このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

弾丸列車と満鉄あじあ号

2012年06月27日 01:30

弾丸列車から新幹線へ(2)
弾丸列車と満鉄あじあ号

戦前、東京ー下関間を高速鉄道で結ぶ「弾丸列車計画」という構想がありました。東京ー大阪間を4時間半、東京ー下関間を9時間で運行する長距離高速鉄道は、線路を立体交差にし踏切はなく線路幅も1435ミリメートルの広軌を採用。この計画は昭和15年2月に国会で審議され、昭和15年度から昭和29年度までの15カ年計画で着工されました。将来的には、下関ー釜山間に海底トンネルを通し、朝鮮半島から満州の奉天(瀋陽)をへて北京まで、総延長3692.7キロメートルを3日間で結ぶというものでした。

dangan_map3.png
日本は日中戦争のさなかで、満州と内地を往来する人員と貨物が飛躍的に増えていました。国内の輸送力は逼迫が目前で、その増強は急務だったと思われます。

『弾丸列車』より
dangan_103.jpg
東京ー大阪間を4時間半で結ぶという事は、最高速度を150キロにする必要がありました。新型車両は蒸気機関車と電気機関車の両方が検討されており、この図面はその中の代表的なもので、蒸気機関車のHD53と電気機関車のHEH50。HEH50は最高時速210キロの世界最高を狙っていたようです。

dangan_104.jpg
しかし、当時の日本は発電所や送電施設などの基礎整備が行き届いておらず、軍からも変電所が爆撃されたら動かなくなると猛反対を受け、蒸気機関車で最高速度150キロを目指す事になったようです。

新型車両の開発にあたって参考にしたのが南満州鉄道(以下「満鉄」という)の特急「あじあ」号。当時、最高速度130キロを記録していました。


「あじあ」号とは

『満鉄「あじあ」へ、仮想超特急の旅路・昭和十年の鉄道旅行』より
dangan_201.jpg
満州国が誕生したのは昭和7年。同国の鉄道経営は満鉄に委託され、日本の鉄道省から約4000名がその運営にあたりました。

『満鉄「あじあ」へ、仮想超特急の旅路・昭和十年の鉄道旅行』より
dangan_303.jpg
その中で当時の技術の粋を集めて昭和9年11月に誕生したのがパシナ型機関車・特急「あじあ」号です。最初は大連ー新京間を、その後ハルビンまで延長して運行していました。

『満鉄「あじあ号」とハルピンの思い出』より
dangan_301.jpg
列車の編成は機関車の他に、手荷物郵便車、3等客車2両、食堂車、2等車、最後尾の展望1等車を連結していました。

『満鉄「あじあ号」とハルピンの思い出』より
dangan_395.jpg
展望1等車の外観は曲線が美しくエレガント。最後尾のマークは亜細亜の亜を図案化しているのだとか。

『満鉄特急あじあ号』より
dangan_205.jpg
展望室の内部もなんとも豪華。

『満鉄特急あじあ号』より
dangan_206.jpg
こちらは食堂車。落ち着いたインテリア。

『満鉄「あじあ号」とハルピンの思い出』より
dangan_207.jpg
食事は和洋定食と一品料理で、奥の厨房で調理されていたそうです。ウエイトレスは金髪のロシアの若い女性だったとか。

『満鉄「あじあ」へ、仮想超特急の旅路・昭和十年の鉄道旅行』より
dangan_203.jpg
当時の世界の列車のスピードはというと、

【アメリカ】
20th century limited(蒸気機関車)が 87.21km/h
broadway limited(蒸気機関車)が 82.36km/h
union pacific(ディーゼル・エレクトリック)が 144km/h
【ドイツ】
fliegender hamburger(ディーゼル・エレクトリック)が 124.7km/h
【日本】
つばめ(蒸気機関車)が 66.8km/h
【満州】
あじあ(蒸気機関車)
大連ー新京間8時間半の場合 82.5km/h
大連ー新京間8時間の場合 87.72km/h
大連ー新京間7時間の場合 100.25km/h

「あじあ」号が世界のトップクラスでありながら、更に大連ー新京間を8時間から7時間に短縮する計画を持っていたそうです。

『弾丸列車』より
dangan_304.jpg
この車両は迫力がある。カスタマイズしているのだろうか。

『満鉄特急あじあ号』より
dangan_101.png
これはパシナ型機関車の設計図。動輪直径が2000ミリメートルとかなり大きい。特急「つばめ」の動輪の直径は1750ミリメートル、それでもかなり大型のものだったようです。

dangan_102.png
弾丸列車は、動輪直径を2300ミリメートルに、回転数も毎分約400回転(パシナは320回転)まで上げることで時速150キロを狙うことになります。
動輪の数もパシナ型機関車の6枚に対して弾丸列車は8枚、重心位置が高くなる分、全体の車高が高くならないようにパシナ型機関車と同じ高さにしています。車幅もほぼ同じ。

これらが弾丸列車の概略です。
弾丸列車計画はその後、太平洋戦争の激化で中止せざるを得なくなりますが、昭和17年に着工された新丹那トンネル、東山トンネル、日本坂トンネルのうち、東山、日本坂は完成。工事途中だった新丹那トンネルはその後、改修完成されて東海道新幹線に、日本坂トンネルも東海道新幹線に利用されています。用地買収もこの時代かなり強引に行われたようで、東海道新幹線のルートはほぼこの弾丸列車計画のルートが使われています。

で、
弾丸列車の車両は結局作られていないので設計図を元に色を付けてみました。

dangan_308.jpg
動輪が4つ並んでかなり長い車体です。
新幹線と同じ白とブルーにしてみました。

dangan_311.jpg
それだけではもの足りず、「あじあ」号の車体を利用してフォトショップで「弾丸列車」を作ってみました。なかなかの迫力。車高、車幅はほぼ同じですが全長がなかり長いです。

正面図がないのであくまでもイメージです。
細かい細部も私の想像なのでご了承ください… ^ ^;

dangan_310.jpg
色も付けてみました。
なかなかカッコいい。
これが煙をはいて走っているところを見てみたい…


(関連記事)
1. 弾丸列車と新大阪駅2012.06.22
2. 弾丸列車と満鉄あじあ号2012.06.27
3. 新幹線計画と弾丸列車計画の公文書2012.07.01
4. 弾丸列車の新大阪駅と東海道新幹線の新大阪駅2012.07.05
瓦屋根の東淀川駅と中島惣社と崇禅寺2012.07.21


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. そむにうむ@森山弘樹 | URL | obYDgEv2

    写真に出てきた特異な正面のパシナですが、
    一番最後に製造された981号で正面の意匠が唯一異なっており
    「鉄仮面」と愛称されています。
    http://www.morishin-web.com/photo/china/manshu_antique/photo_manshu_antique.html

    今回も総力特集で読み応えがありました。
    特にHD53型のCGには驚かされました。3DCGでモデリングして見たいものです。

    ちなみに、
    超特急アジア号は当時既に冷暖房用エアコンを完備した超豪華列車だったそうです。アンモニア媒体方式のクーラーを搭載してました。当時クーラーを搭載した列車はあじあ号と南海2001型電車位だったのです。

    何故南海電鉄が戦前にクーラー電車を走らせていたのか?
    それはライバル阪和鉄道(現JR阪和線)が最高速度100km/hオーバーの高速運転で客を奪ったからなのです。

    満鉄と関西私鉄、そして川崎重工。弾丸列車との接点は多いです。
    機会があれば名古屋のリニア鉄道館を是非ご見学ください。
    戦前の流線型電車モハ52の美しい製造当初の姿を見ることが出来ます。
    これも関西の鉄道競争が生んだ最先端技術の結晶なのです。
    (^^)

  2. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    流線型の時代

    日本の一般の蒸気機関車と大きく外観が異なるのは、流線型の
    車体カバーがつけられ、高速運転時の空気抵抗を減らすことが
    試みられていた点でしょう。

    この流線型ブームは、C53の43号機を大改造し、その後、
    C55の20ー40番の21台は最初から流線型で作られました。
    C53の改造、昭和9年から始まり、昭和10年にC55型、昭和11年
    には電気機関車のEF55型と登場します。
    関西省線の誇る急行電車モハ52型の登場が昭和10年。
    満鉄のパシナとほぼ同時期に、熱に浮かされたような流線型
    ブームが有り、お固い国鉄の前身鉄道省が次々と、流行の
    最先端モードの鉄道車輛を作ったこと。

    暗い世相と思われている昭和初期の日本ですが、そんな時代が
    あったことは特筆してもよいのだろうと思いました。
    私がこの辺の知識を得たのは、流線型の嚆矢から40年の
    唱和49年10月の鉄道ファン 特集「流線型車両」からです。
    新幹線開通10年目のこの特集は中学生にも刺激的でした。
    まだ持っている雑誌を出して来て、慌てて確認したところです。

  3. 新之介 | URL | sDz630us

    そむにうむ@森山弘樹さん
    鉄仮面、なかなかかっこいいですね!
    名古屋のリニア鉄道館、ぜひとも見に行ってみたいです。
    少し予習していくとかなり楽しめるかもですね ^^

    kotaroさん
    昭和初期の時代の資料や写真を見ていると
    当時の日本の国力や技術力の進歩がとてもよくわかる。
    特に統治していた国々に建てられた建築物や鉄道技術がすごい。
    改めて日本ってすごい国だったのだと思っています。
    いい部分と悪い部分もあるのかもしれませんが。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/696-dca5f337
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。