このエントリーをはてなブックマークに追加

十三の甘いもん。

2007年11月23日 07:00

十三の甘いもん。

寒くなってきました。今日は歴史のお話から離れて、ちょっとコーヒーブレイクです。日本茶ブレイクかな。

続きを読む前に <人気ブログランキング> をクリックお願いします。

会社の帰りに十三駅から帰ったのですが(普段は塚本駅です)、喜八洲の前を通ると、蒸し器から湯気がもくもくでていました。思わず酒饅を買ってしまいました。私にとって喜八洲といえば酒饅です。子供の頃からお土産で買ってきてくれたのも酒饅でした。当時は電子レンジがなかったので、母親は暖めるために炊飯器の中に酒饅をいれていました。だから、家で食べる酒饅はご飯つぶがついていたのです(笑)。ちょっと変わった母です。今でも炊飯器で暖めています。今はみたらしの方が有名になっているようですね。確かにみたらしもおいしいです。

ついでに、寶屋の粟おこしも買いました。大きなガラス瓶の中にいっぱい入った粟おこしをご主人が袋に詰めてくれます。昔の駄菓子屋の感じです。200グラムが525円。袋にいっぱい詰め込んで横の測りで確かめます。ぴったし200グラムでした。さすがです。店の前は子供の頃から数え切れないほど歩いていましたが、今まで買ったことがありませんでした。

喜八洲01
酒饅頭家元「喜八洲総本舗」
いつもにぎわっています。十三駅前の顔です。

喜八洲02
店の右端で酒饅頭を蒸しています。よく考えたら、酒饅頭とみたらししか食べたことがないなあ…。

喜八洲03
蒸し器の湯気が見えますか?これから寒くなると、こういうのにすいこまれていきます…豚まんとかもいいですね…

宝屋02
寶屋です。上の看板が写っていませんが、古くていいかんじなのです。

P1040190.jpg
カメラを取りにいっている間に子供二人に食べられていました。昔とくらべると少し形が変わりました。昔は楕円形でもう少し小ぶりでした。たしか白い紙箱に入って、上に薄い木の皮でフタをしていたような…

P1040201.jpg
ピンボケですがそれらしくしてみました。箱も派手になりました。粟おこしは菱形で生姜が利いていて甘くて噛みごたえがあってとても美味しかったです。やらかめのものも売っていて、そちらは生姜が入っていないとご主人が言っていました。

イラスト駅前
(思い出の十三 イラストマップ)
戦前はまだ喜八洲はありませんでした。その場所に永楽堂があったのですね。寶屋は今と同じ場所です。




ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。

スポンサーサイト


コメント

  1. 西岡邦夫 | URL | -

    昔の十三駅近傍

    思い出の十三 イラストマップから何時も戦前の子供時代の事が懐かしく思い出されます。今回のマップで喜八洲は昔の永楽堂のあとのこと知りましたが、二軒おいて東の森永のお店は喫茶もあり、子供時代に何回か家族と一緒に行きました。駅のガード下手前の坂口靴店は今もあることは知っていますが、子供時代にここでよく靴を買ってもらいました。夜店通りとは本当に懐かしい名前で、図にある碁会所へは父親がよく行っていました。
    70年位前を改めて思い出させて頂き、新之介様に感謝します。

  2. 新之介 | URL | -

    思い出の十三 イラストマップ

    西岡様
    コメントを読んでいて、当時の駅前の賑わいを感じました。西岡様の子供時代のことを聞けるこのイラストマップはやはりすごいです。商店街の店は移り変わりが激しいですが、昔からずっとあるお店も結構残っています。このマップを片手に商店街を改めて見ていこうかなと思いました。

  3. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    あぁ なつかしい

    子供のころ 阪急塚口にすんでいました 
    父は十三から電車に乗って帰ってきました
    機嫌のいいときは 喜八洲の酒饅頭をぶら下げていました
    暖めるのには 母が炊き上がったご飯の上に並べていました
    こんなに真っ白できれいな形ではありませんでした もっと素朴なお饅頭でした

    坂口商店 ここでランドセルを買ってきてくれました
    4歳違いの妹が 私もほしいと泣きました
    父は フェルトで作った幼児用のランドセルを見つけて 坂口で買ってきました
    すると近所の小さな子が 私もほしいと泣いて 大変だったそうです
    とても大事な思い出です
    物資が乏しかったころに あんな小さな布製のランドセルを売っていたというのは驚きでした

    それから 甘いものといえば ロータリーのところの回転焼き
    コピーは 「十三名物 トロリーバスとロータリー焼き」だったと思います
    これは 30年代半ばにもあったような・・・

    ロータリーのところに喫茶店 ミルクホールがありました
    ここは唯一 入っても良い明るい喫茶店でした 

    東寿司 戦前からあったのですね
    確かこの場所は 店名はラッキーでした
    ここのおすしもよくお土産に持って帰ってきてくれました

    野球のミットやボールの形をした一口カステラを売っていたねぼけ堂も好きなお店でした

  4. 新之介 | URL | -

    炊き上がったご飯の上

    TOSSYさんへ
    そうですか。お母様は酒饅頭を温めるのに炊き上がったご飯の上並べておられたのですね。私の母と暖め方が似ていてうれしかったです。酒饅頭の形か変わってしまったのは、職人さんの手作業から機械に変わったからだと父親が言っていました。どこから聞いてきたのかは不明ですが…
    TOSSYさんも昔のお店をよく覚えておられるのですね。坂口商店、ロータリー焼き、喫茶店ミルクホール、東寿司…いっぱい紹介していただいて感激です。
    ねぼけ堂は今でもありますね。入ったことがないのですが、一口カステラを今度買ってみます。

  5. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    甘いものではないけれど・・

    東寿司 大鯛寿司 ラッキー みな同じ経営でしたが もうありませんね
    昔 大学生たちでスキーバスを仕立てて信州に行きました
    友だちの友だちとか寄せ集めて・・
    その中に 東寿司がいまして 夜食にお寿司を積み込んでいった思い出があります

    甘いものといえば 学校の横の道を毎日ロバのパンが通って あの歌が聞こえるのですね
    おなかのすいているときなど食べたかったですね

    坂口の近くにフジヤがあって イチゴのショートケーキ 好きでした
    もう ないですね

    昭和30年から53年ごろまで十三の近くに住んでいました

  6. increscentmoon | URL | -

    途中下車OK

     まえにかきましたように「十三の焼餅」は知りませんでしたが、「喜八洲」は子供の頃からよく知っています。
     勿論酒饅頭が看板ですが、私は五色おはぎの方が好きでした。
     大阪市内にも出店がありましたのでそちらで買うことが多かったと思いますが、十三でも駅員さんに「喜八洲でまんじゅうを買ってくる。」というと途中下車させてくれました。
     いまは途中下車は出来ませんが、そう言う要望が多かったのでしょうか、構内売店が出来ていますね。 
     ちょっと売店を覗いてみますと、酒まんじゅうなど並んで結構「きんつば」というのが全面に出ているようです。昔もあったのかもしれません(私は覚えていません)が、少なくとも今のような野球で言えばクリーンアップクラスの扱いではなかったと思います。
     関西のきんつばといえば、かっては神戸の本高砂屋のそれが一番有名だったと思います。少し大人になってから阪神電車の初代始発駅「出入橋」にあった「きんつば」を知りました。大阪ローカルでは、こちらも結構有名なようです。

  7. 新之介 | URL | -

    「酒まん」を匂い

    increscentmoonさん

    喜八洲の「五色おはぎ」ですか。
    知りませんでした(笑)。
    「きんつば」は気になっているんですが
    買ったことがありません。
    そういえば店内にはいろいろな商品を置いていますよね。

    私の実家は喜八洲の創業時からの付き合いです。(といっても、たまに買うだけですが…。)
    家内の実家も、私の家も地元ですが、喜八洲といえば「酒まん」か「みたらし」です。それ以外は見向きもしません(笑)。

    おそらく、昔の懐かしさを求めているのかもしれませんね。喜八洲の「酒まん」を匂いは、子供の頃を思い出させてくれます。子供の頃に食べていた団欒を思い出させてくれます。だから、それ以外のものは買わないのかもしれません。increscentmoonさんはそれが「五色おはぎ」なんですね。

  8. increscentmoon | URL | -

    昔もあったやん(3)

    >喜八洲の「五色おはぎ」ですか。
    >知りませんでした(笑)。(新之介さん)
     みたらしなどは全国どこでも見かけますが、「喜八洲の」というより「五色おはぎ」というのが、いかにも大阪(関西)らしいと個人的には思っていて、それが独善的思いこみになっているのかもしれません(笑)。
     しかし確かに喜八洲の「五色おはぎ」人気がないようで、何時でしたが久しぶりに大丸大阪店に寄った時、喜八洲のお店を見つけてその五色おはぎを買おうとしますと、売り切れでありませんでした。結構売れてるじゃないかと思いそうですが、実際はあまり売れないのではじめから量を仕入れてないのだと思いました。がっかりして店を離れましたが、そのすぐとなりに懐かしい物を見つけました。そう「大丸饅頭」、綺麗な焼き色の生地に小ぶりの大丸の印、餡は白、震災後神戸店で一時的に復活したと聞いたことがありましたが、あらたに設備が導入されて常時売られることになったようです。と言っても私が気がつかなかっただけで今ではずいぶん古いネタのようですが・・・


  9. 新之介 | URL | sDz630us

    大丸饅頭

    increscentmoonさん

    大丸饅頭はうまそーですよね。
    焼いているところをよく見てましたが
    買ったことはありません(笑)
    検索すると画像がいっぱいでてきました。
    うまそー。
    今度買ってみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/60-bf0ba5d3
この記事へのトラックバック