このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

西国街道を歩く・観音寺・山崎聖天

2011年05月01日 09:00

西国街道を歩く(21)
天王山の観音寺・山崎聖天さん

DSC00209_3.jpg
西国街道に面して大きな鳥居がありました。

DSC00214_3.jpg
JRのトンネルをくぐると、

DSC00216_3.jpg
参道の石段が見えてくる。
その手前の左側の石段がなんか気になりますね。
のぼりましょう。

DSC00224_3.jpg
おおっ!左がJR、右が阪急です。

DSC00239_3.jpg
はるかが来た!

DSC00250_3.jpg
阪急電車は望遠があれば真正面から狙える。
なかなか眺めのいい場所です。

DSC00263_3.jpg
さて、参道の石段をのぼっていきます。

DSC00256_3.jpg
おっ、トワイライトエクスプレス!

DSC00262_3.jpg
サンダーバード!
ここはいろんな電車が通って行きます。
なかなか楽しい場所ですね。

DSC00264_3.jpg
淀川河川公園の背割桜もかすかに見える。

DSC00265_3.jpg
さて、石段を上がっていきます。

DSC00273_3.jpg
鳥居にたどり着いたけどまだまだ上のようです。

DSC00274_3.jpg
鳥居からの石段がかなりありました。

DSC00279_3.jpg
登りきったところにある仁王門。

DSC00281_3.jpg
そこからさらに石段を上がっていきます。

DSC00284_3.jpg
で、やっとたどり着いた。

DSC00336_3.jpg
おお~っ!

DSC00292_3.jpg
きれいやん♪

DSC00300_3.jpg
境内は開けていて裏には天王山がせまっている。
なかなか素敵な所です。

DSC00296_3.jpg
こちらは本堂。

DSC00317_3.jpg
その横にあるのが聖天堂です。

DSC00322.jpg
なるほど~と思ったのは、聖天堂を興して歓喜天(かんぎてん)を祀って以降、住友家、鴻池家、三井家などの巨大商人の信仰を集めたそうで、京都、大阪の商人が参拝して大いに賑わったそうです。観音寺より山崎聖天という名前の方が有名になったのはそういうことらしい。
この寺も幕末の禁門の変(1864)で焼けてしまったようです。

DSC00331_3.jpg
ちょっとここで休憩。

DSC00335_3.jpg
なんかええ感じの場所です。

DSC00333_3.jpg
これがまたいいですね。奧のは釜戸っぽかった。
おでんとか売ってたのかな。

DSC00314_3.jpg
聖天堂の横に天王山の登山口があるようです。

DSC00306_3.jpg
裏側に門があった。

DSC00307_3.jpg
ここを出るとすぐに登山口。

DSC00310_3.jpg
天王山の山頂に繋がります。

DSC00340_3.jpg
帰りが違う石段で戻りました。
それにしても急な石段だ。

DSC00343_3.jpg
こちらの参道口も立派な造りです。

DSC00351_3.jpg
さて、西国街道に戻りましょう。


より大きな地図で 新之介の西国街道マップ2 を表示


(長岡京~高槻)
18.西国街道を歩く・神足
19.西国街道を歩く・友岡・調子
20.西国街道を歩く・円明寺とねじりまんぽ
21.西国街道を歩く・観音寺・山崎聖天
22.西国街道を歩く・山崎駅と離宮八幡宮
23.西国街道を歩く・大山崎山荘・宝寺
24.西国街道を歩く・サントリー山崎蒸溜所・椎尾神社
25.西国街道を歩く・関大明神社・東大寺
26.西国街道を歩く・広瀬・水無瀬神宮
27.西国街道を歩く・桜井・桜井駅跡
28.西国街道を歩く・神内・鉄道近代化遺産
29.西国街道を歩く・梶原・一乗寺・畑山神社
30.西国街道を歩く・鉄道近代化遺産・ねじりまんぽ
31.西国街道を歩く・下・檜尾山春日神社
32.西国街道を歩く・安満・磐手杜神社

(武庫川~宿川原間の記事はこちらから)
(西へ)
1.西国街道を歩く・牧落
2.西国街道を歩く・桜井
3.西国街道を歩く・半町~瀬川
4.西国街道を歩く・石橋
5.西国街道を歩く・北轟木~北今在家
6.西国街道を歩く・下河原
7.西国街道を歩く・伊丹坂
8.西国街道を歩く・大鹿
9.西国街道を歩く・昆陽
10.西国街道を歩く・昆陽寺
11.西国街道を歩く・髭の渡し
(東へ)
12.西国街道を歩く・稲
13.西国街道を歩く・芝(萱野三平旧邸)
14.西国街道を歩く・今宮
15.西国街道を歩く・小野原(笹川良一の郷里)
16.西国街道を歩く・道祖本
17.西国街道を歩く・宿川原(椿の本陣)


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. shutan | URL | Zp5gm5qQ

    おお、聖天さんの桜はまだ見たことがありません。来年こそ(^_^)

  2. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    西国街道を歩くもいよいよ佳境に入りましたね。

    ところで、前回、黒門近くの丁字路から分かれる道を久我畷として紹介されていましたが、この道が西国街道の別称「京伏見街道」の「伏見街道」部分にあたることはご存知だったでしょうか。
    西国大名の参勤交代の大名行列は京都には行かず、ここで右に曲がり、淀宿の北をかすめて伏見で大阪からの京街道に合流し、江戸に向っていました。
    大名が通る道であるにもかかわらず、西国街道と京街道を結ぶ短い連絡道であったせいか、公式には街道扱いになっていない実に不思議な道で、以前からとても気になっていました。

    丁字路から右を見た写真を撮っておられたら是非見てみたいのですが。

  3. nao | URL | -

    聖天さんは行った事はもちろんあるのですが、
    下から登ったことはありませ~ん。へぇ~こう
    なっているんですね。ホント、勉強になります。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    shutanさん
    テリトリーの近くをうろうろしております。
    向日市にもいくかも…^^;

    今津っ子さん
    なるほど。そんな街道だったのですね。
    ほとんど気にせず歩いていたので写真はほとんど撮っていませんでした。
    ただ石仏の横に説明用のプレートがあったので
    記録として撮っています。
    ご参考までに。
    http://blog-imgs-42.fc2.com/a/t/a/atamatote/IMG_5018.jpg

    naoさん
    JRと阪急に挟まれたあの場所、ぜひお立ち寄りを…^^
    いい場所ですね。この辺り。

  5. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    写真見させていただきました。
    ありがとうございます。
    平安時代など古い時代のことは書かれていますが、江戸時代以降のことには触れていませんね。

    http://imazukko.fau.jp/kaidou/koteiki.jpg

    萩藩の作成した『中国行程記』の山崎付近が「太陽コレクション」に掲載されています。
    参勤交代の道として、丁字路で右折して久我畷を通るよう描かれています。
    図の左端が山崎、上が京都方面、右が伏見方面、右下が淀宿です。
    ご参考まで。

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    今津っ子さん

    なるほど。
    ますますこの斜めにはしる街道に興味が湧いてきました。
    絵図もわかりやすいですね。
    今回入手した地図と見比べるとさらに分かりやすかったです。

    http://blog-imgs-42.fc2.com/a/t/a/atamatote/yodo.gif

    いつもありがとうございます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/548-71c78f91
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。