許曾)」と呼ばれたが、いずれもそのイメージのなかには「太陽」や「太陽の輝き」の意味が含まれている。「ヒメ」はしばしば「ヒルメ」とも呼ばれ、しかも「ヒルメ」は漢字を使った古い書き方では「日妻」と書かれた。ここから推測するに、上町台地に最初にたどり着いた女神たちは、いずれも「太陽の妻」という名前であったことがわかる。」(中沢新一『大阪アースダイバー』講談社)

IMG_0005.jpg
谷町九丁目から少し歩くと高津宮(こうずぐう) がある。

IMG_0008.jpg
仁徳天皇を主祭神とする由緒ある神社です。

IMG_0009.jpg
橋の跡ですね。梅乃橋というようで、かつてこの辺り一帯は梅の名所だったそうです。

IMG_0013.jpg
これは井戸の跡。

IMG_0012.jpg
梅ノ井。上町台地の伏流水が湧く名水であったとか。

IMG_0014_20121123223247.jpg
ところで、記事の内容と関係ないですが、高津宮と坐摩神社行宮の写真はすべてiPhone5で撮っています。写真のクオリティのご参考に。

IMG_0017.jpg
さて、高津宮の創始は貞観8年(866)といわれています。

IMG_0015.jpg
しかし天正11年(1583)、豊臣秀吉が大坂城を築城する際、現在のこの地に遷されました。

IMG_0020_20121123223245.jpg
この地は元々比売古曽(ひめこそ)神社の境内だったようです。

IMG_0021.jpg
鶴橋駅の近くにも字は違うが比売許曽(ひめこそ)神社があります。

IMG_0055.jpg
本殿東側の高倉稲荷神社の横の参道を行くと

IMG_0056.jpg
その先は崖になっている。

IMG_0057.jpg
谷底のようです。

IMG_0058_20121123223349.jpg
下にある祠は谷末社で野の神、市場を主宰する神、山の神が祀られている。そして、階段の途中には陰陽石がある。

IMG_0047.jpg
かなり急な階段です。

IMG_0043.jpg
下まで下りて見上げてみた。ちょっとここだけ空気が違う感じがする。

IMG_0052.jpg
中央にある石が陰石。

IMG_0051_20121123223555.jpg
その右側にあるのが陽石です。比売古曾神社は子授けの神として信仰されているそうです。

大阪市内の真ん中に陰陽石があったとは…

さて、
IMG_6434.jpg
平野区にある赤留比売命(あかるひめ)神社です。

IMG_6380.jpg
こちらには新羅から来た女神が祀られているようです。創建もかなり古そう。

IMG_6433.jpg
明らかに季節が今ではないのはご了承ください ^ ^;

IMG_6413.jpg
こちらが拝殿。

IMG_6411.jpg
その奥が本殿。その裏側は土塁(どるい)になっている。

IMG_6381.jpg
平野は環濠集落としても有名な場所ですが、この土塁の向こう側は昔は濠(堀)になっています。

IMG_6377.jpg
現在は公園になっていますが、中心部は土塁、左が壕です。

IMG_6363.jpg
この橋は後で作られたものかもしれませんね。

最後に、
IMG_0079.jpg
上町台地の先端部にある坐摩(いかすり)神社の御旅所です。

IMG_0080.jpg
坐摩神社行宮(あんぐう)の碑が建つ。この辺り一帯は元々渡辺一族の土地で、この地に祀られていたイカスリの神霊は上町台地の地主神そのものであったという。

IMG_0084.jpg
坐摩神社は豊臣秀吉の大阪城の築城に際し中央区久太郎町に移転しています。

IMG_0081_20121124004209.jpg
冬至の日、この地から生駒山地の方を見るとちょうど高安山から太陽が上がるといい、その光を受けて聖なる巫女が、神の子供を生むという神話があったのではないかと大阪アースダイバーには書かれている。とても神秘的な場所です。

IMG_0083.jpg
現在はビルに挟まれた狭い場所ですが、手前のステンレスに囲まれた下には神功皇后の鎮座石が今も昔と同じ場所にある。

今はここから高安山からのぼる太陽は見えないが、その時代のことをイメージすることがアースダイビングの面白さなのかもしれない。


より大きな地図で 大阪アースダイバー を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    高津さんも座摩さんも祭りに行ったことがありますが しんのすけさんの見るところはやはり違いますね
    上宮台地歩こうと思いながらなかなか歩けません 
    ところで iPhone5の画質 すごいですね
    最近シャッター押してと頼まれることがあるのですが どの程度に写るのかなぁと思っていました 想像以上です
    でも でも 友達はメールを打つのが苦痛になったと言っていました さっさとケータイに逆戻りした人もいますわ

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    TOSSYさん

    スマホは便利がいい部分とそうでない部分がありますね。文章を打つのは私も携帯と時の方が早かったと思います。写真の画質はなかなかなもんでした。比べると気になるところは多々ありますが、カメラを忘れた時のサブカメラとしてはなかなか使えそうですよ ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/732-af3e52bc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。