このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってるつもり・阪急電車と小林一三

2008年05月09日 00:00

知ってるつもり?!
阪急電車と小林一三
 

大阪ー舞鶴間を走る阪鶴鉄道(現JR福知山線)は、明治39年に公布された鉄道国有法によって国家に買収されることになりました。社長他数名は新たに発起人となり、阪鶴鉄道が支線として許可を得ていた池田ー大阪間の路線を生かし、電気鉄道の設立を計画することになります。しかし、日露戦争後の好景気の反動で株価が急落し、発行株の約半数が失権株となってしまい、株主からも会社の解散を迫られることになってしまいました。

続きを読む前にクリック。→ [人気ブログランキング]
いつもクリック ありがとうございます。


当時、阪鶴鉄道の監査役に就任していた小林一三氏は、阪鶴鉄道が国有化になって解散したので、精算人として阪鶴鉄道の本社に出社しており、重役会議に出席することもあったようです。一三氏は計画路線を2度ほど往復しており、沿線に住宅地を開発すればウマくいくと考えていました。そして、三井銀行時代の上司であり、北浜銀行頭取の岩下清周氏に相談し支援を取り付けます。その後、一三氏は発起人達に全権を任してもらえるように説得しています。「金銭上の責任は全部私が負担します。万一解散する場合は株主に対して一文たりとも御損はかけません。」当時33歳です。度肝が据わった方です。そして郷里の知人達に株式の引受をお願いして回り、不足株を北浜銀行が引受け会社設立に着手しました。

明治40年10月19日、創立総会が開催され社名を箕面有馬電気軌道株式会社に改めました。明治41年8月、大阪梅田―宝塚間と箕面支線の工事の認可申請を行い、10月に認可されると早速着工、明治43年3月10日、梅田―宝塚間と箕面支線が開通しました。

kobayashi.jpg
小林一三 (阪鶴鉄道監査役時代) 「電鉄時代の幕開け」より 
若い!凄過ぎ!

umeda310.jpg
明治43年3月10日、開業日の梅田停留所 「阪急電車駅めぐり」より
見覚えのある写真ではないでしょうか。阪急電車の歴史を語る上で必ずと言っていいほど紹介される写真です。右に電車が写っています。アーチのモサモサは何でできているんでしょうか。

umeda01.jpg
明治43年頃の梅田停留所 「阪急電車駅めぐり」より
開業時の装飾を取るとこの姿になるのですね。

kanzaki.jpg
明治43年頃の神崎川橋梁を走る1型電車 「阪急電車駅めぐり」より

takara.jpg
明治43年の開業時の宝塚停留所 「阪急電車駅めぐり」より
見づらいですが手前に電車が写っています。ここでもモサモサで装飾されています。

takara02.jpg
宝塚停留所 「電鉄時代の幕開け」より

mino.jpg
明治43年の開業時の箕面停留所 「阪急電車駅めぐり」より
こちらもモサモサですね。

mino02.jpg
明治43年11月 箕面動物園正面 「阪急電車駅めぐり」より
「園の広さは三万坪、だらだら坂を曲りまがって中央の広場には余興の舞台がある。数十町の道に沿うて動物舎がある。渓流の一端を閉じて池を造り、金網を張った大きい水禽舎には数十羽の白鳥が高く舞う。」「逸翁自叙伝」より

zo.jpg
明治43年11月 箕面動物園 象の曲芸 「阪急電車駅めぐり」より
この動物園、大正5年には廃止されています。自然環境を生かした猛獣舎が軽微な地震でも亀裂等が起こり、万一のことを考え廃止したようです。一三氏も自叙伝で失敗について語っています。


応援よろしくおねがいします→ [人気ブログランキング]
ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。



(関連記事)
★ 阪急梅田駅の歴史 1
★ 阪急梅田駅の歴史 2
★ 阪急梅田駅の歴史 3
★ 小林一三の大勝負


(追記)
獣舎跡が現在も残っています。
P1010464.jpg
向こうに♪みの~温泉スパ~ガ~デン♪のエレベータが見えます。

スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    待ってました

    阪急編 待っていました

    いま 宝塚戦略を読んでいますが 本当に小林一三って凄い人ですね

    私もこの本で初めて箕面に動物園が有ったってことを知りました
    これ 短い期間だったからあまり知られていないですよね キチョウな写真の紹介ありがとうございました

    私は 子供時代を阪急の開発した住宅で育ちました
    毎日アズキ色の電車を見ていました 家のすぐ横を伊丹線が走っていたのです

    箕面有馬殿区鉄道は みみず電車と呼ばれていたそうですね
    田んぼの中を走るミミズ そういえば 色が似ている

  2. ゆきひろ | URL | XoxlQHfE

    良い悪いはその後の歴史が判断することになるのですが、江戸時代末期から昭和初期にかけて日本を動かしてきた人たちは皆若いですし、大きな理想に燃えていましたね。
    失敗してもへこたれないし、死ぬことも予定には入れていない。

    今はとにかく”上手いことやる”のを心がけている人が多いようです。老若男女問わず。もちろん私もそうだろう...

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  4. pinboke_planet | URL | EBUSheBA

    アーチのモサモサとねんねこ

    >>アーチのモサモサ
    たぶん植物、なにか木の枝じゃないでしょうか?
    菊人形みたいに、日本人は得意なのかな?
    もうすこしクリヤーですと見物人の風俗が面白そうですね。
    このころの子供は、冬はみんなねんねこでおんぶされて育ったのですね。鳥打帽(あえてハンチングと書かず)にトンビと称するコートらしき紳士も見えますね。

    宝塚は、今津線で4年間通学した間に、数え切れないほど行きましたが、最初の停留所の建屋もなかなか良いですね。

  5. pinboke_planet | URL | EBUSheBA

    若い頃の写真の眼の光は素直だが・・・

    一枚目の写真は、晩年の写真の印象とずいぶん違うように感じていたところ、次のような記述がありました。

    >>阪田寛夫がニューヨーク・タイムズの小林一三の訃報を紹介する前口上として、
    「若い頃の写真の眼の光は素直だが、齢をとってから発光の奥行き深くなって来ている。この眼で直視されたら恐ろしかっただろうと思われた」

    現在読売新聞に連載中の堤清二回顧録「叙情と闘争」 9 小林一三の残光より(2008年3月22日掲載・・・たぶん来年刊行されるはず)

    >>「本来は小説家として起つ志望だった由で、すでに十八歳の慶応学生時代に事件小説『連絲痕』を郷里の山梨日日新聞に連載」

    >>小説「曽根崎艶話」は、そんな小林一三が「心ならずも」銀行員になり、再度大阪に赴任して久しぶりに書いた作品らしい。

    ・・・などなど、清水雅氏を通じて、小林一三を電鉄経営・百貨店経営の師と仰いだ西武グループの堤清二さんの回顧録には他にも小林一三について興味深い記述がたくさん見られます。

  6. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    次は梅田駅

    TOSSY様

    小林一三さんって、昔から名前と偉業がすり込まれているんですよね。なぜかなぁと考えると、おそらく学生の頃によく聞いていたFMラジオです。番組の間に、阪急のラジオコマーシャルで小林一三氏を取り上げていて、バックに唱歌が流れていたんです。それを毎週聞いていたので、すり込まれているんです。でも、実際に本とかを読んだことがなかったので、今回あらためてすごい方だったことを知りました。

    TOSSY様の子供時代は伊丹の方だったんですね。阪急沿線に住んでいると、阪急の梅田駅はいろんな思い出がありますよね。今度は梅田駅を調べていきます。
    TOSSY様の「さようなら 旧梅田駅コンコース」のブログは大好きです。

  7. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    日本を動かしてきた人たち

    ゆきひろ様

    おっしゃる通りですよね。
    ただただ関心するばかりです。
    あの時代にはなぜ偉大な人達が多く出てきたんでしょうか?「そういう時代だった」だけでは語れない何かがあったような気がします。

  8. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    小林一三について

    pinboke_planet様

    モサモサはやはり植物なんでしょうね。
    かなり大量の材料が必要ですよね。
    前から気になっていたんです。

    明治時代の写真の風俗は面白いですね。
    ハンチングはこの時代にはもうあったんですね。

    堤清二氏の回顧録はたいへん興味深いです。
    東急の五島慶太氏も一三氏に影響を受けた一人だと何かで読みました。
    今、一三氏の自叙伝をよんでいます。
    まだ途中ですがたいへん面白いです。

  9. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    伊丹ではなくて

    尼崎なのですよ
    阪急塚口です でも 200mほど歩くと伊丹市でした
    電車が開通と同時に住宅地が開発されて売り出されたのでしょう
    地番は 字何とかというのが正式でしたが 通常は みんな 阪急住宅地○町何丁目と呼んでいました
    町名は 松竹梅桜菊緑と伊丹線側から順に並んでいました
    今の塚口町1、2,3丁目あたりになるでしょうか

    子供時代は 電車もデパートも野球も遊園地もすべて阪急一色でした

  10. 新之介 | URL | -

    「塚口ですか」

    TOSSY様

    失礼しました。塚口でしたか。
    Googleマップを見ると、
    区画がきれいに碁盤の目になっていますね。
    塚本に住んでいると、よく「塚口ですか」と
    間違われます。
    塚本に住んでいる人は
    一度は言われているのではないでしょうか(笑)

  11. 西岡邦夫 | URL | -

    懐かしい阪急電車

    阪急電車の歴史を拝見、改めて小林一三氏の偉大さを見直しました。私は昭和14年から昭和20年まで宝塚線を、昭和36年から昭和61年までは京都線で十三経由塚口まで神戸線を利用、合計すると31年間阪急電車にお世話になっていました。この間に車両も随分新しくなりましたが、小豆色の車体色だけは全く変わっておらず、創業以来というのは全国の私鉄を見ても珍しいことです。阪急百貨店の大食堂のクリームコロッケは人気のメニューで、子供心にわくわくしながら食した記憶が鮮明です。ソーライ(食堂でご飯だけとり、テーブルの上にあるソースをかけて食べること)は最も安い百貨店食堂での食事の方法ですが、実際に見たことはありませんでした。ただ良く耳にした言葉ではありました。今女性専用車がありますが、戦前も宝塚線では中学生(男子)と女学生とは乗車する車両が決まっていました。(車両に掲示はないのですが、当時の教護連盟の指導で暗黙のキマリでした。今では全く考えられない事が現実でした)色々思いつくままに。

  12. 錯覚

    伊吹卓さんという、私が尊敬する経営コンサルタントさんがおられるのですが、小林一三さん、江崎利一さん、松下幸之助さんの三人を優れた経営者として研究されていて、よく話しに出てきます。話の中で生き生きとして感じられたので錯覚していたのですが、私の祖父が生まれる前に33歳で鉄道事業に乗り出す……という時代の人だったのですね。

    私も塚口で生まれたので阪急電車には物覚えがつくころから馴染みがあるのですが(よく線路に入り込んでいましたが、よくあんな危ないことをしたものです)なぜか阪急電車沿線に住んでいた時期にいい思い出がなくて遠ざかっています。

  13. 新之介 | URL | -

    ソースライス

    西岡様

    小豆色の車体は変わらないですね。変える所と変えない所にメリハリがあるのが阪急の魅力かも…と思いました。ソーライは年史を読んでいても出てきますね。かなり有名だったんですね。たしか、ライスに福神漬けが付いて、ソースの味と福神漬けの2つの味を楽しめたそうです。男女別車両の事も書いていました。でも、事務的に書かれている年史より西岡さんのコメントの方がリアリティがあります(笑)。

  14. 新之介 | URL | -

    次は松下幸之助さん?

    むくのきやすお様

    塚口でしたか。
    なぜかみなさん塚口に縁があるんですね。
    以前、江崎利一さんについては少しだけ書物を読みブログでも書かせていただきました。すばらしい方ですね。小林一三さんも知っているようでほとんど知らなかった方です。すごい方ですね。松下幸之助さんはまさに私にとっても「知ってるつもり?!」の方です。皆さん、私のブログのエリア内です(笑)。いつか福島区での松下幸之助さんを書くことになるのでしょうか…。

  15. alcoholicdrunken | URL | -

    やはり阪急電車、懐かしいです。
    JRの路線のない豊中市からの移動手段は、阪急電車が多かったです(吹田万博開催以降は、場所によっては北大阪急行→大阪市地下鉄のコースも使いましたが…)
    大阪梅田、神戸三宮、京都の四条河原町や嵐山、宝塚・箕面など、1本で3府県を移動できるので便利だと思いました。
    また、前述しましたが、小生、高校は府立北野高校に通いました。この通学の時にもお世話になった鉄道です。

  16. 新之介 | URL | -

    阪急電車の引力

    alcoholicdrunken様

    豊中はやはり阪急のイメージが強いですね。
    阪急電車には誰もが好きになってしまう引力みたいなものが
    あるのではないかと思ったことがあります。
    私は、阪神、阪急、JR、近鉄など、
    通勤や通学で利用したことがあります。
    しかし阪急電車だけが違う雰囲気を発しています。
    それはおそらくあの梅田駅の空気感なんだろうなぁと
    思っています。教会みたいな雰囲気がありましたよね。
    あそこを通っていると阪急が好きになってしまうのかもしれません。

  17. increscentmoon | URL | -

    小林一三の通勤風景

     子供の頃母親が大阪への買い物から帰ってきて、「今日(小林)一三さんが乗ってはったよ。外向いてちゃんと立ってはった。」と感心した口調で私に話してくれました。
     感心の意味は、昔の感覚で言えば偉い社長さんが、席が空いているのに自分の会社の電車ということで公私を峻別しているその態度にということだったでしょうか。
     母が自分で気がついたのか、あるいは乗り合わせた客が車内で袖引きして「乗ってはるよ。」とささやきあっていたのかもしれません。
     その頃は社長職から引退して恐らくラッシュをはずしての通勤だったのでしょうが、宝塚線ではむしろ見なれた光景だったのかもしれません。

  18. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    「一三さんが乗ってはったよ」

    increscentmoonさん

    すごーい!
    お母様はラッキーですね。
    私たちからすると、小林一三氏は歴史上に人です。
    その一三氏が電車で通勤しているところに乗り合わせたなんて…。それも立っておられたんですね。本で読んだ通りです(笑)。
    すごーい!!

  19. increscentmoon | URL | -

    一三と十三

    >社長他数名は新たに発起人となり、阪鶴鉄道が支線として許可を得ていた池田ー大阪間の路線を生かし、電気鉄道の設立を計画することになります。しかし、日露戦争後の好景気の反動で株価が急落し、発行株の約半数が失権株となってしまい、株主からも会社の解散を迫られることになってしまいました(新之介さん)
     阪鶴鉄道の最初の計画では、池田/三国間は今と全く同じですが、三国からは今よりもっと東の現JR京都線のあたりで淀川を渡る事になっていました。
     場所でいえば今の南方あたりですね。それが一三の新会社では計画を変更して今の十三を通る路線になりました。
     もし阪鶴鉄道が存続していれば、あるいは一三の新会社が既に免許を受けていた従来の計画を踏襲していれば、現在の十三の繁栄の多くはは南方のものとなっていたかもしれません。
     後の世が示すように阪急にとってはどちらの路線を採ったとしても今の隆盛にまったく影響はなかったと断言で出来るでしょうが・・・。
     その意味で言いますと一三は十三にとって最大の恩人といえるのではないでしょうか。
     
     なお、能勢街道は十三をとおているのだから一三の変更は当然じゃないかという声が聞こえてきそうですが、
     新之介さんが「落語と十三と菜の花」で
    >右にある新橋にも渡しがあり、能勢街道はこちらのルートが一般的でした。
     と書いておられますように、南方(新橋)経由でもちっとも不思議ではなく、阪鶴鉄道の最初の案はその当時で言えばしごく常識的なものであったと思います。
     なおこれは全くの後知恵ですが、あの時最初の申請通りの路線を選択していれば、現在のように阪急が新大阪とのアクセスに悩みつづけることなくすんだかも知れませんね。

  20. 新之介 | URL | -

    一三と十三

    increscentmoonさん

    現在の十三駅がもしできていなければ、おそらく地図上から「十三」の文字は消えていました。

    明治時代の淀川改修工事で元の「十三」は河川敷の下に沈んでしまい、一度地名はなくなっているんです。箕面有馬電気軌道が淀川北岸の駅名を「十三」駅にしたおかげで、その後「十三」の地名が復活しました。

    今の「十三」があるのはまさに一三氏のおかげだと思います。

  21. alcoholicdrunken | URL | -

    「十三」は甦れども、「麻田」を半殺しにしてしまった

    「十三」の地名が阪急電鉄の駅名で脚光を浴びるようになりましたが、逆に、阪急電鉄(当時の箕面有馬電軌)の駅名により、豊中市北部にあった藩の名前「麻田」が風前の灯になってしまいました。
    現在の「蛍池」駅が旧豊能郡麻田村(現 豊中市)に位置しますが、箕面有馬電軌の方々は、ここに、開業直後に駅を設ける際、ここからそう遠くない、国立療養所(現 国立病院機構)刀根山病院の近くにある「螢ヶ池」(厳密にはこの池の所在地は当時の旧豊能郡櫻井谷村、現 豊中市)に惹かれ、駅名を「麻田」ではなく「螢池」にしてしまいました。その結果、この駅の周辺の地名が「螢池○町」のようになってしまいました(現在の豊中市の地名でも、旧漢字を使った「螢池」が正式地名のようである)。
    旧村名の「麻田」は、「廃藩置県」の際にも名前が残った由緒ある地名でした。
    現在、この「麻田」の地名は、阪急箕面線・石橋-桜井 間 で通る豊中市の飛び地「石橋麻田町」に辛うじて残るだけになってしまいました。

  22. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    地名は文化遺産

    alcoholicdrunkenさん

    今ちょうど池田末則氏の「地名伝承学論」を読んでいます。十三の地名に関する事も書かれているからですが、池田先生も書かれていますが、地名は古代から伝わる文化遺産です。にも関わらず、行政は何度か大きい地名変更をしていることを嘆いておられました。私もまったく同感です。

    十三の地名が復活したということは、逆に消えていった地名もあります。現在の十三の場所は堀村と今里村でした。今里の地名は残っていますが、堀の地名は消えてしまいました。この地は堀城というお城があった場所でもあります。城と関係があった地名かもしれません。

    十三の地名が残ったのがよかったかどうかはわかりませんが、歴史ある地名が消えていくのは文化遺産をなくすのと同じだと思います。

  23. alcoholicdrunken | URL | -

    「堀」=治水遺産地名?

    小生の出身高校・北野高校のすぐ南に 淀川 が流れています。
    現在の 大阪駅 近辺の地名が「北区梅田」ですが、「埋田」→「梅田」となったそうで、「低湿地を干拓した土地」の意味があるそうです。
    (従前、北野高校での合同同窓会での講演で、この話を聴いた記憶が小生にはある!!)

  24. 新之介 | URL | sDz630us

    alcoholicdrunkenさん

    梅田の由来はそのようですね。
    実際古地図を見てもほとんど人が住んでいない
    湿地帯だった事がわかります。

    堀とは十三公園周辺の旧地名のことでしょうか。
    この地はもともと堀村でした。
    この地には昔、堀城という城があって
    そこから堀という地名が付いたと聞いています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/117-653ab153
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。