このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

消えた内久宝寺町

2010年02月14日 09:00

町がなくなってる。

P1220519_2.jpg
龍造寺町の近くでこんな場所をみつけました。

P1220492_2.jpg
ここは内久宝寺町2丁目、以前に何があったのだろうと見渡すと

P1220496_2.jpg
こんなものを見つけた。

P1220498_2.jpg
谷町五丁目若中と刻まれてる。
お社があったのでしょうね。

P1220503_2.jpg
お社があった場所からの眺め。

P1220504_2.jpg
見渡すかぎり何もない…

P1220505_2.jpg
それにしても広い敷地。

P1220514_2.jpg
町ごとなくなっちゃうてすごいなぁ。

P1220491_2.jpg
この石積みは古そう。きっとマンションが建つ前からあった石積みでしょうね。

P1220493_2.jpg
石段の辺りも石積みがむき出しになってる。

P1220512_2.jpg
古そうですがいつの時代のものでしょう。

P1220516_2.jpg
これも時代の流れなのかもしれないけど、なんか寂しい。



より大きな地図で 内久宝寺町 を表示



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ばんぼう | URL | t/Klp7tQ

    仕方ないかもしれないけど、寂しいですね。

    住む人も高齢化して人口が激減したのか、はたまた都市計画なのか。

    古いものがなくなるのを知るたび、自分も齢をとってゆく事をひしひしと感じて、寂しく思います。

    ふと思うのですが、
    石垣はその組み方で時代を推定できるのでしょうか?

    もう一つ、起伏のある地形は海底だったときの名残なのでしょうか。。(あるいは堆積した跡?)

    グーグルの写真は家が建っていた頃のものでしょうか。

  2. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    古い町

    昔 このあたりにあった洋裁学校に通っていました
    確か久宝寺町 南久宝寺だったかな
    問屋がずら~と並んだ通りを歩いていきましたね
    その問屋街も無くなり 学校も無くなり 町ごと消えていく 
    新陳代謝を繰り返して町は再生していくのでしょうか

  3. 芥月 | URL | .uq7WIog

    生まれ変わる前の、寂しい風景ですね。
    回りのマンションに飲み込まれ、この土地もマンションになってしまうのでしょうか。
    推定されている通り、少し古い住宅地図に、小さな神社が載っていました。
    「五社稲荷大明神」とあります。

  4. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    う~ん

    東京でバブル開発が起こり最初の六本木再開発が進んだ頃に「写真時代」に赤瀬川さんが「トマソン」の連載を書きながら、霊南坂教会界隈のものすごい変わりようをレポートしていたことを思い出しました。
    あれがこんな感じでしたね。
    70年代的市民運動なんて最早通じないと、シュールアーチストの滑稽なまでの嗤いでぶっとばしてましたから。1987年頃の話です。
    中国と日本で起きていることはこういうことで、マネーのパワーの前には市民生活なんて抗しきれるものではない。
    西欧のように思想のある歴史建築空間ではないですから。

    法円坂からちょっと南のあたりですか。私も一時期狙っていた緑橋からも近いですね(笑)
    ということで、来月から池田の民家で暮らそうと思います。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    ばんぼうさん
    石垣って、今の時代では珍しいですが、コンクリートが使われるまでは普通のことだったのかも…。でもなぜか反応してしまう^^;
    起伏の地形はおそらく海底だった時にできたんじゃないかな?(またええかげんなコメント…^^; )氷河期の時代は、海水の水位が上下していたので、海の底と陸地を何度か繰り返していたと思うのですが、その時代に形成されたんじゃないかな(またまたええかげんなコメント^^; )。…ダメだ!やっぱり大阪市立自然史博物館に行かないと…

    TOSSYさん
    おっしゃるように、町は新陳代謝を繰り返していくんですよね。
    でもでも… 目に見えないものがどんどん消えてゆく。

    芥月さん
    ありがとうございます!「五社稲荷大明神」でしたか。
    すっきりしました。と同時に、
    それはどこにいってしまったんだろう?…と。
    探したくなってきた。
    誰かご存知の方は教えてください!

    kotaroさん
    僕は建物が無くなった事に関しては仕方がないと思っています。でも、一番気になっているのは、そこにあった人の暮しとか絆とか人情とか…
    それらも同時に消えてしまった…。
    だから、祠の行き先がとても気になる。
    それがこの町の象徴だったから。

    池田に移られるのですか。
    じゃ、僕も能勢街道を歩いて、池田へ行ってみようかな ^^

  6. たろ | URL | HdXTMQ3I

    私も一月にここを訪れました。
    ここだけポッカリと空き地になっていてなんか不思議な感じがしました。

    この空き地に入ってく路地に猫ちゃんがいたんで追いかけてみるとたまたま遭遇した光景です。

    もともと空堀を目指していたのですが、空堀にも似たような石垣がありますね。

  7. 新之介 | URL | sDz630us

    たろさん

    猫ちゃんを追いかけてここに来たとは…
    不思議の国のアリスみたいですね。
    って、そんな話だったっけ…^^;
    そういえば、猫ちゃんいましたよ。
    同じヤツかな…

  8. しげ | URL | mQop/nM.

    初めまして。どこかと思えば40年以上前に通った幼稚園の隣ですね。

    石垣、石畳、石段、坂、長屋が普通にあった頃が懐かしい。

    幼稚園の建物は当時のままだ。いつまであるかな。

  9. 新之介 | URL | sDz630us

    しげさん

    そうですか。
    この辺りにお住まいだったんですね。
    さびしいですよね。
    どんな街に変わるか追いかけてみます。

  10. さみゅえる | URL | bxvF113M

    先日,この辺りを訪れてみました。
    四半世紀前に結婚するまでの私の本籍地はこの東区内久宝寺町でした。
    実際に町名が無くなっている事を実感しました(まぁ,区名も無くなってますが…)。
    世が世なら大店のボンボンだったのかなぁ(そんなはずは無い)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/390-fdd68796
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。