このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってるつもり?!天神祭

2009年07月26日 08:00

知ってるつもり?!天神祭
もよおし太鼓って?

大阪人なら誰もが知ってる天神祭。
でも、天神祭って船渡御と花火のイメージしかないって方、
以外に多くないですか?
という私も実はその一人^^;
全てを見れたわけではないですが、
2日間かけて私なりに天神祭を見て回りました。

DSC02494.jpg
7月24日の宵宮、午後6時過ぎ。
大阪天満宮の正面参道に催太鼓(もよおしだいこ)が宮入しようとしていました。

DSC02506.jpg
参道の手前で、下の車輪をはずし、大勢で太鼓を担ぎながら入っていきます。

DSC02514_20090725025141.jpg
まるで波の上を渡る船のよう!

DSC02527.jpg
上下に激しくゆれながら、ゆっくり進んでいきます。
すごい迫力!

DSC02622.jpg
表門前に来ると、今度は太鼓がシーソーのように大きく揺れます。

DSC02623.jpg
これを「からうす」と呼びます。

DSC02632_20090725023734.jpg
太鼓台の下周りは鉄の板で頑丈の補強されており、太鼓台の下に角材を入れて
それを軸にシーソーのように揺らしながら太鼓を叩く。
縦に揺れるのを「縦からうす」、横に揺れるのを「横からうす」というそうです。

DSC02641.jpg
太鼓を叩く人は「願人(がんじ)」と呼ばれていて
願人は振り落とされないように太鼓を叩きます。

DSC02644_20090725023754.jpg
天神祭はこの太鼓が一番の見せ場のようです。
正直いって、地車(だんじり)好きの私はそれほど催太鼓に関心がなかったのですが、
いきなり宮入を見て、その迫力に圧倒されてしまいました。

DSC02652.jpg
陸渡御(りくとぎょ)と船渡御(ふなとぎょ)の両方で
催太鼓が行列の先陣を切ります。
天神祭といえば催太鼓です。
私は一発で虜になりました。

DSC02674.jpg
わぁ、
これが「横からうす」!


DSC02698_2.jpg
そして、無事宮入していきました。

今回から天神祭を数回にわたってご紹介していきます。
できるだけわかりやすく記事にしたいと思っています。


(関連記事)
知ってるつもり?!天神祭 2009.07.26
教えて!天神祭の陸渡御 2009.07.28
天神祭の船渡御と宮入 2009.07.30
天神祭の地車囃子 2009.08.01
天神祭・予告篇 2010.07.26
天神祭・陸渡御~船渡御へ 2010.07.28


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/295-626f6859
    この記事へのトラックバック

    天神祭の船渡御

    天神祭本宮に行ってきました。実はナマで見るのは初めてだったりします。とりあえず天神橋〜天満橋〜大阪天満宮をぶらぶら歩いてきました。すんごい人出。花火も見たかったのだけど面倒になってやめち...