このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイビル解体

2010年01月27日 08:00

もうすぐダイビルともお別れです。

P1220217_2.jpg
1月26日(火)。
ダイビル新館が防音パネルで囲まれていました。


P1220227_2.jpg
本館も半分ほどが覆われています。

P1220237_2.jpg
もうすぐこのタイルともお別れですね。

P1220270_2.jpg
ただ、これらの外壁は再利用される予定。

P1220248_2.jpg
また逢う日まで、さようなら。

P1220243_2.jpg
解体されるのは残念だけど
次の建物が完成するのがちょっと楽しみです。


P1220281_2.jpg
知らず知らずの内に、
愛着が湧きたところだったんだけど…


P1220286_2.jpg
85年間お疲れ様。
さよなら、ダイビル。


でもやっぱり、寂しいね。


(追記)
DSC06145_2.jpg
翌日です。北面はほとんど覆われちゃっていました。

DSC06092_2.jpg
この日、突然現れた壁。
これ、切り取られた外壁のようです。
なぜここに2枚置かれているのかは不明。
裏側はコンクリート壁と固定されているようでした。

(追記)
これは切り取った壁ではなく、モノコックではないかという憶測も…。
現時点で、これを切り取った場所も特定できていません。
真相はいかに。

DSC06067_2.jpg
今日はイチデジを持っていったので細部の見納め。
西南の角ですが、南面って補修された跡がありますね。
気づかなかったな。

DSC06083_2.jpg
何を測ってるのかな?

DSC06125_2.jpg
いいね。今のビルではこんな細工は無理なんだろうな。

DSC06117_2.jpg
この曲線が一番好き!


(関連記事)
大阪中之島 ダイビル本館1無題
大阪中之島 ダイビル本館2無題
ダイビル探検(1)混沌写真
ダイビル探検(2)混沌写真
ダイビル探検(3)混沌写真
大大阪・ダイビル本館阿房列車ピクトリアル
ダイビル、‥‥めっちゃカッコイイ!ゴリモンな日々
(↑これ5年前のゴリモンさんの記事。歴史を感じる ^^)


(新之介の関連記事)
中之島ダイビルのファサード 2009.01.24
ダイビルの歴史 2009.03.09
クイズ!ダイビルの動物探し 2009.10.14
出た!中之島ダイビル・ウエスト 2009.10.27
ダイビル解体 2010.01.27
ダイビル解体2 2010.03.23
さよならダイビル 2010.05.02
ダイビル解体3 2010.06.24
ダイビル解体4 2010.07.01
中之島ダイビル・ウエストに大林組 2010.10.30
携帯百景 tag ダイビル解体
ダイビル本館工事進捗状況 2011.07.07
ダイビル本館が出現! 2012.01.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ゼク | URL | q1cvaNjE

    やはり一企業の利益姓を考えれば、より容積率の高いテナントビルに建て替えるのは仕方ないですが、
    80年以上、なんとか平成の今まで保持してきたのであれば、重要文化財として後世まで残して欲しかったですね。

    失ったものはもう元には戻りませんからね・・・。

  2. ファジー | URL | UXr/yv2Y

    ああ・・・いよいよですか。
    分かっていてもパネルで見えなくなると淋しいですね。

  3. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    同感です。
    でもそれは経営者の方々もわかっての
    決断なのだと思っています。
    当初の計画パースでは外壁の再利用は
    計画されていませんでした。
    最後の最後に外壁保存を決定した決断は
    企業にとっても英断だったんじゃないでしょうか。
    コストも時間がかなりかかる。
    けっして利益優先の建替えではないんだという事を信じたいです。


    ファジーさん

    いよいよですね。
    僕はもう頭を切り替えました。
    新しいビルが出来る事を楽しみに思う方が
    ストレスにならずにいいですよね ^^

  4. もこ | URL | -

    はじめまして。いつも楽しみに拝見しています。

    昨年4月、このダイビルの少し西対岸にある関電病院で
    検査を受け、診察が始まる時間まで、ほたるまちの川岸で
    ぼんやりしていると、このビルに目がくぎ付けになりました。
    大阪生まれで結構なお年頃ですが、恥ずかしながらダイビルの
    ことは知りませんでした。
    まわりの高層ビルに囲まれても、その存在感と品格に圧倒され
    たのです。そしてこのビルを見ているだけで、優しい気持ちに
    なりました。(まさかその時は解体されるとは知らず)

    新しいダイビルも、人を感動させるような建物になってほしい
    です。 ありがとう、ダイビル。お疲れさまでした。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    もこさん

    まわりの高層ビルに負けない存在感がありますよね。
    「いいビルになったね」って言えるように
    生まれ変わってほしいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/381-99ad2048
この記事へのトラックバック

フェスティバルタワー着工と、ダイビル解体

え?ヘリコプターの空撮写真じゃないの?という声が聞こえてきそうですが、 工事がどんどん進んでいるようなので、さきにアップすることにし...

「復活の日まで」ダイビル

ダイビルです。解体工事が進んでいます。東の新館部分はすっぽりフェンスで覆われました。旧館部分も今週中には全て見えなくなってしまいそう。お?凄いものを見つけてしまいましたよ!きれいに外壁が切り取られて...