このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

四天王寺の日想観

2016年03月27日 00:53

海に沈む夕日に極楽浄土を想う

BAL_0464.jpg
四天王寺では年に2回、春分の日と秋分の日に日想観(じっそうかん)の法要が行われる。この日は、西門(極楽門)から見てその先にある石鳥居の向こうに夕日が沈むのである。

BAL_0254.jpg
四天王寺がこの地に建立されたころは、上町台地の丘の上から海がよく見えていた。その海に沈む夕日の向こうには極楽浄土があり、夕日に浄土の想いをはせる法要が古来より行われてきたのである。

BAL_0236.jpg
この辺りは夕日がきれいに見える事から、夕陽丘町という地名も残っている。すぐ近くにある一心寺も、夕日がよく見える丘の上に位置しているが、法然上人が日想観を行うのに最適な地をもとめ、いまの場所にあるのだ。

BAL_0532.jpg
2016年3月21日は快晴で最高の夕日を拝むことができ、すこしだけ極楽浄土が見えたような気がした。


光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨
(こうみょうへんじょう じっぽうせかい ねんぶつしゅじょう せっしゅふしゃ)

南無阿弥陀仏



※「日想観」の読みは「にっそうかん」ともいうが、
四天王寺では「じっそうかん」という。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。