このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・土居・今市・森小路

2012年03月06日 01:00

京街道を歩く(39)
土居・今市・森小路

doi_01.jpg
明治18年測量の地図です。

doi_02.jpg
現在の地図と重ねると

doi_03.jpg
このようになる。京阪土居駅から国道1号線に向かって歩きます。

IMG_5909_5.jpg
土居商店街です。

IMG_5910_5.jpg
ぜにや質店の看板。ええ感じだ。

IMG_5911_5.jpg
商店街の中にある神社。

IMG_5916_5.jpg
守居神社。昔は土居神社と称していたようだ。

IMG_5917_5.jpg
拝殿の前に何か置かれている。

IMG_5923_5.jpg
鳥居についてる額ですね。
なぜここに置かれているんだろう?

IMG_5928_5.jpg
この奥には稲荷神社がある。

IMG_5931_5.jpg
立派な鳥居だ。

IMG_5941_5.jpg
神社を過ぎると旭通商店街と名前がかわる。

IMG_5942_5.jpg
右に行くと東通商店街、左は京阪商店街、その他に中通商店街などが連なる大きな商店街です。

IMG_5945_5.jpg
国道1号線に出て西に向かいます。

IMG_5947_5.jpg
国道沿いにある地蔵尊。いつの時代からあるんだろう。

IMG_5950_5.jpg
京阪本通1の交差点。

IMG_5967_5.jpg
NTTドコモの電波塔の手前にええ感じの建物。

IMG_5961_5.jpg
昔の国道沿いにはこういう建物が並んでいたのでしょう。今では貴重だ。

IMG_5971_5.jpg
和菓子の国十家さん。ええ感じの店構えだ。

IMG_5977_5.jpg
今市商店街の北端です。
かなり長い商店街で、千林商店街と繋がっています。

IMG_5979_5.jpg
今市の交差点。

IMG_5981_5.jpg
ここに京街道の碑がある。

IMG_5988_5.jpg
京かいどう
京街道は大阪と京都を結ぶためにつくられた幹線で、豊臣秀吉が文禄年間(1592~1597)に淀川左岸の堤防を改修し、堤防上に陸路を開いたのに始まる。
当初は、大阪城の京橋口がこの街道の起点で、ここから片町、蒲生、関目、今市、そして守口、枚方、橋本、伏見を経て京に至るのが、その経路であった。
江戸時代になって、起点は高麗橋東詰に移ったが、大阪が天下の台所として栄えるにつれ、その利用度も増し、参勤交代の大名や商人、旅人などで大いににぎわったという。その後国道一号が整備され、往時の面影はなくなったが、京街道の名は、今もなお人々の心の中に生き続けている。
昭和六十年  大阪市

なるほどと、今ごろ納得して読んでおります…

IMG_5990_5.jpg
ここから旧道に入っていきます。
左の道が京街道です。

IMG_5992_5.jpg
ここから京街道ですよという印なのかな。

IMG_5995_5.jpg
緩やかなカーブがあって

IMG_5998_5.jpg
道がまっすぐのびています。

IMG_6003_5.jpg
途中、道を一筋中に入ると六角のお堂があった。

IMG_6007_5.jpg
「天然記念物 総本山寳(宝)龍寺」「文化財 宝龍寺」「保存樹林 大阪市」の碑。

IMG_6009_5.jpg
この大きなクスが保存樹のようです。

IMG_6019_5.jpg
本山 寳龍寺(ほうりゅうじ)。

IMG_6011_5.jpg
ちょっと境内に入らせていただきました。

IMG_6014_5.jpg
このクスが府指定天然記念物のようですね。

IMG_6015_5.jpg
こちらにも大きなクスがある。
大阪府のホームページを見るとクスの大木4本が天然記念物に指定されているとある。

IMG_6017_5.jpg
十三重の塔もあった。

IMG_6018_5.jpg
寳龍寺の横にあったちょっと気になる今市会館。

IMG_6023_5.jpg
そこから少し歩いたところにまたまた気になるものが置いてあった。

IMG_6022_5.jpg
何これ?
淀君愛用の燈籠と手洗鉢…

IMG_6027_5.jpg
こちらは浄土真宗 浄願寺。由緒ある寺のようです

IMG_6031_5.jpg
その前にある祠。地蔵尊だと思うのですが、扉が閉じられている。

IMG_6035_5.jpg
この道を行ってみましょう。

IMG_6044_5.jpg
ここは今市商店街のようですね。

IMG_6053_5.jpg
再び京街道へ戻ります。

IMG_6056_5.jpg
途中にあった旧家の塀。いい感じです。

IMG_6066_5.jpg
さて、先に千林商店街が見えてきました。

IMG_6067_5.jpg
千林商店街をそのまま通り過ぎると

IMG_6077_5.jpg
森小路に入ります。
この通りはその名も「森小路京かいどう商店街」。

IMG_6082_5.jpg
京街道の石碑がうなぎ屋さんの店の前にあった。

IMG_6096_5.jpg
商店街を抜けると小さな公園がある。

IMG_6090_5.jpg
その公園にあった地蔵尊。

IMG_6092_5.jpg
いいお顔ですね。
墨を入れてもらったのかな。

IMG_6102.jpg
道の脇にちょっと気になるアパートが。
日光苑。手前の護美箱とストライプのラインがいい。

IMG_6107_5.jpg
さて、川を渡ります。上を走るのは阪神高速守口線です。

IMG_6108_5.jpg
古市橋。

IMG_6109_5.jpg
この川は城北運河。

IMG_6115_5.jpg
この運河は工業用の船運を目的として昭和10年~15年かけて開削されたもので、この橋は昭和12年に架設されたものだそうです。

次回は関目~野江を歩きます。


より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. KZPK | URL | -

    京街道からはすこし外れますが、千林(というか滝井よりのほうかな?)には淀君の使った井戸なるものがあったりします。ぼくがこどものころにはアパートの敷地内にめり込む感じで残っていましたよ。

  2. 以前京阪地区で営業してたので、車で国道1号線の京阪本通周辺はよく通りました。

    でも知らないものばかりでした。

    あんな天然記念物の立派な楠の木があったんですね。

  3. そむにうむ@森山弘樹 | URL | obYDgEv2

    生まれも育ちも現住所も今回取材された所です。
    守居神社は厄落としもしてもらいました。(^^)

    実は京阪電鉄は現在の複々線になる前、京橋~土居間を今と全く違った路線で運行していました。京橋~旧蒲生信号所(JR城東貨物線の高架前)の手前までは現在の路線に沿ってますが、そこから関目の七曲に沿って路線が進み、今回最後の方に出てきた公園を通って古市小学校方向に路線が進んでました。そして旧森小路駅が千林商店街のくらしエール館の所にあったそうです。
    詳しくはこちらのサイトに説明があります。>http://www.rinku.zaq.ne.jp/kixlocal/yomimono/keihan/top.html

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    KZPKさん
    淀君の使った井戸ですか。
    かなり気になります ^^

    阪南市テクノ森田さん
    車では気づきにくいかもですね。
    移動の速度の速さと発見するモノの数は比例すると思います。
    きっと…

    そむにうむ@森山弘樹さん
    旧京阪電車のルートはかなり面白いですね。
    なんとなく知っていましたが、ちゃんと検証したことがありませんでした。
    手元にある昭和4年の地図を見るとまさに旧線路が残っています。
    近いうちに記事にする予定。
    ネタをありがとうございます ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/668-75ba16a8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。