このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淡路島逍遥

2008年08月20日 00:10

淡路島逍遥

夏の淡路島といえば、「海」、「釣り」、そして「カブトムシ」です(笑)。今年は一本の木で10匹ほど捕まえました。そんな淡路島は「国生み神話」でも有名で、それと関係があるかはわかりませんが、町のあちこちに神様が鎮座しています。

文章の途中ですがクリック。→ [ 人気ブロランキング ]  
ランキングページには面白いブログがいっぱいありますよ。
いつもクリックありがとうございます。 (+10ポイントがめちゃ嬉しいです。)


P1020408.jpg
多賀の浜海水浴場前の石碑。県道沿いの崖にひっそりとあるので気付く人は少ないかも。

P1020182.jpg
ちなみにここが多賀の浜海水浴場です。夕方なので海水客は少ないですが、遠浅で小さい子がいる家族にはいいところです。夕日が海に沈むスポットです。

P1020436.jpg
ここは江井と明神キャンプ場の間の県道沿いにある洞窟です。

P1020430.jpg
昔から気になっていた場所で、初めて中をのぞいてみました。が、何が祀られているのかはわかりませんでした。

P1020488.jpg
海沿いにある「枯木神社」です。

P1020492.jpg
日本最初の香木伝来伝承地なのだそうです。江井の町は線香の町としても全国的に有名です。

P1020497.jpg
神社の裏にけったいな石が二つ。

P1020498.jpg
子宝石というそうで、海面に大きな石が10個ほど顔を出した上に女性が肌襦袢でしゃがむという祭りがあるそうです。けったいな祭りや。

P1020328.jpg
石といえば、郡家にある「濱神社」にもけったいな石があります。

P1020324.jpg
「陰陽石」というそうで、安産、子育て、夫婦円満の神様だそうですよ。この地域は「夫婦岩」や「俵石」といった自然石を祀っている場所もあります。地域的に自然石を信仰していた土地なんでしょうか?
夫婦岩・俵石 『神戸観光壁紙写真集』

P1020319.jpg
「濱神社」のすぐ横の民家と民家の間にこんな鳥居がありました。

P1020320.jpg
「才神」とあります。「サエノカミ」とよむのでしょうか。

P1020484.jpg
郡家の町は阪神・淡路大震災の被害が大きかった場所です。「蛭子神社」はまだプレハブのままです。

P1020483.jpg
「蛭子神社」の復興を見守りたいですね。

P1020553.jpg
伊弉諾神宮と郡家を結ぶ県道88号沿いにある「大木神社」と、

P1020025.jpg
「櫛笥神社」、

P1020032.jpg
それに名前がわかりませんが、小さな祠が続きます。神様がいっぱいでしょ。

P1020443.jpg
ちょっと離れて、江井の小さい山の天辺に「平見神社」があります。歴史のある神社のようですが、

P1020444.jpg
鳥居の台が亀の形をしてました。珍しいのではないでしょうか。

P1020034.jpg
そういえば、関係ないかもしれませんが、伊弉諾神宮の手水場にも亀が。龍が多いですよね。亀って珍しいんじゃないかな?

P1020422.jpg
ここは、江井の住吉神社です。大阪の住吉神社と西宮神社に縁があるようです。

P1020428.jpg
ここに不思議な石像が。よくみると重たそうな荷を担いでいる像のようです。かなり古そう。

P1020536.jpg
尾崎の「尾崎八幡神社」は鳥居も拝殿も綺麗です。復興に人力を注がれた方々の苦労が偲ばれます。

P1020525.jpg
境内に立派なクスノキがありました。根元に小さな祠があって「楠神社」とありました。

P1020543.jpg
尾崎の町外れに小さな「戎神社」がありました。綺麗に草を刈っていました。

P1020514.jpg
以外と町でお地蔵さんを見かけませんでした。これは尾崎の町にあった地蔵尊です。


大きな地図で見る

応援よろしくおねがいします→ 『人気ブログランキング』
長い間休んでおりました。ちょっとずつ上に戻れるようにがんばります!

スポンサーサイト


コメント

  1. 島のタヌキ | URL | -

    亀さん?の上に標柱などが載る形の場合は霊獣の贔屓(ひいき)さまです。見分け方は牙があれば贔屓さま。無ければ亀さん
    手水舎の亀さんは、放生会の命乞い(鯉に住所氏名年齢を書いて神池に放す)と延命長寿の祈願(亀の甲羅に件の如し)からかな?

    また、亀さんと贔屓さんに似た霊獣に方位守護の玄武さまが有ります。

  2. 新之介 | URL | sDz630us

    島のタヌキさん

    なるほど!
    贔屓さまというのは
    初めて知りました。

    どこかでまた出会いそうな霊獣ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/152-cbcd8e2b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。