このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪アースダイバー・太陽の女神と上町台地

2012年11月25日 00:00

大阪アースダイバーを歩く(2)
太陽の女神を祀る神社

「大阪では、東から西に向かう軸線の上に有力な神社や寺院の並んでいるのを見出すことができる。住吉大社と生駒山系の高安山を結ぶ線上には、合邦辻(がっぽうがつじ)、喜連(きれ)・瓜破(うりわり)などが並んでいる。鶴橋の比売許曾(ひめこそ)神社や、平野の古社で赤留比売(あかるひめ)神社は、その名がしめすとおり、太陽の巫女を祀った神社であるが、いずれも生駒山の山々から朝の光を受ける位置に設定されている。それだけではない。上町台地の突端部に立って、冬至の朝の日の出を待つと、高安山の頂上から新しい太陽は出現する。その場所に、古代には坐摩(いかすり)の巫女の住まう神社が、設けられていたと言われる。坐摩神社は上町台地そのものの土地神でもあり、神話風に言えば、冬至の日に大地の生命を託された巫女は、すっかり弱まっていまにも死を迎えようとする太陽から精を受けて、新しい命を身籠るのである。」(中沢新一『大阪アースダイバー』講談社)

(弥生時代後期〜古墳時代前期の地図)
oed_map_04.jpg

「女神たちは、いかにも「ここから上陸しました」とでも言わんばかりの痕跡を残して、五世紀の頃、古代大阪の上町台地にたどり着いている。女神を祀っていたいくつかの集団は、上町台地とその東側に広がる扇状台地に散っていき、気に入った場所を見つけては、そこに女神の神社を建てて住み着いた。そして彼らは、大阪の基礎をつくる人々となった。(中略)この古い来歴をもつ女神たちは、「アカルヒメ(赤留比売)」や「シタテル(下照)」の名前で呼ばれ、女神を祀る神社は「ヒメコソ(比売許曾)」と呼ばれたが、いずれもそのイメージのなかには「太陽」や「太陽の輝き」の意味が含まれている。「ヒメ」はしばしば「ヒルメ」とも呼ばれ、しかも「ヒルメ」は漢字を使った古い書き方では「日妻」と書かれた。ここから推測するに、上町台地に最初にたどり着いた女神たちは、いずれも「太陽の妻」という名前であったことがわかる。」(中沢新一『大阪アースダイバー』講談社)

IMG_0005.jpg
谷町九丁目から少し歩くと高津宮(こうずぐう) がある。

IMG_0008.jpg
仁徳天皇を主祭神とする由緒ある神社です。

IMG_0009.jpg
橋の跡ですね。梅乃橋というようで、かつてこの辺り一帯は梅の名所だったそうです。

IMG_0013.jpg
これは井戸の跡。

IMG_0012.jpg
梅ノ井。上町台地の伏流水が湧く名水であったとか。

IMG_0014_20121123223247.jpg
ところで、記事の内容と関係ないですが、高津宮と坐摩神社行宮の写真はすべてiPhone5で撮っています。写真のクオリティのご参考に。

IMG_0017.jpg
さて、高津宮の創始は貞観8年(866)といわれています。

IMG_0015.jpg
しかし天正11年(1583)、豊臣秀吉が大坂城を築城する際、現在のこの地に遷されました。

IMG_0020_20121123223245.jpg
この地は元々比売古曽(ひめこそ)神社の境内だったようです。

IMG_0021.jpg
鶴橋駅の近くにも字は違うが比売許曽(ひめこそ)神社があります。

IMG_0055.jpg
本殿東側の高倉稲荷神社の横の参道を行くと

IMG_0056.jpg
その先は崖になっている。

IMG_0057.jpg
谷底のようです。

IMG_0058_20121123223349.jpg
下にある祠は谷末社で野の神、市場を主宰する神、山の神が祀られている。そして、階段の途中には陰陽石がある。

IMG_0047.jpg
かなり急な階段です。

IMG_0043.jpg
下まで下りて見上げてみた。ちょっとここだけ空気が違う感じがする。

IMG_0052.jpg
中央にある石が陰石。

IMG_0051_20121123223555.jpg
その右側にあるのが陽石です。比売古曾神社は子授けの神として信仰されているそうです。

大阪市内の真ん中に陰陽石があったとは…

さて、
IMG_6434.jpg
平野区にある赤留比売命(あかるひめ)神社です。

IMG_6380.jpg
こちらには新羅から来た女神が祀られているようです。創建もかなり古そう。

IMG_6433.jpg
明らかに季節が今ではないのはご了承ください ^ ^;

IMG_6413.jpg
こちらが拝殿。

IMG_6411.jpg
その奥が本殿。その裏側は土塁(どるい)になっている。

IMG_6381.jpg
平野は環濠集落としても有名な場所ですが、この土塁の向こう側は昔は濠(堀)になっています。

IMG_6377.jpg
現在は公園になっていますが、中心部は土塁、左が壕です。

IMG_6363.jpg
この橋は後で作られたものかもしれませんね。

最後に、
IMG_0079.jpg
上町台地の先端部にある坐摩(いかすり)神社の御旅所です。

IMG_0080.jpg
坐摩神社行宮(あんぐう)の碑が建つ。この辺り一帯は元々渡辺一族の土地で、この地に祀られていたイカスリの神霊は上町台地の地主神そのものであったという。

IMG_0084.jpg
坐摩神社は豊臣秀吉の大阪城の築城に際し中央区久太郎町に移転しています。

IMG_0081_20121124004209.jpg
冬至の日、この地から生駒山地の方を見るとちょうど高安山から太陽が上がるといい、その光を受けて聖なる巫女が、神の子供を生むという神話があったのではないかと大阪アースダイバーには書かれている。とても神秘的な場所です。

IMG_0083.jpg
現在はビルに挟まれた狭い場所ですが、手前のステンレスに囲まれた下には神功皇后の鎮座石が今も昔と同じ場所にある。

今はここから高安山からのぼる太陽は見えないが、その時代のことをイメージすることがアースダイビングの面白さなのかもしれない。


より大きな地図で 大阪アースダイバー を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪アースダイバー・磐船神社

2012年11月20日 22:00

大阪アースダイバーを歩く(1)
宇宙船イワフネ号と磐船神社

中沢新一氏の「大阪アースダイバー」がかなり売れていると聞きます。私も大変興味深く読みました。大阪に住んでいる間にいつしか知識として持っていた歴史や地域の断片情報が、中沢氏のフィルターを通す事で点と点がすんなりと繋がっていくような不思議な感覚を覚えました。

「大阪アースダイバー」には様々なスポットが紹介されています。そこは私の知っている場所もあれば知らない場所もある。そこで、改めてそれらのスポットを歩き回ってみたいと思います。

(縄文時代晩期〜弥生時代前期前半の地図)
oed_02.jpg
「かつて河内は、物部氏の世界だった。もっとも古い大阪の文化開拓者であった物部氏は、河内に広大な所領をもち、その一族は河内の全域に広がっていた。物部氏は天皇一族よりもずっと古い時期に畿内へ入った人々である。(中略)朝鮮半島の南部から、日本列島における「カヤ(伽耶)世界」の東端に位置する大阪にたどり着いたこの最初期の物部グループは、いまの私市(きさいち)に拠点を置いたと見られる。私市近辺は水運にも便利で、高台に防衛機能を備えた村をつくるのには最適の地形であり、しかも深い渓谷を遡れば、彼らの聖地高天原にも、数時間でたどり着くことが出来る。」(中沢新一『大阪アースダイバー』講談社)

IMG_0808.jpg
淀川の支流、天野川の上流渓谷部にある磐船神社(いわふねじんじゃ)。物部氏の聖地高天原(たかまがはら)でもある。

IMG_0809_20121117222940.jpg
こちらには、物部氏の氏神である饒速日命(ニギハヤヒノミコト)が祀られている。

IMG_0811.jpg
境内の由緒にはこのように書かれていました。

磐船神社御由緒

御祭神 天照國照彦天火明奇玉饒速日尊(饒速日尊)
あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと

『日本書紀』や、『古事記』『先代旧辞本紀(せんだいくじほんぎ)』などの古い書物によりますと、
天孫(てんそん)饒速日尊(にぎはやひのみこと)は天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御孫神にあたり、大御神の御命令により、高天原(たかまがはら)より天の磐船に乗って河内國河上哮ヶ峯(いかるがみね)に降臨されました。のちに大和國に入り、大和河内地方を開発し建国の礎を築かれ、人々より天津神(天より来られた貴い神様)と崇敬された神様であります。また、饒速日尊が降臨に際して、天空より国土を望まれて「虚空見つ日本國(そらみつやまとのくに)」と言われた事が「やまと」という国号の始まりとされています。
尊は高天原より持って来られた十種瑞神寳(とくさみずのかんだから)により鎮魂祭(たましずめのみまつり)を行い、病に苦しむ人々を助け、死人をも蘇らせたと云われ、加持祈祷の根元として神道のみならず修験道、密教、陰陽道からも崇敬されて来ました。
尊の子孫は物部氏と呼ばれる古代大和朝廷における最大最強の氏族を形成し、大連(おおむらじ)として代々の天皇に仕えており、ここ交野の地には肩野物部という一族がおりました。
当神社は、饒速日尊が乗って来られた天の磐船を御神体として祀り、古来より天孫降臨の聖地として崇敬されています。当神社の創祀年代は詳らかではありませんが、磐座信仰という神道最古の信仰形体と伝承の内容から、縄文から弥生への過渡期まで遡ると考えられております。その後、物部氏を中心として祭祀が行われていましたが、物部氏本宗の滅亡後、山岳仏教や住吉信仰などの影響を受けるようになり、平安時代には「北嶺の宿」と呼ばれ、生駒山系の修験道の一大行場として変貌を遂げるに至り、境内には四社明神の石仏や、不動明王像が祀られ、弘法大師の作とされる磐船和讃が伝承されています。今でも神仏習合を色濃く残しており、例大祭には護摩壇を設けて大火焚祭(おひたきまつり)が行われています。
また、当社大岩窟は、古来より行場として知られ、現在でも多くの行者や拝観者が訪れます。


IMG_0871.jpg
この日はあいにくの雨。

IMG_0815.jpg
大きな岩に彫られた不動明王。

IMG_0845_20121117223531.jpg
四社明神と書かれた案内シートの向こうの岩を見ると

IMG_0847.jpg
くぼみの所に何かが彫られているようです。

IMG_0848.jpg
この岩には大日如来、観音菩薩、地蔵菩薩、勢至菩薩の四社明神が彫られていていました。どうやらかなり古いものらしく鎌倉時代のもののようです。

IMG_0842.jpg
この場所は以前は川だったそうで、平成9年の河川付け替え工事により、現在はほとんど水が流れていません。川幅がかなり狭い場所なので、大水の時は凄かったのではないでしょうか。

IMG_0816_20121117222938.jpg
何やら巨大な岩が見えます。

IMG_0834.jpg
由緒には天孫饒速日尊(てんそんにぎはやひのみこと)が天の磐船に乗って哮ヶ峯(いかるがみね)に降臨されたとあるが、哮ヶ峯はこの場所から数分の所にある現在はロッククライミングができる名所で、拝殿の後ろにあるこの大きな岩が「天の磐船」です。

IMG_0858.jpg
高さ約12メートル、長さ約12メートルもある舟形巨岩がこちらが御神体になります。中沢氏はこの巨石を「宇宙船磐船号(イワフネ号)」と書いている。確かに天孫降臨のために使用された巨大宇宙船のようにも見える。

「河内名所図絵」より
iwafune.gif
この絵は河内名所図絵の「巌船」です。中央に描かれている巨石はまさに船の船首のように描かれている。四社明神も描かれていますね。

IMG_0829.jpg
さらに奥に行くと

IMG_0827.jpg
大きな岩が重なるように続いている。宇宙船の「残骸」のようです。

IMG_0819.jpg
さらにこの岩場の下に下りていけるようになっています。

IMG_0820.jpg
この日は雨だったので中には入れませんでしたが、

IMG_0825.jpg
社務所で受付をすると白衣着用で拝観できるそうです。拝観料は500円。

IMG_0824_20121117223531.jpg
柵越しに下をのぞいてみました。
なんかぞわぞわする。これはぜひ行ってみたい。

IMG_0872.jpg
ちなみに社務所は橋の向こう側にあります。

IMG_0868.jpg
橋の上からの眺め。雑草が生い茂り水がちょろちょろと流れているだけでした。

IMG_0806.jpg
ちなみにここがすぐ上流にある付け替え後のトンネル。

IMG_0867.jpg
磐船神社の横の山をトンネルが貫通しておりここが出口。
穴の中に吸い込まれてしまいそうな、そんな空気が漂っている場所でした。


より大きな地図で 大阪アースダイバー を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

千里丘陵を歩く・伊射奈岐神社と山田の町並み

2012年11月17日 01:40

千里丘陵を歩く(11)
伊射奈岐神社と山田の町並み

hokusetsu_yamada_1.jpg
大正12年測量の旧山田村の地図です。

IMG_1124.jpg
山田小川村と呼ばれていた地域です。

IMG_1128.jpg
少し高台になっている場所。

IMG_1134.jpg
さらに高台の所に安養寺がある。

IMG_1137.jpg
立派な本堂ですね。

IMG_1144.jpg
石柱にからんだ植物のアーチがいい感じだ。藤だろうか。

IMG_1156.jpg
伊射奈岐(イザナギ)神社です。

IMG_1159.jpg
淡路島の伊弉諾(イザナギ)神宮とは漢字が違う。
伊弉諾神宮には伊弉諾(イザナギ)と伊弉冉(イザナミ)が祀られているが、こちらには伊射奈美(イザナミ)だけが祀られているようです。

IMG_1165.jpg
ちなみにイザナギとイザナミは夫婦です。

IMG_1170.jpg
伊射奈岐神社二座のうちの一座がこちらのようです。

IMG_1176.jpg
参道の脇にたくさんの石仏が。

IMG_1181.jpg
こちらは摂社の重守大明神。

IMG_1172.jpg
石段をのぼっていきます。

IMG_1191.jpg
その手前にある狛犬。
カエルのように愛嬌のあるお顔。

IMG_1192.jpg
ちょっとかわいいじゃないか。

IMG_1200.jpg
こちらが拝殿です。

IMG_1204.jpg
その横に伊射奈岐社一座の碑がありました。
もうひとつの一座は隣村の佐井寺にある伊射奈岐神社で、そちらには伊射奈岐(イザナギ)が祀られています。2つの伊射奈岐神社に夫婦が別居状態で祀られているという訳です。

IMG_1217.jpg
さて、再び旧道を歩いて行きましょう。右の細い方の道を行きます。

IMG_1229.jpg
いい塀ですね。その向こうに

IMG_1232.jpg
石仏が祀られている。

IMG_1238.jpg
これは茅葺きですね。

IMG_1245.jpg
大きな屋根が二段になっている。

IMG_1243.jpg
複雑な重なり具合がとてもいい。

IMG_1247.jpg
こちらも二段になった瓦屋根。

IMG_1249.jpg
昔に町並みが想像できるファサードです。

IMG_1253.jpg
こちらは南林寺。正面のアーチのランプがチャーミングだ。

IMG_1261.jpg
こちらが本堂。

IMG_1267.jpg
その横に太鼓堂がある。

IMG_1276.jpg
こんな石像がありましたよ。布袋さんですかね。

IMG_1280.jpg
大きな耳となんともいえない笑顔が印象的です。

IMG_1316.jpg
こちらは光山寺。石段を上ると

IMG_1319.jpg
さらに石段がある。

IMG_1327.jpg
こちらにも石柱とアーチのランプが。

IMG_1324.jpg
夕方に鐘の音がしていたのですがこちらの鐘だったのかな。

IMG_1344.jpg
再び旧道に下りてきました。
こちらも大きくて立派な屋根です。茅葺きだったのでしょうね。塀も古くていい感じ。

IMG_1354.jpg
旧山田村は5つの集落から成っているだけにお寺が多かったですね。
古い町並みもよく残っています。

IMG_1392.jpg
次回は佐井寺をご紹介します。
佐井寺と山田は伊射奈岐神社の二座があり関係も深い。
元は一つだった神社が2つに分かれたという説もあるほどです。
千里丘陵は歩けば歩くほど奥深い。


より大きな地図で 新之介の千里丘陵を歩く を表示


(千里丘陵を歩くシリーズ)
1.千里丘陵丘陵を歩く・江坂
2.千里丘陵を歩く・旧寺内村・観音寺
3.千里丘陵を歩く・旧石連寺村・住吉神社・興法寺
4.千里丘陵を歩く・下新田
5.千里丘陵を歩く・下新田・春日神社
6.千里丘陵を歩く・上新田の町並み
7.千里丘陵を歩く・上新田天神社・鎮守の森と宅地開発
8.千里丘陵を歩く・上新田の道標
9.千里丘陵を歩く・山田の変遷
10.千里丘陵を歩く・山田の町並みと紫雲寺と圓照寺
11.千里丘陵を歩く・伊射奈岐神社と山田の町並み
12.千里丘陵を歩く・佐井寺1
13.千里丘陵を歩く・佐井寺2


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。