このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

以外とおもろい伝法

2008年10月10日 08:30

結構おもろい伝法 後篇

明治18年測量の地図と淀川改良工事後の地図を見比べると、面白いことがわかります。下の明治18年測量地図の伝法地域の川を見てください。

denpo_007.jpg

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

denpo_s16.jpg
昭和16年の地図。
わかりましたか?そう、伝法川と正蓮寺川、六軒家川は中津川の名残なのです。淀川が開削されて淀川北岸の中津川跡はすぐに埋め立てられましたが、伝法地域は昔の流れをそのまま残していました。

denpo_s30.jpg
しかし、昭和30年の地図を見ると伝法川が埋め立てられています。その後、下鳥島(鼠島)より上流部も埋め立てられました。

DSC04526.jpg
西念寺です。大化元年(645)法道仙人が建立し、大同元年(806)空海上人が中興され、延喜元年(901)に菅原道真公も参詣、滞留されたといわれています。摂・河・泉・三国の四大本山の一つとして栄えていたとか。

DSC04551.jpg
前の道は大坂道で正面には備前橋という大阪の文化歴史上重要な橋がありました。

DSC04528.jpg
これが大坂道。まっすぐ行くと海老江です。

DSC04554.jpg
伝法小学校の開校の地でもあります。開校は明治6年です。すげーっ

DSC04530.jpg
境内に入ってまず気になったのが右の建物。

P1040245.jpg
中に入ると、なにやら古そうな石像が…。

P1040248.jpg
その横に祠が、

P1040251.jpg
2つありました。その横と後ろにも石像がたくさんあります。歴史を感じます。この地域に昔からあったものが何らかの事情で集まって来ているのでしょうか。

DSC04542.jpg
とげぬき地蔵さんもやさしく微笑んでいます。

P1040232.jpg
西念寺の近くに庚申堂(こうしんどう)があります。1658年建立された愛宕神社の中にあったのだそうです。愛宕神社が澪標(みおつくし)住吉神社に合祀された時に住民たちの希望で残されました。

P1040226.jpg
申(さる)を施した彫刻の飾りがあることから申(さる)神社とも呼ばれていました。そういえばこの地域は申村でしたね。
前回の記事を参照ください。
http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-169.html


P1040230.jpg
さるの彫刻、わかりますか。

P1040266.jpg
で、ここが川の名前にもなっている正蓮寺です。

P1040269.jpg
正面には手入れが行き届いたキンモクセイの木がありました。

P1040271.jpg
手水舎(てみずや)もエエ感じ。右は井戸ですね。

P1040284.jpg
境内は本当に手が行き届いています。

P1040278.jpg
床はピカピカでした。鏡みたい。

P1040277.jpg
鴻池家の立派なお墓がありました。

DSC04559.jpg
伝法川は埋め立てられましたが、最下流部は港として利用されています。

P1040197.jpg
これは伝法水門。昭和38年に設置されました。最初の伝法川第一閘門は明治36年に完成しています。

P1040207.jpg
緑があってちょっとエエ感じ。ここも中津川だったんですよね。

P1040349.jpg
こちらは六軒家水門。正蓮寺川の先っちょです。この水門は昭和30年に設置されたものです。現在は川幅の3分の2が埋め立てられていました。

P1040338.jpg
少し上流ではこんな感じです。この下を高速道路は通るんですね。


(おまけ)
P1040235.jpg
うろうろしてるとエエ感じの民家が残っています。ここは廣申堂の近くです。

DSC04453.jpg
こんな畳屋さんもありました。なんかエエでしょ。


■人気ブログランキング■への応援お願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

スポンサーサイト


コメント

  1. pinboke_planet | URL | nJ6t.gCE

    散髪屋さんに畳屋さん

     この地域は、新入社員当時には自社の工場があって、何度かグラウンドを借りてソフトボールの試合なんかに訪れましたが、殆ど未知の世界?ですので、興味深く拝見しました。

     自宅の数軒先に、いつ行っても殆ど客のいない行きつけの小さな散髪屋さんがあったのですが、気の良いご主人ががんで他界してからかれこれ15年、店は閉めたままであれ以来散髪屋へは行かなくなりました。

     高校生だった子息が、近所では、まあ大きな交差点に面したマンションの1階のテナントでヘヤーカットサロンを開いて繁盛していますが、最近交差点の対角にあったコンビニの土地を買い取り、いま、新店舗ビルを建築中なので驚いていますが、最短距離のコンビニが無くなり不便になりました。

     やはり、珍しく近所に一軒あった犬好きの畳屋さんが最近通りかかると廃業していて、建物が売りに出されていました。
     子どもの頃は、畳屋さんが家に来て庭先の床机の上で畳表を裏返し、新品同様にする見事な手つきを熱心に見たりしました。
     いつの頃からか、和室でも藺草の香りが消え、ビニールの畳表まで現れ、大掃除に畳を上げ、(たぶん)柳の枝の畳叩きで叩いたり、逆V字に組んで天日に干す光景を見ることはなくなりました。

     そういえば、布団屋さん(若しくは綿屋さん?)も、家に出張してきて、打ち直した綿に入れ替えたり、新品の布団の綿入れもやってましたね。帰ったあとは、その部屋は、それこそ綿ぼこりが積もっていたことを思い出します。

     いまは、畳も床が藁から発泡スチロールなどになって軽くなり、ちょっと古くなった布団は即粗大ゴミですか・・・


     

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    畳屋さん

    pinboke_planetさん

    畳屋さんは以外と町に残っているようなイメージがあります。以前に比べるとかなり減りましたが、マンションでも和室がある部屋が多いからでしょうか。

    >子どもの頃は、畳屋さんが家に来て庭先の床机の上で畳表を裏返し、新品同様にする見事な手つきを熱心に見たりしました。

    日本の原風景のひとつですね。私は見たことがないですが、見た事があるような気がします。なぜだろう?

    畳の部屋で寝転がるのはなぜあんなに気持ちがいいんでしょう。それに寝転がった時に目に入る木製の天井も落ち着きます。実家の天井は昔と変わっていませんし、子供の頃からよく行っていた母親の実家(淡路島)の天井も大好きです。自分だけが知っている天井の節とかあったりしませんか。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/170-673cbebc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。