このエントリーをはてなブックマークに追加

平野郷の道標

2010年05月30日 08:00

平野郷の道しるべ

平野の町を歩いてると道標ををよく見かける。
私が知る限り6つの道標を見つけました。今日はそれらをご紹介します。

mi_01_2.jpg
杭全神社の参道道にある道標。

ふちい寺(藤井寺)
大峯山上
かうや山(高野山)

michi_800.jpg
明治19年測量地図です。参考のため、道標がある場所に印(A~F)をつけました。

mi_02_2.jpg
この道標は A の場所です。
 大坂

mi_03_2.jpg
すぐ 天王寺 大さか

mi_04_2.jpg
當社 熊野権現 祇園宮


2つ目は国道沿いにある道標、B の場所です。
mi_05_2.jpg

ふじいてら
大峯山上

mi_06_2.jpg
すぐ 道明寺  しぎ山

mi_07_2.jpg
すぐ 玉つくり  天王寺


3つ目は商店街にある道標、C の場所です。
mi_08_2.jpg
 八尾 しぎ山? みち

mi_10_2.jpg
 なかの 住よし さかい 

mi_11_2.jpg
 ふぢい寺 大峯山上 

mi_09_2.jpg
裏には安永八年の文字が見えます。
西暦でいうと1779年ですから約230年前ですね。


4つ目は全興寺(せんこうじ)の境内にある道標、D の場所です。
mi_12_2.jpg
 さ山 高野山 すぐ信貴山道

mi_13_2.jpg
 ふじ井寺 道明寺 大峯山上 
是より一丁東乃辻右へ同所 
……間違えてたらご指摘ください ^^;



5つ目は住宅の中にある道標、E の場所です。
mi_15_2.jpg
ここはちょっと読めなかった。

IMG_6803_2.jpg
 ふちい寺 かしいら? 
柏原のことかな?

mi_14_2.jpg
は葉っぱが邪魔で見えん^^;


6つ目は喫茶店の玄関横にある道標、F の場所です。
mi_18_2.jpg
これは比較的新しいのかな?東西南北になってるし、漢字も今と同じ。

mi_16_2.jpg
 
 八尾 法隆寺 郡山
 天王寺 大阪

mi_17_2.jpg
西
 道明寺 富田林
 天王寺 大阪


道標ではないのですが、
他にも石碑をいくつか見つけたのでそれもご紹介しておきます。

mi_20_2.jpg
これは平野公園にある黄金水の石碑。
これ自体は新しいのですがその横に清水橋の碑があります。
この井戸水はたいへん良質の飲料水だったそうです。

mi_21_2.jpg
まったく気づかないような場所にあったのが含翠堂(がんすいどう)跡。

mi_22_2.jpg
含翠堂とは経書講読・国学・医学・算学等を教えた学校です。
明治5年に閉鎖されるまで155年間もの歴史がありました。
懐徳堂(かいとくどう)より古いのです。すごい。

最後にこれ。
mi_23_2.jpg
大日本紡績平野工場私道の碑。
現在の平野北中学校や北側のマンションの場所に
広大な敷地を持つ紡績工場がありました。
ユニチカの前身会社のひとつです。→『昭和4年の空撮写真



より大きな地図で 平野郷 を表示
黄色が道標の場所です。


(関連記事)
平野郷逍遥 2010.04.27
環濠集落・平野を歩く 2010.05.05
平野郷・十三口の地蔵尊1 2010.05.11
平野郷・十三口の地蔵尊2 2010.05.14
おもろいてら全興寺 2010.05.17
南海平野線 2010.05.22
大念佛寺 万部おねり 2010.05.23
平野郷の道標 2010.05.30
平野郷のまち歩き 2010.06.02


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ゼク | URL | q1cvaNjE

    道しるべって本当にいいですね~!
    現在のように電話やTVやラジオも何もない時代の大事な
    情報元ですからね!

    道しるべは確かにここに人が通り会釈を交わしたという証しです。
    そこには古き日本人の文化が染み込んでいると思います。

    また、数百年に渡りそれを決して抜いたり捨てたりせずに、
    ずっと平成の現在まで残っているということは日本人も
    捨てたものではないと思いますね。

    これからもずっと道しるべが残りますように!!
    祈ってやみません。

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    同感です。
    今の時代、ほとんど見向きもされていませんが
    何百年も同じ場所にあるってすごく面白い。
    不思議な魅力がありますね。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/433-ad00218d
この記事へのトラックバック