このエントリーをはてなブックマークに追加

渡邊邸(渡辺邸)解体へ

2012年09月29日 13:00

さよなら渡辺邸
解体準備がはじまりました。

IMG_0576.jpg
2012年9月29日の朝の渡辺邸です。

IMG_0728.jpg
裏の門が開いていたので中をのぞくと

IMG_0731.jpg
業者の方が清めの酒を撒いておられました。
解体を始める前の儀式です。
庭木の伐採から始まると思いますが
かなり広い敷地ですので解体に1週間くらいかかるかもしれません。

IMG_0606.jpg
正面の門です。

IMG_0624.jpg
ここから家の主が出入りすることはもうない。

IMG_0616.jpg
歴史を感じる乳金物。

IMG_0619.jpg
入八双金具のデザインも素晴らしい。

IMG_0600.jpg
渡辺邸の正式な漢字は「渡邊」になります。

IMG_0620.jpg
「見学撮影等一切厳禁」
建物の内部はほとんど公開されることがなかったので建物の詳細がよくわかっていません。専門家が調査せずにこのまま解体されてしまっていいのだろうか。

IMG_0626.jpg
敷地の南東角にある蔵です。

IMG_0629.jpg
今まで気づかなかったのですが軒下の板に渡邊の家紋が。

IMG_0633.jpg
蔵の屋根にも渡辺星。

IMG_0659.jpg
こちらにも。

IMG_0638.jpg
三つ星に一文字。家紋では星を●で表現しているのだそうです。

IMG_0594.jpg
北東角の建物。

IMG_0598.jpg
建物が建てられた約400年前からあったかもしれないくねくね道。

IMG_0676.jpg
この細い旧道沿いには水路が流れていたようです。

IMG_0722.jpg
ずっと昔は土壁だったのかもしれませんね。
白い壁と焼き板の黒のコントラストが美しい。

IMG_0654.jpg
桃瓦。これも厄除けなのでしょう。

IMG_0687.jpg
木造の建物の解体は始まったらすぐに終わってしまいます。

IMG_0580.jpg
古民家というのはいつかは無くなる運命なのかもしれませんが、
大阪市内で約400年も残った渡辺邸は
限りなく奇跡に近い建物だと思います。
それがこんなカタチで解体されてしまうとは…

最後まで見届けたいと思います。


(関連記事)
さよなら渡邊邸(渡辺邸)2012.11.10
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体2012.10.11
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体へ2012.10.10
渡邊邸(渡辺邸)解体中2012.10.06
渡辺邸が泣いている2012.10.03
渡邊邸(渡辺邸)解体へ2012.09.29
渡邉邸(渡辺邸)のいま2012.08.22
大阪府文化財指定の「渡辺邸」解体へ2012.04.26
三国の渡邊邸2009.06.29
facebook・渡辺邸(2009年6月撮影)

(関連サイト)
大阪市渡邊邸保存会
未来へつなごう、渡辺邸


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. kotaro | URL | j/SmWNHw

    北摂の入り口の要諦が

    このように消えていくのですね。
    思いはいろいろとあるでしょう。
    でも「いえ」は使われなくなったときが、
    「おわり」なのかと思います。
    再び住んで使うにはあまりに生活スタイルが
    かけ離れてしまい、私も古家に住んでいますが
    80年以上昔と言っても昭和の住居です。
    家紋の星の意味が興味を引きました。
    能勢の妙見も星の信仰からです。
    3連星が、地面か山の上から見下ろす風景とは
    どこの何と言う意味なんだろうと、考えながら
    記事を読んでいます。

  2. こじやん | URL | -

    最近マスコミによく取り上げられていたので、何か変化があるのかなと
    期待していたのですが、そのまま解体されるのでしょうか。
    橋下市長、動かないですかね?
    こういうことに税金を使っても、市民としては納得すると思うのですが。

  3. kitaharu | URL | -

    市内最古の民家保存、活用を 市長に署名提出
    http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/120927/20120927037.html

    2日前にこういう記事がありましたのでどうかなと思いましたが、解体が始まったんですね。貴重な建物だけに残念です。

  4. でんでん | URL | -

    ドックフードエンターティナー★でんちゃん日記

    解体の準備ですね。
    お写真を拝見し、共感いたしました。
    私のブログにも渡邊邸の事をたくさん取り上げておりますが、同じところが気になっておられるようですね。
    お互い最後まで見届けましょう。

  5. | URL | z.Jczy7U

    とうとう・・・

    28日の午後3時頃、仕事帰りに前を通ると数人のおじさんが「もったいないなぁ~」とか話しており、
    道路にも印みたいな黄色いシールが何枚か貼られていました。

    で、「もしかして解体に?」と思いながらも通過して帰宅したのですが・・・。

    本当にもったいない!
    しかし私らでは何もできない。
    橋下さんもどうにも出来なかったんですね、元は東三国に住んでたのにね。

    渡辺邸の前のくねくね道は私の通勤路なので、これからは毎日足を止めようと思います。

    明日、あさっては台風の影響で解体作業も中止になるでしょうね。

  6. ばんぼう | URL | t/Klp7tQ

    署名まだやっています

    渡辺邸横の自敬寺のHPから、まだ署名やっています。
    http://www.jikeiji.com/

    台風の影響で少しでも時間稼げたらいいのですが・・
    建築でも、遺跡が出てきたら発掘調査しますが、
    今回はそれもしたうえで、でた結論なのでしょうか。

    個人の建物であった訳ですが、あまりに残念です。

  7. 通りすがりの木川村民 | URL | 8BekKAS6

    橋下市長にも情報は上がっていますが、地域住民や区役所に話を投げている様な状態です。
    http://twilog.org/t_ishin/date-120926
    せめて解体前に内部を見学したいところです。

  8. ばんぼう | URL | t/Klp7tQ

    たびたびすみません

    夏になれば、家の2階の物干しから聞こえる、
    渡辺邸からの大きなセミの声を、昨日、ふと思い出しました。
    とてもなつかしい気持ちになりました。

    転勤先の九州では、門司港駅の改修が始まりました。
    明日からは東京駅が改修を終え、再オープンします。

    渡辺邸、なんとか残って欲しいものです。

  9. ふらんしす | URL | z.Jczy7U

    NO.5の「ふ」は私です(^^ゞ

    管理人さんごめんなさいe-263
    名前が「ふ」だけになってました(笑)

    謝罪の書き込みですので、これは承認しなくても大丈夫です。

  10. hana | URL | Jum4WM7M

    こんばんは
    実家近くの渡辺のお屋敷の解体をこちらで教えていただき、先日帰阪したおりに50年ぶりくらいで見てまいりました。
    周りのお家も昔のままの佇まいで、あたりは小学生の時のままのようで何とも懐かしくしばらくご近所を散策しました。
    私の記憶ではそのころまだレンコン畑もあったように思います。
    周りも区画整理しているようで何年かしたら景色はすっかり変わるのでしょうね。
    とってもとっても残念です。 大切な三国のシンボルでした。

  11. めぐみ | URL | -

    この投稿を見るたびに胸が痛みます。

  12. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    ついに・・

    ついに解体が始まったのですね 吹田の西尾邸のように残らないかなと思っていたのですが・・ 残念ですね

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. 仁勇 | URL | vaKHWNlc

    週末にミニイベント

    新之介さん、いつもありがとうございます。
    土・日・月に自敬寺でミニイベントを開催します。
    本堂が使用できないので、境内になりますが、是非お越しください。

  15. 新之介 | URL | sDz630us

    kotaroさん
    >「いえ」は使われなくなったときが、
    >「おわり」なのかと思います。

    その通りかもしれませんね。
    でも、この家はなにかちょっと違うような気がしています。地元の方々の熱心な保存運動がそれを感じさせてくれる。「いえ」としては終わりですが、それ以上のものがこの「いえ」にはあるのかもしれません。


    こじやんさん
    kitaharuさん
    でんでんさん
    ふらんしすさん
    ばんぼうさん
    通りすがりの木川村民さん
    ばんぼうさん
    hanaさん
    めぐみさん
    TOSSYさん
    仁勇さん

    みなさん、コメントありがとうございます。
    今回の件でいろいろ考える事があるのですが、
    いちばん知りたいのはこの家の前所有者の気持ちです。
    ご年配の方おひとりで住んでいたとは思えないほど
    外周はとてもきれいに補修されていますし
    近くの墓地には雑草ひとつ生えていなかったほど
    手入れが行き届いていました。
    とても大切にこの家を守ってきたのだと思います。
    その方がご自分が亡くなった後のこの家のことを
    どのように考えていたのかを知りたい。

    この解体を空からどう見ているのでしょうか。
    悲しんでいるのでしょうか。
    仕方ないと思っているのでしょうか。

    私はそれが一番知りたいです。

  16. 播磨屋 | URL | 366Jiv0k

    先月、渡邊邸が危機に瀕していることを知り
    さっそく、署名をさせてもらいました。
    近いうちに現場に行こう!と思っていた矢先に
    解体工事が始まってしまった。!(◎_◎;) なんとも残念無念!
    大阪のシンボル足りうる史跡が、こうもアッサリと無くなってしまう。
    行政、相続者の方々にとっては仕方がないのでしょうが
    やはり「なんで!」と言わずにいられない、ガックリです (T_T)

  17. 新之介 | URL | sDz630us

    播磨屋さん

    同感です。
    「なんで!」って思った方は多かったと思います。
    残念としか言いようがありません。

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/717-eaa2d394
この記事へのトラックバック