このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪中央郵便局重要文化財指定義務付裁判について

2012年08月18日 04:20

みんなモヤモヤしている
この裁判をわかりやすく解説


IMG_8999_2.jpg
報告会会場

2012年8月17日、「重要文化財指定処分義務付請求事件」第1回弁論期日が大阪地方裁判所で行われました。私も傍聴しましたが、この日は提出書類の確認と次回期日を決めるだけで約10分ほどで終わり、その後、近くの大阪市中央公会堂で報告会が開催されました。私は8月11日に行われた「裁判の目的・意義を理解するための集会」にも参加しており裁判のおおよそのことはわかってきましたが、まわりの人に聞くと「この裁判はよくわからない」「なんかモヤモヤしていて、そのモヤモヤが何なのかもわからない」という声を聞きましたので、ここで整理をしたいと思います。
※私は裁判の素人ですので間違っていましたらご指摘いただければと思います。


モヤモヤ(1)
なんで今ごろ?

大阪中央郵便局庁舎の取り壊し問題は最近の話ではなく、最初に取り壊し計画の話が出たのを受けて、2006年5月に日本建築学会が日本郵政に対して「東京中央郵便局庁舎・大阪中央郵便局庁舎保存要望書」という要望書を出しています。
しかしその後目立った保存運動はなかったように記憶していて、私自身も跡地にディズニーが来るかもと喜んだ記憶はありますが、この建物が重要な建物だという認識はまったくありませんでした。

解体準備の工事が始まってからなぜ裁判を起こしたのか?
なぜもっと早くしなかったのか?


聞く所によると、原告側も裁判が起こせるという認識が直前までなかったようです。ところが、弁護士と相談している中で原告になれる可能性があることがわかり、最後の手段として裁判を起こしたようです。

でも、モヤモヤは残る。

「大阪中央郵便局を守る会」は2012年に入ってからシンポジウム等を積極的に開催して著名人も含めて大きく動き出しましたが、その時点で既に「なんで今ごろ?」と思った人は多かったと思います。それについての明確な答えが得られていないので、今でもモヤモヤしている方が多いのではないかと思っています。私も含めてですが。


モヤモヤ(2)
解体が始まっているのに
なぜ裁判をしているのか?


裁判はとにかく時間がかかる。今回の重要文化財指定義務付け訴訟の申し立てをしたのが6月18日です。で、第1回の弁論期日が2ヶ月後の8月17日で書類の確認をしただけ。第2回の弁論期日は10月24日になりましたが、この時点ではすでに解体が終わっている可能性があるので、そこで裁判は終わってしまうかもしれない。このモヤモヤは残念ながらぬぐうことができない。


モヤモヤ(3)
いまどうなってるの?

報告会で配布された資料を載せています。
(※公開していい資料だと思いますが削除要望はあれば削除いたします)

cyuyu_01.gif
cyuyu_02.gif

なんと、3つの手続きが同時進行で動いています。
(第1手続)は当初のもの。ただし、この審理に時間がかかるので(第2手続)を起こしています。これは仮でいいので重要文化財指定を行うよう求める手続きで敏速に行われるようです。さらに(第3手続)の証拠保全のために内部を検証させろという手続きも申し立てています。


3つの争点で争います。
1、原告適格
2、国に重要文化財の指定すべき義務があるのか。
3、証拠保全について



1の原告適格についてはそもそも論ですが、建築の専門家が原告として的確なのかを争います。この判例は今後の同じような案件に影響が出ると思われます。
2の国に義務があるのかは本件の一番重要な部分なのでしっかり審理してもらいたい。
3は裁判官にも現地で実際に見て欲しいという意味もあるようです。


いかがでしょうか。
少しはモヤモヤがなくなったでしょうか。

どちらにしろ、建物の解体は進んでいます。
建物がなくなってしまうと裁判もなくなってしまうようなので
それが一番モヤモヤする部分かもしれませんね。

原告の方々や関係者は「これは意義のある裁判である」と主張されています。
正直私にはそこがピンときていないのです。ごめんなさい。
「工事を止めるための裁判」から「意義のある裁判」に主張が変わったの?
そこが私のモヤモヤです。
ただ意義のある裁判には違いはありませんので、
みなさんにもこの裁判に関心をもっていただけるとうれしいです。


(参考サイト)
「大阪中央郵便局を守る会」について


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. トォーリ | URL | -

    もやもや(2)については、「社会的関心を喚起する」、「次同じようなことがあったらまた訴訟になるぞ! と行政に理解させる」といったところではないでしょうか。

    中央郵便局についてはさておき、
    こういう裁判自体は意味のあるものだと自分は思います。

  2. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    司法と行政と市民

    私はかつて新聞社におりました。
    司法担当の記者は、よく勉強していたと思います。
    しかし今の新聞記者は「専門馬鹿」でないかと、辞める前からよく自問自答しました。
    建築の保全に付いて、今にち的日本に於いて意味を問うのは難しい。何故なら今の膠着状態から脱出するには、震災や戦争のような根本的破壊や、秩序のやり直しまで問われているような気がいたします。
    その中で古き建築を、20年前なら「地域のシンボル」として見直す余裕もありましたが、今にちでは、西洋文化史それすら検証する知は、大学にも弱いように思えます。
    経営防戦に必死ですから。国立大学すら独法というのはご存知でしょう。
    大阪市長が、中之島に有る、住友家が寄贈した図書館を「要らない」といった発言にも、現代の為政者の「焦り」を痛感します。個人の資質にだけ、原因を求めるのも正解ではありません。
    こういう賢人すら見当たらない時代に、解体中の建築の地位保全の意味を、どう問うかと言う裁判は、冷笑されがちな社会風潮の中で、「待った」をかけることの必要性からスタートします。
    社会主義が崩壊し、20年以上が経ちますが、一義的な物の見方は決して人間を幸福にすることはありません。
    そのレベルまで問い直して、最終的に意味がないと司法が断定しても、その言い分を世に問うことは、決して無駄なことではないと思います。
    今の社会が閉塞的と感じられるのは、それすら安易にあきらめてしまっているからでは、ないでしょうか。


  3. nakanishi | URL | ofdN4mNw

    ……原告の方々や関係者は「これは意義のある裁判である」と主張されています。
    正直私にはそこがピンときていないのです。ごめんなさい。
    「工事を止めるための裁判」から「意義のある裁判」に主張が変わったの?
    そこが私のもやのやです。……

    それが普通の感覚だと思います。
    今回の件は定点観測していますが、そう主張・論点をスライドさせると「画期的なことを提起した!」と言えることに関係者たちが気づいた点がおそらくこの「意義ある裁判」のミソだと思っています。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    トォーリさん
    この裁判がちゃんと審理されることを願っています。
    建物が解体されてタイムアウトになるのが心配です。

    kotaroさん
    おっしゃるとおりかもしれませんね。
    もっと世論が関心を持ってくれるとさらにいいんでしょうけど。
    今回の件、市民の方はほとんど関心を示していないように思います。
    正直、提訴以降の建築家や専門家の方々の発言もほとんどない。
    これは何を意味しているのか。
    私はそこに一番関心があります。

    nakanishiさん
    最初から市民のためではなく自分達のための裁判だと言っていればよかったのですが、当初は「建物の解体は国民に重大な損害が生じる」言っていて市民ごとでもありました。
    ところがいまの主張は「建物が解体されるとモダニズムの研究や教育が果たせなくなる」という主張になっている。そこに疑問を持っています。いつも間に「みんなのため」から「自分たちのため」に変わったのか。
    保存運動は「みんなのために」を貫かないと失敗すると思っています。いま世論がこの裁判の行方に無関心なのは市民不在だからではないのだろうかと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/708-9bc55e32
この記事へのトラックバック

雨上がりの梅田に虹

梅田スカイビル 空中庭園からの眺めです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。