このエントリーをはてなブックマークに追加

たこフェリー最終運航の日

2010年11月16日 01:00

ありがとう たこフェリー

(関連記事)
がんばれ!たこフェリー2009.8.17
昭和が残る淡路島・岩屋2009.8.18
たこフェリー廃止前の賑わい2010.11.4
【微速度撮影】さよなら たこフェリー 2010.11.7
昭和が残る淡路島・岩屋 22010.11.11

2010年11月15日、
たこフェリーの最終便に乗ってきました。


IMG_1199_2.jpg
明石港です。もうすぐ最終便がやってきます。

IMG_1210_2.jpg
予定時刻より少し遅れて到着。

IMG_1244_2.jpg
淡路島岩屋港からの最終便です。

IMG_1288_2_20101115235120.jpg
たくさんの人がお別れに来てる。

IMG_1303_2.jpg
僕は見送らず最終便に乗ることにしました。

IMG_1315_2.jpg
乗組員さん達の最後の誘導。

IMG_1362_2.jpg
車と乗客が乗り込んでからお別れの挨拶がありました。

IMG_1371_2.jpg
お疲れさまでした。

IMG_1377_2_20101115235528.jpg
船長さん、こっち向いてくれた。

IMG_1384_2_20101115235527.jpg
子供からの花束。

IMG_1386_2_20101115235527.jpg
ウルウルしてしまいそう…

IMG_1403_2.jpg
さあ、最後の出航です。

IMG_1424_2.jpg
ありがとう~

IMG_1438_2.jpg
明石港の明かりが小さくなっていく…


で、



IMG_1488_2_20101116000134.jpg
岩屋港に着きました。

IMG_1493_2.jpg
車がどんどん出て行く。

IMG_1499_2.jpg
そして、からっぽに。

IMG_1505_2.jpg
外に出たらたくさんの人が集まっていました。

IMG_1519_2.jpg
こっちでも最後のお別れ。

IMG_1524_2_20101116000303.jpg
ほんとにお疲れさまでした。

IMG_1557_2.jpg
船長さんが代表で最後のご挨拶。

IMG_1588_2_20101116000300.jpg
みなさん、お疲れさまでした。

IMG_1591_2_20101116000258.jpg
ありがとうございました。

IMG_1612_2.jpg
運航が再開される事、期待しています。

IMG_1627_2.jpg
あ~

IMG_1643_2.jpg
閉まっていく…

IMG_1649_2.jpg
…閉まってしもた…

IMG_1655_2.jpg
この男の子、すごく悲しんでた。

IMG_1658_2_20101116000501.jpg
そんなに泣いたら俺も泣いてしまうやないか…

でも、子供は泣いたらええ。
おっちゃんは、我慢しとく…

IMG_1669_2.jpg
さようなら~

IMG_1675_2.jpg
あ~ 動き出した…

IMG_1691_2_20101116000702.jpg
ありがとう…

IMG_1697_2.jpg
さよなら…

IMG_1709_2.jpg
みんなのたこフェリー…





(追記)
あさかぜ丸売却、たこフェリー保有船ゼロにcache 神戸新聞 2010.12.19
たこフェリー「さようなら」最後の一隻出港-売却先へcache 毎日新聞 2010.12.19
最後の「たこフェリー」出港 売却先のインドネシアへcache 朝日新聞 2010.12.19



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif 
スポンサーサイト


コメント

  1. ふみあき | URL | 3c8IrhmA

    はじめまして

    昨日、たこフェリーに乗りに行きました。
    人が多くて、いつもこれぐらい乗ってたらなぁって、しみじみ思いました。岩屋港からの最終便に乗って、明石港まで帰ってきて、明石から最終便のたこフェリーを見送りました。あんまりフェリー乗ったことないけど、初めて泣きました。これだけ愛されてたんやなぁって。売却された船は、海外に行っちゃうんですかねぇ?ブログにも書いてるんで、また見て下さい。
    ではでは、おやすみなさい。

  2. nao | URL | -

    太字の文「おっちゃんも泣きたい時は泣けばええ」

    短編映画のようでした。
    いろんな乗り物がありますが、船はただでさえ郷愁を誘うものですからね・・・(゜-゜)

  3. いっこう | URL | -

    子供さんが泣いている写真を見たら、
    少しうるうるしてしまいました・・

    再開予定といってもこの船はお別れ
    なんですね。

  4. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    感動

    すごいですね。最終便まで付き合われたのですね。
    再開のニュースが数日前に出たようですが、
    予断を許す状況ではないので、またひっくり返ることも
    あります。
    フェスティバルゲートがそうであったように。
    この記事は、本当にいいと思いました。
    なんだろう、テレビでもなく、新聞でもなく。
    これがブログの立体感なのでしょうかね。

  5. てっぺい | URL | JalddpaA

    こんばんわ

    縁もゆかりもないタコフェリーですが、
    スライドショーの様に眺めていたら胸が締め付けられるようでした。

    こうしてまた一つ歴史が終わってしまったのですね・・・

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    ふみあきさん

    あの場所におられたのですね。
    私もウルウルしてしまいました。
    ブログはどちらでしょう?
    アドレス教えてくださ~い。


    naoさん

    ウルウルしてる大人が多かったので
    ウルウルするのがあまり恥ずかしくなかった。
    でも、学生さんとかは普段通りニコニコワイワイしながら
    乗ってるんですよね。
    若い子って結構そうなのかも。
    その時ちょっと恥ずかしかった ^^


    いっこうさん

    泣いてる男の子、最終便にも乗っていて
    最後まで船内にいたんです。
    よっぽど思い入れがあるのかも。
    じんときました。


    kotaroさん

    わぁ、そんなにほめられると…
    素直にうれしいっす ^^

    おっしゃるように、再運航はかなり厳しいと思うのですが
    何か秘策があるのでしょうか?
    再開する限りは、安定経営を目指して欲しいです。
    従業員さんが振り回されるのを見たくない…


    てっぺいさん

    明石大橋が開通して、ほとんどのフェリーが廃止されたのに
    このフェリーは残って、いままで頑張ってくれた。
    それだけでも感謝感謝です。
    その感謝の気持ちを混めて
    ちゃんと記録として残しておきたかったのかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/496-73adc3b1
この記事へのトラックバック