「 大阪砲兵工廠本館の取り壊し」のコメント一覧

カオスさん

ショッキング!!

いやあ、この記事にはびっくりしましたよ!
まさか大阪市がねえ・・・
昭和56年というと中学生でしたよ。
1面トップでデカデカと載ってるということは当時は
結構騒がれたんでしょうねえ。

この記事を見て、去年11月に撮影してたのを思い出して
こっちも記事にしました。
新之介さんの記事のリンクも貼らせて頂きました。

URL 編集

新之介さん

すごい所が大阪にあったんだ

カオスさん

当時のことを覚えておられる方は
結構いらっしゃるようです。

私は大阪砲兵工廠関連の書物で最近知りました。
今の大阪市はこんな無茶なことは
しないですよね。

大阪砲兵工廠を調べてみて、
日本の工業の歴史そのものって感じがしました。
すごい所が大阪にあったんですね。

URL 編集

kotaroさん

こりゃひどい

柴田さんあたりの人々がその後立ち上がった理由が
判るような気がします。
壊した人たち(当然当時の首長や推進派の議員)は
府民の将来に不要と思った、金が儲かる方向に
繋がればその方が公益になるとでも考えたのでしょうか。
それにしても非道い!
朝日新聞夕刊のカメラは「暴力」と訴えています。
28年後のこれから朝日新聞の大阪本社もこのように
壊されていくのでしょうか。



URL 編集

新之介さん

ダイビルの取り壊し

kotaroさん

柴田さんとは
明治建築研究会・戦争遺構研究会代表の
柴田正己さんですね。
「アートな大阪・魅力の明治建築物語」は
よく読んでいます。

朝日新聞のビルもそうですが
ダイビルの取り壊しが迫ってきています。
今はそれが心配です。

URL 編集

むくのきやすおさん

住んでました

私は砲兵工廠の敷地あとに含まれる、森之宮の公団住宅に以前住んでいました。公団住宅の中にも小さいですが、砲兵工廠跡の碑が建っています。2号棟の前辺りだったでしょうか。

そんなことは知りながら、昭和56年の取り壊しの件は知らずにおりました。勉強させて頂きました。

取り壊し推進派の市議会議員は下手したらまだ議会におったりするのでしょうか。ドナルド・ラムズフェルドのミニチュアが大阪を跋扈していた、という印象です。

URL 編集

新之介さん

むくのきやすおさん

住んでおられたのはまさに
元砲兵工廠の敷地内だったんですね。
それに猫間川が流れていた場所のすぐ近く。
猫間川にこだわられていた理由がわかったような気がしました。
住宅内にある碑は近くに行った時に探して見ようと思います。
元市会議員の先生は引退されておられるようです。

URL 編集

明治建築研究会さん

かけがえのない歴史建築は開発的保全再生を図るようささやかな活動を続けています。

ご支援有難うございます。初めてこのブログを知りました。バカ、甘いといわれながらもかけがえのない歴史建築の保全再生についての要望をしています。今後とも、ご指導をよろしくお願いします。現在、戦争遺構の開発的保全再生を図るよう関係方面へ呼びかけています。

URL 編集

新之介さん

明治建築研究会さん

柴田さんを代表とする皆様の活動は大変意義のあることだと思っています。戦争の遺構はしっかりと後世に残す必要があります。皆様の活動を陰ながら応援しています。

URL 編集

現在建築士なのに塾講師?さん

 当時、まさに当日、中学生でラグビーの試合で大阪城公園に行っていました。いつも見慣れた煉瓦建築が散り壊されていくのを切ない思いで見つめていました。現場の方にお願いして煉瓦を一つ頂き大事にしていたのを覚えています。今から思うと建築に関係しだしたきっかけかもしれません・・・。煉瓦は紛失してしまいましたが、あの破壊されていく光景はいまだに忘れられません。

URL 編集

新之介さん

現在建築士なのに塾講師?さん

すごい!
その場に居合わせていたんですか。
破壊されていく様子は写真を見るだけでも
衝撃的です。その場におられたら
なおさらすごかったでしょうね。

その煉瓦、
ご実家の前に転がっていないですか?^^;

URL 編集