このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和一桁の十三 2

2007年12月16日 00:00

昭和一桁の十三(じうさう) 2

開通した十三大橋

十三大橋の開通は昭和7年、十三橋の架かる旧能勢街道は大阪池田線として拡幅整備されることになり、昭和5年1月に着工し、昭和7年1月に開通した。「近代大阪」に開通当初のことが書かれています。

続きを読む前に <人気ブログランキング> をクリックお願いします。

(前文省略)

新しく立派になつた十三大橋は、阪急の専用軌道橋と平行して、やや斜めにみたところが、色彩感も、重圧感も一番美事である。阪急電車が十三駅の構内から、漸次、橋にかかるとき、低い構内から堤防に向つて、車が登つて行くに随ひ、やや斜めに中央の扇状構が、堂々として視界に伸び上がつて来るところは立派だとおもふ。
十三橋附近、池田へ行く大道路の改修は、この辺の感覚をすっかり一変させてしまった。愕くべき急転である。名物のやきもち屋も、道路と橋とに対して、その店舗を何とか改築しなければならなくなつた。そして「享保十三年開業=今里屋」の大看板を慌しく上げた。このやきもち屋は、もう一軒橋の南の袂にも同じやうに、古きを誇る店があって、どちらも、本家呼ばはりをしてゐる。享保年間のやきもちに隣りして、昭和年代の新しい「さかまんぢう」が店を開いてゐる。

「近代大阪 近畿景観第三編 / 北尾鐐之助」より

※今里屋に関しては、11月11日のブログを参照ください。南詰めの店のことも書いています。

十三大橋竣工01
十三大橋親柱(絵葉書より)
北詰から見た写真です。この写真、開通当初の写真ではないかと思います。現在はなくなっていますが、ランプのデザインがモダンですね。
(追記)この写真は土木図書館所蔵の写真のようです。

十三大橋竣工02
十三大橋側面(絵葉書より)
南詰から見た写真です。これも竣工当初の写真だと思います。この写真のすごい所は、旧の十三橋が写っていること。淀川改修工事の間、新淀川にはまず木製の仮橋が架けられました。そして明治42年にこの鉄橋が完成したのです。それから20数年後の昭和7年、今の十三大橋が開通しました。
(追記)この写真も土木図書館所蔵の写真のようです。

十三大橋001
現在の北詰から見た写真です。親柱が時代を感じさせます。




ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    不確かな記憶ですみません。
    私は毎日会社の行きか帰りにこの橋を歩いて渡っているのですが、潮が大きく引いたとき何らかの構築物の基礎が現れます。
    最近あまり下を見ないのでどの位置だったのかは思い出せません。

  2. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    十三大橋

    高校の冬の体育イベントで 断郊競争があります
    これはクロスカントリーを直訳したものと思われますが 私の在籍時は 淀川の両岸の堤防を走りました
    淀川大橋 十三大橋ともにはしりました
    長かったです

    いまは そのコースだと3区にまたがりますので 右岸だけを走っているようです

    この橋が出来たのは 昭和7年ですか
    十三に新校舎が出来たとき 中津の校舎から 生徒たちは各自の机を背負って 橋を渡って引越しをしたと聞いています

    資料によると 昭和6年に新校舎落成となっていますので 渡ったのは 古い橋だったのかしら

  3. 新之介 | URL | -

    構造物

    ゆきひろ様
    私も以前構造物を見た記憶があります。今までに見たことがないぐらい潮が引いた時だったと思います。このブログを始めるずっと前なので、気にもとめていなかったのですが、何か残っているのかもしれませんね。以前、何かの本で、淀川改修工事後、川の中に構造物が残っており、「そこまで泳いでいったものだ」と昔の人のコメントを読んだことがあります。たしか、阪急電車の少し上流で、リネン工場跡と言っていたでしょうか…不確かですが…。次の大干潮はいつ頃でしょうね。また見てみたいです。

  4. 新之介 | URL | -

    机を背負って

    TOSSY様
    私もその文章はどこかで読みました。六稜・大阪学講座のページだったでしょうか…。好きでたまに見ているのです。昭和6年ですと、やはり旧の橋になると思います。
    断郊競争の淀川大橋から十三大橋の一周はきつそうですね。そういえば以前、冬になると堤防を走っている北野の生徒をよく見かけました。

  5. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    謎の基礎

    今朝出勤時に十三大橋のすぐ下流側を覗いてみますと、水面下に基礎が見えてました。十三側に1対、中津川に4対。ぱっと見たところ、円筒状の鋼材の中にコンクリートを打ち込んだような感じで、その中央部に細い鋼材のようなものがあります。
    2枚目の写真と比べますと丸い基礎と細い橋脚(かなり貧弱ですね)がかなり似ておりますので、ひょっとしたら明治42年5月に架けられた鉄製の旧十三大橋の遺構なのかな、という気がします。
    写真では水面上かなり高いのですが、現在は水面下です。撤去後流れの妨げにならないよう上部をカットしたのか、地盤沈下や土砂体積により没してしまったのか。
    眺めながらいろいろ考えていると楽しかったです。

  6. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    大阪学

    読んでおられるのですか 私も読んでみました 
    以前にも読んだことはあるのですが 改めて読んでみて 発見しました
    以前 どの記事でか忘れましたが 中津に北野があったときに 阪急と交わる形で線路が書いてある地図を見たことがあると書きましたね
    その線路 分かりました
    阪神の北大阪線だそうです

    http://www.rikuryo.or.jp/home/column/wakita/04.html


    野田 - 海老江 - 上海老江 - 西大淀* - 大淀* - 東大淀* - 中津 - 北野 - 南浜 - 本庄中通 - 天神橋筋六丁目 と言うルートだったようです

    Wikipediaのここ おもしろいです

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8E%E9%A7%85_%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%29

    なんだか感化されて 私まで 調べ物 し始めましたよ

  7. 新之介 | URL | -

    謎の基礎

    ゆきひろ
    基礎が残っていましたか。
    位置的に考えても間違いないの可能性大ですね。
    おもしろいですね。
    私もこんど探してみます。
    ご報告ありがとうございます。

  8. 新之介 | URL | -

    北野駅

    TOSSY様

    北野駅が前から気になっていたのです。
    (北野中学を調べていた時です)
    箕面有馬電車唱歌にも出てきて、
    いつか地図で調べようと思っていました。

    東風(こち)ふく春に魁(さきが)けて
    開く「梅田」の東口
    行きかう汽車を下に見て
    「北野」に渡る跨線橋

    業平塚や萩の寺
    「新淀川」の春の風
    「十三」堤の野遊びに
    摘むやたんぽぽ五月花…

    ちなみに当時の十三駅は今と場所が違うのですよ。
    もっと川沿いだったんです。
    TOSSY様の「感化されて…」という言葉に笑ってしまいました(笑)

  9. 新之介 | URL | -

    私も基礎を見ました。

    ゆきひろ様
    今日、会社の帰りに十三大橋を歩いて渡りました。
    夜だったのですが、潮が引いており、橋の下に基礎らしきものがちゃんと見えました。コメントに書いてあるとおり、中津側に4対、十三側に1対、計10個の基礎らしきものがありました。旧十三橋の基礎に間違いないと思います。今までも見ていたかもしれませんが、見逃していました。ちょっとうれしい発見でした(笑)
    ありがとうございます。

  10. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    阪急の鉄橋

    阪急電車の鉄橋の宝塚線だったかな 100年近くたっていると聞いています
    3つ架かっている橋の真ん中?かな
    阪急電鉄に勤めていた人に聞いたのです

    それから歌に出てくる萩の寺
    今は豊中に引っ越した東光院が 中津にあったそうです

  11. 新之介 | URL | -

    阪急の鉄橋

    TOSSY様
    箕面有馬電気鉄道(現阪急)の宝塚ー梅田間が開通したのが明治43年(1910年)です。ほぼ100年ですね。この時に十三駅が出来たのですが、この地は、正確には十三ではないのです。元の十三は淀川改修工事で新淀川の河川敷の下になってしまいました。地理的に考えると、神津駅や小島駅でもよかったのかもしれませんが、知名度のある十三が採用されました。もし、駅名に「十三」を採用しなかったら、地図上から十三はなくなってしまったかもしれません。十三駅が出来てから、この辺りの住所も十三を使うようになったのです。誰が「十三駅」にしようと決めたんでしょうね。その人に感謝したい気持ちです(笑)。

  12. 新之介 | URL | -

    100年

    TOSSY様
    リンクにある「阪急フォトアーカイブ」の1907~1916のページに新淀川に架かる宝塚線の鉄橋が写っていました。でも、今の鉄橋と土台が違いました。開通後、鉄橋を作り直しているかもしれませんね。100年も経っていないかも…
    ちなみに「1910年 新淀川鉄橋と1形」というタイトルの写真です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/69-03887e66
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。