このエントリーをはてなブックマークに追加

洲到止を歩く

2010年03月30日 08:00

旧洲到止村の町並み

豊中市大島町。
十三からも比較的近い場所なんですが、まったく知らない地域です。
まさかこんな場所にこんな町並みが残っていたなんて
とても新鮮な驚きでした。

sudoushi_03.jpg
現在の地図に昭和4年頃の地図を重ねています。

sudoshi_02.jpg
昭和4年の地図です。元々この地域は洲到止(すどうし)村と呼ばれていました。
町を歩いて気になった所に記号を打ってみた。

IMG_2249_2.jpg
A の場所は洲到止八幡宮です。

sudoshi_jin.jpg
豊中市史に古い写真が載っていました。明治40年頃です。
別の場所みたいで面白いですよね。写真右手は神崎川の堤防になります。

IMG_2251_2.jpg
ちゃんとその場所に「神崎川旧堤防の跡」の碑がありました。

IMG_2254_2.jpg
鳥居の横に「八幡宮址」の碑があって、「址」が潰されてますね。

IMG_2258_2_20100329221719.jpg
この神社は明治39年の神社合祀(ごうし)令で庄内神社に合祀されてしまった歴史があります。昭和42年に再建されて現在に至っています。

IMG_2247_2.jpg
ちょうどこの日はお祭りの後だったのかな。布団太鼓をばらしていました。

IMG_2342_2.jpg
B の場所に「下の町洗場跡」の碑がありました。
これが調べてもよくわからなかった。昭和4年の地図を見るとたまり場みたいになってるんだけど、ここで何か洗ってたのかな?

IMG_2343_2.jpg
C ここに面白い物が残ってました。

IMG_2351_2.jpg
民家の塀なんだけど、昔の旧堤防跡がそのまま残ってる。
勝手に判断したけど、たぶんそうでしょ。

さて、
IMG_2267_2.jpg
旧村の中に入っていくと、立派な旧家が目に入ります。

IMG_2340_2.jpg
こちらも立派な門構え。

IMG_2270_2_20100329221716.jpg
その横に祠を見つけました。
中をのぞくと、紀州熊野大権現と南無地蔵大菩薩の文字が確認できました。
その横にある高い塔は、

IMG_2266_2_20100329221718.jpg
D 火の見櫓かな?鐘がないけど…

IMG_2300_2.jpg
ぐる~っと町の中を回ってみましたが

IMG_2304_2.jpg
ところどころに懐かしい町並みが残ってる。

DSC06392_2.jpg
いつも思うのだが、「洲到止」がなぜ「大島」になったのでしょう?
この先の新福寺で大島雲八光義の文字を見つけたけど、それと関係があるのかな?

IMG_2346_2.jpg
豊中市史をぱらぱら見てたんだけど、旧村についての歴史が見つけれなかった。

IMG_2313_2.jpg
大阪市史や区史だとぱらぱら見るだけで、たいがい目的のページにたどり着けるんだけど…

IMG_2328_2.jpg
で結局、「洲到止」についてよくわからないままです。すんません^^;

IMG_2320_2.jpg
G このブロック塀に囲まれた所は墓地なのですが、なぜこんな旧村の中にあるのか不思議だったのですが、昭和4年の地図を見てわかりました。元々ここには寺があったようですね。今は無くなって、墓地だけが残ったようです。

IMG_2365_2.jpg
E ここは洲到止墓地。

IMG_2373_2.jpg
お彼岸の後なのでお墓中にきれいな花が咲いていました。
結構好きな光景です…^^;

IMG_2361_2.jpg
その横に外島樋門(ひもん)跡の碑がありました。
庄内最古の排水樋門だそうです。

IMG_2354_2.jpg
F 向かいにもうひとつ墓地があるのですが、こちらは庄本の墓地のようです。なぜこんな離れた所に墓地をつくったんだろう。


より大きな地図で 旧洲到止村 を表示


大島町はもう一回続きます…


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif


(追記)
明治40年に撮影された写真の灯籠と今の灯籠が違う物なのか同じ物なのか検証してみました。

tourou_02.jpg
灯籠の裏には「文政元戊寅年九月吉日」と刻まれています。
文政元年は1818年ですので約190年前の物です。

tourou_01.jpg
確かに火袋の部分が違うのですが、その他の部分はとてもよく似ている。
常夜灯の文字もほぼピッタリ重なりました。
当時の火袋は木枠と紙でふっくらとした囲いが
つくられていたのではないでしょうか。


スポンサーサイト


コメント

  1. 鳥居が

    新旧の神社の写真で周りの様子から灯篭から違うのに、鳥居が同じものだと直感できるのに感じ入りますね。

  2. ゼク | URL | q1cvaNjE

    僕も同じです!洲到止八幡宮の灯篭も変わっていますね。
    合祀された時に処分したか、合祀先の神社に持っていったのかも
    しれませんね。鳥居だけはこの場所にそのまま置かれたのかも
    しれませんね・・・。実に興味深いです。

  3. 新之介 | URL | sDz630us

    むくのきやすおさん
    ゼクさん

    実は、灯籠に関して、位置は微妙に変わっているのですが
    同じ物でないかと思っています。
    写真は撮っていないのですが
    鳥居も灯籠も作られた年代が古かったように記憶しています。
    見れば見るほど形もよく似ているような…。
    今度行った時にもう一度見ておきます。

    資料がないので勝手なことを書けませんが
    合祀されている間は鳥居がここに建っていたとは考えにくい。
    ばらして敷地内にあったか、庄内神社に行ってたと思います。
    再建時の資料が残っていればいろいろわかるんでしょうけどね ^^;

  4. びんみん | URL | j549y3BY

    大島町

    新之介さん、こんばんは。
    すてきなたたずまいの集落ですね。
    洲到止という名前は初めて聞きました。
    行ってみたくなる地名です。

    『角川日本地名大事典 大阪府』では、洲到止村は江戸時代・旗本大島氏の知行地と書かれています。だから大島町?
    洲到止の由来については説明なしです。

  5. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    たしかに洲到止には古い民家などたくさん残っていてエエ雰囲気ですね。

    「下の町洗場跡」の碑ですが、碑に刻まれた説明文にもあるように、はるか上流の小曽根からわざわざひかれた悪水抜き水路のほぼ終点にあたります。
    この水路の始点、小曽根の渡しのあった付近には今でも水路の痕跡が残っており、水路に架かっていた「目疣(めいぼ)橋」は水が無くなったにもかかわらず撤去されずに現存します。
    最近アップした「津戸ノ中道を歩く」に写真がありますので、よろしければご覧ください。
    http://imazukko.fau.jp/kaidou/01kyokaido/01tsuto/tsuto04.html

  6. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    すどうし

    中学の頃 すどうし と言う地名をよく聞きました
    どんな字を書くのか どこなのか 変な地名だなぁと思っていました
    後に洲到止と書くと知ったのです
    三津屋の対岸だったのですね
    三津屋から来ていた子は自転車などで行っていたのでしょう
    お祭に布団太鼓が出るのですね
    布団太鼓ばらして収納するのですね 知りませんでした
    洲到止と言う名前からは浜辺を連想しますね
    下の洗い場と言うのは川辺に洗い場が作られていたのではないでしょうか
    ちょっと面白い記事を見つけました

    http://www.k4.dion.ne.jp/~nobk/minoh/kurahasi.htm

  7. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    大島町

    いつもこのブログは、本当に勉強になります。
    あの辺り、コーナンPROがあり、たまに買い出しに行きます。
    椋橋の荘のことも読みました。利倉という地名もあり、一帯は倉のある地域だったのかもしれません。
    尼崎側に渡って、
    モスリン橋の名前は、知ってはおりましたが、毛斯倫工場のドカンと載ってる地図を見るのは初めてで喜んでいます。

  8. 新之介 | URL | sDz630us

    びんみんさん

    大島町には昭和な商店街も
    わずかに残っていますのでそれも取り上げる予定。
    旗本大島氏ですか。
    その方の事も調べとかないと…


    今津っ子さん

    津戸ノ中道って初めて知りました。
    知らなかったけど知らず知らずに
    同じルートを歩いています ^^
    今日、遊女塚を撮って来たのですが
    金毘羅大権現の石灯籠と横目に通り過ぎてしまった^^;


    TOSSYさん

    リンクのページはわかりやすいですね。
    洲到止の名前の由来がとても気になります。
    おっしゃるように、浜辺と関係がありそうだし、
    地理的にみても地名と何か関係がありそう。
    でも探しても洲到止の由来がでてきません。
    残念^^;


    kotaroさん

    庄本のコーナンは私もたまに利用しています^^
    モスリン工場跡は歩いてみたけど遺構らしきものは
    発見できませんでした。
    毛斯綸紡織は不況により東京毛織と合併して
    合同毛織となっていたようですが
    昭和4年のこの地図が作られた年に倒産したようです。
    毛斯綸工場の写真を探しているのですが
    見つけられませんでした。残念。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/407-e5c734dc
この記事へのトラックバック