このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

天竺川逍遥

2009年01月13日 07:30

天竺は極楽? 天竺川逍遥

♪ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが三蔵♪
この歌を知っているのはおそらくドリフ世代です ^^
さて、天竺(てんじく)と言っても西遊記の話ではなく、豊中市内を北から南に縦断するように流れている天竺川のことです。以前から気になっていた川だったので、何の前知識もないまま服部緑地の辺りまで歩いてみました。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

DSC08193.jpg
天竺川が神崎川に流れ込む場所です。三国橋を渡ってあそこから上流に歩いていきました。

DSC08251.jpg
下流部はコンクリートで囲われています。

DSC08257.jpg
少し歩くと大きな木が。

DSC08264.jpg
木の向こうは墓地になっていました。

DSC08278.jpg
この辺りの上空は伊丹空港へ降りていく飛行機の航路になっているようです。

DSC08285.jpg
最初の墓地から少し歩くとまた墓地が。どうもこの川沿いには墓地が多そうです。

DSC08295.jpg
さらにしばらく歩くと、右手に森が見えてきました。長島住吉神社です。

DSC08311.jpg
神社の前辺りの土手に石碑がありました。「三十三」と刻まれていましたが何かはわかりませんでした。

DSC08316.jpg
で、この「日電(にちでん)橋」を渡ると急に風景が変わります。

DSC08320.jpg
ここから松並木が続きます。

DSC08341.jpg
個人的にも背の高い松が好きなので、結構いい風景が続きます。

DSC08373.jpg
しばらく歩るくと地蔵尊を見つけました。この川沿いにはお地蔵さんがたくさんあるのでは…と思っていたのですが、道沿いにあったのはこの地蔵尊だけです。この地蔵尊は昭和10年頃の水害で流れてきたもをこの地域の方々がお世話をしているのだそうです。

DSC08376.jpg
で、また墓地が現れます。かなり大きな墓地。

DSC08387.jpg
六地蔵にも綺麗なお花を供えられていました。

DSC08397.jpg
で、すぐにまた違う墓地が…。墓地だらけです。墓好きの私にはいいかもしれませんが… ^^

DSC08401.jpg
ここには無縁塚がありました。あまり古い感じがしませんでした。

DSC08426.jpg
やっと緑地公園の辺りまでやってきました。ここは釣堀で有名な若竹池です。
あれ?誰も釣りをしていないですね。

DSC08430.jpg
うそ!去年の3月31日で閉めていたようです。どうも管理人の方が病気で閉めたようです。また再開されるといいのですが…。昔からある釣堀なのでなくなると寂しいですね。

DSC08407.jpg
で、また墓地がありました。昔から川沿いには墓地が多く作られていましたが、短い距離の中でこれだけ多くの墓地がある河川も珍しいのではないでしょうか。

DSC08486.jpg
やっと目的地にたどり着きました。極楽橋です。ここがどこかというと…。

DSC08490.jpg
服部霊園です。

DSC08492.jpg
ここは広い霊園ですよね。

DSC08494.jpg
私の祖父や祖母のお墓もここにありますので、たまに来ます。いつもは車で来るので、今回初めて歩いてみました。

DSC08498.jpg
天竺川を歩いての感想は墓地がとにかく多いことと、立派な松並木があること。大阪市内には大きな松の木があまり残っていませんので天竺川は貴重な場所ですね。

墓地が多いのは天竺という名前と何か関係があるのかな?



大きな地図で見る


■人気ブログランキング■への応援お願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif


(追記)
石碑の「三十三」に疑問をもっている方が他のもいらっしゃいました。
http://www.eonet.ne.jp/~pc007/miti_.html
スポンサーサイト


コメント

  1. pinboke_planet | URL | nJ6t.gCE

    園田時代の行動半径

     おしまいのMapでよく分かりますが、阪急園田に居た中学生の頃の、自転車での行動半径は阪急塚口・伊丹飛行場・服部緑地くらいまででした。
    服部緑地には、特にこれといった施設はまだ無かったと思います。

     ちなみに、学校からの映画鑑賞は徒歩で伊丹市内の映画館まで行きました。

     今回も、直接関係無いのですが、探していた淀川善隣館の外観写真と、大阪偕行社附属小学校の制服の写真が奇跡的に?出てきましたのでFlickrに載せておきました。いずれも1940年撮影で、姉によれば、淀川善隣館はなかなかオシャレな外観だったそうです。設計者は?・・・屋上にナイター設備?(姉は記憶に無いそうです)

    Yodogawa Settlement House (Zenrinkan) 1940-b 淀川善隣館卒園式 1940年撮影
    http://www.flickr.com/photos/pinboke/3188183760/sizes/l/

    The uniform of The Osaka Kaikosya Elementary School (1940)-CIMG2442 大阪偕行社附属小学校の制服 (1940撮影)
    http://www.flickr.com/photos/pinboke/3187342615/in/photostream/

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    偕行社附属小学校の制服

    pinboke_planetさん

    偕行社附属小学校のソックスを
    やっと見ることができました^^

    淀川善隣館の写真も貴重ですね。
    左端にいらっしゃるのはモラン先生ですか。
    ナイター施設?も気になりますね。
    個人的には後ろの煙突も気になります。
    染物工場かな?

  3. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    うちの近所です

    履正社の近くなので毎日緑橋を渡って駅に向かいます。
    墓地の数、本当に多いですね。改めて感心しました。
    ここに引っ越してきたときになんとなく「ああ、人生の最後はこういうとこでもいいかな」とこの年齢で初めてそんな感興を憶えました。
    それは緑地公園自体が大きな、「そういう領域」なのだなと、この原稿を読んで気づきました。
    また付近には桜塚の地名のようにたくさん古墳が、驚くような高級住宅地に隣接して残っています。
    昔から墳墓を作るのに適した「日当たりの良い丘」だったようです。

    緑地の最大の霊園が大阪市のものだというのは元日に散歩していて気づきました。おそらく緑地公園を作ったのは府よりも大大阪時代の大阪市でしょうね。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    日当たりの良い丘

    kotaroさん

    お住まいは履正社の近くですか。
    いいところですね。

    桜塚の古墳群は一度もみたことがありません。
    古墳めぐりも面白いかもしれませんね。
    岡町駅周辺は古いものも残っているようなので
    うろうろしてみようかな。

    服部霊園は大阪市立なんですね。
    コメントをよんで気付きました ^^

  5. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    日電橋

    何気なく読んでいて気になる地名。
    日電とはNECの工場でもあったかなと思い当たらず
    ふとこれは戦前の5大電力会社のひとつ、日本電力のことでは、と思い至りました。
    大阪には宇治川電力の本社も置かれて、現在も西天満に美しい宇治電ビルディングが残されています。
    日電の本社は今年が最後の年になるダイビルにあったようです。
    戦前の地図か何か記録がないか調べてみます。

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    日本電力

    kotaroさん

    日本電力ですか。
    調べていくと面白そうですね。

    ダイビルは大正12年に大阪商船、宇治川電気、日本電力の三社共同出資により、株式会社大阪ビルヂングが設立されています。

    ダイビルの歴史はいつかは調べようと思っていたので
    私もこれを機会に調べてみようかと思いました ^ ^

  7. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    Re: 天竺川逍遥

    ちょっと関連になるか、微妙ですが
    拙ブログに近くのお墓のある風景について
    書いてみました。
    ご高覧頂ければ幸いです。

  8. 新之介 | URL | sDz630us

    『続』男たちにはわからない

    kotaroさん

    http://bany.bz/coupe100/entry_153622.php
    を見ました。
    くねくね道が興味をそそりますね。
    私は町を歩く時
    くねくね道を歩くようにしています。
    間違いなく古いものと出会えます。
    墓好きの私から見てもいい墓地です ^^

  9. alcoholicdrunken | URL | -

    桃山台駅付近から流れる「天竺川」と、東豊中付近から流れる「兎川」との合流点付近に、「豊中市立熊野田小学校」があります。昔は「豊能郡熊野田村」だったそうで、村域は現在の東豊中町、東泉丘・西泉丘、熊野町、赤阪、栗ヶ丘町、上野西一丁目、上野東一丁目・二丁目に、上野東三丁目の一部(豊中市立上野小学校対向地域近辺)、北桜塚四丁目(大曽公園・水道局)付近の一部、新千里南町三丁目の一部(豊中市北消防署の出張所近辺、府立千里青雲高校=旧東豊中高校=近辺)に及んだようです。ここは昔、「熊野代」と呼ばれ、京からの「熊野詣」に出た人たちがここで旅行をやめた、いわば「カラ出張」の地だったと言う説があります。

  10. alcoholicdrunken | URL | -

    すみません。
    先の投稿の「新千里南町三丁目の一部」を、「新千里南町の一部」に訂正させて戴きます。

  11. kotaro | URL | 8nGiSIKA

    府道2号線

    伊丹空港の地下を通って豊中の桜塚に出る横の道。このあと熊野町を通り上新田で新御堂をくぐり吹田方面にでます。
    この道が昔の抜け道だったのでしょうね。
    熊野田の地名の方が今の熊野町より古い気がしていましたが、熊野はあまりに遠すぎて、この辺で熊野にいったことにしておこう。
    面白い話です。
    お宮参りというのは、神聖なようで割と目的意識は俗です。
    そこが日本人の使い分けの上手さだとずっと認識しています。
    最近の日本人の方が変に西洋の影響を受けて、折れやすく脆いような気がしてなりません。
    なに、神は八百万、そこら中に居てくれるのですから。

  12. 新之介 | URL | sDz630us

    熊野田

    alcoholicdrunkenさん

    熊野田小学校のホームページが
    とても参考になりました。
    http://www.toyonaka-osa.ed.jp/cms/kumanoda/index.cfm/1,249,12,106,html

    熊野田の八坂神社は、「熊野系」の神社だそうですね。
    紀伊の熊野三山と同じご利益があるそうなので
    昔は多くの人が熊野の代わりにここにお詣りしたのでしょうか。

    とても面白い話です。


    kotaroさん

    >お宮参りというのは、神聖なようで割と目的意識は俗です。

    なるほど!
    それもまた面白いです。
    確かにそうかも知れませんね。
    昔の人は何とか参りの旅が好きだったようですが
    旅の目的がいろいろあったのでしょうね…。


  13. alcoholicdrunken | URL | -

    コメント追加致します。

    「天竺川」の名前の由来として、「少雨時は枯れ川になりやすく、川底の砂が露出して砂漠のように見えるため」という説があるそうです。

    [追補]「熊野田(熊野代)」の地として、現在の豊中の「旭丘」「夕日丘」もこの地内に含まれます。

  14. alcoholicdrunken | URL | -

    更に追補

    新之介 様 よりご教示の、「熊野田小学校」HPを参照しますと、「服部霊園」のある「広田町」近辺までが旧「豊能郡熊野田村」だったのですね。小生、服部緑地付近は、大部分が旧「豊能郡小曾根村」、一部=現在の履正社高校付近=が旧「豊能郡中豊島村」(3村 のいずれも 現 豊中市)という意識でした。

  15. alcoholicdrunken | URL | -

    更に追記

    「熊野田小学校」のHPを更に見ますと、「島熊山(現在は豊中市と、一部箕面市に跨る)」の記事がありました。この「山」(丘?)は、旧村名で言いますと、「豊能郡櫻井谷村(現 豊中市)」「豊能郡熊野田村(現 豊中市)」「豊能郡萱野村(現 箕面市)」「三島郡新田村(現在は 豊中市 と 吹田市 に分割)」の4村の村界になります。このあたり、更に古くは、この近辺では、「豊能郡」は「豊島(豊嶋)郡」、「三島郡」は「島下(嶋下)郡」だったこともあり、小生は、「島熊山」は本来、「島隈山」と書くべきではなかったかと考えています。

  16. 新之介 | URL | sDz630us

    alcoholicdrunkenさん

    この地域は歴史があって時をさかのぼっていくと
    とても面白そうな地域ですね。
    豊中地域はとても興味があります。
    気候も良くなってきたし、旧街道や旧村を歩いてみようかな。
    面白いものが残っていそうですね。

  17. jack77betty | URL | -

    目疣(めいぼ)橋

     この天竺川のすぐ東に天竺川とおなじく北から神崎川に流れ込んでいる川があり高川といいます。
     その高川が神崎川に合流する直前にかかっているのが「目疣橋」と言う変わった名前の橋です。
     この橋のについては「大阪を歩こう」のosakawalkerさんが詳しく紹介されています。
     http://blog.livedoor.jp/osakawalker/archives/2008-12.html#20081216
     と言うより私が知ったのはなにを隠そう(笑)氏のブログを読んだからです。(osakawalkerさん、もし拙文お読みであれば無断引用失礼御容赦のほど)
     初めに文章に接した時、三国の渡しのそばにある川という事でてっきり天竺川の事だと勘違いしてしまったので特に印象に残りました。 
     
     余談ですが、「目疣」、私の知ってる言葉では「めばちこ」の事だと理解するのに時間がかかりました。文字どおりなので、わかってみれば「なーんだ。」という事なのですが、最初にこの言葉を見た時はまったく見当がつきませんでした
     さて関西では「めばちこ」が一般的なようですが、全国的には「ものもらい」ですね。これは私も使います。 とはいえ橋の名前になっているくらいですから「目疣」を使う地域もかなりあるようです。そのほかにも「ものもらい」の方言は沢山あってネットで調べると詳しい分布などが出ています。
     しかし、自分が調べたわけでもないのにこれ以上の説明はおこがましいのでやめておきます。

  18. 新之介 | URL | sDz630us

    目疣(めいぼ)橋

    jack77bettyさん

    osakawalkerさんの「目疣橋」。
    エエ感じの橋ですね。
    十八条の対岸になるんですね。
    明治18年測量地図に渡し場へ向う途中の
    川にかかる橋が記されていました。
    昭和10年に整備される前の橋でしょうか?

    http://blog-imgs-12.fc2.com/a/t/a/atamatote/mebachiko.jpg

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/208-dd7de272
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。