このエントリーをはてなブックマークに追加

清盛楠と重盛楠とせんぐう館

2012年04月22日 07:30

巨樹巡礼その11
樹齢千年の巨樹・清盛楠

IMG_8258.jpg
伊勢神宮・外宮(げくう)です。

IMG_8255.jpg
平成25年は20年に一度行われる式年遷宮の年、少しずつその準備が進んでいます。

IMG_8297.jpg
こちらの橋は左側通行。ちなみに内宮の宇治橋は右側通行です。聞くところによると橋を渡った先にある手水舎がある側の通行になっているのだとか。

IMG_8300.jpg
左側に手水舎がありました。

IMG_8234.jpg
その向かい側に大きな木があります。

IMG_8271.jpg
平清盛ゆかりの清盛楠です。

IMG_8282.jpg
平清盛が勅使(ちょくし)として参向したとき、この木の枝が冠に触れたため枝を切らせたという伝承が残っています。

IMG_8280.jpg
太い2本の木に見えますね。でも元は1本なのだそうです。昭和34年(1959)の伊勢湾台風の被害で2本に分かれたといわれています。

IMG_8276.jpg
ただ、いろいろ調べていると
それらとは違う事が書かれている資料があることを知りました。

「宇治山田市史」より
kiyomorikusu.png
「宇治山田市史」では勅使したのは清盛ではなく平重盛となっている。さらに元は重盛楠と称していたものが、いつしか清盛楠と誤伝したのだとも。

IMG_8277.jpg
また、樹齢は約千年。2本に分かれていることも記されているので、発行された昭和4年にはすでに2本に分かれていたことがわかる。

IMG_8275.jpg
「…二本ノ形ヲナスモ、古老ノ言ニ徴スルニ一本ノモノナリシトイフ。…」

IMG_8241.jpg
ということは、
一般的に言われている「清盛楠」は誤伝で、当初は「重盛楠」と言われていて、伊勢湾台風の被害で2本に分かれたのではなく、それ以前からすでに2本に分かれていたということになります。

IMG_8242.jpg
あくまでも「宇治山田市史」によるものですが…

さて、

IMG_8248.jpg
手水舎のとなりに第62回神宮式年遷宮を期して、「せんぐう館」が先日(4月7日)オープンしました。

IMG_8249.jpg
さっそく見てきましたが、すばらしい内容でした。

IMG_8246.jpg
写真で紹介できないですが、
時間をかけてゆっくり見て欲しい施設です。
感動しました。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    清盛ゆかりの巨樹がお伊勢さんにあるのですか すごいこぶこぶですね
    大きな木はいいですね 力をいただけますね

    私の友人が巨木めぐりをしていまして 巨樹めぐりの参考になさってください
    http://www.asahi-net.or.jp/~ir5o-kjmt/kigi/kigihome.htm

  2. jack77betty | URL | -

    石(いわ)神社の大楠

    この正月の初詣に行きました。予想通りどえらい人でした。来年はお書きになった式年遷宮にあたりますから、もっとすごいかも。「清盛の楠」ちょうど入ってすぐのところですね。あまりじっくり見たことはありませんが。
    外宮にはお社がいっぱいあって、神社フェチのかたには楽しいところでしょうが、あまり詳しくない私はたいていおざなりで通り過ぎてしまいます。(汗)
    話変わって、先日柏原市の石神社にお参りしました。かってこの付近にあった大寺「智識寺」の東塔の礎石が残っているということでそれを見に行ったのですが、それよりも、まったく予期していなかった境内の楠の巨木に驚かされました。こちらは清盛楠の1000年には及びませんが、樹齢7~800年とのことです。

  3. 新之介 | URL | sDz630us

    TOSSYさん
    巨樹めぐりはいいですよね。
    内宮、外宮の森に入るとさらに巨大な巨木が多数あります。
    すばらしい場所です。

    jack77bettyさん
    石神社の楠、ネットで見ました。
    立派な巨樹ですね。
    ぜひ見ておきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/679-c8fa1f9e
この記事へのトラックバック