このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

菅原と亀岡街道

2009年06月01日 07:30

菅原と亀岡街道

sugawara_04.jpg
ここは東淀川区菅原。阪急淡路駅の南東の辺りです。
亀岡街道沿いにあって、柴島村と下新庄村の中間に位置していました。
黄色のラインが亀岡街道。この地域の昔の地図をちょっと見てみましょう。

sugawara_05.jpg
これは昭和4年(一部昭和2年)の地図です。
中央部の水路は逆川。現在は埋め立てられていますが、
その遺構が菅原天満宮、和合橋、増島橋の所に残っています。
城東貨物線(吹田操車場~放出)は昭和4年3月に開通しています。

sugawara_06.jpg
これは明治18年測量地図。昔は新家村といっていました。
この時代は、淀川と逆川が繋がっていたようです。
その川沿いと菅原天満宮に大きな楠が今でも残っています。

P1140235.jpg
城東貨物線の赤川鉄橋です。

P1120769.jpg
「おおさか東線」の整備で近い将来、この仮橋もなくなる予定です。

P1120782.jpg
この先で複線化の工事が進んでいますが、
新大阪までの開通(平成24年春開通予定)は大幅にずれ込むようです。
(写真が寒々しいですね。撮ってから約3ヶ月遅れになってしまいました^^;)

P1140261.jpg
さて、左の道が亀岡街道です。この道を道なりに歩いていきましょう。

P1120821.jpg
少し歩いた突き当りに道標は2つ残っています。

P1120828.jpg
右 大坂みち
左 すいた 江口 わたし
江口の渡しも吹田の渡しも、淀川ではなく神崎川に架かる渡しです。

P1120748_2.jpg
こっちは観世音菩薩 左 ずいかうじ?
くじら橋の瑞光寺のことかもしれませんね。
ちなみにこの道標は文政12年(1829)建立です。

P1120834.jpg
亀岡街道沿いをしばらく歩くとまた道標が現れます。
右が瑞光寺道。なるほど、瑞光寺って昔から有名なお寺だったんだ。
(明治の地図を見ていただくとわかりますが、
矢印は菅原天満宮に繋がるくねくね道を指しています。)

(関連記事)
『瑞光寺のくじら橋』

P1120832.jpg
亀岡街道は左です。
ところでこの正面の旧家は一柳家といって、
こちらのご先祖様に一柳太郎兵衛という方がおられます。
中島大水道の開削で幕府に自害をもって抗議した三庄屋の一人です。

(関連記事)
『消えた中島大水道 2』

P1120844.jpg
亀岡街道沿いに歴史を感じさす土塀が残っています。

さて、
P1120721.jpg
一柳家の近くに大きな楠があります。
大阪市の保存樹で指定番号第6号の「くすのき」です。

DSC03960.jpg
明治の地図を見るとこの前の道は水路沿いの道だったようです。

P1120736.jpg
楠の下にこんな石碑がありました。国次町。道標でしょうか?
国次町とは、大正14年の町名改称で設定された地名で、
旧西中島村大字淡路が国次町に変わっています。現在の西淡路の辺りになります。

P1120652.jpg
城東貨物線の鉄橋です。ここも近い将来新しい鉄橋に架け替えられます。

P1120636.jpg
その近くに橋の遺構が残っていました。

P1120641.jpg
増島橋の跡です。親柱が小さいのでかなりわかりにくい遺構です^^

P1120847.jpg
近くに和合橋の親柱も残されていました。「わごうばし」と読むのですね。

で、少し離れた場所に大きな木がもうひとつあります。
P1140283.jpg
ここは菅原天満宮。
この楠も大阪市の保存樹で、指定番号は第4号です。
「あっ、カラスだ!^^」

DSC03924.jpg
昔の地図を見ると、菅原神社の北側が逆川で、その堤防上に天満宮があります。
石垣が堤防の遺構だと考えられます。この公園は逆川跡のようですね。
ここは僕の好きな神社のひとつなんです。

(関連記事)
『夕焼けが綺麗な神社』


(おまけ)
DSC05698.jpg
菅原天満宮の隣に大きなコーナンがあります。
ここは元々飯田繊工の大きな工場があった場所。
何年前だろう?工場の取り壊しはよく覚えています。

DSC05704.jpg
ここに近代建築がありました。昭和2年建築だそうです。

DSC05702.jpg
現在は柵で出入りできないようですが、ここは昔の正面玄関だったのかな?

DSC05705.jpg
細部も手が込んでいますね。


より大きな地図で 菅原 を表示

(教えて!)

P1140284.jpg
菅原天満宮の横にDF50形ディーゼル機関車が保存されています。
なぜここにあるのでしょうか?

(参考サイト)
『DF50 4』


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

スポンサーサイト


コメント

  1. ゼク | URL | q1cvaNjE

    僕の近くの神社(天満宮)です!僕も明治期の地図を
    (M18年とM33年?)何とか手に入れて今の地図と
    見比べて楽しんでいます。
    菅原天満宮と大宮神社は淀川の付け替え工事で今の場所に
    移されたと聞きましたが、菅原天満宮は元々この
    場所でしょうか??

    大きな楠があるこの菅原のお屋敷ですが、たしか大正の
    初めに越してきたとご主人さまが言っていたような気がします。

    それにしても菅原天満宮は高台にあり威厳に満ちたいい神社ですね!

  2. tan | URL | -

    はじめまして
    いつも楽しく拝見しています
    都島北部在住なので今回の亀山街道楽しませてもらいました
    いつも18門鉄橋をチャリでわたり、コーナンにいくたびに気になっていた
    菅原神社の石垣の謎を解明ありがとうございました
    厚かましいようですがもう一つの疑問、菅原神社の横のDF-50(と思います)はなんなのでしょうが
    なんであんなとこに?といつも思います

  3. wezard | URL | -

    菅原1の交差点は、車でよく通っていますけど、
    橋の遺構があるとは、全く知りませんでした。
    欄干と並んだ2本のパイプまであって、
    今でも川が流れていそうな雰囲気ですね

    でもこの遺構も早ければ年内にも取り壊しかな?
    昔の名残がなくなるのは寂しいですね。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    >菅原天満宮は元々この場所でしょうか??

    あれっ??
    家に帰ってすぐに東淀川区史をひらいてみました。

    大宮神社はおっしゃるように、淀川の改修工事で移転しています。
    ただ菅原天満宮に関しては移転したことが書かれておらず、
    下記のように書かれています。

    「本社は寛永年間この地開発の時に勧請せられ、境内地は古えの逆川址の東岸堤防上にあたり、その一段高く小丘をなしているのは天保年間以来毎年九月九日に土持ちと称し、境内地に土を運びて盛る慣習があったに因ると云われる。…(東淀川区史より)」

    これを読むと、昔からこの地にあったのではと思ってしまいます。
    ただ、明治の地図に神社の記号がないんです。
    実は私もちょっと引っかかっていました。

    謎がひとつ出来ちゃった^^;

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    tanさん

    ↓これですよね^^
    http://blog-imgs-41.fc2.com/a/t/a/atamatote/P1140284.jpg

    いままであえて紹介してなかったのが
    ばれちゃったかな…^^;
    私もなぜここに保存されているのかは
    わからないんです。
    なので今まで一度もふれませんでした^^

    どなたかご存知でしたら教えてください!!

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    wezardさん

    >でもこの遺構も早ければ年内にも取り壊しかな?

    おそらくそうでしょうね。
    複線化工事もこの区間を最優先で進めていますね。
    かなり進んできてますし、それが出来たら
    道路を整備するのだと思います。
    俯瞰で見ると道路のラインがよくわかります。

    でも、よくこんな中途半端に残していたなあと
    逆に感心してしまいました^^

  7. ゼク | URL | q1cvaNjE

    僕も菅原天満宮は元々この場所と思っていたのですが、
    いろいろ調べていると(http://www.geocities.jp/iko_kan2/nishinari.html
    に明治35年に移設とあったので???と思っておりました。
    古い地図で見ると旧新家村付近は旧淀川と新淀川に改修されたときの土地の変化があまりないようでしたので気になっておりました。

  8. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    私も大阪府志を読みました。
    で、わかりました。

    東淀川区史に書かれている事と
    大阪府志に書かれている事は同じでした。
    東淀川区史に書かれている菅原天満宮の記事は
    おそらく大阪府志を参考にしているのでしょう。
    ただ、文字数に制約があったのか、
    移転の事が抜け落ちていました。

    整理すると、
    菅原天満宮はこの地域が開発された時に勧請された神社です。
    しかし、淀川改修工事で明治35年5月25日に現在の地に移転しました。
    淀川百年史で調べると、新家村の堤防工事は
    明治33年6月1日に着工され明治34年9月4日に竣工しています。
    明治35年5月25日に移転した事とほぼ同じ時期です。

    境内地に土を運び盛る慣習は
    おそらく以前の場所で行われていたのでしょうが、
    この地に来て同じ事をしていたかは不明。
    元あった字宮浦がどこであったかも不明です。
    おそらく明治18年測量地図の右端のあたりでしょうか。

    長くなっちゃいましたが、
    やはり複数の資料を見ないといけないなぁと
    感じています。
    ちょっと勉強になりました^^

  9. ゼク | URL | q1cvaNjE

    新之介さん、どうも完璧なご解説どうもありがとうございました。僕も明治18年の地図で字宮浦を探しましたが分かりませんでした。
    ただ、大宮神社も元々は字宮浦にあったとあります。僕の思っていたのは今の豊里大橋の下にあるテニスコートの辺りかな?と勝手に思っておりました。

    しかし菅原天満宮の大きな楠は確か樹齢400年!
    と言うことは神社がある前からあったということでしょうか・・・・。となれば盛り土したのではなく元々、神社の横にあった川の堤防の上にあった楠かなとも思います。

    菅原天満宮の明治期の写真があればいいんですが・・・。

  10. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    ほとんどチャットですね^^

    さて、この字宮浦がクセモンですね。
    確かに大宮神社が元あった場所は
    豊里村大字天王寺庄字宮浦です。
    現在の場所でいうと、
    豊里大橋のテニスコートの対岸の
    河川敷(駐車場がある辺り)だと思います。

    ただこんな遠い所に新家村の村社があったとは考えにくい。
    中間地点に三番村もあるし。
    また新家村から菅原村になったのは
    明治21年で、菅原神社の社名に因んでいます。

    私は、字宮浦は天王寺庄村以外にもあったのではないかと思っています。
    ただそれがどこだかはわかりません。
    だって遠すぎでしょ^^;


    (前コメントの大阪府志は大阪府全志の間違いです)

  11. ゼク | URL | q1cvaNjE

    何度もありがとうございます。
    確かに大宮神社と菅原天満宮ではかなり距離がありますね!
    豊里大橋と菅原の100円の橋以上の距離がありますので。
    この当たりは淀川の付け替え工事の影響をあまり受けて
    なさそうなので意外とほとんど移動してないのかもしれませんね。

  12. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    中途半端な結論でゴメンナサイ^^;

    さて、実はこの辺りは淀川改修工事で
    一番影響を受けた地域のひとつなんです。
    多くの村が沈んでしまいました。
    今昔地図を作ってみたので参考に見てください。
    淀川が緩やかなカーブになっているのが
    よくわかると思います。


    http://blog-imgs-41.fc2.com/a/t/a/atamatote/sugawara_001.jpg
    http://blog-imgs-41.fc2.com/a/t/a/atamatote/sugawara_002.jpg
    http://blog-imgs-41.fc2.com/a/t/a/atamatote/sugawara_003.jpg

  13. Osakan Hiro | URL | -

    赤川鉄橋

    おひさしぶりです。

    赤川鉄橋はけっこう使っていた橋だったので、
    おおさか東線の複線化のためになくなってしまうのは
    なんだか惜しい気がします。

    すぐ隣に新しい人道橋を架けてほしい気もしますが、
    ちょっと離れた所に城北大橋もできているので
    無理なんでしょうね。

    またYouTubeで動画を発見しました。
    http://www.youtube.com/watch?v=3YIZmS9JhT8

  14. ゼク | URL | q1cvaNjE

    おはようございます!!
    わかりやすいご説明どうもありがとうございました。
    新家村(現菅原)はそれほど影響を受けてないようですが
    三番村と天王寺庄村は完全に川の中に入っていますね。
    と言うことは、三番村(今の豊里)は明治後期に出来た
    ということで、それ以前の村は川の底ですね。
    今でも川を掘ると出てくるんでしょうかね・・・・・。

  15. 新之介 | URL | -

    Osakan Hiroさん

    youtubeの映像を見ました。
    微妙に古さを感じさす所がいいですね。
    いつ頃の映像なんだろう?

    映像をみていて赤川鉄橋は
    映像で記録を残したくなりました。
    ビデオを持って行ってみようかな。

  16. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    三番村や天王寺庄村等、
    淀川に沈んでしまった村の人達は
    どの辺りに移住したのでしょう。
    豊里地域は調べて行くと
    結構面白いかもしれませんね。

    川の底にはきっといろんな物が
    沈んでいると思います。
    誰かもぐってれないかな^^;

  17. Osakan Hiro | URL | -

    新之介さん

    映像もいいですね。
    赤川鉄橋には撮影している人たちが多く来ていて、
    よく列車待ちしているのを見かけます。

    動画の撮影時期ですが、この動画のシリーズで
    心斎橋が陸橋で出てきているので、90年代初頭までに
    撮影されたものだと思われます。
    http://www.youtube.com/watch?v=cc8fd0SAPEY

  18. 新之介 | URL | -

    Osakan Hiroさん

    心斎橋の陸橋がめちゃ懐かしい。
    電気科学館も映ってますね。
    おそらく80年代の終わり頃、
    僕が大学の頃の映像だと思います。

    このシリーズ、いいですね^^

  19. ゼク | URL | q1cvaNjE

    今日、菅原天満宮に行ってついでに旧新家村の旧道を
    歩きましたが、以前はどこにあったかほとんど手がかりは
    ありませんでした。
    しかしあの辺りはまるで時間が止まったかのように静かで
    心安らぎますよ!

  20. 新之介 | URL | sDz630us

    ゼクさん

    さすが、いい写真ばかり。
    http://eos1d3.exblog.jp/11688871/
    撮る人によってこんなに変わるんだと
    実感しました。

    でもこの↓手はk気になるなぁ
    http://eos1d3.exblog.jp/11693762/
    何なんだろう?
    でも位置的にちっちゃい子供の
    手の位置のようだから
    汚れた手でペタッとやったのではないですか?
    この神社は子供の遊び場ですもんね^^

  21. 夢一番! | URL | -

    愛用してました。。。

    大学時代に愛用していた道。
    実際にこのルートを使って、

    車で亀岡まで行きました。

  22. 新之介 | URL | sDz630us

    夢一番!さん

    私も車で亀岡まで行ったことがあります。
    結構遠いですよね。
    昔の人はよく歩きはりました。
    関心!

  23. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    DF50

    いまでいうハイブリッド、内燃機関+発電機&モーターの
    電気式ディーゼル機関車でした。
    先日交通科学館に用事があったので久しぶりに見てきて
    印象を新たにした所です。
    大阪にもう1台あるなんて!
    何を隠そう、昭和45年頃は大分にいたので上りの特急「富士」
    8列車を毎日夕方遊び帰りに見るのが日課でした。
    ここでDF50からED76に牽引機が変わります。

    地味な田舎の幹線のスター機関車なんですが元々のコンセプトが
    ヨーロッパ式ですから東ドイツやハンガリーあたりの風景にも
    似合いそうです。
    僕は大好きな機関車の一つです。
    近畿・関西では山陰線、福知山線、紀勢線に投入されました。

  24. 新之介 | URL | sDz630us

    kotaroさん

    ハイブリッドなんだ。
    かっこいいな。
    そういえば交通科学館で何度も見てますね。
    http://blog.goo.ne.jp/miznetx/e/808b9cc1fdd4d9b2c80ad26e80ca6c8e
    でも、まったく気にしていませんでした^^;

    知れば知るほど鉄道は面白いですね。

  25. おとと | URL | -

    何が悲しいってこの鉄橋の景色が変わってしまうことです。
    幼い頃夜遅くに 汽笛の音とともに
    いつまでもいつまでも貨物列車が通る音が続いていたのが
    私の心に残る音ですね。

  26. 新之介 | URL | sDz630us

    心に残る音

    おととさん

    赤川鉄橋はファンの多い鉄橋でもありますよね。
    夜遅く聞こえてくる貨物列車が通る音。
    わかります。それ。
    特に冬の夜は遠くの音がよく聞こえます。
    私にとっても淀川を渡るJRの列車の音は
    郷愁を誘う音です。

  27. こぶたもち | URL | k5fca2wY

    幼稚園近くの機関車

    調べてみましたら、「この地域の区画整理記念として設置された」とありました。でも「区画整理」と
    機関車のとりあわせもやっぱり妙ですね(笑)

    亀岡街道を寸断した国道ができた頃、移転先が決まらないのか、けっこうしばらくの間、わらぶき屋根の立派な旧家が道路の真ん中にあったと父が言っておりました。
     そういえば西中島の大きなお屋敷も解体に
    はいってました。ああもったいない。

  28. 新之介 | URL | sDz630us

    こぶたもちさん

    区画整理記念に誰が何のために設置したかを
    書いてあるといいんですけどね ^^

    西中島のお屋敷はこれですね。
    http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%A7%85%EF%BC%88%E5%A4%A7%E9%98%AA%EF%BC%89&ll=34.72512,135.50086&spn=0,359.995703&z=18&layer=c&cbll=34.725121,135.500776&panoid=y2LPHdAPW8Vjk93YKo-h1A&cbp=12,149.21,,0,4.59

    まさか解体されるとは思っていなかったので、油断してました。
    ある日突然解体が始まっていてビックリしたのを覚えています。

    残念ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/268-f5b7a28a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。