このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

復活した野田藤

2008年04月27日 04:30

美しく蘇った野田藤

「吉野の桜、野田の藤」と並び称せられるほど有名な野田藤。この藤の花が野田の町から二度もなくなりかけていました。

続きを読む前にクリック。→ [人気ブログランキング]
いつもクリック ありがとうございます。


野田藤跡の碑が春日神社という小さな神社の片隅に建てられています。野田村の庄屋であった藤家の氏神として祭られたのが春日神社です。藤家は春日神社に隣接して広大な屋敷を持っていました。神社の横を玉川という名の清流が流れており、この辺りは春になると藤の花が咲きみだれ、室町時代より藤の名所として知れ渡っていました。

最初の危機は、天文2年(1533)、21人討死の本願寺騒動で春日社が焼失してしまいました。しかし、わずかに芽を出した藤のひこばえを懸命に手入をし復活したのだそうです。明治に入り急速な都市化で徐々に藤の木が衰退していきます。そして、昭和20年6月の空襲で壊滅的になりました。それでも奇跡的に古木2本がわずかに残ります。しかし、昭和30年代の公害でそれも枯死寸前まで追いやられてしました。昭和45年、大阪福島ライオンズクラブの働きかけにより、大阪市が古木の一本を手厚く育て、起死回生見事な新芽をつけました。復活した藤はこの地域のあちらこちらに移植され、野田は再び藤の名所となっています。

P1070003.jpg
春日神社と野田の藤跡の碑
春日神社、どんな神社かと思えば、こじんまりとしていて春日社の祠といった感じです。撮影は4月21日でまだ咲き始めといった感じでした。

P1070009.jpg
近寄ると藤のいい香りがします。どこか懐かしい香りと思うのは私だけでしょうか。

P1070030.jpg
道を挟んだ向いのマンションの敷地にも藤があります。こちらの房は長く伸びていました。

摂津01
野田春日神社(部分アップ) 「摂津名所図会」より
摂津名所図会は寛政8年(1796)から寛政10年(1798)にかけて刊行されたとあります。そのころは広大な敷地でした。上の方に川が描かれています。この川が玉川でしょうか。画面の左に藤棚が見えます。

摂津02
野田春日神社(部分アップ) 「摂津名所図会」より
右に藤棚が続いています。絵をよく見ると周りの木々にも藤が描かれています。当時は藤棚は少なかったのかもしれません。

福島01
明治18年測量の地図
春日神社の横を流れるのが玉川です。この辺りは野田村の中心でした。

福島02
昭和4年測量の地図
昭和に入ると水路は全て埋め立てられています。

福島03
「Googleマップ」より
新なにわ筋と阪神高速道路が旧野田村を真っ二つにしてしまいました。

noda01.jpg
明治35年頃の野田の藤棚 「写真で見る福島の今昔」より
右側に藤棚が見えます。房が垂れ下がっているのも見えます。

noda02.jpg
昭和初期の藤棚 「野田藤と円満寺文書」より

noda04.jpg
昭和初期の藤棚 「大阪市の100年」より

P1070058.jpg
下福島公園の藤です(撮影日は4月21日)。戦後芽生えた藤はこの下福島公園に多く植えられ、北野高校の校庭などにも植えられたそうです。白い藤の方が早く咲くようです。紫色の藤はまだポツポツ咲き出した程度でした。この公園にはたくさんの藤棚があります。満開の時にまた行こうと思います。

P1070481.jpg
こちらは少し離れた「聖天了徳院」です。撮影日は4月25日です。まだネットが掛かっていますが、もうすぐ取れると思います。こちらは房が長くなってきました。見ごろは5月の頭頃でしょうか。


(追記)
DSC00935.jpg
4月27日にちょっと聖天さんに寄ってみました。ネットが取れていました。

DSC00924.jpg
房が長いですね。どこまでのびるんでしょう。


(追記)
DSC00989.jpg
4月29日の聖天さんです。今が見ごろです。

DSC00995.jpg
4月29日の時点で春日神社はもう終わりそうでした。花が咲いている期間は短いんですね。下福島公園は紫の藤があまり咲いていませんでした。このまま花をほとんど付けずに終わってしまうのでしょうか。

DSC00973.jpg
北野高校のメモリアルウォールの前に野田藤が移築されていました。左の緑のかたまりです。ただ花の房が5つほど見えただけです。花を付けていた形跡も確認できませんでした。野田藤は花をたくさん咲かすのが難しい植物なのかも知れないと感じました。


(追記)
大阪の泉南にすばらしい野田藤があります。
いろいろ検索すると他にも美しい「梶本さんちの野田藤」が見れますよ。
梶本さんちの野田藤
http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkama604/fujihozonkai.htm


(追記)
「平成の花咲かじいさん」と呼ばれていた梶本昌弘さんが、平成20年12月30日 お亡くなりになりました。保存会の方に渡したメモには「藤 全部おまかせ 自由に伸び伸びと夢を広げてください」と書かれていたそうです。「ふじまつり」は引き継がれていきます。心からご冥福をお祈りいたします。

(関連記事)
『信達宿の野田藤』 



■人気ブログランキング■へ ぽちっと♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

スポンサーサイト


コメント

  1. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    藤 色々なところにあるのですね

    ぜひ行かなくては 

    母が生まれて育った玉川町ですものね

    写真があればいいのですが 町の写っている写真はないですね

    ところで北野に植えられたと言うのは何時ごろのことなのでしょう
    藤は 全然覚えがないです

    校舎を建て替えるときにずいぶんと木は切られましたが 現在も藤棚は見た覚えはないですね

  2. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    北野高校の藤

    TOSSY様

    『北野高校の校庭の「万葉の森」にその昔を偲んで花の栄えが伝えられている。』と大阪春秋の野田・福島特集号に書かれていました。ただいつ頃かは書いていません。家内に聞いたところ、在学中(昭和50年代後半頃)に藤があったような気がするといっていました。

    六稜WEBの1999年の「声」の中で野田藤が校舎建て替え時に「保存移築が決まっている」と書いてありました。赤い文字の部分です。
    http://www.rikuryo.or.jp/info/voices99.html
    どこに移築したのでしょうね。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. TOSSY | URL | mXJ0wlpU

    北野の野田藤

    ありがとうございます

    こんど5月2週にいく時 見てきます 多分もう終っているでしょう

  6. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    「明治5年 大阪圖」の作成時期

    野田藤にも少し関係がありますので、こちらに投稿させていただきます。

    この地図には発行所、発行年が記入されておらず、所蔵者の国際日本文化研究センターが成立年代を「明治5年」としているのも、地図の内容を調査すること無く、単に図版の表題の年代を写したにすぎないようです。
    地図中に「明治7年」「明治8年」の記述が散見されますので、「明治5年」作成では無いのは明らかですので、内容から作成年代を検討してみました。
    その結果、新之介さんも盛んに引用されておられる。明治21年、内務省刊行の「大阪実測図」と密接な関係があることが判明しました。

    この「大阪実測図」は、刊行こそ明治21年ですが、素図は明治8年の作成で、明治14完了の地租改正事業の結果を反映させるため刊行が遅れていたものです。従って、刊行された地図は明治8年の素図に、その間の変化を調査の上補正されたものとなりました。
    大阪駅周辺でいくつかの例をあげます。
    ・明治8年開通、10年廃止の国鉄安治川支線の線路が廃線跡に変更されている。
    ・明治10年開削の、大阪駅に至る新堀(出入橋の架かる堀)が追記されている。
    ・土佐堀川に架かる筑前橋の位置が変更されている。
    但し、少なくとも明治18年以降の変化は地図上には反映されていません。
    例えば、
    ・明治18年の水害で破壊された安治川橋が旋回橋として記入されている。
    ・明治18年測量の陸地測量部2万分の1地形図では開通している福島の上天神東側の浄正橋筋(現在のなにわ筋)がまだ開通していない。

    日本で近代的な測量が始まったのが明治6年ころであることを考えれば、「明治5年 大阪圖」が、大阪地区で最も古い測量事業と思われる内務省のデータを利用したのではないかと推測されます。
    そこで、両図を比較してみますと、「明治5年 大阪圖」の方が簡略されているとは言え、細部において多くの共通点が多くみられます。

    特に、内務省地図は、一般の都市図とは異なり、地積図タイプの地図ですので、道路の表現に特徴があります。
    すなわち、道路を描くと言うより、両側の宅地や農地のスキマが道路となります。
    従って、両側あるいは片側の土地の境界があいまいな箇所は、道路が途切れたような表現になる場合があります。
    この観点で見比べますと、福島の下天神の北側で蜆川から西に分岐して野田藤に向かう道(江戸時代のいくつかの絵図に「野田道」として記載されている道)が、両図ともに一部途切れています。(このスレで、明治18年測量の地図として引用されている地図で確認できます)
    また、梅田街道が梅田墓所から少し西、大仁村の手前で急に広場のように広がるのも共通しています。

    以上から、この「明治5年 大阪圖」は、内務省による正式図刊行前に、そのデータを活用した最古の近代的測量による地図であり、発行者は不明ですが、作成年代は明治8年~9年であると推定されます。

    長文になりましたが、このような貴重な地図を発掘されたことに敬意を表し、投稿させていただきました。

  7. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    「明治5年 大阪圖」の作成時期(補足)

    明治5年作成ではないのにもかかわらず、何故表題に「明治5年」とあるかが疑問として残ります。
    本図が、地形や道路ではなく、行政区画を表すことに主眼においており、また、図中の一部を割いて「四大組町組編成図(明治4年)」が併記されていることを考慮すると、621町編成から532町編成に改組された明治5年の大改正の年号ではないかと思われます。
    すなわち、「明治5年改正大阪市内町名地図」の意味ではないでしょうか。

  8. 新之介 | URL | -

    花の命は短くて

    TOSSY様

    5月2週目まで残っているといいですね。
    でも、花の咲いている期間って短いんですね。
    TOSSY様は花のブログもされておられますからお詳しいと思いますが、私は花を見に行くタイミングの難しさを痛感しました。それに、行ってもイメージ通り花を付けていなかったりしますよね。

    泉南に有名な野田藤があることをネットで知りました。
    すごく綺麗です。おそらく、昔の野田周辺の藤はこんな風だったんだろうなぁと思いました。

  9. 新之介 | URL | -

    明治5年 大阪圖

    今津っ子様

    「明治5年 大阪圖」の分析と検証はすばらしいです。敬服いたします。
    私も地図の中に、明治6年や7年の文字が出てくるので不思議だなぁとは思っていたのですが、今津っ子様の分析には説得力がありました。補足で書かれていることも説得力があります。こんな地図は一般の人には使いにくいですね。

    「明治5年 大阪圖」は明治の事を調べていくには、貴重な地図には違いありませんので、今後もこの地図を参考にしながら、昔の大阪を見ていきたいと思います。今津っ子様のコメントを頭に入れながら、表記は「明治5年 大阪圖」にしておこうと思います。たいへん勉強になるコメントをありがとうございました。


    ※「明治5年 大阪圖」とは下記の地図のことです。
    http://blog-imgs-12.fc2.com/a/t/a/atamatote/20080301031605.jpg

  10. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    太田南畝の野田藤見物

    相次ぐ書き込みで申し訳ございません。
    春日社の北隣のマンションの一室が、野田藤資料室となっていて、予約すれば展示物を見ることが出来るのですが、最近では訪れる人が減少し、月一回の定例開室日も中止されることが多く、藤家当主の藤三郎さんも少し寂しい思いをされているようですので、今回、ここで野田藤を取り上げられ、きっと喜ばれると思います。

    ところで、ご存知かと思いますが、今から約200年前、享和元年(1801年)3月25日に、大阪の銅座に赴任中の幕府役人で詩人の太田南畝が野田藤を見物し、その行程を「蘆の若葉」という書物で残しています。
    彼の記述は詳細で、午後2~3時ころに勤めを終えた南畝が、淀屋橋の銅座を出て野田藤を見物し、帰り道に浦江了徳院、露天神、太融寺を巡って内本町の自宅に向かうまでが克明に記録されており、具体的にどの道を通ったかを追うことができます。
    いずれ私のサイトでその詳細を紹介する予定ですが、地図だけは既にできておりますのでご覧いただければと思います。
    消滅したごく一部の区間を除き、今でも同じ道を歩くことが出来ます。

    http://image.blog.livedoor.jp/imazukko/imgs/7/d/7dee5379.jpg

    「蘆の若葉」は、岩波書店刊「太田南畝全集第8巻」に収録されており、大阪市立中央図書館などで容易に閲覧できますが、スタートから野田藤までの部分を引用させていただきます。(読みやすいように一部改行を加えました)
    現代語ではなく読みづらいのですが、上記地図を見ながらお読みいただくと分かりやすいと思います。

     廿五日 朝雨 昼晴 夕陰晴不定
    朝の雨はれて、午の時過る比より日さし出たれば、けふは野田の藤みんと、過書町・梶木町より船町橋をわたり、玉水町をすぎ、筑前橋・田簑橋をわたりて、梅田橋のむかふに童部の竹に色紙をつけてかつぎ来るを何ぞととへば、天神の開帳にまいれる也とて、顔にことさらに墨をつけ、或は片面墨にてぬれるもあり。
    橋をわたりて上の天神の開帳に参りて、裏門より出。うら門の内、右のかたに石をたゝみて、つき山をつくれり。
    上福島の中天神を遥拝し、野田道にむかふ。
    左のかたに下天神の宮みゆ。田のはたに石碑あり。左ふく島 右なか山あま崎左藤名所舟つ橋 右ふく島とありて、うらに山六十一郎とゑれり。
    すなはち左のかたに入れば、門前の木よりして、まづ藤咲かゝれり。門にいりてみるに、木々の未に藤さきかゝりて、紫の雲のごとし。又白き藤あり。これは天文二年巳八月九日、本願寺合戦の時、此所の藤焼うせたりしが、其実ばえに白き藤咲て、そのふさ長しとぞ。
    春日社あり。三月廿一日より廿七日まで神楽を奏するといふ。
    碑あり。其文にいわく、貞治三年四月、藤波盛の比、足利将軍義詮公住吉詣のとき、此地へ立よらせ給ひ、池の姿を玉川となぞらへ、和歌を詠じ給ふ。
    住吉詣の記に見へたり。
      いにしへのゆかりを今も紫の藤浪かゝる野田の玉川
    とあり。又、太閤御遊覧曾路利由緒庵といふ碑有。御宸詠所古跡、藤庵の二字の額あり。みぎりの池は難波江の池の残れる也と縁起にしるせり。かたへに弁才天の宮あり。
    ある茶屋によりて酒くみぬ。雨ふり来るに立いでゝ、上福島のかたにゆくに、又はれぬ。

  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. 新之介 | URL | u6i4c2k.

    太田南畝の野田藤見物

    今津っ子様

    野田藤資料室のことは知りませんでした。
    太田南畝のことも知りませんでした。
    知らないことだらけなんです(笑)。
    ただ、「蘆の若葉」は非常に面白い!!私は、勤め先が中之島にあるのですが、まさに、このルートをうろうろする時があります。マップを見てびっくりでした。たしか、下天神に道標があったような気がします。撮影したはずなのに写真が見当たらないのですが…「太田南畝全集」を私も読んでみたくなりました。
    面白い情報ありがとうございました。

  13. 今津っ子 | URL | 4nygY/.M

    野田道道標と中之島の道標

    地図に野田道の道標の推定位置を記入し忘れていましたので、改訂版を作りました。
    併せて、筑前橋の位置が少しずれていたので訂正しました。
    http://image.blog.livedoor.jp/imazukko/imgs/0/b/0b7be0bb.jpg

    たしかに下天神の敷地内に道標が一基現存していますが、残念ながら蘆の若葉の道標の方は現存しません。
    記述内容から見て、野田道の突き当たりを左に曲がる地点にあったと思われます。
    現在は十字路になっていますが、明治の中ごろまでここは三叉路でした。江戸時代の絵図や明治前半の地図でそのようになっていますし、明治24年の大阪府臨時郡部会決議録に、野田道から春日社前を経て船津橋に至る道について「下福島村耕作橋東詰北ヘ突当リ西へ船津橋北詰ニ至ル」と記述されています。

    ところで、「蘆の若葉」には記載がありませんが、太田南畝の歩いた道筋の途中、中之島の筑前橋北詰め、旧関電ビル(現在は工事中)の南に道標が1基現存しています。
    ちょうどいい機会ですので、道標ブログにアップしました。
    http://blog.livedoor.jp/imazukko/

    太田南畝が歩いたのが1801年で、道標が建てられたのがその2年前の1799年ですので、何故「蘆の若葉」に記載がないのか疑問が残ります。

  14. 新之介 | URL | -

    中之島の道標

    今津っ子様

    中之島の道標は私も最近見つけて、ブログを書きました。

    十三の由来4 呼び方篇
    http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-103.html

    私が興味を持ったのは、「十そう」と刻まれていた点で、私のテーマのひとつである「十三」の読み方のルーツとして取り上げました。私は街道については、ほとんど知識がないのですが、面白いですね。最近図書館で借りた「野田藤と円満寺文書」という本に福島地域のほぼすべての道標や石碑の記録が載っています。私はほとんど関心がなかったのですが、この辺りの街道を調べるにはいい資料かもしれません。

    ちなみに、私は浦江村と大仁村の所を歩くときに、両方の八坂神社に寄るんです。昔の街道をイメージしながら歩くのが面白いですね。

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atamatote.blog119.fc2.com/tb.php/114-4a128d77
この記事へのトラックバック

藤の季節 大阪にある野田藤発祥の地

そろそろ藤の季節です。 関西で藤といえば宇治の平等院鳳凰堂や奈良の春日大社などが有名ですが、 かつては「吉野の桜、野田の藤、高雄の紅葉」とも言われた場所が大阪市福島区にありました。 その名残...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。