このエントリーをはてなブックマークに追加

豊中・利倉春日神社

2010年09月14日 08:00

空港線の森・利倉春日神社

大阪国際空港(伊丹空港)へ通じる空港線沿い、
豊中ICの北側に緑の生い茂った大きな森があります。
この道を通るたびになんだろう?と気になっていた場所。
僕と同じように思っている方、結構いるのではないでしょうか。


IMG_2615_2.jpg
とくら春日神社です。

IMG_2612_2.jpg
この鳥居、実は裏参道になります。

tokura_01.jpg
地図で見るとこの場所。
「利倉」と書いて「とくら」と読みます。

tokura_02.jpg
いつものように明治18年測量の地図と重ねてみました。
なるほど、西側に利倉村があったのですね。

tokura_04.jpg
この地図で見ると敷地が縦長なのがよくわかる。
この縦長に敷地に会わせて空港線のルートが出来たようなもんです。

IMG_8776_2.jpg
こちらが正面の鳥居。

IMG_8783_2.jpg
長い参道が続きます。

IMG_8784_2.jpg
途中になにやら御神木が。
縁結びの御神木でモチとニレが上部で合体しているのだそうです。
ただ、片方が枯れていました。

IMG_8787_2.jpg
拝殿です。

IMG_2624_2_20100913213929.jpg
創立年は1200年以前とされています。
なんと淳和(じゅんな)天皇の皇后
正子内親王殿下が御祈願に来られたとか。

IMG_8803_2.jpg
いまでも寄進された御殿料百石が祀られています。

IMG_8801_2.jpg
皇后塚。

IMG_8799_2.jpg
ちらっと見えました。

IMG_8837_2.jpg
狛犬も古そう。傷みがかなりありました。

IMG_8838_2.jpg
境内は樹木に覆われているからか
交通量の多い道路沿いにも関わらず比較的静かでした。

しかし、時折轟音が鳴り響きます。

IMG_8851_2.jpg
ちょうど、飛行機の着陸コースの真下なのです。
手を伸ばせば届きそう…


より大きな地図で 豊中・利倉春日神社 を表示


(関連記事)
豊中・利倉春日神社2010.09.14
豊中旧利倉村を歩く2010.09.22
旧猪名川跡を歩く・前編2013.07.29
旧猪名川跡を歩く・後編2013.08.03
田能遺跡・大阪国際空港(勝部遺跡)2013.08.08

ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. osakahanako | URL | -

    私も不思議に思っていました、この一角。

    1200年以上前に設立された場所だったとは…
    世界遺産級の歴史的建造物だったのですね。。。

    お参りに行きたいと思います♪

  2. Empizzo | URL | -

    高速が味気ないですよね

    明治18年の地図、ほれぼれです。
    条理性の東西南北に区画化された水田がそのまま残り(感じられ)
    長らくの間大阪にごく近い北部穀倉地帯の観も想像します。
    地図の左上と下辺左にちらりと見える河川の土手っぽいのが
    猪名川の旧形態だと思います。
    現在の地図とのレイヤーで直線化された現猪名川と比べてそれを
    S字状に縫うように流れていたのですね。
    利倉と猪名川で区切られた西側の園田あたりは
    基本的には「一帯」の広がりを持ったものだったと想像します。
    園田の南の端が戸の内であり、利倉の南が庄本。
    戸の内と庄本とのつながりを見ても
    一帯の圧倒的な広がりを憧れを持って想像します。
    猪名川の昔をほんま、見てみたいです。

  3. ゼク | URL | q1cvaNjE

    僕も何度もここを通るたびに思っていました!
    一度行って見ないといけないですね!

  4. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    荘園と屯倉

    難波津から池田まで、北に向かってずらりと、米作りの基地と、収蔵庫が連続していたのか。地名に残る痕跡からの想像です。

    帰化人文化と稲作に、深い繋がりがあると想像すれば、大阪の原風景が起こったのは、この辺りからと仮定するのも楽しいです。

    利倉社も、大切な旧い産土神の一つでしょうか。

    風流でないものの、現代の動脈、高速道路の池田線が、並走しているのが興味深いです。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    osakahanakoさん

    あくまでも創立が1200年前になります。
    拝殿や本殿は残念ながら鉄筋コンクリートです ^^;
    でも、なかなか興味深い地域ですよ。


    Empizzoさん

    おっしゃるように地図の端っこにみえるのは
    猪名川の旧堤防です。
    少し西に行くとくねくねしていた猪名川の堤防跡が残っていますよね。
    そのあたり、こんど歩いてみようと思っています。


    ゼクさん

    境内には駐車場がありますのでふらっとお参りに行けますよ。
    ぜひ。


    kotaroさん

    利倉の地名の由来は調べていないのですが
    なるほど「屯倉」はとても気になるコトバ。
    「みやけ」と読むようですが「とんくら」とも読める。
    調べてみなくては…

  6. 蛍のせせらぎ | URL | tfoV9eDg

    何とかしてほしい

    私も、時々その横の空港線通っていて、何かわかりませんが、気になっていました。その近くで、働いていたこともありましたが、一度も行ったことがありませんでした。kagariさんにであって、家のちかくの神社に参る様になって、参ったのですが、ここがとても気になって、突き上げてくるものがあり、1日という区切りもあって、伺いましたが、一本一本の木に手お当てていると、真上を飛行機が飛び、ものすごい騒音でした。戦中、戦後の何十年もの間このような騒音の中で、木々が存在していることだけで、涙が止まりませんでした。植物は、光合成だけではなく、人間の悪想念をも光に変えている事を学んでいましたので、ごめんなさいという気持ちで、とても辛かったです。本殿で合掌すると、ものすごい波動で、引っ張られました。祈りをささげて帰りました。ここには、なにかがおられます。霊的な感性がある人はわかると思います。私はありません。大阪空港をなくしてあげてほしいと思いました。

  7. 新之介 | URL | sDz630us

    蛍のせせらぎさん

    霊的なものを感じる場所ですね。
    昔から地元の人達にとても大切にされている場所であると感じました。
    まわりの環境がどう変わろうとも
    それはずっと変わる事がないと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/473-565e0726
この記事へのトラックバック