このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

天六阪急ビル解体

2010年07月06日 08:00

天六阪急ビルの解体が
始まっていました。


関連記事 →『さよなら天六阪急ビル

IMG_2071_2.jpg
天六阪急ビルに立ち寄ってきました。

IMG_2072_2_20100705221645.jpg
全部フェンスで覆われて、屋上の鉄柱がチラッと見えるだけ。

IMG_2078_2.jpg
解体はもう始まっているのかな??

IMG_2085_2_20100705221643.jpg
東側に行ってみたら壁の大きな穴があいてた。

IMG_2089_2_20100705221643.jpg
この交番も解体される予定です。

IMG_2097_2_20100705221642.jpg
ん!
北側は解体が始まっているようです。

IMG_2101_2.jpg
わずかな隙間から見えた。

IMG_2103_2_20100705221728.jpg
手前側は結構解体されている。

IMG_2105_2.jpg
ここだけ外壁の色が違うんですよね。

IMG_2107_2_20100705221726.jpg
この外壁の色。
元々のビルの外壁がここだけ残っているのではないかと推測しています。

tenjin_001.jpg
「大阪・京都・神戸 私鉄駅物語」よりamazonにリンクしてます。
ちなみに同じ窓がこの写真に写っています。


さて、
IMG_2111_2_20100705223146.jpg
新しい建物の敷地配置図です。
一階の半分が店舗、東側には交番が記されています。
阪急ファミリーストアがまた入るのでしょうか。

IMG_2112_2_20100705221725.jpg
立面図です。めっちゃ高層!

IMG_2116_2.jpg
南側のファサードです。
一階にスーパーがある駅直結高層マンション!ってとこでしょうか。

IMG_2118_2_20100705221815.jpg
どんな街に変わって行くのでしょうね。

IMG_2136_2.jpg
西側にも少し変化が…。

IMG_2131_2_20100705221814.jpg
空き地になっていた場所でビルの建設が始まりました。

IMG_2139_2.jpg
この一角はどうなるの?

IMG_2146_2.jpg
天六阪急ビルの解体も気になるけど、西側の一角も気になる。
道路が拡張されるという噂も聞きますが、
個人的にはこのままアーケードが残ってほしい気もする…


最後に、
IMG_2143_2_20100705221812.jpg
この先にとっても不思議な道路があります。

IMG_2148_2.jpg
この道路標識がある道に車がどこからも入って来れないのです。
奥に反対方向に行く車が見えるでしょ。


大きな地図で見る
なんでこんな道路になってしもたんやろ? ^ ^



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ゼク | URL | q1cvaNjE

    新しく快適な新築の超高層ビルも素晴らしいと思いますが、
    旧き良き昭和の時代の文化や生活がそこにあったということを
    決して忘れてはいけないと思います。

  2. とんま | URL | -

    私も先日仕事帰りに様子を見てきました。 粛々と解体工事が進んでいますが、戦災・天六ガス爆発事故・阪神大震災などにもビクともしなかったあの頑丈な天六のシンボルタワー、写真と同じ北側から見上げるとまるで何かの要塞を解体しているようにも感じました。

    センチな話ですが、解体が始まる前に一度、阪急電車正雀車庫で動態保存されている P-6 116号機に見せてやりたかったなぁ。

  3. wezard | URL | -

    不思議な道路

    はちきんビルも凄い高層マンションに生まれ変わるんですね

    西側の角地は酒処より道が残ったままビル建てちゃうんですかね?


    あの不思議な道路は、昔あそこに阪神バスのバス停があって、
    今は木がいっぱい植えられている場所でターンして
    中津方面へ折り返し運転していた名残ですね

  4. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    統合メリット

    建て替え計画10年の間に、阪急と阪神が資本統合というまさかの形態になりました。
    昔から天六は2つの私鉄の結節点でした。
    今回のビル建築ではスケールメリットを打ち出していただきたいですね。
    昔の阪急共栄物産が阪急オアシスになり、そこにニッショーストアも合流しました。
    百貨店は、梅田の本丸を守る方に傾注し、河原町は撤退(京阪が欲しがっているというニュースに驚きました)。天六に阪急デパートは入店しないでしょうね。
    交通至便の住宅マンションだけでは、街のパワースポットになりにくいと思われます。
    実際、北浜の三越跡にしても、印象が薄いです。

    天六は本来はターミナルに戻せたら一番理想的なのですが。
    大阪空港、新大阪、関西空港へのアクセス、高速バスターミナル、
    梅田の補完機能を集めることは不可能なのか。
    都市計画専門家の意見も聞きたいですね。第2の関一はいないものか。

  5. ぽり | URL | t33FJRVw

    不思議な道路も酒処も

    酒処は以前のコメント通り交差点東側の「都島通」、不思議な道路も、阪急本社横の、阪急高架橋のある済生会病院前交差点が起点の都市計画道路「北野都島線」の拡張部分になります。
    厳密にいうと計画区間は済生会病院前交差橋から天六阪急ビルをすぎたパチンコ、フリーダム前までが施工区間です。
    「北野都島線」は数件の立退きを待つ状態ですね。
    酒処の辺は天六交差点東側のカーブを緩やかにするための拡張です。
    交差点西側の「都島通(梅田長柄線)」と「北野都島線」が合流する部分の変なガードレールがある部分を解消することになっていますが、どうなることやら。

    天六阪急ビル、解体前は正面のアーチは装飾は取り払われていたものの名残はありました。アーチ型の梁は残っていたものの壁で埋められていましたが...。

    そのときのフロアレベルと駅のホーム時代とほぼ床レベルは一緒でしたが、 とても電車が貫通していける高さではないと感じました。

    新京阪は開業当初から大型車輌でしたので...。
    5線(貨物含む)を改造して2線にしてアーチの正面に軌道中心線が行くようにしても架線があたる高さだったので
    貫通していても大幅なアーチの改築は必要だったと思います。

    皆さんがよくHPでホームに行く階段写真と紹介して載せておられますが、竣工図面にはなく、後年乗降口が変更されたときにつくられたと思われます。
    意匠が渡辺節風ではなく旧阪急百貨店設計主任の岡野寛次風なので、元々の大林施工ではなく改築を竹中でやったのではないかと思いました。 元々は建物中央に乗車専用階段があり、踊り場から2方向に分かれて細いホーム階段になっていたので、阪急ファミリーストアの店内にその名残が残っていました。
    降車専用階段は皆さんがよく写真を撮られていた駐車場の写真で柱の間隔が狭い所が降車階段で乗車と逆に踊り場で折り返して広い階段になって1階に降りられるようになっていました。

    最上階は新京阪倶楽部らしく廊下の上部にはガラスブロックが埋め込まれており、明かり取りとなっていました。
    屋上のアスファルト防水のため塗りこめられていましたが、解体時まで残っていました。

    元々の外壁の色は新之助さんのおっしゃっているいろなのでしょうか? 彩色絵葉書などが残っていないので私もわかりません。
    共栄物産時代に2Fか3Fに伺ったときバックヤードの壁は普通の煉瓦でした。ファミリーストア時代は白く塗られていました。

    昔の写真でみるともう少し薄い化粧煉瓦で装飾されている様にみえるのですが、どうなんでしょう。
     

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    同感です。
    僕はひとりでも多く、このビルがとてもすばらしい建物だったってことを
    知ってほしいと願っています。


    とんまさん

    阪急電車正雀車庫に当時の電車が保存されているのですか。
    知りませんでした。
    機会があればぜひ見てみたいです。


    wezardさん

    なるほど!バスがあそこでターンしていたのですか!
    納得!!ありがとうございます ^ ^


    kotaroさん

    なるほど。心のどこかで天六地域が
    再び昔の繁栄を取り戻すのではないかと
    思っていたのかもしれない。
    あそこにタワーマンションが出来ることによって
    その幻想は完全に打ち砕かれてしまいます。
    もう二度と昔のような街にはなれない。
    とどめの一撃なのかもしれないな…。
    それをぐっと踏みとどまっている人達が
    取り残されたアーケードの店の人達なのかもしれない…。


    ぽりさん

    今回の解体作業で、少しでも昔の名残を探せたらと
    密かに思っていたりします。
    たぶん、ほとんど見る事な出来ないと思いますが、
    何度か足を運ぶ予定です。
    なるほど、例の階段はそういうことか…
    納得です。
    外壁の色はわかりません。
    私も白黒写真はいろいろ見ましたが
    明るい色だとは思っています。
    でも、あの外壁と同じベージュ系の色だったら
    かっこいいだろうな~って…
    淀屋橋の三井住友銀行本店の建物を見ながら思った事がありました。

  7. こじやん | URL | -

    あの不思議な道路はwezardさん仰るとおり阪神バスのUターン場所でした。あのバス路線、もともとは阪神電車北大阪線(野田-天六間)いわゆるチンチン電車の路線でした。現在は天六交差点を左折して天八-本庄西-中崎2北交差点から中津方面へ向かうようになっています。
    但し運行は朝夕のみになっており、近いうちになくなってしまうのではないかと思われます。

  8. ダラカニ | URL | i.g5Udso

    ようやく「新京阪」時代の遺構もついに無くなるのですね。
    P6も阪急が走らせたと思っている人たちが殆どの時代です。
    いつかは来るだろうと思っていました。阪急は京阪時代の跡
    は一切残さないでしょうね。まさか京都線、千里山線、嵐山
    線を京阪が作ったとは。いきさつも阪急サイドの公式見解に
    統一されて来ています。時を経ると色んなことがあります。
    梅田のJR東口と阪急への横断歩道の幅員が京阪梅田駅予定
    地だったなんてことも。その点JRはある意味凄いですね。
    桜ノ宮駅の京橋よりのトンネルにいまだに「京阪電鉄乗越橋」
    なんて標識をつけている位ですから。

  9. 新之介 | URL | sDz630us

    こじやんさん

    阪神バスは朝夕しか走っていなかったのですか。
    どうりでほとんど見かけないはずです。
    確かに、無くなってしまう可能性がありますね。
    乗っておこうかな…


    ダラカニさん

    おっしゃるように新京阪を知る方は少なくなったでしょうね。
    僕ら世代でも知っている人は多くない。
    今後、さらに薄れて行くでしょね。
    時代の流れかもしれませんが、 ちょっとさびしい。

  10. こじやん | URL | -

    今日ビル横を通りましたが、屋上の鉄柱が無くなってました。
    小さい頃からあって当然と思っていたビルなので、寂しい限りです。
    4月中頃からフェンスの工事が始まっていたので、あわてて写真を撮りに行きましたが、デジカメが故障、携帯の画像でしか残せていないのが残念です。
    西側の一角、かつてはパチンコ屋・果物屋・酒屋・立ち飲み屋・レストラン(玉一?)なんかがあったような気がします。
    天六交差点の四つ角全部が味気ない建物になってしまいそうですね。

  11. 新之介 | URL | sDz630us

    こじやんさん

    地元の人にとってはとても愛着がある場所ですよね。
    ごちゃごちゃ感が逆に落ち着いた雰囲気を作っていた。
    この周辺一帯はかなり綺麗に整備されるでしょうね。
    とてもさびしいです。

  12. 新之介 | URL | sDz630us

    きーぼーさん

    同感。
    古い駅舎はずっと残ってほしいですね。
    十三駅も東口はきれいに改装されちゃいました。
    個人的にはちょっと残念。
    西口はずっとあのままであってほしいです。

  13. 天六の通行人 | URL | qbIq4rIg

    天六こそ大阪の玄関!

    もう20年以上、高槻から天六経由で南森町まで通勤しています。天六は私にとっては大阪の「玄関」です。

    普段は天六を素通りするのですが、時々、ふと天六で途中下車します。そして、天六ならではの雰囲気である「下町」や「昭和」を感じています。

    先日、久々に天六で途中下車して天六阪急ビルの解体を知りました。寂しかったです。「諸行無常」と言ってしまえばそれまでですが、永久に残したいものもあります。私にとって天六阪急ビルはそんな存在でした。

  14. シマちゃん | URL | -

    天六阪急ビルの東側の柱の陰には、それらしいおじさんやおばさんが立っていて、おじさん→「どや?」、おばさん→「どない?」などと言いながら近づいてきます。35年ほど前の黄昏時以降はそんな世界がありました。それにしても、「どや?」だけで意図するところをすべて伝えられる大阪弁は、やっぱり素晴らしい!

  15. 新之介 | URL | FX38uSPI

    天六の通行人さん

    天六は大阪の玄関口だったんですよね。残念です。
    あそこに高層マンションが出来る事によって天六の街は
    全く違う意味合いの場所に変わってしまうような気がします。
    普通の街になってしまうのでしょうか…


    シマちゃんさん

    ほ~、そうだったんだ。
    それも歴史の一ページです。
    賑やかだった頃の話ですね^^

  16. こじやん | URL | -

    解体工事もかなり進み、現在3階くらいの高さになっていました。年内には更地になりそうです。
    ちょっと北側にあった天七阪急ビル(2Fにボウリング場や1Fに大阪市バスの営業所?車庫?がありました)も加納病院に建て変わっており、あの界隈で阪急カラーが残るのは、ファミリーストアくらいかな。
    駅も大阪市営地下鉄の駅のイメージが強いですし。

  17. 新之介 | URL | sDz630us

    こじやんさん

    私もたまに解体現場は通っています。
    かなり進んでいますね。
    角のビルもどんどん出来ている。
    更地になる前にもう一度カメラを持って
    行ってみようと思います。

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. こじやん | URL | -

    ついに更地になっていました。
    角の交番のみまだ残っていますが、蔦も無くなり解体寸前なのでしょうか?
    でも周りの見通しは良いので、案外シャッターチャンスかも
    しれません。
    100mほど北側、阪急が地上に出てくるところにあった
    パチンコ屋も無くなり、今は工事事務所のようなプレハブが
    建っています。
    阪急堺筋線乗り入れに伴って、付け替えられた旧線の跡に
    建った建物は全て無くなったのではないでしょうか。

  20. 新之介 | URL | sDz630us

    こじやんさん

    そうですか。
    久しぶりに
    行っておかないと。

  21. こじやん | URL | -

    工事フェンスの取り外し工事が始まっていました。
    西側には新しい交番の看板も付いていました。
    蔦の絡まったええ感じの旧交番もあとわずかとなりそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/447-737092c9
この記事へのトラックバック

[定点対比]阪急甲陽線で大正・昭和の面影を探す

阪急甲陽線は阪急電鉄の中でも影の薄い存在なのか、阪急の社史「100年のあゆみ」(2008)には1枚も写真がありません。「75年のあゆみ 写真編」(1972)には1枚。鉄道ファン向けの書籍・雑誌でも大抵は車両、本線、ターミナル駅中心で甲陽線自体が重点的に取り上げられる事は稀

開業86年にして変革を迎える阪急甲陽園駅

2010年7月19日撮影阪急甲陽線は甲陽支線として1924(大正13年)10月1日に夙川~甲陽園間が開業しました。苦楽園口駅の開業は翌年。 甲陽地域は元々人の手の及ばない山林でしたが、大正時代に開発が始まりました。大池の浅地を埋めて広大な平地を作り甲陽遊園地、歌舞劇場、動




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。