このエントリーをはてなブックマークに追加

餅は餅屋

2008年12月30日 00:50

餅は餅屋

私の家は米穀店でしたので、年末にはお餅も扱っていました。ただ餅は餅屋さんで仕入れていました。昔は年末になると町内で餅つきをしている家がいくつもありました。今ではほとんど見かけなくなりましたね。今の十三に餅屋さんはあるのかな?今年最後の記事は、お餅屋さんを探しに商店街を歩いてみました。

ポチッと!■人気ブログランキング■

DSC07143.jpg
十三元今里商店街のお豆腐やさん。今日は忙しそうでした。

DSC07148.jpg
この光景は子供の頃からずっと続いています。でもしめ飾りをしている家が少なくなってきました。

DSC07146s.jpg
おっ!いきなりお餅を売ってました。和菓子の永楽堂寿浩さん。ここで作っているようでした。「餅は和菓子屋」というのもアリですね。

DSC07361.jpg
よろこぶ。よろ昆布 ^^

DSC07152.jpg
お肉屋さんの前でもしめ飾りを売ってました。

DSC07355.jpg
当然肉屋さんが売っているのではありませんよ。念のため ^^

DSC07356.jpg
ちなみにこのお肉やさんの揚げもんは安くて旨い!

DSC07471.jpg
駅前まで歩いてきました。喜八洲総本舗は今日も忙しそう。

DSC07325.jpg
十三駅。

DSC07198.jpg
で、十三の地下道をくぐります。

DSC07279.jpg
花屋さんも正月っぽい。

DSC07419.jpg
で、木川本町商店街まで歩いてきました。あっ、「栗の甘露煮」。これってずっと「栗きんとん」と思っていましたが、栗きんとん発祥の地、中津川に行って違うことに気付きました ^^

DSC07420.jpg
かまぼこ屋さん。お節の名脇役ですね。

DSC07299.jpg
お惣菜屋さん。黒豆ツルツルテカテカ。

DSC07290.jpg
で、商店街を抜けた所にお餅屋さん発見!

DSC07288.jpg
おおっ、餅。

DSC07422.jpg
奥で作っていました。

mochi.jpg
できたて!

DSC07292.jpg
子供の頃、近所にあったお餅屋さんを思い出しました。

私の家では丸餅とあん餅を買っています。あん餅は結構うまいですよ。香川出身ではないですが、白味噌のお雑煮にあん餅を入れます。メチャうまい。でもお雑煮に入れるのは家族で私だけです ^^

今年はこれが最後の記事です。
今年一年間、ありがとうございました。
来年も懐かしいものを捜し歩きますので
どうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください



DSC07620.jpg



★ 来年もよろしくおねがいします ♪

banner_kadomatsu.gif
スポンサーサイト


コメント

  1. BAMBOO | URL | -

    お肉屋さんはピュア13の前のマルセイさんですよね。

    40~35年ぐらい前、ミードの学童保育やボーイ(カブ)スカウトの帰りにコロッケ買いました。1個15円、ミンチカツが30円だったような記憶が・・・。

    近くに文房具屋さんがあって探偵手帳買いました。

    なつかし。

  2. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    餅つき

    小さい頃は家でお父さんが石臼で着いていました
     大阪に来てからは お米屋さんに賃つきを頼んでいたようです
    父が一人でつくのはしんどくなったようで・・

    いつも28日について (29日は 苦餅でゲンが悪いといわれていました) お正月まで おやつはあんこ餅 おなかがすいたらお餅というのがつづきました
    小学校1年のころ つきたてのお餅をたべながら 抱いていた子犬にもやって 子犬は のどに詰まらせて死んでしまい それがお餅に対するトラウマになりました
    お雑煮は縁起物ですからいただきますが それ以外にたべることはめったにありません

    あんこ餅の雑煮 一度だけいただいたことがあります
    高松のほんの一部の地域の風習のようです
    高松でもあんこ餅ではない地域もあるようですよ

    私は 料理研究家の土井勝先生のところでいただきました

    お餅といえば丸もちか なまこと呼んでいるお餅しか知らなかったので 平たい四角のお餅 伸し餅を着るのを見たときはビックリしました

    我が家も 白味噌丸もちです

    十三に日の出というお餅や ありませんでしたか?
    確か友達が家庭教師に行っていたように覚えています
    東の町だったかな

    注連飾り だいぶんまえから 洋風のアレンジっぽいのを飾っています
    古風なのはドアには にあわない

    やはり門があって 門柱には 雄松 雌松 こういうのに似合いますね
    今 そんな家に住んでいません

    1年かありがとうございました
    良いお年を 来年も よろしくお願いいたします



  3. pinboke_planet | URL | nJ6t.gCE

    切り餅と丸餅・喜八洲の酒まんじゅう

     名古屋の風習か中津川の風習かわかりませんが、子供の頃から鏡餅以外はすべて切り餅で(お雑煮はスマシです)、大きな餅切り包丁を使う母の姿が強く印象に残っていましたので、加古川に来て妻の実家の餅つきをするようになり(お雑煮は味噌仕立てで蕪が浮いていました)、すべてが丸餅で、みんなが器用な手つきで次々と餅をまるめていく光景を見て、実はかなり驚きました。

     しかも、ひと臼を、こねる段階から一人でつくと、息も絶え絶えになるほどしんどいので、年末の大掃除とともにあまり歓迎できない行事でしたが、まもなく電動の餅つき器になって本当にホッとしました。
     石臼は、いまは庭でメダカ数匹(数尾かな?)の住まいになっています。

     娘の嫁ぎ先では、(米作兼業農家でもあるので)いまも家で餅つきをしていて、年末にはいつも数箱のつきたてを貰うのですが、つきたてを即冷凍すると、解凍してもつきたての風味が味わえるのを知ったのは悔しいかな、つい数年前のことでした。

     喜八洲本舗は練習帰りに立ち寄って、バレーボール部のお姉さんたちとよく一緒になった懐かしい思い出がありますが、十三駅は、基本的には一見木造モルタル風で外観はむかしのままみたいですね。
     最後に行ったのは、もう20年くらい前、田川の会社の忘年会で「がんこ」の帰りですが、天気予報の福井さんが、やはり酒饅頭を買って店先で雨宿りをしていて、一言二言話をしたことがありました。

     最近、姉に聞いた面白い話では、全く十三には縁が無いと思っていた父が、時々母への手土産に喜八洲の酒饅頭を買って帰ったそうですが、それは必ず浮気のあとだったらしいそうです。


     
     
     

     今頃になって、母が苦労した餅切りを、簡単なテコの原理で、たぶん難なく切れそうな器具を写真で見ました。

  4. 新之介 | URL | sDz630us

    うずらと赤ウインナー

    BAMBOOさん

    コロッケが15円、そんな値段でしたね。
    みどり色の紙に入れて、ハフハフしながら
    買い食いしてました。
    コロッケは小学生のおやつの定番でしたね。

    マルセイのコロッケは母親がよく買っていました。
    うずらと赤ウインナーの串フライもよく買ってたなぁ。
    子供の頃の我が家の定番でした。

    今も串フライあるのかな?
    しばらく食べていないので
    今度、久しぶりに買ってみよ。

  5. 新之介 | URL | sDz630us

    しめ飾りとお餅

    TOSSYさん

    TOSSYさんのお家でもついていましたか。
    いいですね。
    土井勝先生は香川県出身のようですね。
    NHKの「きょうの料理」を祖母がよく見ていて、
    私も好きで見ていました。

    「日の出」というお餅屋は知りませんが
    神津神社の近くに「日の出ビル」という所が
    ありました。ここだったかもしれませんね。

    実家では、しめ飾りは家の玄関だけでなく、神棚やトイレにも飾っています。
    我が家はまだ買っていません ^^;

    我が家も丸餅に白味噌です。
    実家では2日は何故か焼餅におすましでした。
    鏡餅も大きいのを飾っていましたので
    鏡開きの後は、毎日のように
    おやつはお餅でした ^^


    TOSSYさんにも今年はいろいろ教えていただきました。
    来年もよろしくお願いいたします。

  6. 新之介 | URL | sDz630us

    餅に生えるカビも季語だと思う。

    pinboke_planetさん

    >大きな餅切り包丁を使う母の姿が強く印象に残っていました

    私の家では餅切りは父親の役割でした。祖父や祖母がいたときはどうだったのかな…
    今の鏡餅は真空パックになっていますので
    カビが生えずにいいのですが、
    餅に生えた青カビも正月の終わりを感じる
    風物詩だったのかもしれません。
    今でもお餅つきをされている娘さんがうらやましいです。

    十三の駅はおそらく木造のままです。
    改築せずにがんばってほしいです。

    天気予報の福井さんとお話をされたんですか。福井さんは十三の某マンションにお住まいだったと聞いています。

    十三で遊んで、喜八洲でお土産を買って帰るというのは、いまも昔も変わりませんね ^^

  7. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    澄まし雑煮

    我が家も 2日は澄まし雑煮(鶏肉と三つ葉 かまぼこ)です
    そして 3日はまた白味噌でした

    今はもう3日の白味噌はパスです

    「今日の料理」の収録には ついていっていました
    CMがない分 民放よりも時間が長くて 大変でした
    今でもあのテーマ音楽を聴くと ぴくっとします

  8. pinboke_planet | URL | nJ6t.gCE

    豆餅?とあべかわ餅など

     前回のコメントで、無意味な空白行があってすんませんでした。
     皆さんのコメントを見ているうちに、子供の頃の冬のいちばん楽しい思い出は、茶の間の大きな火鉢の灰の上に、お湯を入れた容器(ウチの場合は牛乳沸かし?)を直接置き、大きなお皿に砂糖たっぷりのきなこが用意してあって、あべかわもち(安倍川餅と書くみたいですね)が焼ける間に、母といろいろ会話する午後のひとときだったように思います。

     また、中津川時代はよもぎもちなどの餡もち以外の、餅オンリーの丸餅の記憶は無いのですが、大豆や黒豆を混ぜ、板状でなく枕状にした餅を必ず一緒についていました。
     これは、5mmくらいに切って、やはり火鉢で焼くと手ごろな大きさのおやつになりましたね。

     とか、言っているうちに本当に今年もあとわずか・・・どうぞ良いお年を!!


     

  9. 新之介 | URL | sDz630us

    お腹がすいてくる音楽

    TOSSYさん

    土井先生の収録について行っていたのですか。
    すご~い。

    私もあの音楽は大好きです。
    この音楽も子供時代にタイムスリップできるかも…。


    http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=15812

  10. 新之介 | URL | sDz630us

    火鉢

    pinboke_planetさん

    火鉢で思い出しました。
    祖父がいた頃は、火鉢で餅を焼いていました。
    火鉢の上に網をのせて
    お餅を焼くのが懐かしい。
    餅が膨らむのを初めて見たのは
    きっと火鉢で焼いたお餅だと思います。

    実家にはきっと火鉢が残っているはず。
    探してみようかな。

    今日は実家に行って(といっても徒歩5分)
    晩ご飯をよばれてきます。


    良いお年をお迎えください

  11. ばんぼー | URL | t/Klp7tQ

    和菓子

    いつも楽しいブログを有難うございます。
    来年もよろしくお願いします。

    和菓子屋さんは同じ高校でした。
    今はもうないのですが、その近くに米屋さんがあって、
    塾の友達の実家でした。

    自分も含めて昔はクラスに、商売人の子が沢山いましたが、スーパーマーケットの出店などで、跡継ぎになった人はほとんど今は居ないはず・・

    私の実家も梅田で細々商売してますが、いつまでつづくやら・・

  12. 新之介 | URL | sDz630us

    跡継ぎ

    ばんぼーさん

    私も十三の商店街には、商売の跡を継いでいる
    同級生が何人かいます。
    商店街は代替わりが一番難しいですね。
    現在、年配の方が商売をされている店も多く、
    そこが代替わりできないと
    全然違うテナントが入っていくでしょう。

    いつまでも賑わっている商店街が
    続いてくれることを願っています。

    来年も地元のエエもんを発掘していきます。
    良いお年をお迎えください。

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/202-2ab472cb
この記事へのトラックバック