このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淡路島洲本の絶景

2009年10月03日 09:00

淡路島・洲本城からの絶景

先日、両親と家族旅行をした時に、初めて洲本城に登りました。
淡路島出身の母親も初めて登ったそうですが、なかなかの絶景でした。

DSC01151.jpg
ここが洲本八景の一番目、洲本の町が一望できる場所です。

DSC01137.jpg
おおっ、すばらしい眺め。
海岸沿いの松林は大浜海岸。夏は昔から海水浴客で賑わっていました。

DSC01141.jpg
ここは旧洲本港です。高速艇で何回も来たところ。
大きなターミナルビルになって、ずいぶん変わっちゃったなぁ…。

DSC01142.jpg
このレンガ造りの建物は旧鐘紡の工場跡。
奥が図書館、手前がレストランとして再利用されています。
昔は塀の向こうにこんな建物があったなんて全然わからなかった。

DSC01106.jpg
ここは手前の建物で「淡路ごちそう館 御食国」
あの有名な「Mのランチ」でも紹介されてました。
僕達は淡路牛丼を食べた。淡路島では牛丼プロジェクトというのが行われてるのだ。

さて、
DSC01114.jpg
ここが洲本城。天守閣の中は実は何もない展望台です。

DSC01163.jpg
広場には茶店もありました。ちょっとエエ感じ。

DSC01164.jpg
茶店の前に大きな木があって、その根元に観音さんが祀られています。

DSC01127.jpg
昔からここにあるのかな?

DSC01117.jpg
その横に祠があるのですが、狸が祀られていました。

DSC01115.jpg
関心のある方はこちらを読んでみてください。
なんでもここに住んでいた芝右衛門という名の狸が
大阪まで芝居を見に行って、犬に噛まれて…

DSC01121_20091002231139.jpg
なぜこれを紹介したかというと、なんと藤山寛美さんが
昭和63年にこの幕を奉納しているんですよ。 なぜ???

DSC01175_20091002231138.jpg
天守閣の広場を下りて、反対側の展望台から和歌山方面を見ています。
ここが紀淡海峡。左の島は友ヶ島です。

DSC01174.jpg
友ヶ島には戦時中の遺構がたくさん残っています。
白い灯台も見えますね

↓びんみんさんのレポートです。

『友ヶ島上陸(和歌山市)』 日常旅行日記
『友ヶ島第2砲台跡(和歌山市)』 日常旅行日記
『友ヶ島灯台と第1砲台跡(和歌山市)』 日常旅行日記
『友ヶ島第5砲台跡と展望台(和歌山市)』 日常旅行日記
『友ヶ島第3砲台跡(和歌山市)』 日常旅行日記


DSC01209.jpg
今回の淡路島は父親の古希のお祝いの旅行でした。
子供の時以来、何十年ぶりかでホテルニューアワジに泊まった。
部屋から見る日の出、とても綺麗でしたよ。



ポチッと、応援よろしく♪
banner_22.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆきひろ | URL | -

    我が家はこの15年ほど、最低年2回は淡路島に旅行に行き続けておりますが、今年も3月と8月に行ってまいりました。
    洲本城は若い頃に一人で1回、まだ付き合っていた頃の家内と1回行きましたが、確かに天守閣(と言う名の展望台?)からの眺めは素晴らしいですね。駐車場から上がっていく道も石垣が残り、かつて栄えた頃の名残が充分感じられます。
    ただ、途中の茶店、当時はご商売熱心というか盛んに呼び止められた記憶があり、内気な私はちょっと参りましたが...

  2. らいと | URL | hGSo2he6

    こんにちは。
    淡路島へ行ってみたいと思っていました。
    淡路島側からの夕日もきれいですね。
    詳しい紹介ありがとうございます。
    狸の話も楽しかったです! 

  3. びんみん | URL | j549y3BY

    ご紹介ありがとうございます

    こんばんは。
    なぜ急にこちらからのアクセスが増えたのかなと思ったら。
    ありがとうございます。淡路側からはこう見えるのか。
    淡路島側にも生石山砲台などあるのですよね。

    洲本三熊公園に行ってみないとと思っているのですが、洲本城のところですよね。非常にいい眺めでますます行かないとと思いました。

  4. 荻野圭之 | URL | 2QCtU7ac

    芝右衛門狸

    芝右衛門狸は「中座の狸」ですからね。
    確か、件の祠は寛美先生や仁左衛門丈が寄進したものだったような・・・。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    ゆきひろさん

    駐車場から上がっていく道の石垣も
    天守閣のような展望台もおそらく昔のまんまです。
    茶店はどうなんだろう?
    商売熱心な人は見かけなかったですよ^^

    実が淡路島出身の母親が一番感動してました。
    なんでこんないい場所に遠足に来なかったんだろうって。

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    らいとさん

    ご旅行の参考になれば幸いです。
    洲本側(大阪湾)から見えるのは朝日です。
    反対側(瀬戸内海)では海に沈む綺麗な夕日が見れますよ。
    行かれたときにぜひ見てください。
    サンセット・サンライズが見れるのも
    淡路島の魅力です。

  7. 新之介 | URL | sDz630us

    びんみんさん

    実は洲本からこんなによく友ヶ島が見えるとは思っていなかった。
    淡路島にも戦争の遺構が残っているのは知っています。
    でも、簡単にいけそうな所でないので敬遠してます^^;

    友ヶ島は一度いってみたいです。

  8. 新之介 | URL | sDz630us

    中座の狸

    荻野圭之さん

    「中座の狸」は知りませんでした。
    いろいろ検索してとても有名な
    話だったんだということを知りました。
    ありがとうございます。

    生国魂神社と本家争いをしたという記事が面白かった。
    http://www.ioctv.zaq.ne.jp/hatirobe/ikutama.html

    そういえば、祠もそれを囲んでいる塀もとても立派でした。


  9. 島のタヌキ | URL | -

    洲本城は先年に国指定重要史跡に成っています
    また、天守閣は昭和三年の昭和天皇陛下即位に合わせて建造された日本初の模擬天守閣(展望台)。
    こちらも、国の史跡指定になるとかなったとか。
    元々、三熊山は聖地で霊山。熊野の神様ほかをお祀りしており数多の磐座も有る由。
    本丸下には纏めて祠が勢揃いしています。
    三熊山の芝右衛門狸大明神は説明板の通り、中座の舞台の奈落にご鎮座していました。
    この祠の後に中座が取り壊しになるのにさいして、
    改めて中座の芝右衛門狸大明神さまを古里とされる洲本に遷座しました。
    場所はお城山(三熊山)の麓の洲本八幡神社に舞台のような拝殿を持った本格的で立派な社殿を創建し、
    藤山さん片岡さんほか関係者が数多御来臨のもと遷座祭がとりおこなわれました

    ホテルニューアワジの海岸にご鎮座の「住吉神社」は住吉大社の冬至の日の入り場所のアンカー。
    創建由緒には、住吉の神様が現れてこれよりはここに止まる云々がある由。
    (神戸市東灘区の本住吉神社は住吉大社の夏至の日の入り方向のアンカー。)

  10. 新之介 | URL | sDz630us

    島のタヌキさん

    洲本城のホームページには
    1999年(平成11年)1月14日、
    洲本城(本丸を含む山上の史跡)は国の史跡に指定された。
    とありますね。恥ずかしながら、まったく知りませんでした。

    この日は、淡路生まれの母親も遠足で来て以来だといってました。
    私は小さい時から母親の里帰りで、下からはよく見てましたが
    登ったのは初めて。
    じっくりと歴史散歩するのもいいかもしれませんね。
    古い石垣もいたるところに残っていて興味深かったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/333-629f24dc
この記事へのトラックバック

洲本市(兵庫県)の基本情報:合併,駅,番地etc

洲本市[すもとし]は全国563位(兵庫県内 19位)となる50,030[人]人の人口を抱える兵庫県の都市である。洲本市の特筆すべき全国的にも際だった指標をいくつか挙げれば、一万人あたりの医師数は33.78[人]であり全国で81位(兵庫県内でも1位)、畜産・産出総額は402[千万円]で全




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。