このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

渡邊邸(渡辺邸)母屋解体

2012年10月11日 08:00

渡辺邸の母屋の
半分が解体されました。


EOS_2202_2.jpg
2012年10月11日の朝です。
前日に母屋の東側半分が解体されました。

EOS_2190.jpg
中はこのような状態。
言葉がでません。

EOS_2182.jpg
横柱等は建てられた当初の部材なのでしょうか。

EOS_2197.jpg
前所有者が過ごしていたであろう居間。
生活感が残っている感じがする。

EOS_2107.jpg
裏門から見るとこのような状態。

EOS_2147.jpg
夜に降った雨が母屋を濡らしている。

EOS_2117.jpg
障子の上の塗り壁が濃い灰色に見える。

EOS_2129_3.jpg
さらにアップにするとこんな感じ。

EOS_2142.jpg
立派な柱だ。
これらは建てられた当初のものだと思われます。

EOS_2139.jpg
大量の萱。

EOS_2218.jpg
しぼんでしまったような茅葺き屋根。

IMG_0733.jpg
11日の夜にもう一度のぞいてきましたが、
母屋のすべてが解体されず一部残った状態でした。
しかし数日後には母屋は跡形もなくなっているでしょう。

EOS_2216.jpg
残さなければいけなかった文化財が、
無惨な姿で解体されてしまうという
なんともやりきれない出来事。

このようなことが二度と起こらないように
記録としてここに残しておきたいと思います。


(関連記事)
さよなら渡邊邸(渡辺邸)2012.11.10
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体2012.10.11
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体へ2012.10.10
渡邊邸(渡辺邸)解体中2012.10.06
渡辺邸が泣いている2012.10.03
渡邊邸(渡辺邸)解体へ2012.09.29
渡邉邸(渡辺邸)のいま2012.08.22
大阪府文化財指定の「渡辺邸」解体へ2012.04.26
三国の渡邊邸2009.06.29
facebook・渡辺邸(2009年6月撮影)

(関連サイト)
大阪市渡邊邸保存会
未来へつなごう、渡辺邸


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. kayabukiya | URL | M0W4FYGg

    詳細なレポートありがとうございます。
    私は茅葺き屋根の葺き替えを生業とする職人ですが、たくさんの写真を拝見して、あらためてこの屋根が良い仕事で葺かれ、丁寧に維持されていた事を知りました。
    歴史的に価値が高いばかりでなく、維持管理の難しい茅葺き屋根だけ見てもこれほど程度の良いこの建物が、不動産としては更地にした方が価値が高まるという現実に向き合わなければと思います。
    古建築は所有者が持て余したら次に託せるような、絵画や骨董と同様ビンテージとして評価される市場を整えなければと、そのためにも古建築とともにある暮らしの価値、嗜みをきちんと理解して行きたいものです。

  2. ハム | URL | LHJ.Bg36

    せめて歴史研究者による詳細な内部調査、解体前の一般公開をして欲しかったです。それをやると歴史的価値を認識させると反対運動がさらに高まるからってやらないって意図も感じないではないですが・・・
    室町時代、江戸の初期頃から400年も続いた貴重な文化財をほんの数日で破壊されていくという詳細なレポート記事が今後他の文化財保護の教訓になると確信いたします。レポート大変でしょうが最後まで見届けて下さい。
    私も行って見ましたがこのようなアングルでの撮影は困難でした。

  3. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    ただ絶句です

    大阪に8日ぶりに戻ってきた所です。
    元の所有者を刺激する言葉は慎みます。
    豊中服部の緑地公園の民家村は、昭和30年代後半に、松下電器や大和ハウスなどの関西の企業がお金を出し合って、過疎の村からたくさんの古民家を“救出”してきたものが、現在に至ります。
    幸之助さんとか、オーナーが、ポンと一声かければ、何とかなったのが昭和30年代です。
    今の日本は一部は富んでいるけど貧しい。生活保護などにあれだけ予算をとられたら、行政も動けないというのは、言い過ぎでしょうか。
    民藝とか、過去にいろんな郷土の歴史文化を守る運動を展開してきたのは、好事家とか、喰うに困らない層が提唱し、新聞などが世論で重要性を訴え、募金などの運動も起きたから、残されてきたのでしょう。
    今回は話題にならない局所的なニュースだったのが、不幸の始まり。だけど何にも出来なかった大阪人の一人として無力を感じます。個人宅だから、大学の先生とかも入られなかったのでしょう。
    残念ですが今年を振り返った時に考えるニュースになりました。
    今のご時勢は「それどころじゃない」という非常時なのかもしれません。


  4. マリアホセ | URL | -

    市民、歴史.文化が負けた。。。

    Kotaro様の言葉は心に響く。
    今回の残念な結果大変悔しい.もっともっと何か出来るはずでした。
    私は神戸に住んでいますが九月26日テレビで渡辺邸のことを知りました。
    あまりにもショックでしたのですぐに色々を調べました。
    大阪市役所や維新会にメールを出した,友達に伝えました。
    しかしもう大変遅かった,それこそ悔しいです。もっと前に分かっていたらもっともっと何多くの人々に伝え,大学の関係者も皆でどうすれば良いか力になりたかったのです。
    個人宅でありながら文化財で認めた限り皆の責任/議論であったかと思います。
    ああああ。。。書くだけで寂しさにまけます。
    Jusojin様、最後まで渡辺邸を見守って有り難うございます。

  5. としぞう | URL | dcAndND6

    同じ行政でも・・・

    すぐ隣の吹田市では旧西尾邸や旧中西邸、浜屋敷など歴史的価値のある住宅が行政の手により保存されているが・・・
    なんと情けない事でしょう。以前の大阪市役所などの不祥事による税金の無駄遣いや未だに治らない体質で消えていくお金があれば何とかなったのではないでしょうか?
    市内の中心部にも多くの歴史的建造物があるだけに行政に対して不安が募りますね。

  6. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  7. マリアホセ | URL | -

    としそう様、
    吹田市すごい!
    http://www.suita.ed.jp/hak/Kyunakanishike/kyunakanishike.html
    前にもそういいましたが大阪市や淀川区の区役所が大変疑問!

  8. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    昨日のこと

    緑地公園の修理工場に、愛車を取りにいった足で、日没時に試運転がてら三国までいってみました。現状は長屋門のあった側がシートで覆われていました。内部の様子は見えないようになっており、大きなクスノキは倒されていません。まだそびえています。心無しか多くの人が、脇を通る道を選んで通っているように思えました。14日日曜日の本日は、渡辺邸のある周囲の風情は、まだ味わえると言っておきましょう。近くのお寺の写真展も開催中です。

  9. masao | URL | -

    大変残念です。まさか!という思いしか湧き上がりません。取り壊しの対象となるなどあり得ないと全くのノーマークでした。普段からアンテナを張っていましたが情報は入ってきませんでした。保存運動が起こるのを恐れ情報隠ぺいしていたのでしょうか・・

    大阪の文化はここまで落ちたのかという印象です。個人の物以前に大阪の宝なのに。大阪最古といわれる重文指定も可能な建築がこうも簡単な手続きで壊されてしまうということに大変問題があります。大阪の現状はこんなもんなんですね・・・

    須磨の室井邸も同じ経緯をたどった記憶がありますが、400年も存在した建築を大阪が守れないのは本当に残念です。

    服部緑地に移築もできないのでしょうか。

    ただただかなしいです。

    国分寺 糟谷

  10. 新之介 | URL | sDz630us

    kayabukiyaさん
    渡辺邸の横にある自敬寺で
    渡辺邸の写真を展示しているのですが
    5年ほど前の葺き替え作業の写真が展示されていました。
    屋根の内部にも萱がたくさん保管されていたのだとか。
    そういう写真を見ると改めて残念さが込み上げてきます。

    ハムさん
    ほんとうに研究者の方にちゃんと調査をして欲しかったです。
    最後に一般公開もして欲しかった。残念。

    kotaroさん
    今回は背景にいろんな問題があって
    我々が踏み込めないプライベートなことも
    多く含んでいるので余計に悶々としてしまいます。
    一度お会いする事があればお話したい ^^

    マリアホセさん
    いろいろ動いてくださっていたのですね。
    私はマスコミの動きも遅かったと思っています。
    もっと早く取り上げて欲しかった。
    4月の時点で各社にメールを送ったのですが
    まったく無反応でした。
    残念です。

    としぞうさん
    行政もいろいろ尽くしてくれたと信じたいです。

    masaoさん
    情報の隠蔽はありません。
    4月に大阪府が文化財の指定を解除した時に
    一部の新聞は記事にしました。
    私も各社にメールを書いたのですが、
    多くのメディアは関心を示しませんでした。

    守る会が出来る前から一部の方々動いており
    民間企業が視察に来られたりしています。
    その後、競売にかけられ業者が落札。
    マスコミが動き出したのは解体寸前です。

    この物件は情報もほとんどなく
    あまり知られていない文化財でした。
    調べても情報がほとんど出てこないことも
    活動が遅くなった理由かもしれません。
    ある意味、良くない条件が揃っていたのかもしれません。
    残念ですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/722-8e551e2f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。