このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東淀川駅・中島惣社・崇禅寺

2012年07月21日 09:15

瓦屋根の東淀川駅
と中島惣社と崇禅寺

IMG_3727.jpg
JR東淀川駅です。
どことなく取り残された感が漂う駅ですが、
どこか懐かしさを感じされてくれる駅でもあります。

IMG_0020.jpg
線路がたくさんある中にホームがポツンとある。

IMG_3716.jpg
これは西側の駅舎。

IMG_3741.jpg
こちらが東側の駅舎です。

IMG_3723.jpg
駅の横には踏切りがあって駅員さん?が常駐している。

IMG_3749.jpg
結構頻繁に踏切りが下りる場所です。

IMG_3739.jpg
東淀川駅は駅舎と駅舎の間が地下通路になっていて、一般の人も通れるようになっています。

IMG_3738.jpg
歩行者用地下通路。

IMG_0041.jpg
通路は柵で仕切られている。

IMG_0042.jpg
駅舎の天井部。なかなかよろしい。

IMG_0044.jpg
地下通路。

IMG_0045_20120719230838.jpg
ホームに上がる階段です。

IMG_0046.jpg
普通の階段だけどなんかいい。

IMG_0061.jpg
ホームの北側です。

IMG_0051.jpg
ホーム屋根の鉄骨はレールっぽいですね。

IMG_0094.jpg
ホームから見た西側の駅舎。

IMG_0097.jpg
東側の駅舎です。橙色の瓦屋根が印象的でいいです。

IMG_0082.jpg
雑草の茂みの中に階段がありますね。

IMG_0081.jpg
何かの碑があるようです。

IMG_0106.jpg
ホームの側面に足を引っかけるモノがあった。都心近郊では珍しいのではないですか?

さて、
IMG_3976.jpg
近くにある中島惣社にも立ち寄ってきました。

IMG_3980.jpg
創建はかなり古く飛鳥時代に難波長柄豊崎宮に都が遷された頃と言われています。

IMG_3985.jpg
惣社といわれるだけに多くの神社の祭神が合祀されている。

IMG_3981.jpg
境内は明るく開けていているのですが古い建物はほとんどありません。

IMG_3990.jpg
これは古そうな石の祠。

IMG_3999.jpg
この地域は昭和20年6月の空襲で大きな被害を受けています。この鳥居も昭和31年に建造されたもののようですね。

IMG_4001.jpg
中島惣社のとなりに崇禅寺があります。

IMG_3940.jpg
奈良時代の天平年間(724~748年)に行基によって創建されたといわれる由緒ある寺院です。

IMG_3942.jpg
こちらも空襲で大きな被害を受けて、本殿の再建は平成元年だそうです。

IMG_3954.jpg
古い寺だけに焼け残った古いものは多い。正面の祠は、

IMG_3956.jpg
崇禅寺馬場の仇討ちで有名な遠城兄弟の墓です。「仇討崇禅寺馬場」という映画にもなっています。

IMG_3966.jpg
途中でこの墓の場所を示す道標がありました。かなり有名だったのでしょうね。

IMG_3950.jpg
こちらは崇禅寺観音尊と足立地蔵尊。

IMG_3959.jpg
そして崇禅寺で一番有名な場所がこちらです。

IMG_3965.jpg
奥から「細川ガラシヤ夫人の墓」「足利義教公の首塚」「徳叟亨隣大和尚の墓」が並んでいる。

IMG_3964.jpg
嘉吉元年(1441)6月、室町幕府6代将軍足利義教公が赤松満祐に京都で殺害され、赤松の一党が義教公の首をこの地に葬ったとされています。

その後、足利義教公、細川家の菩堤寺として再興された折、開山したのが徳叟亨隣大和尚。
細川ガラシヤ夫人の遺骨は、ザビエルの弟子オルガンチノが殉死者の遺骨と共に、細川家ゆかりの当寺に埋葬したものです。

IMG_3961.jpg
この大きな木の切り株は戦災の名残なのでしょうか。
その間から大きく育とうとする若木が印象的でした。


(関連記事)
弾丸列車と新大阪駅2012.06.22
弾丸列車と満鉄あじあ号2012.06.27
新幹線計画と弾丸列車計画の公文書2012.07.01
弾丸列車の新大阪駅と東海道新幹線の新大阪駅2012.07.05

大阪神戸西宮・空襲戦災状況地図2012.07.11


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. とんま | URL | -

    馴染みの駅

    見慣れた地元の駅、やっぱり落ち着きます。
    ホーム屋根の鉄骨レール写真には、何気に 1800年代の年号が見えませんか? 古いレールですね。
    東側駅舎と線路の間の茂みは、かつて池でした。
    いつも赤い和金泳いでいたのが懐かしいです。
    階段は池の装飾だったのでしょうか、、、記憶がおぼろげです 笑

  2. ネオ | URL | tn1XK8zU

    良い感じですよね

    2年ほど前にこの駅周辺をうろうろしましたが
    良い感じの駅ですよね

  3. Jizi_t | URL | uwqLRD7Y

    空襲の…

    崇禅寺、母方の祖父母のお墓が東の墓地にあるので、年に2~3度はお参りするのですが、お盆参りの時だけは、西側の墓地の北西隅にある周辺地区の空襲で亡くなった方達の慰霊碑にもお参りするようにしています。4人5人と並んだ同じ苗字の名前に、一家みんな亡くなったんやろか、家も親も兄弟も失くした少年少女も居たんやろうななどと、石碑を眺めるだけでも辛くなります。「慰霊の夏」と言いますが、またそんな時期になってきましたね。

  4. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    ええ感じです

    東淀川駅 スパニッシュな建築で ええ感じですね 開業当初の建物でしょうか? わたしの最寄駅とも似ています 瓦ぶきです

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    とんまさん
    確かに1800年代の数字らしきものが…
    GARMANYらしき文字も…
    こんどちゃんと見てみます。
    やはりあの場所は池でしたか。昔は駅に小さな池があったりしましたよね。

    ネオさん
    いい意味で取り残された駅ですよね。

    Jizi_tさん
    この地域は空襲の被害が大きかった地域です。
    夏はそんなことを思う季節でもありますね。

    TOSSYさん
    開業時の写真は見つけられませんでしたが、昭和30年代の写真ではほぼいまの姿をしていました。オレンジ色の瓦屋根がいいですよね。

  6. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/701-35b3daca
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。