このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

十三駅長の一番長い日

2008年06月30日 07:30

十三駅長の一番長い日

阪急電車が梅田を出て淀川を渡りきり、十三駅に向う途中に、その線路の下をくぐる形で淀川通り(淀川北岸線)があります。この通りが出来る以前、そこから数メートル淀川寄りに通称“大踏切”と呼ばれる長い踏切がありました。昭和12年、この踏切で前代未聞の大事件が起こったのです。

文章の途中ですがクリック。→ [ 人気ブロランキング ]  
ランキングページには面白いブログがいっぱいありますよ。
いつもクリックありがとうございます。 (+10ポイントがめちゃ嬉しいです。)

当時、この踏切はラッシュ時に上り下り合わせて10分間に18列車が通過するという物凄い場所でした。また、この通りは茨木や高槻方面に通じる街道で、馬車の往来も多く、特に大阪市民の糞尿を北摂の農村に運ぶ牛車がしきりに通っていました。

ある夏の夕方、牛車のひとつが大踏切を渡れず立ち往生していました。そこへ電車が通過、牛車の端っこをはねてしまったのです。幸い牛は難も免れましたが、荷台に積んでいた糞尿が辺り一面に飛び散りました。それだけならまだよかったのですが、当時の電車は冷房がなく窓は全開状態。さらに車内は夕方のラッシュで満員。そこへ突然大量の糞尿が…。

この時の十三駅長さんの対応がすばらしかった。「とにかく、付近の銭湯を借り上げろ」「お客様の住所と電話番号をお聞きして、まず入浴してもらえ」そして、駅員総動員で乗客の家に電話を掛けまくりました。
「実はご主人様が…。なにとぞお着替えを」「お嬢様のお着替えを…」当時はまだ電話の普及率が低い時代です。電話のない家には最寄駅の駅員が、乗客の自宅まで走り、頭を深々と下げて着替えを手に十三駅まで運んで銭湯に届けたそうです。

この話、橋本雅夫氏の『阪急電車 青春物語/草思社(1996年発行)』に「非喜劇・黄金風呂ものがたり」として詳しく書かれています。阪急電車をこよなく愛する著者の想いが伝わってくる本です。

fumikiri_04.jpg
「思い出の十三 イラストマップ」より
(昭和10年~20年頃の十三が描かれています)
当時の大踏切の様子が描かれていますね。電車のラッシュ時は開かずの踏切になったようです。当時、自動車はほとんど走っていません。馬車や牛車、大八車が描かれています。

fumikiri_02.jpg
「蘇るわが街」より
昭和17年頃の空撮です。淀川北岸線はまだ出来ていません。大踏切の場所が確認できます。淀川北岸線との間に水路が確認できます。当時の十三周辺は水路がたくさん残っていました。十三公園の辺りで中島大水道と繋がります。

fumikiri_01.jpg
「Google Earth」より
現在は当然踏切はありません。淀川北岸線十三アンダーパスの拡幅工事が進んでいます。

fumikiri_03.jpg
「思い出の十三 イラストマップ」より
当時の十三駅の近くのあった銭湯を探しました。どの銭湯を借り上げたのかわかりませんが、その銭湯はずっと匂いが抜けず大変だったそうです。

DSC00767.jpg
淀川北岸線十三アンダーパスの拡幅工事現場です。ずーっと一方通行でした。片側が完成した現在も一方通行です。完成は平成21年4月(予定)です。


(追記)
hankyu_85.jpg
「阪急電車青春物語」より
昭和初期の阪急電車です。この電車も窓を全開にしてますね。



応援よろしくおねがいします→ [ 人気ブログランキング ]


ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。


スポンサーサイト


コメント

  1. alcoholicdrunken | URL | -

    小生も読みました。

    橋本雅夫さんの「阪急電車 青春物語」、小生も読みました。「黄金風呂」の節は、不謹慎ながら小生、噴き出してしまいました(居合わせた乗客の方々にとってはとんだ災難でしたのに…)。
    著者の橋本さんは、確か阪急電鉄の部長さんだったと記憶しております。
    現在の宝塚・箕面線の前身「箕面有馬電軌」の時代から、神戸線開通で「阪神急行電鉄」、更に京阪電鉄との戦時合併時代からの「京阪神急行電鉄」、現在の「阪急電鉄」に至る変遷を余すことなく著述されていた本で、阪急沿線出身の小生には印象深い一冊です。

  2. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    私が入社した頃に新入社員教育で教えられた話し、ダンプカーとの衝突事故で運転台に挟まれた運転士がお客様の救出を優先するよう指示し、最後に救出されたその運転士は既に息が絶えていたこと、上安威川の橋梁が増水して流されつつあった夜、豪雨の中で運転士が異常に気付き寸前で急停車させて事故を未然に防いだこと、思い出しました。

    入社した頃はまだ戦前や戦後間もない頃に建造された旧型車も走っていて、それらの車は当然冷房はありません。
    窓を全開にしていると髪が崩れたりほこりで不快でしょうが、現在のように寒くなるくらい冷房が効いているより体には良いように思います。

  3. 新之介 | URL | -

    橋本雅夫さん

    alcoholicdrunkenさん

    橋本雅夫さんの著書は「阪急電車青春物語」しか読んだことがないのですが、宝塚歌劇団関係の著書も何冊が出されています。プロフィールをみると、宝塚歌劇団のプロデューサーも歴任されていました。「阪急電車青春物語」は阪急電車の歴史を知る上で、興味深い本ですね。

  4. 新之介 | URL | -

    命を運ぶ仕事

    ゆきひろさん

    ご自身の命より乗客の命を優先するという姿勢、すばらしい方です。多くの先輩方から受け継がれたDNAが阪急イズムとして続いているのでしょうね。それは、どの鉄道会社でも同じかもしれません。

    ご存知だと思いますが、大阪駅に清水太右衛門殉職碑があります。踏切で子供の命を救って、自身は列車に接触して亡くなられた方ですが、新人にその話は受け継がれているようです。
    http://www.asahi.com/kansai/travel/ensen/OSK200804050015.html

    公共交通機関で働くということは、大変なお仕事なのだと思います。多くの人の命を運ぶ仕事ですね。

  5. ゆかり | URL | -

    しばらく十三は、ご無沙汰です(飲みに)
    また近いうち、出没しますね(笑)

  6. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    ガンガン

    ゆかりさん

    私は何を隠そう「ニキニキ日記」の大ファンです(笑)。
    十三の店もいっぱい行ってはりますね。
    十三にもガンガン出没してください!!

  7. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    黄金電車

    なんとも すごい光景だったでしょうね
    阪急電車には 通学のときに乗っていましたが 夏は窓が開いていましたね
    髪が乱れるので 女性は窓を開けたがらず 男性は開けたい
    こういう事故に遭遇しなくて ほんとうに良かったです


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/133-8370abb1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。