このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

地下鉄梅田駅アーチ空間の蛍光灯照明(シャンデリア)がもうすぐなくなります。

2014年02月24日 07:00

さよなら地下鉄梅田駅・
アーチ空間のシャンデリア


20140208.jpg
2月8日にインスタグラムにアップした写真です。

このときはアーチ天井の改修工事としか貼り紙には書かれていなかったのですが、2月17日に大阪市交通局からアーチ空間が刷新するという報道発表がありました。
→「御堂筋線梅田駅のアーチ空間を刷新します大阪市

大阪市交通局の募集要項の配布資料より
20140222.jpg
↑従来のこの空間が ↓このように変わります。
chika_desin.jpg
蛍光灯照明(シャンデリア)がなくなっている!
天井もすごいことに!
(※蛍光灯照明(シャンデリア)は「大阪市地下鉄建設五十年史」ではシャンデリアと記されていたため、以下「シャンデリア」とします)

もう、びっくり!

あのシャンデリアって、レトロだけどモダンな感じがしてかなりよかったんですよね。でもそれほど古いものだというイメージはなかったのですが、ネット上では結構不満の声が上がっていたように思います。そんな中で工事は着々と進行中。あのシャンデリアが見れるのもあとわずか。ということで、見納めをしてきました。

chika_0012.jpg
いまはこんな感じで、シャンデリアがわずかに残っています。

E7D_0243_2.jpg
工事の完成は平成27年(2015)春。

chika_akari_011.jpg
工事が行われているのは斜線部分です。

E7D_0245_2.jpg
アーチの下はこのような状態。

E7D_0194_20140222024616c40.jpg
反対側の階段上から見たところですが、シャンデリアのほとんどが外されています。

chika_0010.jpg
残っているのは2基。

chika_0009.jpg
奥のは蛍光灯がないでもうすぐ外されるのでしょう。

chika_0008.jpg
こんなにじっくり見たのは初めてかもしれない。

P2208200.jpg
これは数日前に撮った写真ですが、明かりがついていなかったのでカタチがよくわかります。ちなみに蛍光灯はシャンデリア1基にFLR40Wが60本使われていているそうです。


ところで、このシャンデリアは
いつから取り付けられているのでしょうか?


とても素朴な疑問なのですが、これが結構難題でした。図書館で関連資料をたくさん借りたのですがシャンデリアの設置時期について記されているページを見つけることができませんでした。ですので数少ない資料から設置時期を推測していきたいと思います。


「大阪市地下鉄建設70年のあゆみ」より
chika_akari_001.jpg
この写真は梅田駅の竣工当時(昭和10年頃)のものと思われます。当時の照明はこのような行灯型でした。蛍光灯ではなく白熱灯です。ちなみに当時の照度基準の表がありました。

「大阪市地下鉄建設70年のあゆみ」より
shodo.jpg
現在のホームは200ルクスを基準としているようですが、当時は30〜40ルクスだったようです。かなり暗かったのでしょうね。

「大阪市営交通創業100年」より
chika_akari_003.jpg
これは昭和13年(1938)の梅田駅の写真です。天王寺駅まで開通した年です。この撮影にはかなり大掛かりな照明を用意したのでしょう。とても明るく見えます。

「写真で見る大阪市100年」より
chika_akari_002.jpg
この写真はいつ撮られたか記されていなかったのですが、電車が天王寺行きなのと乗客の衣装などからおそらく上の写真と同じ昭和13年頃だと思われます。

「昭和の大阪・郷愁のあの街この街」より
chika_akari_004.jpg
これは昭和30年頃の写真です。照明が変わりましたね。吊り下げ型から天井に直付になっています。

「大阪の地下鉄」より
chika_akari_8.jpg
一気に飛びますが、昭和56年(1981)3月と記された工事完成時と思われる写真と昭和12年との比較です。この時には照明が現在のものになっています。

「万博前夜の大阪市営地下鉄」より
chika_akari_09.jpg
少し戻ってこれは昭和44年(1969)年の写真です。この時も照明が今と同じものになっていますね。これらの写真から推測すると、シャンデリアが設置されたのは昭和30年頃〜昭和44年の間だということになります。

「大阪市地下鉄建設五十年史」より
keikoto.jpg
で、この表を見てください。これは各停留場の蛍光灯に変わった年月日の表です。梅田駅のホームは昭和27年(1952)、淀屋橋のホームも昭和27年、心斎橋のホームは昭和28年(1953)に白熱灯から蛍光灯に変わっています。

ここからは推測です。梅田駅ホームの蛍光灯化は2段階に分かれています。最初は昭和27年にアーチ天井に直接設置され、その後シャンデリアが設置されました。シャンデリアに切り替わった時期は昭和30年代〜昭和44年の間。この間に何があったのかというと、梅田ー新大阪間の開通(昭和39年)とあの日本万国博覧会があった訳です。日本万国博覧会の開催が決定したのは昭和40年(1965)9月。その決定により、昭和41年に大阪市高速鉄道基本計画及び緊急整備五か年計画の延伸改訂が行われています。昭和45年(1970)に新大阪ー江坂間が、北大阪急行鉄道により江坂ー万国博中央口間が開通します。あのシャンデリアが設置された時期は、新大阪まで開通した昭和39年(1964)から万博開催前年の昭和44年(1969)の間ではなかったかと考えています。詳しいことがわかれば追記する予定です。

ところで、他の駅のシャンデリアはどうなのでしょう。

chika_0007.jpg
これは淀屋橋駅のシャンデリアです。これもいいですよね。

「大阪市地下鉄の歩み」より
chika_akari_10.jpg
竣工時はこのような照明デザインでした。

「鉄道ピクトリアル93年12月臨時増刊号」より
20140223.jpg
この写真はツイッターで教えていただいた写真ですが、昭和43年(1968)8月の淀屋橋駅です。開業時と同じ照明が天井に確認できます。おそらくデザインは変えずに蛍光灯化していたのでしょう。

chika_0006.jpg
このシャンデリアの設置時期もいまのところわからないのです。

chika_0005.jpg
真下から見てもかなりカッコイイです。

chika_0004.jpg
ではこれはどこでしょう。

chika_0003.jpg
心斎橋駅のシャンデリアです。

「昭和の大阪・郷愁のあの街この街」より
chika_akari_005.jpg
これが心斎橋駅の竣工時の写真。当初は両サイドに吊り下げられていました。

「昭和の大阪・郷愁のあの街この街」より
chika_akari_007.jpg
これは昭和28年(1953)の写真です。照明がシャンデリアに変わっていますね。吊り下げ看板には「祝市電創業50周年記念・地下鉄開通20周年記念」と書かれています。心斎橋駅のホームの蛍光灯化は昭和28年ですから、蛍光灯化に合わせてデザインを一新したことがわかります。

chika_0002.jpg
そのデザインがいまでも残っています。おそらく老朽化等で作り替えているかもしれませんが、デザインはほぼそのまま継承されている。これは素晴らしいことです。

chika_0001.jpg
梅田駅のシャンデリアは残念ながら無くなってしまいますが、あとに残る淀屋橋駅や心斎橋駅、天王寺駅の各照明デザインは今後も残っていって欲しい。各駅も随時LED照明化されていくかもしれませんが、照明会社さんにはデザインを変えずにLED化にチャレンジしてもらいたいところです。

(追記)
IMG_4068_1.jpg
地下鉄御堂筋線天王寺駅です。この蛍光灯照明もいいですよね。

「大阪市地下鉄建設70年のあゆみ」より
tennoji_chikatetsu.jpg
これが開業当時の天王寺駅。照明は行灯型で縦に長いのが特徴。

IMG_4085_1.jpg
実は天王寺駅構内に開業当時の照明が残されています。あびこ・なかもず方面行きホームの進行方向前方の階段の上にありました。どなたの判断でここに残ったのでしょう。とても貴重ですね。これからもずっと大切に残してもらいたいものです。


(おまけ)
nikkeibp.jpg
この写真の中にあの照明が!
ここは吉本興業の東京本部が入るオフィス。閉校になった旧四谷第五小学校なのだそうです。実はこの照明は地下鉄に設置しているものを納入した照明会社に発注されたものらしい。その会社の社史等から探すという方法もあることをツイッターで教えていただきました。逆転の発想ですね。何かわかれば追記します。

(関連記事)
吉本興業が新宿の小学校跡に移転。夏は暑く、冬は寒いオフィス?日経トレンディネット

(追記)
心斎橋駅のシャンデリアを復元した会社が東大阪にあることを教えていただきました。平成10年頃に新しくなったようです。吉本興行の東京本部に納入した会社とは違うようですがご参考までに。→「心斎橋 屋内天井灯八紘電機株式会社


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神百貨店屋上(デパオク)遊園の閉園

2014年02月17日 07:00

大阪からデパオク遊園地が絶滅?
さよなら阪神百貨店の屋上遊園

阪神梅田本店、屋上遊園地を閉園へ-50年の歴史に幕(キャプチャ)梅田経済ニュース

P2168019.jpg
とうとう阪神百貨店の屋上遊園の閉園が決まってしまいました。

P2168023.jpg
2月28日(金)で終了です。

P2168075.jpg
昨年3月に阪神百貨店が入っている大阪神ビルディングと新阪急ビルの建替計画が発表され、屋上遊園の閉園も時間の問題だったのですが、その時は突然やって来ました。

umeda1-1.jpg
これが新しいビルのイメージパースです。百貨店ゾーンとオフィスゾーンなどが整備される予定で、竣工は2023年(予定)。現在の建物は2014年度に解体が始まる予定だと聞いています。新しいビルにも屋上広場はあるようですが、遊園地機能ができるかは不明。今の時代、難しいかもしれませんね。

P2168024.jpg
訪れたのは日曜日の午後、アップしている画像はあまり人が写っていない写真にしていますが、実際は結構賑わっていました。

P2168147.jpg
置き去りのパンダがなんだかとっても切ない。

P2168124.jpg
かなり年季が入ってるようです。

P2168117.jpg
あらためて見るとなかなか哀愁がただよっている。

P2168112.jpg
なぜだか気になるヤツなので写真をいっぱい撮ってしまった。
閉園後に引き取り手が見つかるといいのだが…

P2168144.jpg
ちなみに料金は200円。ハンドルで操作しバックするボタンも付いています。

P2168128.jpg
ここは人気のバッテリーカーエリア。

P2168131.jpg
車種も充実している。
トーマスとアンパンマンは外せないですよね。

P2168130.jpg
ちなみに運転席はこんな感じ。
さりげなく座布団がひいてあるのが心憎い。

P2168046.jpg
子供が楽しそうに乗っていました。

P2168036.jpg
これは故障車か?

P2168073.jpg
黄色のフェラーリF40、なかなかかっこいい。

P2168069.jpg
ゲームコーナーもじっくり見ていくとレトロでなかなか面白い。

P2168034.jpg
個人的にはこのニヤけたカバがかなり気になった。

P2168054.jpg
このバイクのなかなかだよね。

P2168081.jpg
反対側にゲームコーナがある。

P2168107.jpg
ちなみにこれがドラえもんの内部。
未来的でカッコイイかも。

P2168076.jpg
レールの電車も定番です。

P2168086.jpg
このレトロなボックスがいいよね。
いまは物置になっていましたが…

P2168088.jpg
エアーホッケーもある。

P2168092.jpg
「ルー大柴と細川ふみえの早押しクイズグランドチャンピオン大会」、なかなか渋いものがおいてある。

P2168093.jpg
しんのすけだ。

P2168091.jpg
いかにもロボットって感じのロボ丸。

P2168103.jpg
これは10円で遊べるニューチャンスボール。

P2168105.jpg
スーパーボールが規則正しく並んでいるのがちょっと気になる。

P2168108.jpg
ここにも哀愁をただよわせたシマウマとロバが。

P2168098.jpg
ゲームコーナー横の通路です。

P2168102.jpg
このビニールシートとテントの何ともいえないコンビネーションが阪神百貨店の屋上のイメージのひとつだと思います。

P2168099.jpg
突然現れる階段もそう。

P2168100.jpg
白いペンキでイメージが変わりましたが、この螺旋階段も屋上の象徴的な場所。

P2168101.jpg
隙間から見える眺めはいいですよ。

P2168139.jpg
昭和の人間にとって、百貨店の屋上遊園地はどこか懐かしさを感じさせてくれる場所です。全国的に見てもデパオク遊園地は絶滅寸前。ここは大阪に残された数少ないデパオク遊園地だったのですが…。ちなみに、大阪で屋上遊園地が唯一残るのは松坂屋高槻店です。

P2168039_1.jpg
ここは屋上遊園のひとつ下の階。以前に遊園地があった場所です。

hanshin_1987_3.jpg
昭和62年(1987)に撮った3枚の写真をつなぎ合わせてみました。屋上にはモノレールもあってなかなか凄い場所だったのです。

(関連記事)
阪神百貨店の屋上遊園2009.06.22


panda.jpg
本日、 2月28日(金)で屋上遊園は終了します。 終了しました。パンダくんも長い間おつかれさまでした。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪マルビルの壁面緑化を偽装とかいってるけどそんなに問題なの?

2014年02月01日 08:00

大阪マルビルの壁面緑化は偽物が使われていて
問題だと話題になっています。

でも、そんなに大きな問題なの?

maru_20140201.jpg
(写真はゴリモンさんにお借りしました)

(関連記事)
決してやってはならないこと火(ホ)と「ニワ」と鍋釜
安藤忠雄研究じゃなくて(マルビル緑化偽装問題について)建築エコノミスト 森山のブログ
安藤忠雄氏提案の緑化計画 新梅田シティ/マルビルゴリモンな日々
大阪マルビル緑化プロジェクト「都市の大樹」始動大和ハウス工業

数日前より、突然というか、いまさらというか、大阪マルビル壁面緑化に偽物(造花)が使われていることに対して「決してやってはならないこと」というブログ記事がSNSで拡散されています。別にその記事を批判するつもりはまったくありません。おしゃっていることは正論です。

大阪マルビルの壁面緑化工事の完成時から葉っぱが造花だという指摘はありました。当初からそれが許せない方はいましたし、大阪マルビル壁面の緑化計画自体を批判している方もおられます。

私自身は壁面の緑化を楽しんでいる市民のひとりです。10年後に当初のイメージ画像のような緑で覆われたマルビルになるとええなぁと思っています。工事完成時から葉っぱが造花だという指摘はありましたが、工事の予算も限られているでしょうから部分的に造花を使っていても別にいいのではと思っていました。ただ、造花を使っていることはHPに書いたほうがいいでしょう。要は5年後、10年後も植物がちゃんと育つ造園計画になっているかが重要だと思っています。植物が育てば造花を取り除けばいい。壁面の緑化部分は、年4回の定期巡回を行い、剪定や整枝、除草や追肥、消毒などを行うと言っている。数年後、現在は6階までしかない緑化部分を継ぎ足していくことになるかもしれない。しかしイメージ通りに育たないかもしれない。それはそれでいいのではないか。とにかくやってみないとわからない。とりあえずやってみなはれ精神的なところが大阪らしくて好きなのです。

「やってみなはれ精神」とは大阪マルビルの元オーナーであった吉本晴彦氏とも親交があった故・鳥井道夫氏の父親であるサントリー創業者鳥井信治郎氏の有名な言葉。「結果を怖れてやらないこと」を悪とし「なさざること」を罪と問うというのがサントリーの社風になっています。安藤忠雄氏が提案した緑化計画は、ある意味とんでもない提案なのですが、それを大和ハウスも積水ハウスも実行に移したことが素晴らしい。ほんまにやってしまいはった。そこに私は共感しています。造花のことなんてちっぽけなことです。
(ゆうてもうた。ごめんなさい…)


とりあえず私はこの壁面緑化がどうなっていくのか、
10年間しっかりと見守っていきたいと思います。
大阪の根っこには「やってみなはれ」が根づいています。
これは10年がかりの実験だと思うのです。


(追記 4/7)
森山氏のブログ記事「安藤忠雄研究じゃなくて(マルビル緑化偽装問題について)」がなぜかまた拡散されてSNSで回ってきました。1月末に散々拡散してもう終わったものだと思っていたらまたです。リンク先を見て納得しました。ハフィントンポストが同じ記事を転載したようです。転載の投稿日は2014年04月05日 16時38分。なんでだろうと思っていたら、翌日6日の情熱大陸で安藤忠雄さんが取り上げられていました。情熱大陸は影響力のある番組ですから、それに便乗して一度拡散した実績がある上記の記事が転載されたのだろうなぁと思いました。そう考えると別になんら不思議ではありません。ハフィントンポストもアクセス数が命ですから安藤忠雄さんに関わるネタなら何でもよかったのでしょう。このネタって私にとってはどうでもいいネタなのですが、どうも建築に近い方々はわーわーと大いに反応されています。みなさんいったい何を期待しているのでしょう。そもそも安藤忠雄さんは提案はしたけど設計・施工は株式会社フジタと大和リース株式会社ですし、施主の大和ハウス工業株式会社です。クレームならそちらに言ったらいいと思うのですがみなさん攻撃の矛先が安藤忠雄さんへ向いてる。その方が注目されるからでしょうか。その方が自分に無害だからでしょうか。なぜ企業側を批判しないのでしょう?恐いから?そんな偏った個人攻撃的内容なのに誰も何も言わない。建築の世界はちょっと変です。と、ちょっと批判めいた事を書いてしまいましたが、もしかしたら今回の転載は情熱大陸に合わせたものではなく、偶然にたまたま重なっただけかもしれません。また忘れた頃にどこかで転載されるかもしれませんね。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。