このエントリーをはてなブックマークに追加

中之島フェスティバルタワーに牧神のレリーフが復活

2012年03月20日 16:15

「牧神、音楽を楽しむの図」ふたたび

IMG_7921_5.jpg
中之島フェスティバルタワーに牧神のレリーフが復活しましたね。
正確には「牧神、音楽を楽しむの図」といいます。

fes.gif
朝日新聞にも載っていました。

IMG_7912_5.jpg
横から見ると結構立体感がある。

IMG_7984_5.jpg
色も鮮やかなブルーです。
これらはあらたに製作されたものです。

IMG_7914_5.jpg
以前のレリーフがどんなものだったか昔の写真を見てみましょうか。

タ~イムスリ~ップ!

P1080463_5.jpg
ジャン!

P1070786_5.jpg
こんな感じでしたね。

DSC06180_5.jpg
ライトアップの日。

DSC06526_5.jpg
レリーフを撮影している大阪好きの人らしき人物…

DSC06542_20120320161851.jpg
この風景が、

IMG_7927_5.jpg
今はこのような風景に変わっています。すごいなぁ。

P1080460_5.jpg
以前のフェスティバルホールをちょっと見てみましょうか。

P1080433_5.jpg
正面です。メタリック感たっぷりでしたね。

P1080430_5.jpg
アルミとステンレスによる素材感がかっこよかった。

P1080437_5.jpg
館内です。

P1080435_5.jpg
赤い階段。

fes_1.jpg
で、2009年に解体が始まりました。(※)

fes_2.jpg
解体時、レリーフはどうなったかというと、(※)

fes_3.jpg
部分的に壁ごと切断されていました。(※)

fes_4.jpg
この写真がそのときの様子。(※)

IMG_7917_5.jpg
これは以前からある建物を照らすライトです。

IMG_7918_5.jpg
ここにも「牧神、音楽を楽しむの図」の絵が刻まれている。

IMG_7919_5.jpg
このライトは2代目のレリーフを照らすことになるのでしょうね。

IMG_7928_4.jpg
このレリーフの製作工程は記録として残されています。
大塚オーミ陶業のホームページからリンクしていますので、
PDFですが、ご関心のある方は下記よりどうぞ。

(大塚オーミ陶業・参考史料・PDF)
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第1回」(PDF)
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第2回」(PDF)
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第3回」(PDF)
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第4回」(PDF)
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第5回」(PDF)

bokushin.jpg
「中之島フェスティバルタワーレリーフ製作レポート第5回」より
新旧のレリーフが並んだ写真は感慨深いものがあります。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif

(※)は提供していただいた写真です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・京橋

2012年03月18日 09:00

京街道を歩く(41)
京橋と廃線跡と京橋と

kyobashi_006.jpg
明治18年測量の地図です。

kyobashi_007.jpg
現在の地図と重ねるとこのような位置関係になる。

kyobashi_008.jpg
京橋駅は旧野田村の外れにできたことがわかる。

kyobashi_009.jpg
さらに昭和4年測量の地図です。
京阪・京橋駅はまだ存在せず、旧線路は京街道沿いの住宅を避けるように敷かれていました。西側に野田橋駅が確認できる。鯰江川に架かる野田橋を渡った場所には片町駅がある。

IMG_6328.jpg
都島中三商店会を歩いていきます。

IMG_6329.jpg
玄関の丸電球がいいですね。

IMG_6330.jpg
どこか懐かしさを感じる建物。こちらは地域のお医者さんです。

IMG_6337.jpg
街道と並行した道に長屋があった。

IMG_6338.jpg
部分的に当初の雰囲気が残っている。

IMG_6339.jpg
煙突が見えたのでさらに奥へ。

IMG_6341.jpg
野江のニュー朝日温泉。

IMG_6342.jpg
かなりええ感じのコインランドリー。

IMG_6335.jpg
再び京街道へ。

IMG_6344.jpg
マンションの横に地蔵尊があった。

IMG_6348.jpg
榎並(えなみ)地蔵。

IMG_6350.jpg
石に2体の仏さんと下には道標が刻まれている。
「者し向 右 可も 今ふく」
「橋向こうを 右へ 蒲生 今福」と解釈できるようです。

IMG_6357.jpg
さらに進みます。

IMG_6361_20120316010926.jpg
昔の面影を残す塀。

IMG_6364_20120316010925.jpg
タイルの外壁がいいです。

IMG_6367.jpg
黒いタイルがかっこいい。

IMG_6370.jpg
2階窓の手すりもいいなぁ。

IMG_6371.jpg
で、商店街に入っていきます。

IMG_6373.jpg
ええ感じのたばこ屋さん。

IMG_6375.jpg
道が二又に分かれる場所にあるドームのアーケード。

IMG_6385.jpg
それを過ぎると明らかに何かの跡だとわかる場所がある。(A)

kyobashi_09.jpg
(A)の場所がそこです。

IMG_6386.jpg
反対側の(B)の場所もその跡が続いています。

kyobashi_08.jpg
昭和4年測量の地図と重ね合わすと線路が現れた。線路の北側には淀川貨物駅がありました。

IMG_6389.jpg
ここは(C)の場所。

IMG_6395_20120316011210.jpg
ここには陸橋があったのでしょう。
ところで、右の木製の電柱がかなり気になるな。

IMG_6403.jpg
さて、商店街(京街道)をぬけたとこ。

IMG_6405.jpg
陸橋の下をまっすぐ進みます。

IMG_6410.jpg
京阪モールの建物沿いを進むと

IMG_6958.jpg
ここで一旦行き止まり。

IMG_6415.jpg
京阪モールの向かいに大きな道標があります。
右 大和 なら のざき
左 京みち

IMG_6955.jpg
右 大坂
文政九年丙戌年九月吉日 
この大きな道標、元は片町橋西詰めにあったものが移設されたのだそうです。(大阪の街道と道標より)

IMG_6960.jpg
ところで、この道標はタクシーの横の緑地帯にあるのですが、

kyobashi_08.jpg
この道は京阪電車が走っていた場所です。(F)

IMG_6412.jpg
京橋と言えばグランシャトー。

IMG_6932.jpg
その横の道も京阪電車の線路跡だったようです。(D)

IMG_6935.jpg
まっすぐな道が続いてる。

IMG_6941.jpg
現在の京阪・京橋駅が高架化されたのは昭和44年(1969)、

IMG_6943.jpg
この路線はその後廃止されました。(E)

IMG_6959.jpg
ここに電車が通っていたのが想像しにくいのですが、connyさんのサイトにいい写真がありますよ。4枚目の写真がかなりわかりやすい。
京阪本線・旧京橋駅おーさか、ぶらっConny!


京阪電鉄 天満橋-野江間高架複々線工事記録
「天満橋-野江間高架複々線工事記録」の映像です。約24分あります。

IMG_6973.jpg
さてさて、京阪・京橋駅の南側です。

IMG_6975.jpg
ここに地蔵尊がある。

IMG_6980.jpg
二人地蔵尊というそうだ。

IMG_6986.jpg
この京街道、まわりの土地とくらべると隆起しています。

IMG_6983.jpg
明らかに高い場所にある。

IMG_6969.jpg
下から見るとこのような感じ。昔の面影は土地の形状としてのみ残っています。

IMG_6989.jpg
反対側は階段になっている。この下には鯰江川が流れていました。

IMG_6991.jpg
ゆるやかなカーブを曲がると

IMG_6997.jpg
橋跡の碑がある。野田橋がここにありました。

IMG_6998.jpg
江戸時代初期に架けられた公儀橋です。

IMG_7003.jpg
皇紀2600年記念の碑も残っている。

IMG_7007.jpg
建物と建物の間の細い道に野田橋は架かっていました。

kyobashi05.jpg
明治18年測量の地図を見ると位置がわかりますね。

kyobashi03.jpg
現在と重ねるとこうなる。

kyobashi02.jpg
昭和4年測量の地図です。
野田橋の北側に京阪・野田橋駅がありました。

IMG_7010.jpg
私が立っている場所が昔の野田橋駅の辺りだと思われます。

IMG_7026.jpg
その近くにお堂がある。

IMG_7015.jpg
手前のお堂には石仏がたくさん祀られていました。

IMG_7018.jpg
奥のお堂は行者堂というそうです。

IMG_7019.jpg
地蔵尊の上になにやら書かれている。

のだばしの
さかのほとりの
なむぢぞう
われをたのめど
たすけたまうぞ

IMG_7031.jpg
野田橋があった場所を行くと正面に大阪城が見える。

IMG_7028.jpg
左手には鯰江川が流れていた川跡の道路。
駐車場の奥は旧片町駅があった場所です。

IMG_7035.jpg
京街道はこの道を西へ。

IMG_7051.jpg
京橋まではもうすこし。

IMG_7056.jpg
寝屋川沿いに旧大阪砲兵工廠化学分析場の建物が見えてきた。

IMG_7069.jpg
この橋が京橋です。

IMG_7078.jpg
一般的に京橋といわれている京橋駅周辺から実際の京橋まではかなりの距離がある。

IMG_7068.jpg
橋の袂に「京橋川魚市場跡」の石碑があります。

IMG_7066.jpg
海の魚ではなく川の魚を扱う市場があったようですね。

ところで、
今は地味な京橋ですが江戸時代の京橋はどのような場所だったのでしょう。淀川両岸一覧に当時の様子が描かれていました。

「淀川両岸一覧」より
ryogan_kyobashi2.jpg
京街道・川崎渡口とあります。現在の川崎橋の辺りで、手前に雁木があり、奥に備前島橋、その奥が京橋です。

「淀川両岸一覧」より
ryogan_kyobashi.jpg
こちらの絵では左側に京橋が。橋の袂には雁木があったことがわかりますね。

kyobashi05.jpg
この地図には川崎橋が出来ていますが、矢印がアングルの想定場所です。

ryogan_kyobashi.gif
これらの絵はつなげるとパノラマ絵図になっています。
京街道の起点にふさわしい賑やかな場所だったようですね。



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図

(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・関目・野江

2012年03月12日 07:00

京街道を歩く(40)
関目と野江の七曲り

sekime_01.jpg
明治18年測量の地図です。
道がクネクネしていますね。

sekime_02.jpg
現在の地図と重ねると

sekime_05.jpg
このようになる。

sekime_04.jpg
ちなみに昭和4年測量の地図です。
京阪電車が高架化されるまでは京街道に沿って線路が敷かれていたようです。
高架線も地図内に記されていますが、昭和8年に蒲生ー守口駅間の高架化が開通しています。

IMG_6131.jpg
関目5丁目交差点の手前です。
この道は京街道であり京阪電車の廃線跡でもあるようです。

IMG_6133.jpg
京街道の石碑。
このまま横断歩道を渡りまっすぐ行きます。

IMG_6136.jpg
京街道は右の道へ、左の都島通りが京阪電車の廃線跡になります。

IMG_6138.jpg
道がクネクネしていますね。

IMG_6142.jpg
「関目の七曲り」といわれる道です。

IMG_6145.jpg
道路の向かいにある関目神社に寄ってみましょう。

IMG_6148.jpg
関目神社は通称で、正式には須佐之男尊神社というようです。

IMG_6150.jpg
由緒
当地の氏神様であります関目神社は天正8年豊臣秀吉が大阪城築城の際、防備の一策として関目より古市森小路の間十余町の道路を特に屈折させて(俗に七曲りという)敵兵の進軍を俯瞰し、その軍容兵数を察知するのに便利なようにした。これと同時に北の護りとして武神の須佐之男尊を祀り、崇敬すると共に、浪速の鬼門に当るので、鬼門鎮護の神として、毘沙門天王を勧請して小祠を建立したことに始まる。

IMG_6154.jpg
関目発祥之地の石碑。

IMG_6157.jpg
関目発祥の由来
この地はもと関目といい、古くは榎並荘の時代からあったもので、関目というのは、この地に見張所(目で見る関所)があったことから起ったと言われる。また、関目の七曲りとして大阪城の防備に役立ったという重要な地であった。まおまた明治天皇御駐輦(ごちゅうれん)の地として親しまれてきた。

IMG_6163.jpg
これが明治天皇御駐輦の跡の石碑。

IMG_6166.jpg
慶応4年3月23日、明治天皇が千数百人のお供を連れて、関目の地を通り、津村別院(北御堂)に向かわれましたが、関目で御小休されたのを記念してこれが建てられたそうです。元あった場所は関目高殿交差点南西のあたりだとか。

IMG_6159.jpg
で、こちらが拝殿。
境内に由緒などの説明書きがたくさんあってありがたい。

IMG_6179.jpg
さて、旧関目村を歩いてみましょう。

IMG_6174.jpg
いい感じも門構え。

IMG_6186.jpg
細い通りが昔の面影を残している。

IMG_6172.jpg
ただ、古い町並みはあまり残っていませんでした。残念。

IMG_6193.jpg
都島通りには京阪電車の廃線後に建てられたのであろう昭和な建物が残っている。

IMG_6210.jpg
いい感じの昭和な建物。

IMG_6209.jpg
看板もいいです。

IMG_6199.jpg
こちらは屋根付きの看板。

IMG_6208.jpg
さて、京街道に戻ります。

IMG_6217.jpg
旭国道筋商店街。

IMG_6220.jpg
これは橋の跡でしょうか。「なかはし」と刻まれている。

IMG_6221.jpg
旧地図を見ると京街道と水路が並行していたことがわかります。
なぜこの橋だけが残っているんだろう?

IMG_6222.jpg
さて、商店街の中を歩いていきます。

IMG_6223.jpg
おばちゃん服のお店。

IMG_6224.jpg
この日は定休日だったのか、開いてる店が少ない。
ちなみに休憩所のお店が気になりますよね。
ゲームセンターのようですよ。
(参考サイト)「世界で一番弱い人

IMG_6225.jpg
反対側はスーパーのようですね。

IMG_6226.jpg
和菓子屋さん。

IMG_6229.jpg
上は城東貨物線。JR貨物が走っています。

IMG_6232.jpg
将来おおさか東線になる予定ですね。
複線化工事が始まると、菅原と同じようにコンクリートの陸橋になるのでしょうか。

IMG_6236.jpg
JR線を越えると野江国道筋商店街になります。

IMG_6243.jpg
京街道は右の道になります。

IMG_6245.jpg
京街道の石碑。

IMG_6248.jpg
この辺りは野江の七曲りといわれる道です。
関目の七曲りと同じくクネクネしている。

IMG_6249.jpg
京街道は一旦府道に出ます。これを渡ると

IMG_6251.jpg
斜めに通る短い道が京街道。

IMG_6253.jpg
野江4丁目の交差点を渡り西へ。

IMG_6255.jpg
信号の手前の道が京街道です。

IMG_6259.jpg
ここを曲がります。

IMG_6261.jpg
右の大きい道が京街道ですが、ここでちょっと寄り道。左の道に入って行き旧野江村を歩きます。

IMG_6265.jpg
蔵が見えてきた。

IMG_6274.jpg
こちらには蔵が2つもある。

IMG_6284.jpg
浄土真宗 来迎寺。
外から見えにくいですが本堂の大屋根が見える。立派です。

IMG_6296.jpg
こちらは野江水神社。

IMG_6298.jpg
鳥居の横にある水流地蔵尊。

IMG_6310.jpg
お堂の裏側に白杉大明神も祀られていた。

IMG_6299.jpg
水(すい)神社。珍しい名前ですね。

IMG_6301.jpg
ご祭神は水波女大神(みずはのめのおおかみ)。
天文2年(1533)三好宗三(政長)が、榎並築城の際、水火除難の守護神として城内に社を建てて篤くまつられたのが現在の社殿の位置だとか。昔から水害に悩まされてきた地域だったようですね。

IMG_6305.jpg
こちらが拝殿。

IMG_6308.jpg
本殿と野江稲荷大明神。

IMG_6309.jpg
御神水。水神の碑がある。

IMG_6314.jpg
裏参道から出てきました。

IMG_6318.jpg
再び京街道です。

IMG_6322.jpg
ゆるやかなカーブに差し掛かりますが、道が二手に分かれます。
細い方の道が京街道です。太い方の道路は水路跡のようですね。

IMG_6323.jpg
まっすぐな道。。

IMG_6326.jpg
木製のベアリングの看板がいい。

IMG_6327.jpg
さて、いよいよ京橋が近づいてきました。



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif