このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

天神祭の船渡御と宮入

2009年07月30日 07:30

はじめての天神祭
船渡御&宮入編

7月25日午後6時頃、陸渡御(りくとぎょ)を終えた集団は、
船に乗り込み船渡御(ふなとぎょ)が始まります。
「さぁ、どこから見よか」
天神橋や天満橋からは花火が見えないと聞いていたので、
場所探しでうろうろしたのですが、どこも人人人でビックリ!
結局、桜宮橋に場所を決めました。というよりここしか空いていなかった…

DSC03474_2.jpg
船渡御は午後6時頃から始まりますが、
桜宮橋に最初の船がやってきたのは午後6時半頃。
先頭は催太鼓船(もよおしだいこせん)です。
奥の船も同じ集団のようです。すごい人数だ。

DSC03482_2.jpg
船渡御の間はずっと太鼓を叩いているようです。

DSC03492_2.jpg
次の船は神鉾講船(かみぼここうせん)。

DSC03495_2.jpg
こちらの船はお客さんで満員です。

DSC03499_2.jpg
次に現れたのは地車講船(じぐるまこうせん)。

DSC03501_2.jpg
こちらも満員。地車囃子が聞こえてきました♪

DSC03511_2.jpg
次が福梅講船。福牛がいる講ですね。
奥に花傘が見えるので花傘講船と連結しているようです。

DSC03518_2.jpg
これはどんどこ船といって自由に航行できるそうです。
「小若」は小中学生が漕ぐ舟なんですって。

DSC03523_2.jpg
さらに続いて、手前が天神講獅子船

DSC03529_2.jpg
そして金幣船
その後に、文楽船落語船が続きます。

船渡御は陸渡御の講以外にたくさんの船が出ます。
舞台船や奉拝船などたくさん参加しますので、全体像がわかりにくいのですね。
一体何艘の船が渡御をしてるんだろう。

DSC03551_2.jpg
いよいよ暗くなってきました。
今度は川上からでかいアサヒビールを乗っけた船が下って行きます。

DSC03552_2.jpg
文楽船落語船の前をテレビ大阪の船が進みます。
テレビ中継をしているのかな。

DSC03563_2.jpg
これは落語船。どなたが乗っていたのでしょう?

DSC03638_2.jpg
ご神霊を乗せた御鳳輦奉安船(ごほうれんほうあんせん)が
通る頃には辺りは真っ暗です。そろそろ花火か!

DSC03583_2.jpg
橋の下から突然こんなヤツが現れた!

DSC03590_2.jpg
今回の船渡御で一番目立ってましたね。
来年これのマネをしてキャラクターがいっぱい現れないといいんだが…^^;

DSC03629_2.jpg
おっ、花火の試し打ち!

DSC03640_2.jpg
あっ!こっちも。
桜宮橋の上流と下流で花火が上がるのですね。

DSC03634_2.jpg
でも、私は宮入を見るために花火を見ずにこの場を離れました。
天神祭は一人であれもこれも見るのは難しい…^^;


より大きな地図で 船渡御 を表示


宮入(みやいり)は午後9時頃に始まり、
午後11時頃、最後の玉神輿が宮入をして終えました。
それらを約10分にまとめています。
陸渡御の順番で宮入をして、それぞれ大阪締めで終わります。


ちょっと長いので大体の流れです。
催太鼓 (0:00~)
神鉾 (1:38~)
地車 (2:00~)
獅子舞・傘踊り・四つ竹・梵天 (2:35~)
御羽車・御錦蓋 (3:00~)
御鳳輩 (3:35~)
鳳神輿 (4:30~)
玉神輿 (6:57~)

DSC03666.jpg
宮入後の境内です。興奮冷めやらず。

DSC03688.jpg
最後になりましたが、御神霊もお戻りになったので参拝して帰りました。

次回で天神祭りの記事は最後です。
私も大好きなだんじり囃子をご紹介します。


(関連記事)
知ってるつもり?!天神祭 2009.07.26
教えて!天神祭の陸渡御 2009.07.28
天神祭の船渡御と宮入 2009.07.30
天神祭の地車囃子 2009.08.01
天神祭・予告篇 2010.07.26
天神祭・陸渡御~船渡御へ 2010.07.28


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    お疲れさまでした

    陸渡御 船渡御 宮入とお疲れさまでした
    本当に人がおおいですねぇ
    5時過ぎに大阪駅にいたのですが JRも混雑していました
    私はそのまま帰宅しました

    昔に何度か行っていますが そのころでもすごい人で 最後まで見ることは出来ず 途中で帰っていましたよ

    いろいろなシーンを断片的に覚えています

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    TOSSYさん

    結構疲れました^^;
    とにかく人が多い。

    来年はもう少し見るところを絞って
    余裕を持った楽しみ方をしたいと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/297-f8f80d40
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。