このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ノバク・野漠の窪地

2013年04月21日 22:15

上町台地の高低差を歩こう!(番外編)
上町台地の大きな人工窪地

江戸時代、現在の空堀商店街の辺りは瓦を製造する場所だったようで、明治になるまで約二百数十年間、瓦土取場から土が取り、いまでもその跡が窪地として残っているという話を聞きました。その土取り場は「ノバク」と呼ばれていたようですが、それを調べるにも資料がほとんどありません。落語の「らくだ」の舞台にもなっている「ノバク」。大阪高低差学会の研究の一環としてちょっと調べてみました。

「新OSAKA漫歩」より
nobaku_11.jpg
ノバク(野漠)について比較的詳しく書かれている資料です。

(前文略)その広さたるや、東側は谷町筋裏、西側は松屋町筋裏の南手、北側は安堂寺橋通坂下、南側は空堀の北より、少し南のあたりで面積にすると凡そ九町歩(甲子園球場2個分より少し大きめ)の面積がございます。勿論、3ヶ所合わせてのことでございますが。
この穴がどうしてできたのか、弥兵衛と五郎兵衛は小源太に聞いた。
実は寛永7年(1630)に徳川家御用瓦師寺嶋藤右衛門が大阪拝領地として、幕府から南瓦屋町の地を頂き、その地が瓦土取場になり、以来200年間瓦の製造 のために掘り続けた結果、擂り鉢の底のようなくぼんだ土地になりました。ですから、この場所は寺嶋藤右衛門請地で、坪数に直すと約27,000坪の広さがあっ たと云われております。

高ハラ(高原)
(前文略)それは上町の外れに位置し、高さは6.7m以上はある。五郎兵衛は案内人の小源太に尋ねた。小源太は風聞としながらも、こう答えた。
寺嶋藤右衛門の請地の範囲内にあることと、上町台地の形状から言っても、ここはなだらかな坂なのにこんな小高さがあるのは、瓦土以外の土と表面の土砂や砂利などは瓦土に適さないために、積年の間堆く積まれてこのような形状になったのでございましょう。高原の北は上町台地がもらたす坂となり、民家の屋根は屋根瓦のように形よく並んでおります。その中に小高い土地が存在しているのは奇異な光景でございます。

「摂津名所図絵」より
nobaku_12.jpg
摂津名所図絵にも南瓦屋町の瓦職人が描かれています。

で、
古地図でその場所を探してみました。

nobaku_01.jpg
文禄4年(1691)の「大名御屋敷新校正大坂大絵図(日文研)」です。
「瓦屋」と「瓦焼」の文字がいくつも確認できたので色を付けました。「高原」の文字も赤い場所に確認できます。個人的に気になった「野畠(ノバタ)」にも色をつけてみた。水色は現在もある大念寺と大福寺で、位置関係の目印です。

「ノバク」の語源が諸説あるようなのですが、
「ノバタ」と「ノバク」がとても似ているので気になっています。「新OSAKA漫歩」に載っている「浪華名所独案内」の地図にもカタカナで「ノバク」と書かれている。「野漠」という漢字はどこからでてきたもなのでしょう…

nobaku_02.jpg
「天保新改攝州大阪全圖(日文研)」です。
こちらには「瓦土取場」の文字が確認できます。逆に「瓦屋」の文字がなくなったのですが、それがあった場所に色を付けてみました。瓦土取場は約200年の間に場所が変わっていったのかもしれません。「高原」の文字がここでも確認できる。

nobaku_03.jpg
明治18年測量の地図にも色を付けてみました。

nobaku_05.jpg
それを現在の地図に重ねると

nobaku_13.jpg
このようになります。各ポイントを写真で見る前に、

nobaku_07.jpg
この場所を地形図で見ると確かに大きな窪地がいくつも確認できますね。

nobaku_08.jpg
それに色をつけるとこの場所です。

では、各ポイントの写真を一気に。

A
EOS_5285_20130421172041.jpg
EOS_5282.jpg

B
IMG_1445.jpg

C
IMG_1463.jpg
IMG_1459.jpg

D
IMG_1468.jpg
IMG_1472_20130421172122.jpg

E
IMG_1479_20130421172130.jpg
IMG_1514.jpg
IMG_1453_20130421172155.jpg
IMG_1519_20130421172202.jpg

F
IMG_1527_20130421172210.jpg
IMG_1526_20130421172217.jpg

G
IMG_1482_20130421172231.jpg
IMG_1499_20130421172239.jpg
IMG_1495_20130421172248.jpg

実際、どの場所を、どの時代に「ノバク」と呼んでいたのか、はっきりとした記録を見つけることができませんでした。これも大阪高低差学会の研究課題のひとつかもしれませんね。

で、
大阪高低差学会の第1回フィールドワークではこのエリアも歩く予定です。

大阪高低差学会
第1回フィールドワークのご案内

開催日:4月28日(日)雨天決行(ただし悪天候の場合は中止)
集合場所:午後1時に天満橋駅前広場1階(地上階・スターバックス横の広場)

【申し込み方法】
下記のATNDで参加表明してください。おおよその人数を把握するためです。
http://atnd.org/events/38565
参加のキャンセルも簡単にできますのでお気軽に。
当日ドタキャンもOK。ゆるめです。

なお、大阪高低差学会の告知情報の配信のためにツイッターもはじめました。
https://twitter.com/osakakoteisa
当日の連絡事項はこちらで発信する予定です。
フォローをよろしくです。

------------------------------------------------------------------

【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・桃谷・細工谷

2013年04月15日 00:15

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く

先日、大阪高低差学会の会員3名(0001の@miz0001さん、0373の@chuunyaさん、9973の@chaotic_chaosさん)と天王寺から桃谷周辺を歩いてきました。当初は私ひとりで桃谷を歩く予定だったのですが、急遽一緒に歩きましょうかということになり、ある意味これが大阪高低差学会の「第0回フィールドワーク」かもしれません。ちなみに「第1回フィールドワーク」を4月28日に開催予定です。ご案内は後ほど。

momodani_01.jpg
高低差で色分けした航空写真です。
四天王寺東側の地形は比較的なだらかです。

momodani_02.jpg
河堀稲生(こぼれいなり)神社から茶臼山の河底池にかけては和気清麻呂(わけのきよまろ)が行った治水工事の跡だと言われる窪地が確認できます。

EOS_8391.jpg
あべのハルカスです。夏にはタワー館と呼ばれるエリアが先行オープンしますね。

EOS_8396.jpg
いい感じのアーケード街に、

EOS_8397.jpg
いい感じの駄菓子屋さん。

EOS_8400.jpg
JR天王寺駅の下をくぐる地下道がありました。

EOS_8402.jpg
午後7時から午前7時までは閉鎖されている。

EOS_8403.jpg
地下道はこんな場所。ここは庚申街道の名残の道になります。

koshinkaido.jpg
ちなみに明治19年測量の地図と重ねるとこのようになる。

EOS_8408.jpg
階段を上がると

EOS_8411.jpg
目の前に再びハルカスが。
ここはJR天王寺駅の上にある陸橋です。この陸橋も庚申街道の名残です。

EOS_8409.jpg
さて、陸橋を渡らず下に下りていきます。

EOS_8415.jpg
天王寺バイパスの下。

EOS_8418.jpg
ここにこんな階段がある。上に上がれるのか!

EOS_8426.jpg
おお〜!再びハルカスが。

さて、
EOS_8433.jpg
河堀稲生神社にやってきました。
神社は隆起した地形の上にある。

EOS_8442.jpg
「河堀」は「こぼれ」、「稲生」は「いなり」と称します。

EOS_8445.jpg
拝殿です。

EOS_8458.jpg
こちらは四天王寺七宮の一宮になります。

「延暦七年三月、摂津大夫和気朝臣清麿(せっつだいふわけのあそみきよまろ)が、河内摂津両国の界に川を堀り堤を築き、荒陵の南より河内川を導き西の海に通せんとして、当社に祈願した。以後河堀と書いて「コボレ」と称す。」

EOS_8454.jpg
拝殿の横に道標がある。

EOS_8455.jpg
どこにあった物でしょうか。
おそらく道路の拡張時にここへ移設されたのでしょう。

EOS_8462_1.jpg
さらに北に歩いて行きます。

EOS_8465.jpg
いい感じの建物ですね。

EOS_8467.jpg
旅館だったのかな。立派な建物です。

EOS_8475.jpg
久保神社です。

EOS_8477.jpg
こちらは拝殿。

EOS_8480.jpg
こちらも四天王寺七宮のひとつです。

EOS_8486.jpg
こちらには大岩小岩大明神が祀られている。
御神体は岩。大阪市内にも自然石を御神体とする場所があったとは。

EOS_8493.jpg
境内にちょっと気になる場所が。

EOS_8502.jpg
ここに力石が5つほど置かれていました。
どういういわれなのでしょう。

EOS_8512.jpg
左に四天王寺が見えましたが、立ち寄らずに細工谷へ。

EOS_8521.jpg
(a)松ヶ鼻町でちょっと気になる集合住宅がありました。現在は閉鎖されていて解体を待っている感じの建物。

EOS_8524.jpg
調べると、昭和23〜24年頃に竣工した府営夕陽ヶ丘住宅だそうです。戦後すぐに建てられた建物とは思えない立派な集合住宅ですね。建築時期を知ってちょっとビックリでした。

EOS_8529.jpg
(b)ほとんど垂直に近い階段。まるで壁のようです。

EOS_8534.jpg
ここを「壁階段」と呼ぶ事にしました。

EOS_8542.jpg
松ヶ鼻町。町名の由来はわかりませんでしたが、明治28年に大阪鉄道城東線桃山停車場(現JR桃谷駅)開設を契機に宅地化が進んだ地域です。それまでは桃畑や茶畑が多い場所だったようです。

EOS_8540.jpg
こういう石積みは昔の地形の名残を感じる。

EOS_8543.jpg
周辺にはところどころに高低差を見ることが出来る。

EOS_8537.jpg
この傾斜地に桃や茶が植えられていたのでしょう。桃の花の季節は多くの人がこの地を訪れたのでしょうね。

EOS_8557.jpg
(e)道の隅にこんな碑があった。

EOS_8558.jpg
「是より東 鶯の丘」。鶯の丘とは何なんでしょう?地名ではなさそうな…

EOS_8550.jpg
ゆるやかな坂道の横道にも高低差がある。

EOS_8549.jpg
(d)いい石積みです。

EOS_8554.jpg
ここも昔は石段だったのでしょうか。

EOS_8563.jpg
(C)赤い色の石が混ざった石段発見。

EOS_8564.jpg
ちょっと珍しいかも。

EOS_8569.jpg
町の中にさりげなくある高低差。

さて、
EOS_8573.jpg
工事中の道路に出てきました。この道路、結構長い間工事をしていたようですが、実は道路の下には細工谷遺跡が眠っています。

「大阪歴史博物館」より
EOS_6492.jpg
これが発掘当時の写真。

「大阪歴史博物館」より
EOS_6498.jpg
この地から、今まで知られていなかった「百済尼寺」の存在を示す多数の墨書土器や瓦が出土しています。

「大阪歴史博物館」より
EOS_6510.jpg
さらに、全国初の発見となった和同開珎の枝銭が見つかりました。

「大阪歴史博物館」より
EOS_6497.jpg
ちなみに枝銭とは貨幣を製造する時に出来る木の枝のような部分。

「大阪歴史博物館」より
EOS_6507.jpg
これは最古の通貨といわれる富本銭。
凄い物が発掘されていたのですね。上町台地は奥が深いです。


より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示

------------------------------------------------------------------
冒頭で触れましたが、
大阪高低差学会の第1回フィールドワークを開催することにしました。

大阪高低差学会
第1回フィールドワークのご案内

開催日:4月28日(日)雨天決行(ただし悪天候の場合は中止)
集合場所:午後1時に天満橋駅前広場1階(地上階・スターバックス横の広場)

【申し込み方法】
下記のATNDで参加表明してください。それだけです。
http://atnd.org/events/38565
参加のキャンセルも簡単にできますのでお気軽に。
当日ドタキャンもOK。ゆるめです。

なお、大阪高低差学会の告知情報の配信のためにツイッターもはじめました。
https://twitter.com/osakakoteisa
こちらのフォローもよろしくです。

------------------------------------------------------------------

【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

自然界が生み出す日本列島のフラクタルな地形

2013年04月03日 12:00

日本列島は
フラクタルな地形で
あふれている。


人間の時間軸では見えにくいのですが、日本列島の地形は、雨、風、波による侵食で絶えず変化し続けています。その侵食作用の過程で、地形はフラクタル状の不思議な模様を作っている。しかし、その模様を直接見ることは難しい。地形の上は森であり、街があり、田畑があるからです。
※フラクタル(Wikipedia)

しかし、その模様を簡単に見る方法があります。
それは、カシミール3Dというフリーのソフト。

fra_100.jpg
この地形図は、カシーミール3Dの解説本に付属している「50mメッシュ全国」のデータで表示したものです。標高データパレットの設定を上町台地の地形がわかるように色分けしています。ちなみに緑が標高5m、黄が標高10m。この標高データパレットで日本列島各地を見ていきます。

画像をクリックすると大きい画像になりますのでPCの方は大きい画像で見てください。

fra_00.jpg
日本列島がこのように見える。

fra_001.jpg
九州。

fra_002.jpg
中国、四国。

fra_003.jpg
近畿。

fra_004.jpg
東海、北陸。

fra_005.jpg
関東。

fra_006.jpg
信越、東北。

fra_007.jpg
東北。

fra_008.jpg
北海道西部。

fra_009.jpg
北海道東部。

どうでしょう。
普段見ている日本列島と少し違いますが
フラクタル状の地形が随所に見れますね。

さらに、フラクタルな地形の拡大をいくつか紹介します。
どこだかおわかりでしょうか。

fra_103.jpg

fra_101.jpg

fra_102.jpg

fra_104.jpg

fra_105.jpg

fra_117.jpg

fra_107.jpg

fra_106.jpg

fra_109.jpg

fra_108.jpg

fra_110.jpg

fra_111.jpg

fra_112.jpg

fra_113.jpg

fra_114.jpg

fra_116.jpg

fra_115.jpg

fra_118.jpg

fra_119.jpg



(関連記事)
カシミール3Dで見る日本のフラクタルな地形図大阪高低差学会
Google Earth fractalsPaul Bourke


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。